SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

山本由伸

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/07(日) 08:40:57.75 ID:aehZTZV19
4/7(日) 7:51配信

スポーツ報知
マルチ安打を放ったドジャース・大谷翔平投手(ロイター)

◆米大リーグ カブス1―4ドジャース(6日・米イリノイ州シカゴ=リグレーフィールド)

 ドジャース・大谷翔平投手(29)が6日(日本時間7日)、敵地・カブス戦に「2番・指名打者」でスタメン出場し、4打数2安打で3試合連続のマルチ安打をマークし、3戦連発はならなかったが、山本由伸投手(25)のメジャー初勝利をアシストした。打率は3割4厘になった。

 カブスの先発は、ジョーダン・ウィックス投手(24)。昨季メジャーデビューした左腕で、平均150キロほどの直球を軸にチェンジアップ、シンカーなど多彩な変化球が持ち味で、初対戦だった。球場内のカブスファンから大ブーイングを浴びせられる中で迎えた初回の1打席目は、カウント1ボール、2ストライクから4球目のスライダーを捉え、打球速度106・1マイル(約170・8キロ)の鋭い当たりで右前安打。3試合連続安打とした。3回先頭の2打席目はヘルメットが飛ぶほどのフルスイングを見せたが中飛。両軍とも本塁が遠い中、両軍無得点で5回1死一塁の3打席目でも左前安打を放ってつなぎ、3戦連続マルチ安打で3点の先制点につなげた。

 先発した山本由伸投手(25)は5回3安打無失点で勝利投手の権利を持って降板。3点リードで3番手左腕・リトルとの対戦だった7回先頭の大谷の4打席目は、四球を選んで出塁した。5番手右腕・ライターと対戦した4点リードの9回無死一塁の5打席目は空振り三振に倒れた。

 開幕から8試合、40打席連続出本塁打が出ていなかったが、3日(同4日)の本拠地・ジャイアンツ戦で右中間に新天地1号となるソロを放つと、前日5日(同6日)の敵地・カブス戦では、リグレーフィールド初出場ながら右翼ポール際へ2ランを放った。3試合連続本塁打はならなかったが、3戦連続マルチ安打と状態は良さそうだ。あす7日(同8日)は昨年のWBCでチームメートだったカブス・今永昇太投手(30)と日米通じて初対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0addacf1ee80c73671c1b5c88e5103bb2f40241

【ドジャース・大谷翔平が3戦連発逃すも3戦連続マルチ安打で山本由伸初勝利アシスト、打率3割超え 8日(日本時間)今永昇太と初対決】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/07(日) 07:56:05.33 ID:aehZTZV19
4/7(日) 7:50配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240407-34070065-nksports-000-1-view.jpg?exp=10800
日刊スポーツ
カブス対ドジャース 1回裏カブス2死満塁、打者ブッシュを見逃しの三振に仕留め、雄叫びを上げる山本(撮影・菅敏)

<カブス1-4ドジャース>◇6日(日本時間7日)◇リグリーフィールド
 ドジャース山本由伸投手(25)が3試合目の先発登板。5回を3安打2四球無失点8奪三振の好投でメジャー初勝利を挙げた。
 立ち上がりからギアを上げた。1回、先頭ハップに中越え二塁打、2番鈴木を四球、3番ベリンジャーに内野安打を浴び無死満塁のピンチを迎える。ここから一気にギアアップ。155キロ前後の直球に120キロ台後半のカーブを交え3者連続三振で難を逃れた。
 続く2回も2死から二塁打、四球、失策で2死満塁のピンチ。3番ベリンジャーに対し3球連続の直球で押し込み、最後は外角80・2マイル(約129キロ)のカーブで見逃し三振に仕留めた。
 3回以降は3イニング続けて3者凡退の危なげないピッチングを披露。スプリットを警戒される中、カーブを効果的に投じ、毎回の8奪三振を奪った。
 鈴木誠也外野手(29)とは3度対戦。四球、三ゴロ失策、見逃し三振だった。
 打線も大谷翔平投手(29)の安打で広げた好機を生かし、5回に一挙3得点。山本の初勝利投手を援護した。
 山本は3月21日に韓国で行われたパドレスとの開幕2戦目でデビューしたが1回5失点で敗戦投手。同30日のカージナルス戦は5回を2安打無失点に抑えたが勝敗は付かなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/277946aa9daf0351887a66ad04a702613e0ebc49

【ドジャース・山本由伸がメジャー初勝利!初回無死満塁3者三振斬りから5回3安打無失点8K 誠也も抑えた】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/07(日) 07:00:39.30 ID:aehZTZV19
4/7(日) 6:51配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240407-00010001-jnn-000-1-view.jpg?pri=l
TBS NEWS DIG Powered by JNN
ドジャース・山本由伸投手

■MLB カブス-ドジャース(日本時間7日、シカゴ・リグリー・フィールド)

ドジャースの山本由伸(25)が7日(日本時間)、メジャー初勝利をかけてカブス戦に登板。5回を投げて80球、被安打3、奪三振8、四死球2、失点0で降板。2度の満塁のピンチを切り抜け、勝ち投手の権利を得て降板した。

前回3月31日(同)のカージナルス戦で5回、68球を投げ、被安打2、奪三振5、四死球0、無失点と好投も勝ち星には恵まれなかった。メジャー3度目の登板は現在、5連勝中のカブスが相手。敵地シカゴは気温8.8℃とロサンゼルスの気温と比べると約10℃以上違うコンディション。

山本がマウンドに上がる前の1回表、1番・M.ベッツ(31)が四球で出塁すると、2番・大谷翔平(29)が打球速度169キロのライト前ヒット、3試合連続安打でチャンスメイク。しかし、クリーンアップが走者を返せず無得点。

流れをカブスに持っていかれたくない山本は、この試合、レギュラーシーズンで初となるA.バーンズ(34)とのバッテリー。1回、1番・I.ハップ(29)に2球目のストレートをセンターオーバーのツーベース。2番・鈴木誠也(29)には2ストライクと追い込みながら四球、3番・C.ベリンジャー(28)にはショートへの内野安打といきなり無死満塁のピンチを招いた。

ここで山本は開き直り、4番・C.モレル(24)にはオールカーブ攻めで3球三振、5番・D.スワンソン(30)には3ボールとしながら3球連続ストレートで見逃し三振、6番・M.ブッシュ(26)はカーブで見逃し三振と無死満塁を3者連続三振。スプリットを見極められたが、カーブとストレートを駆使してピンチを脱した。

2回、山本は2死を奪ったがツーベースと四球で2死一、二塁とピンチを招くと迎えるは2番・鈴木、1球目のカーブを狙われたが打球はサード正面、しかし、サードのM.マンシー(33)が捕球も送球体勢に入るとグラブからボールがこぼれ、痛恨のエラーで満塁。このピンチも3番・ベリンジャーには2-0と追い込み最後はこの試合絶好調のカーブで見逃し三振。2イニング連続で満塁のピンチを切り抜けた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe42d459647fbe32c0beb551591fa21200369516

【ドジャース・山本由伸 5回毎回の8K無失点 2イニング連続満塁のピンチ切り、勝ち投手の権利を得て降板】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/07(日) 04:47:44.85 ID:aehZTZV19
4/7(日) 4:11配信

デイリースポーツ

 「カブス―ドジャース」(6日、シカゴ)

 ドジャースの大谷翔平選手が「2番・指名打者」で、山本由伸投手が先発投手で出場することが発表された。カブスの鈴木誠也外野手は「2番・右翼」で出場し、日本選手3人が同じフィールドに立つ。

 大谷はここまで10試合に出場し、打率・286、2本塁打、6打点、1盗塁、OPS・850。前日の試合では右翼ポール際へ2戦連発となる2号2ランと左中間二塁打を放った。試合後のロバーツ監督は3日に本拠地で1号を放ち、重圧から解放されたことに触れながら「これから絶好調の波が来ると思う」と量産態勢を予言した。

 カブスの鈴木は7試合出場して打率・345、2本塁打、11打点、OPS1・015。前日の試合は3戦連発はならなかったが、適時二塁打などで3打点とマークし、チームの5連勝の大きく貢献した。

 ドジャースの先発、山本はメジャー3度目の登板。韓国でのデビュー戦は1回5失点で炎上したが、前回3月30日のカージナルス戦は雨天中断を強いられながらも5回2安打無失点の快投。本来の力を取り戻しつつある。

▽ドジャースのラインアップ
1番・二塁 ベッツ      打率・447 5本塁打 11打点 OPS1・527
2番・DH 大谷       打率・286 2本塁打 6打点 OPS・850
3番・一塁 フリーマン    打率・382 1本塁打 7打点 OPS1・062
4番・右翼 T・ヘルナンデス 打率・300 4本塁打 14打点 OPS・999
5番・三塁 マンシー     打率・263 1本塁打 5打点 OPS・721
6番・中堅 K・ヘルナンデス 打率・200 0本塁打 3打点 OPS・435
7番・左翼 テイラー     打率・071 0本塁打 0打点 OPS・387
8番・遊撃 ロハス      打率・333 2本塁打 3打点 OPS1・333
9番・捕手 バーンズ     打率・500 0本塁打 0打点 OPS1・167
   投手 山本       0勝1敗 防御率7・50

▽カブスのラインアップ
1番・左翼 ハップ    打率・370 0本塁打 6打点 OPS・966
2番・右翼 鈴木     打率・345 2本塁打 11打点 OPS1・015
3番・中堅 ベリンジャー 打率・185 1本塁打 6打点 OPS・646
4番・DH モレル    打率・321 2本塁打 4打点 OPS・974
5番・遊撃 スワンソン  打率・348 2本塁打 4打点 OPS1・100
6番・一塁 ブッシュ   打率・316 1本塁打 2打点 OPS・891
7番・二塁 ホーナー   打率・136 0本塁打 0打点 OPS・523
8番・三塁 マドリガル  打率・333 0本塁打 4打点 OPS・800
9番・捕手 ゴームズ   打率・077 0本塁打 0打点 OPS・154
   投手 ウイックス  0勝0敗 防御率4・50

https://news.yahoo.co.jp/articles/59415943a9b3a30a127ee0116c233527539032b3

【大谷翔平、山本由伸、鈴木誠也 日本選手3人が同時出場 大谷3戦連発&山本MLB初勝利に期待 鈴木は2戦ぶり3号狙う】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/01(月) 14:37:08.20 ID:JGZKBc+E9
>>2024.03.31(Sun)
デイリー

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手が30日(31日)、ドジャースタジアムでのカージナルス戦に今季2度目の先発登板。惜しくもメジャー初勝利は逃したものの、5回2安打無失点と快投した。


 本拠地初登板への注目は大きく、球団の公式インスタグラムでも「Yoshinobu makes his Dodger Stadium debut tonight.」(由伸が今夜、ドジャースタジアムでデビューを飾る)と愛車で球場に到着した際の動画が掲載された。

 白いTシャツに黒いパンツ、白いスニーカー姿の山本は、CHANEL(シャネル)の小さな黒いチェーンバッグと右手に、左手にはスマホを持って身軽に球場入り。この映像には「シャネル!」「シャネルバッグ」「かわいいバッグ」「僕もシャネルのバッグが欲しい」と海外のファンからツッコミが続々。日本のファンからは「どこのOLだよ」「トラディショナルジャパニーズ」などの反応が届いた。

続きは↓
https://www.daily.co.jp/mlb/2024/03/31/0017492405.shtml?pg=2

【ドジャース・山本由伸 小さなCHANELバッグで球場入り「どこのOL?」「シャネル!」国内外からツッコミ殺到、本拠地初登板】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 17:17:06.97 ID:p/Hvh9zG9
3/31(日) 15:02配信

サンケイスポーツ
9回、空振りの三振に倒れるドジャース・大谷翔平=ドジャースタジアム(撮影・蔵賢斗)

【ロサンゼルス30日(日本時間31日)】米大リーグ、ドジャース・大谷翔平投手(29)は本拠地ドジャースタジアムで行われたカージナルス戦に「2番・DH」で先発し、5打数1安打だった。チームは延長戦にもつれ込むも5―6で敗戦。タイブレークの延長十回は1点ビハインドの2死満塁で打席が回るも、仕留め損ねて遊飛に倒れた。大谷はこの日、先発した山本由伸投手(25)の投球を称賛するとともに自身の打撃を振り返った。主な一問一答は以下の通り

――山本が好投

「雨の中、難しい登板だったと思いますけど、1回(雨天中断でベンチ裏に)下がってから、また上がるときも冷静でしたし、素晴らしいピッチングだったなと思います」

――米国最初の登板の難しさがある

「僕は結構前なので、忘れちゃいましたけど、マウンドもボールも違いますし、もちろん対戦相手も違います。私生活も全然違うので、その難しさもあると思いますが、きょうは素晴らしいピッチングだったなと思います」

――山本は一回に3三振

「素晴らしかったですね。終始、素晴らしかったですし、もっと早い段階で援護してあげて、最後も出来れば勝って、終わらしてあげたかったなっていうところだったと思います」

――自身の打撃状態

「見え方自体は悪くないですけど、タイミングと距離の問題かなという感じです」

――最終打席は

「まずは同点だと思うので、四球でもいいですし、シングルでもいいですし、どういう形でもいいので、まずは同点にして繋ぐことが大事でしたけど、最後も自分の中では捉えたつもりでしたけど、ポップフライになっている。さっきも言いましたけど、タイミングと距離の違いかなと思います」

――山本のロッカーにてるてる坊主が飾られていた

「(つくったり、挙げたのは)僕ではないです」

https://news.yahoo.co.jp/articles/9674b02a7f1fefbb270da46d14579341958a7328

【ドジャース・大谷が米国初登板の山本を称賛「終始素晴らしかった」 自身の状態は「タイミングと距離の問題」 一問一答】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 14:55:19.50 ID:p/Hvh9zG9
3/31(日) 14:25配信

スポーティングニュース日本版
本拠地デビュー戦で、5回無失点、5奪三振を記録した山本由伸(時事通信)

日本時間3月31日(日)、大谷翔平&山本由伸所属のロサンゼルス・ドジャースとラーズ・ヌードバー所属のセントルイス・カージナルスによるMLB 2024年シーズンの4連戦の第3戦目がドジャー・スタジアム(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)で行われ、ドジャースがカージナルスに延長戦の末、6-5で敗北を喫した。山本は5回、無失点、5奪三振、大谷は5打数1安打1四球だった。

【動画あり】山本由伸が5回を投げ、無失点、5奪三振と、本拠地デビュー戦で圧巻のピッチングを披露

ドジャースは山本が先発、大谷は2番・DHで先発出場。

試合は、山本が初回から3者連続三振を奪う最高の立ち上がりを魅せる。一方のドジャースは初回にベッツ、大谷、フリーマンが3者連続ヒットを放つも、得点にはつながらず。その後は両投手の好投が続き、4回までスコアレスの展開が続く。

4回裏終了後、ドジャー・スタジアムでは9年ぶりとなる雨天中断に見舞われるが、再開後の5回も山本がマウンドに上がり、無失点に抑える。その裏、フリーマン、スミスの連続タイムリーヒットでドジャースが先制する。

しかし、7回に3番手ケリーがカージナルス打線に捕まり、一挙5失点で、ドジャースは逆転を許す。

ドジャースも7回にスミスがこの試合2本目となるタイムリーヒットで2点差に詰め寄る。そして、9回にベッツが4試合連続となるソロホームラン、マンシーがタイムリーヒットを放ち、ドジャースが土壇場で同点に追つき、試合は延長戦に突入する。

延長10回、カージナルスはゴールドシュミッドのショートゴロの間に、3塁ランナーが生還し、ドジャースは勝ち越しを許す。ドジャースも10回裏、2死満塁と一打サヨナラの場面で、大谷に打席が回るも、セカンドフライに倒れ、ドジャースが6-5でカージナルスに敗れた。

山本は本拠地デビューで5回を投げ、無失点、5奪三振を記録するも、MLB初勝利とはならなかった。

次戦は、1日(現地31日)の午前8時10分から、本拠地ドジャー・スタジアムにてセントルイス・カージナルスと4連戦の4戦目を行う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b2788ac93937c999b00db765188124167968bf6

【山本が5回無失点もドジャースは延長戦の末、カージナルスに敗れる 大谷は1安打】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/31(日) 12:16:38.35 ID:p/Hvh9zG9
3/31(日) 12:09配信
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240331-00000062-dal-000-2-view.jpg?pri=l
デイリースポーツ

 「ドジャース-カージナルス」(30日、ロサンゼルス)

 ドジャースの山本由伸投手は35分間の中断がありながらも5回2安打無失点の快投。本拠地デビュー戦でメジャー初勝利の権利を手にし、初登板から修正した姿を見せた。

 立ち上がりからカーブが効果的に決まった。初回を3者連続三振の圧巻投球で立ち上がると、二回はワンバン打ちの珍事も重なって2死二塁のピンチを招くも落ち着いて後続を打ち取った。ストライクを先行させ、三回、四回と連続して三者凡退。五回表が始まる前に雨のため35分間の中断を挟んだが、メジャーでは異例の続投となり、五回は2死二塁のピンチをしのいだ。

 この日は降水確率が高い雨予報。試合前のロッカーには「てるてる坊主」が置かれ、隣の大谷翔平も思わず手ぶりで「何これ?」と反応した。それだけ本拠地初登板へかける思いが強かった山本。セットポジションも胸の前にグラブを置く形に修正し、しっかりと結果を残した。

 打線の援護が無く白星こそつかなかったが、最速は155キロ、68球で5回を投げきった右腕。18球交ぜたカーブがピッチングのいいアクセントになった。ソウルでの開幕2戦目で1回5失点KOをくらい、先行きが危ぶまれた中、三塁を踏ませない圧巻投球で真価を発揮して見せた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9923ef4800827f50742aeae87b970b2ac50d488d

【ドジャース・山本由伸が本拠地デビュー戦で5回無失点の圧巻投球 35分間の中断挟むも続投で初勝利の権利 てるてる坊主実った】の続きを読む

このページのトップヘ