SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

岡崎慎司

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/16(日) 09:19:26.93 ID:CAP_USER9
CKを直接ゴールに流し込む
 現地時間10月15日、ベルギーリーグ第12節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)はホームにシャルルロワを迎えた。

【動画】香川が先制点を決め、喜びを爆発! 直接CKを沈める瞬間をチェック
https://twitter.com/STVV_JP/status/1581372498569879552?ref_src=twsrc%5Etfw

 STVVはDF橋岡大樹、MF香川真司、FW岡崎慎司、そしてスタメンは4試合ぶりとなるFW林大地が先発。シャルルロワのMF森岡亮太はベンチスタートとなった。

 試合は早い時間帯に動く。12分、STVVがCKを獲得。キッカーを務めた香川が蹴り上げたボールは、緩やかな軌道を描き、ゴールに吸い込まれた。日本人アタッカーにとっては今季通算2ゴール目で、ホームチームが先制点を挙げる。

 後半も攻勢を強めるSTVVは、56分に香川に代えてブルースを投入。しかし、54分に途中出場した森岡を擁するアウェーチームが攻勢を強め、押し込まれる時間が続く。

 それでも70分には、岡崎が最終ラインからのボールを逸らした先にボヤが飛び込み、そのままゴール前まで持ち上がってシュート。豪快に2点目を奪って、シャルルロワを突き放す。

 後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、最後までリードを守り切ったSTVVが競り勝ち、3試合ぶりの白星を手にした。岡崎と橋岡はフル出場、林は71分までプレーした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c808938634ba1a8369a0cd576f7e7437a2dc608
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【香川真司の美技弾&岡崎1アシストでSTVVが3試合ぶり白星! 森岡亮太を擁するシャルルロワに2-1で競り勝つ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/18(日) 09:53:58.22 ID:CAP_USER9
現地時間9月17日、ベルギーリーグ第9節が行なわれ、日本人選手5人が所属するシント=トロイデン(STVV)が、アウェーでズルテ・ワヘレムと対戦した。

【動画】岡崎慎司がベルギーで初ゴール!”泥臭さ”を感じるヘディングに注目!
https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1571205655503183873?ref_src=twsrc%5Etfw
 この試合では、日本代表に選出されたGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW岡崎慎司が先発。香川真司、林大地はベンチスタートとなった。

 STVVは1分、ゴール前の混戦からブルーノがゴールを奪う幸先のいいスタートを切る。さらに18分には敵DFラミレスが一発レッドで退場。数的有利となるも、追加点は奪えず、前半を1-0で終える。
 そして、貴重な追加点が生まれたのは50分だった。左サイドを駆け上がったコイタが敵陣深くまで切り込み、鋭いクロスを中央に送る。これに待ち構えていた岡崎が低い位置から身を投げ出して額に当て、泥臭くゴールに押し込んだ。”らしさ全開”の一撃を叩き込んだ36歳は、これが待望の加入後初ゴールとなった。


 さらに58分にブルースのPKで加点したSTVVが、シュミットや橋岡ら守備陣の奮闘もあり、3-0で快勝した。香川、林は出場しなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ddccb43a7cb508b337282c076416e580288cd37
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【シント=トロイデンFW岡崎慎司が待望の移籍後初ゴール! “らしさ全開”のダイビングヘッドで追加点を奪取し、3試合ぶり勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/28(日) 09:11:28.80 ID:CAP_USER9
8/28(日) 5:38配信

SOCCER DIGEST Web
香川は林大地を獲得したPKを沈める
加入後初ゴールを決めた香川。(C)STVV

 現地時間8月27日、ベルギーリーグ第6節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)がメヘレンとホームで対戦した。

【動画】香川真司が加入後初ゴール! タイミングをずらしたPKでネットを揺らす!

 STVVは香川真司、岡崎慎司、橋岡大樹、シュミット・ダニエルに負傷明けの林大地と日本人選手5人が先発。リーグ戦初勝利を挙げた前節オーステンデ戦の勢いそのままに、試合の主導権を握る。

 序盤からツートップの岡崎、林を中心に積極的に仕掛けるも、ゴールは奪えず。スコアレスで前半を終える。

 試合は後半に動く。53分、STVVメヘレンのヘーレマンスの豪快なシュートで先制を許す。しかしその3分後、最終ラインからのパスに抜け出した林がエリア内で倒され、PKを獲得する。

 キッカーを務めた香川が、これをゴール左隅に流し込んだ。背番号10にとっては、これが待望の加入後初ゴールとなった。

 STVVは76分、3分前に林と交代で出場したブルーノのゴールで勝ち越しに成功すると、後半アディショナルタイムにもブルーノが決め、3-1で勝利。2連勝を飾った。香川、岡崎、橋岡、シュミットはフル出場している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c11f0540b860edda9631095a75e762d01e95079

【シント=トロイデン・香川真司が待望の加入後初ゴール! 日本人選手5人先発のSTVV、メヘレンを下して2連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/20(土) 00:44:51.48 ID:CAP_USER9
ベルギーのシント=トロイデンVV(STVV)は19日、FW岡崎慎司が加入することを発表した。岡崎は既に労働許可を取得済で、今節オーステンデ戦のメンバー入りも可能となる。

昨夏に加入したセグンダ・ディヴィシオン(スペイン2部)のカルタヘナを今夏に退団した岡崎。無所属の状況下で、STVVへの練習に参加していることが伝えられていた。

STVV入りが決まった岡崎は「まずこのクラブの一員になれた事を嬉しく思います。練習に参加して、クラブの雰囲気や、スタジアムの雰囲気を感じて一気に好きになりました」と口にし、以下のように意気込みを続けた。

「近くのホテルやレストランでもシントトロイデンに住んでる人達は優しくて、ファンにも声をかけてもらいました。そんな中で自分を監督もクラブも必要としてくれた事が全てです。年齢で判断される事が多い中で自分を必要とするクラブでプレーできる事は幸せです。クラブやファン、そしてチームメイトの為に自分の全てを尽くしたいと思います!」

また、STVVのCEOを務める立石敬之氏は今回の移籍について、「彼の現在のコンディションをクラブとして評価し、獲得に至りました。ドイツ、イングランド、スペインと各国でゴールを決めてきた彼のパワーをSTVVでも発揮してほしいと思います。彼の豊富な経験とフットボールに取り組む姿勢は、チームに多くの刺激を与えてくれるであろうと期待しております」と経緯と期待を語った。

STVVは昨季のベルギーリーグのレギュラーシーズンを9位でフィニッシュ。今季はここまで4試合を終えて3分け1敗の未勝利で17位に位置している。なお、STVVは岡崎の加入により、日本人選手がGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW林大地、MF香川真司の計5名となった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c2cfe9b1a442edb73ece61919b7fec5818028c36

【シント=トロイデンVV、岡崎慎司の加入を発表! 日本人選手は5人に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/17(水) 20:45:34.72 ID:CAP_USER9
共同8/17 19:59
https://nordot.app/932571965559537664

 サッカーの元日本代表FW岡崎慎司(36)が、ベルギー1部リーグのシントトロイデンに加入することが17日、関係者の話で分かった。昨季限りでスペイン2部リーグ、カルタヘナとの契約が満了。移籍先を探しながらシントトロイデンの練習に参加していた。

 兵庫県出身で2005年にJ1清水に入り、11年からはドイツのシュツットガルトとマインツで活躍した。15年に移籍したレスター(イングランド)では1季目にクラブ初となるリーグ制覇に貢献。19年からはスペインでプレーした。

 ワールドカップは3大会連続で出場。国際Aマッチは119試合に出場し、歴代3位の50得点を記録している。

【元日本代表FW岡崎がシントトロイデン(ベルギー1部)へ、36歳】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/17(金) 19:42:13.10 ID:CAP_USER9
 サッカー元日本代表FW岡崎慎司(カルタヘナ、兵庫県宝塚市出身)がスペイン2部でのシーズンを終え、神戸新聞社の取材に心境を語った。2得点に終わり、今は欧州のクラブからオファーを待つ状況。「なければ潔く日本に帰る。それこそ1回引退するぐらいの気持ちでいるが、あると信じている」。36歳。ワールドカップ(W杯)を控える日本代表への復帰も「センターフォワードでチャンスはある」とあきらめていない。(有島弘記)

■予想がつく人生にワクワクしなかった

 カルタヘナでは中盤やサイドで使われることが多く、戦意を失う時期があったという。「日本に帰ろうかなと思うぐらい。でも、このまま予想がつく人生に自分はワクワクしなかった」。クラブに残ることを決め、監督にFW起用を志願。立場は変わらなかったが、「36歳でも、自分が目指すべき道に向かって楽しめるというか。まだまだ続けられるきっかけになった」と顔を上げた。

 チームには、今後の手本になるストライカーもいた。不動の1トップで岡崎より4歳上のルベン・カストロ。今季、2部の得点ランキング上位に食い込んだ。

 「40歳がプレーエリアで切れを出していた。自分にも可能性があると感じられた」。岡崎自身も経験を重ね、パスを引き出すポジショニングや簡単に奪われないボールの持ち方に進化を感じていたところ。カストロの効率的な肉体の使い方は新たな学びになった。

■来季も欧州で

 その上で来季も欧州でのプレーにこだわる。「今季はふがいない部分を見せてしまった。何とか見返したい。結局、これが僕の原動力」。ドイツやイングランドでも、不遇を経て主力にのし上がった歴史がある。

 日本代表歴代3位の50得点を誇り、2018年のロシア大会までW杯に3大会連続で出場した。11月にカタール大会が開幕するが、代表は19年6月を最後に遠ざかる。

 「入りたい気持ちで代表の試合や結果を見ているし、メンバーだって見ている」。残されたアピールチャンスは新シーズンの序盤。「『選んでくれ』と言えるぐらいのものを見せないと割っては入れない」と得点ラッシュを思い描く。

■5歳の子に『日本代表になってください』と

 最近、代表への思いを強くする機会もあった。13日、岡崎の構想が出発点となった環境配慮型グラウンド「バサラヴィレッジグリーン」(神戸市西区)を初訪問し、自身がメンバーの一般社団法人「マイスター」のサッカースクール生と交流した時だった。

 「5歳の子に『日本代表になってください』と言われた。うれしいですよね。頑張りたいなと思いました」。停滞感が漂う森保ジャパンに「熱」を持ち込むべく、岡崎は走り続ける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e1e688988f1320c2a1626ae002db61ade69a561

【カルタヘナFW岡崎慎司(36) 森保J入り「チャンスある」 代表復帰とW杯への熱い思い】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 20:39:42.35 ID:CAP_USER9
 カルタヘナ(スペイン2部)のFW岡崎慎司が日本時間19日に自身のツイッター(@okazakiofficial)を更新し、UEFAヨーロッパリーグ(EL)優勝を成し遂げたフランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地に祝福の言葉を送った。

 フランクフルトは同日に行われたレンジャーズとのEL決勝で後半12分に先制を許したが、同24分にFWラファエル・サントス・ボレが決めて1-1の同点。そのまま延長戦でも決着がつかず、迎えたPK戦を5-4で制してUEFAカップ時代の1979-80シーズン以来、42年ぶり2回目の欧州カップ制覇を果たした。

 鎌田は先発フル出場し、PK戦では3人目のキッカーとして成功。ベンチスタートの長谷部は失点直後の後半13分に投入され、好パフォーマンスでタイトル獲得に貢献した。

 岡崎は「1番とんでもない日本人いた。#長谷部誠 」と、2歳年上の38歳でELの頂点にたどり着いた日本代表時代の盟友を称賛。「優勝おめでとうございます」と祝福するとともに「鎌田も良かったなー」と続け、「俺も頑張ろ」と刺激を受けた様子だった。

 また、この投稿にフランクフルトの日本語版公式ツイッター(@eintracht_jp)が反応。「#UEL 決勝という大舞台。#長谷部 選手とんでもなかったです。#鎌田 選手もキングとして君臨してました」と振り返り、レスター・シティ時代にプレミアリーグ優勝も経験しているストライカーに対して「#岡崎 選手がとんでもないことも知っています 共に頑張りましょう」と綴った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/807efb64b6d1583b0a102b718461a1078c61eab6

【フランクフルトのEL制覇に岡崎慎司「1番とんでもない日本人いた」】の続きを読む

このページのトップヘ