SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

岡本和真

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/29(月) 23:27:50.12 ID:CAP_USER9
セの打率ランク 意外な大物2人が最下位争い「低迷の特殊事情」


セ・リーグの規定打席到達者の中で、意外な選手が打率ランキングの最下位争いをしている(成績は8月28日現在)。

巨人の主砲・岡本和真(26)だ。
18年6月から巨人の4番に座り、昨年まで4年連続で30本塁打超えを記録。
20年と21年には、2年続けて本塁打王と打点王の2冠を獲得している。だが、今季は見る影もない。

「打率は2割台前半に低迷しています。開幕当初は好調だったものの、5月の月間打率は.180に急落。6月は.317と復調しましたが、7月は.222と再びスランプに。8月に中田翔へ4番の座を明け渡すと、打順も5番、6番に降格します。一部には昨オフの体重増が影響していると言われますが、明確な要因はわからず本人も悩んでいます」(球団関係者)


◆痛手となった名コーチの移籍

周囲に的確なアドバイスができる人物がいないのも、不調が長引く原因だという。

「巨人の打撃コーチは横川史学さんですが、選手としての実績は高くなく指導歴も浅い。失礼ながら、巨人の主砲に有効な助言を与えられるとは思えません。昨年まで野手コーチなどを務めていた石井琢朗さんなら、選手に寄り添い的確なアドバイスができたでしょうが、今季から古巣DeNAに移籍してしまった。巨人にとっては、大きな痛手です。原辰徳監督は、岡本のことを以前『ビッグベイビー』と呼び厳しい態度をとっています。主砲を叱咤するために、あえて距離をとっているようです。岡本は、感情をうまく表現できるタイプではありません。ストレスを発散できず、苦しんでいるのでしょう」(同前)


悩む岡本と、打率最下位争いをしているのがヤクルトの山田哲人(30)だ。
15年には「トリプル3(打率3割、30本塁打、30盗塁超え)」を達成。

本塁打王1回、盗塁王3回、最多安打1回を獲得した、セ・リーグを代表する好打者である。だが今季は岡本同様、打率2割台前半に沈んでいる。

「7月に感染した新型コロナウイルスの影響が出ているようです。山田はキャプテンとして責任感がとても強い。ヤクルトはコロナ感染により離脱選手が続出すると、最大28あった貯金を一時は10ほど減らしてしまいました。山田は責任を感じ、体調が十分に回復していないにもかかわらず戦線に復帰したんです。


しかし、8月の月間打率は1割台。
4番・村上宗隆が孤軍奮闘し、『自分もなんとかしなければ』という思いが空回りしているのかもしれません。山田は攻守に手を抜かず全力プレーが持ち味ですが、長年の疲労も蓄積しているのでしょう」(スポーツ紙担当記者)

2人の大打者はいつ復調するのか。巨人とヤクルトのシーズン終盤の展望は、岡本と山田の活躍により大きく変わってきそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/55dec3e59884932d0f9b2316ec0d6171c5626532

【セ・リーグの『打率ランキング』岡本和真と山田哲人、意外な大物2人が最下位争い・・・「低迷の特殊事情」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/15(月) 13:05:42.57 ID:CAP_USER9
スポニチアネックス 8/14(日) 20:18

 ◇セ・リーグ 巨人3―2広島(2022年8月14日 東京D)

 巨人の岡本和真内野手(26)は広島戦(東京D)の2回に5試合20打席ぶり安打となる左翼線二塁打を放ったが、その後は2打席連続三振と右飛に倒れ、4打数1安打だった。

 岡本和は打撃不振に苦しみ、11日の中日戦(バンテリンD)から4番を外れて4試合連続「6番・三塁」での先発出場。0―0で迎えた2回、1死走者なしで入った第1打席で今季初登板となった相手先発右腕・大道がフルカウントから投じた7球目スライダーを左翼線へ二塁打した。岡本和にとって5試合20打席ぶりの安打にベンチのチームメートは大盛り上がり。原監督も拍手をして喜んだ。

 だが、4回の第2打席は大道のスライダーに空振り三振を喫し、7回の第3打席は3番手右腕・矢崎のフォークボールに空振り三振。8回の第4打席は智弁学園の3年後輩にあたる5番手右腕・松本に右飛に打ち取られた。

 試合後、原辰徳監督(64)は岡本和の20打席ぶり安打に「この次は3打席か4打席くらい後に打ってほしいなというですね(笑)。やっぱり越えないといけない、本人が越えないといけませんね」とコメント。前日13日に直接指導したのかとの問いには「いや、特にない。もう何回もしているから。何回もしてるけど、オレ一生懸命教えているけど、あんまりいい結果が出ないから合わないのかもしれないな(笑)」とした上で「まあ、(岡本和は)明後日から頑張るよ。大丈夫」と復調に太鼓判を押していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4fdb8611c6bf36a9e0abb25122b98460bf067f88

【巨人・岡本和真 20打席ぶり安打の後は2三振 原監督「オレ一生懸命教えているけど…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/22(金) 20:43:32.78 ID:CAP_USER9
 日本野球機構(NPB)は22日、「マイナビオールスターゲーム2022」(26日・ペイペイD、27日・松山)の出場選手変更を以下の通り発表した。

【辞退】

 ▽セ・リーグ

巨人・大勢、菅野智之、中田翔、岡本和真、丸佳浩(新型コロナウイルス陽性判定)、坂本勇人(仙腸関節炎)

▽パ・リーグ

西武・増田達至(新型コロナウイルス陽性判定)

日本ハム・野村佑希(新型コロナウイルス陽性判定)、松本剛(左膝蓋骨骨折)

【補充】

パ・リーグ

西武・本田圭佑、ロッテ・高部瑛斗。

 補充選手は後日、追加発表される。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/c00759a6872b94c776e34088bf735ae683b4d9b9

【巨人・大勢、坂本勇人、中田翔らセ・パ9選手がオールスター出場辞退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/21(木) 15:14:54.93 ID:CAP_USER9
 21日のプロ野球公示で、巨人は菅野智之投手や中田翔内野手、岡本和真内野手ら大量13人の出場選手登録を抹消した。チームでは新型コロナウイルスの感染が拡大。13人は全員「特例2022」の対象となる。

 抹消されたのは3人のほか、丸佳浩外野手や平内龍太投手、大城卓三捕手ら。主力が続々と離脱する格好となり、チームにとっては緊急事態だ。

 ヤクルトは高橋奎二投手と内川聖一内野手を抹消。中日は新型コロナ陽性のジョアン・タバーレス投手、加藤翔平外野手が「特例2022」で登録を外れた。
Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/07f495b69bd139656cc48852403626a5e0c515de

7/21(木)のセ・リーグ公示
【出場選手登録抹消】
高橋奎二(S)
内川聖一(S)
平内龍太(G)
菅野智之(G)
赤星優志(G)
井上温大(G)
M.シューメーカー(G)
大城卓三(G)
岸田行倫(G)
湯浅大(G)
中田翔(G)
岡本和真(G)
北村拓己(G)
増田陸(G)
丸佳浩(G)
Y.タバーレス(D)

【巨人が大量13人抹消 菅野や中田、岡本和ら主力が続々と離脱で緊急事態 21日の公示】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/20(水) 23:12:59.81 ID:CAP_USER9
 巨人は20日、菅野智之投手(32)、中田翔内野手(33)、岡本和真内野手(26)、元木大介ヘッドコーチ(50)、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ(43)ら、選手、コーチ、スタッフの計38人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 球団発表によると、1軍、2軍、3軍の選手、監督・コーチ、スタッフら202人を対象に、スクリーニングのためのPCR検査を実施した結果、選手20人、コーチ7人、スタッフ11人の計38人が新型コロナウイルスの陽性と判定された。21日以降、この日陽性と判定されなかった164人を対象に連日PCR検査を実施し、チーム内からの陽性者の早期除外を急ぐとしている。巨人では19日に主にファームで17人(うち選手11人)、20日午前に大勢ら選手2人がすでに陽性判定を受けていた。

 チームは神宮球場でヤクルト戦を行い、2─8で敗れた。丸、岡本和、中田、大城はスタメン出場した。21日は試合がなく、22日からは中日とバンテリンドームで3連戦を戦う予定。

 20日の検査で陽性判定を受けた選手・コーチは以下の通り。

【選手20人】

菅野智之、平内龍太、赤星優志、大江竜聖、井上温人、M.シューメーカー、大城卓三、岸田行倫、湯浅大、中島宏之、中田翔、岡本和真、北村拓己、増田陸、丸佳浩、松原聖弥、八百板卓丸、富田龍、伊藤優輔、平間隼人

【コーチ7人】

元木大介1軍ヘッド兼オフェンスチーフコーチ

阿部慎之助1軍作戦兼ディフェンスチーフコーチ

村田修一1軍打撃兼内野守備コーチ

横川史学1軍打撃コーチ

村田善則1軍ブルペンコーチ

實松一成1軍バッテリーコーチ

三澤興一2軍投手コーチ

【スタッフ11人】1軍スタッフ 9 人 2軍スタッフ 1 人 3軍スタッフ 1 人

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c40aa4b5a17f6eb0a827207170abd94ea18ff0f

【巨人に激震 岡本和、菅野、中田翔、丸ら選手20人、計38人が新型コロナ感染 元木ヘッドらコーチも7人】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/29(水) 22:56:19.81 ID:EPEe+p6/MNIKU

【タッツよけろーっ!巨人・岡本和真のバットが・・・】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 19:06:52.53 ID:CAP_USER9
◆日本生命セ・パ交流戦2022 巨人―ロッテ(3日・東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手が1点リードの3回1死二塁から右中間へ16号を放った。

 今季、完全試合も達成した佐々木朗はここまで被本塁打ゼロ。打者233人目となった岡本和が初めてホームランを放った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/64d75bd9b26039252e39ff169e3b98e261561712

【巨人・岡本和真が佐々木朗から16号2ラン 佐々木朗は今季打者233人目で初被弾】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 07:47:51.79 ID:CAP_USER9
5/17(火) 5:15配信
東スポWeb

チーム状態と同じように岡本和のバットが湿っている(東スポWeb)

 そろそろ目覚めるか。巨人の主砲・岡本和真内野手(25)のバットが湿っている。チームとともに開幕ダッシュに成功したものの、5月に入って打率1割8分4厘、2本塁打、4打点とブレーキ。ひとまずビジュアルを変えて気分転換を図ってみたりと試行錯誤を続ける中、実は中田翔内野手(33)の存在もカンフル剤として期待されているのだが…。

 16日までに43試合を消化し、残りが100試合となった巨人は24勝19敗の貯金5でリーグ3位。開幕から好調だった岡本和は3、4月こそ10発&25打点で堂々の月間MVPに輝いたが、チーム状態の悪化とともに成績も右肩下がりに…。15日の中日戦(東京ドーム)まで14打席連続無安打で、打率も2割4分3厘まで落ち込んでしまった。

 そんな岡本和の〝目覚まし役〟としての期待も集めたのが実は中田だった。というのも、岡本和にとって中田が特別な存在でもあるからだ。グラウンドではともに打線の核をなすだけでなく、バックヤードのウエート場では〝ライバル〟。岡本和は「ウエートの重量は到底及ばないので…」と謙遜していたものの「いつも中田さんが打ったから(自分も)とか、中田さんに(つなごう)と思いながら」と常々意識する存在なのだ。

 その中田は10日から一軍復帰すると、出場5試合で逆転満塁弾を含む16打数5安打、2本塁打、7打点の暴れっぷり。これ以上ない劇薬になるかとも思われたが、岡本和はいまだ沈黙を続けていている。

 もちろん、本人もあの手この手で出口を探している。12日のDeNA戦(横浜)からは、唐突にソックスを高く上げるオールドスタイルへ変更。不振に陥ると、取りあえず見た目からでも変えてみるのが〝岡本流〟だ。3年前にもフェースガード付きのヘルメットを突然やめて「それまで打てなかったんで。手袋も変えて、バットも新品にして、ついでにヘルメットも変えました」とあっけらかんと明かしていた。

 技術的にも思うところがあるようで、15日の試合前にはすべての練習を終えた後にもう一度グラウンドに戻り、ティー打撃を〝おかわり〟。兄貴分でもある村田打撃兼内野守備コーチに自ら助言を求める姿もあった。

 チームを勢いづかせるのは、やはり主砲のバット。背番号25が完全に目覚めるのはいつか――。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220517-04196165-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0d01fc60caec7def518f83b087235ce99371395

【巨人の〝眠れる主砲〟岡本和はいつ目覚める?中田翔一軍復帰はカンフル剤にならず…】の続きを読む

このページのトップヘ