1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/31(月) 23:25:57.79 ID:CAP_USER9
【高校野球】落選の聖隷クリストファーに配慮? 大垣日大、岐阜県高野連HPにセンバツ決定の記載なし


28日の第94回センバツ高校野球出場校発表で、東海地区で逆転現象が起きた。

準優勝の聖隷クリストファー(静岡2位)が落選して4強の大垣日大(岐阜2位)が選出となった。

聖隷クリストファーは秋季東海大会で正バッテリーを故障で欠きながら、劇的な逆転勝利を重ねて決勝進出。
決勝は日大三島(静岡1位)に3―6で敗れた。

東海地区は2枠で、静岡県勢の2校選出が確実とみられていたが、準決勝で日大三島に5―10で敗れて4強だった大垣日大(岐阜2位)が選ばれた。


聖隷クリストファーは東海大会1回戦で津田学園(三重3位)に11―4で大勝。2回戦は岐阜大会決勝で大垣日大が0―2で完封負けした中京(岐阜1位)に4―3で競り勝ち、準決勝では至学館(愛知2位)に9回に4点を取って9―8で逆転サヨナラ勝ち。
それだけに、経験豊富な大垣日大の阪口監督ですら「100%頭になかった」と驚くまさかの結末だった。


選考委員の鬼嶋委員長が大垣日大について「選手個人の力量に勝る。甲子園で勝つ可能性が高いかを客観的に判断した」と説明したことで波紋を呼び、パドレスのダルビッシュ有投手がツイッターで疑問を示すなど大騒動になっている。


センバツは高校生にとって夢の舞台。
学校としても全国レベルの大会に部活動が出場するのは快挙で、通常は出場校発表後に学校HPや所属する都道府県の高野連HPで出場が報告される。

だが、今回は大垣日大高、岐阜県高野連HPにもセンバツ出場決定の記載がいまだにない状況で、落選した聖隷クリストファーへの配慮とみられている。


この日は聖隷クリストファーが所属する静岡県高野連が会見を開いて「高校野球って何だろう」と失意を示した。
入学から1年夏、2年春夏、3年春夏と5度しかない甲子園出場の貴重なチャンスのうち、昨秋の東海大会から約3か月、夢舞台を信じて待ち続けてきた聖隷クリストファーナインの心情を思いやる声が日に日に大きくなっている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/6c6f3b30a733241bc459d664f8f0cb8641ef50e6

【落選の聖隷クリストファーに配慮? 大垣日大、岐阜県高野連HPにセンバツ決定の記載なし】の続きを読む