SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

岡田彰布

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/28(水) 22:17:30.20 ID:CAP_USER9
阪神、岡田新体制着々 今岡氏が打撃コーチ、平田ヘッド、和田氏は1軍監督経験者で初の2軍監督へ

阪神がOBの今岡真訪氏(まこと、48=野球評論家)を1軍打撃コーチとして招へいに動いていることが分かった。

今季は投手陣がリーグトップの防御率を誇った一方で、攻撃陣の決定力不足に泣いて優勝を逃した。
打線のてこ入れは不可欠。入閣すれば、大山、佐藤輝、近本に次ぐ戦力の拡充が期待されるだけでなく、1軍抜てき中の高寺、2軍の井上、前川ら次世代を担う若虎の育成にも手腕が発揮されそうだ。


今岡氏は、03年に首位打者に輝き、05年には打点王を獲得し、2度のリーグ優勝に貢献した生え抜きの強打者。
移籍先のロッテで12年にユニホームを脱いだ後、16、17年に阪神の2軍で野手部門のコーチを務めた。
ロッテでも2軍監督と1軍ヘッドコーチを歴任し、指導力には定評がある。


次期監督の岡田彰布氏は評論家時代の今岡氏の鋭い視点を高く評価。
野球観が一致し、さらに監督、選手として同じユニホームを着て戦ったことから、信頼の置ける側近の一人として活躍しそうだ。


平田勝男2軍監督(63)は働き場所を1軍に変え、ヘッドコーチに内定していることも分かった。
2軍監督を通算10年務めただけでなく、コーチ経験も豊富で、阪神のチーム事情に最も精通している。
05年の優勝を同じ役職で支えた新監督の側近であり、85年にはともに主力選手として戦い日本一を経験した。強い猛虎を知るコンビで、V奪回を狙うことになる。


また、空いた2軍監督には、和田豊球団本部付テクニカルアドバイザー(60)が就くことも判明した。
1軍の指揮を執って13~15年に3度のAクラス入りをした実績がある。阪神で1軍監督経験者が2軍の監督を務めるのは初めてになる。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/adea7508e7b5671b30eec3dae5d7f065ef677ecd


【阪神】岡田彰布氏、15年ぶり監督復帰…平田勝男2軍監督がヘッド昇格 今岡真訪氏や水口栄二氏入閣へ


阪神の次期監督に、球団OBで元監督の岡田彰布氏(64)が就任することが27日、分かった。すでに就任要請を受諾しており、複数年契約の見通し。

10月2日のレギュラーシーズン終了後にも就任が正式発表される。ヘッドコーチには平田勝男2軍監督(63)が内部昇格し、球団OBの今岡真訪(まこと)氏(48)や元オリックスの水口栄二氏(53)を招へいする見通し。
2005年にリーグ優勝に導いた岡田氏の下、それ以来18年ぶりのV奪回を目指す。

18年ぶりの悲願成就は猛虎最後のV指揮官にゆだねられた。05年リーグ優勝監督の岡田氏が、第35代阪神監督に就任することが明らかになった。岡田氏は都内で、スポーツ報知の取材に「今は話せることはない」と答えるにとどめたが、すでに就任要請を受諾。
大阪市内で報道陣に対応した百北球団社長も「今シーズンが終わるまで申し上げることはない。(監督を決めるメドは)立っています」と説明し、レギュラーシーズン終了後に正式発表される。

 
組閣も急ピッチで進む中、“Vタッグ”の再結成が判明した。ヘッドコーチに平田2軍監督の昇格が内定。
04、05年にヘッドコーチを担い、岡田政権を支えた名参謀だ。

今季は2軍監督としてウエスタン・リーグ連覇目前。チーム事情に精通し、現場から遠ざかっている岡田氏のサポートにうってつけ。
気心知れたツープラトン体制が敷かれる。

外部からは、05年優勝時に主力だった今岡氏と、早大の後輩でもある水口氏を招へいする見込みだ。
今岡氏は阪神でコーチを務めた後、ロッテで2軍監督、ヘッドコーチを歴任。打撃コーチを軸にポストは調整されるが、球団の将来を見据えた人材としても復帰の運びとなった。

水口氏は、岡田氏のオリックス監督時代と同様に打撃コーチの見通し。
赤星憲広氏(46)、関本賢太郎氏(44)、鳥谷敬氏(41)ら教え子の入閣も検討していくとみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fd07f0cc40ae6f82191509ddaa4385ac2660acac

【阪神、岡田新体制着々 ヘッド平田勝男、打撃コーチに今岡真訪、水口栄二、2軍監督に和田豊 赤星、関本、鳥谷ら入閣も検討】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 23:18:20.56 ID:CAP_USER9
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか


来シーズン、阪神の監督に岡田彰布氏が再登板することが報じられた。

矢野燿大監督はキャンプイン前日の表明通り、今季限りでの退任する予定となっている。


岡田氏は2004年から星野仙一氏の後を受け、監督に就任。
2005年には『JFK』と呼ばれたジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之という鉄壁のリリーフ陣を確立してリーグ優勝を果たし、野球界の投手起用に大きな影響を与えた。
2008年、シーズン中盤まで独走していながら、最大13ゲーム差をつけていた巨人に逆転優勝を許し、責任を取って辞任した。

2010年からオリックスの監督を3年間務め、1年目には交流戦の優勝も飾った。
2013年からは評論家として活動していた。

「岡田監督の復帰は既定路線でしたが、これで掛布雅之監督の誕生は永遠に見られない可能性が高まりました。掛布さんは現役時代、習志野高校からドラフト6位で入団した後、猛練習で這い上がり、小柄ながらも阪神の4番としてホームラン王を3回も取り、1985年の日本一にも貢献した。いろんな説はありますが、阪神の歴史で“ミスター・タイガース”と呼ばれたのは藤村富美男、村山実、田淵幸一、掛布雅之の4人と言っていい。藤村さん、村山さんは阪神で、田淵さんはダイエーで指揮を取った。監督になっていないのは掛布さんだけです」(球界関係者。以下同)


掛布氏は引退前年の1987年、開幕前に酒気帯び運転で現行犯逮捕され、当時の久万俊二郎オーナーに「ウチの4番は欠陥商品。野球選手以前に人間として失格」と痛烈な批判を浴びせられていた。
その一件で両者に確執が生まれ、久万オーナーの目の黒いうちは掛布氏の阪神復帰はないと思われていた。

「引退後、ロッテや楽天から監督のオファーがあったと掛布氏自身が明かしていますが、条件面や野球観が合わないなどの理由で受諾はしなかった。何より、阪神への愛着があったのではないでしょうか」


久万オーナーが他界した2年後の2013年オフ、掛布氏は阪神の『ジェネラルマネージャー(GM)付育成&打撃コーディネーター』に就任した。
引退した1988年以来の古巣復帰にファンは驚くと同時に喜んだ。

「掛布さんと同じ千葉県出身で、現役時代のチームメイトである中村勝広氏が2012年のシーズン中にGMになり、なんとか掛布さんを阪神に戻したいと思案した結果が複雑な肩書きを生みました」

一時、阪神が掛布監督誕生に向かって動いていた時期もあったという。

「中村GMは段階を踏んで、掛布さんを監督にしようと考えていたと聞いています。当時の和田豊監督の次は掛布監督になるという話もあった。しかし、2015年の9月に中村GMが脳出血で急死。これで流れが変わり、そのオフに金本知憲監督が誕生した。もし中村GMが存命だったら、掛布監督が誕生していたと思いますよ」


掛布氏は金本氏の要請もあり、二軍監督として27年ぶりに阪神のユニフォームに袖を通した。
背番号31をつけたミスター・タイガースの人気は現役時代と変わらず、二軍の試合では異例の満員札止めになったり、平日の昼間にもかかわらず甲子園に1万人を超える観客が集まったりした。

「育成手腕については賛否ありましたが、大山悠輔や原口文仁などは掛布二軍監督の元で揉まれ、一軍に定着した。しかし、ファンに惜しまれながらも2017年限りで退団。もしあと1年続けられていれば、金本監督の電撃的な辞任の後に一軍監督に昇格したかもしれません。二軍監督退任後、さまざまな肩書きで球団のポストを与えられていますが、今年のキャンプ前日に矢野監督が今季限りでの退任を表明しても、掛布さんの名前はほとんど上がってこなかった。いまだに人気は絶大ですし、一度でいいから掛布さんの一軍監督を見てみたいファンは今もたくさんいる。ただ、もう67歳になってしまい、仮に岡田監督が3年務めたら、掛布さんは70歳です。現実的には、可能性が限りなく低くなってしまった」


掛布監督誕生は幻のまま終わってしまうのか──。


https://news.yahoo.co.jp/articles/24eda1b26ff6409cc5488bddafb47ab10c08b88a?page=2

【阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか… 掛布監督は幻のまま終わってしまうのか?】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/27(火) 04:19:39.96 ID:CAP_USER9
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2feeb781ccfa0e3dccbc1fce677b6ce47d554a8

阪神新監督に岡田彰布氏内定 〝教え子〟藤川球児SA、鳥谷敬氏、今岡真訪氏の入閣も検討


 阪神の次期監督に、元監督の岡田彰布氏(64)が内定したことが26日、分かった。レギュラーシーズン終了後に正式に発表される見通しだ。

 キャンプイン前日の1月31日に、矢野燿大監督(53)が今季限りでの退任を表明。次期監督が注目されていたが、2005年にリーグ優勝に導き、在任5年で4度のAクラス入りを果たした同氏に白羽の矢が立った。

 2023年、18年ぶりのリーグ優勝を目指す新生タイガースの指揮官が内定した。OBで元監督の岡田彰布氏。在任5年間でAクラス4度、05年にはチームを最後の優勝に導いた手腕に、V奪回を託す。

 異例ずくめで幕を開けた今年。キャンプイン前日の1月31日に、就任4年目の矢野監督が今季限りでの退任を表明した。前代未聞の状況で開幕を迎え、そこからリーグワースト記録となる9連敗。1勝15敗1分の勝率・063と、歴史的なつまずきを見せた。

 その後、巻き返してオールスター前に借金を完済したが、後半戦もなかなか勝ちきれず、17年連続のV逸が決まった。26日現在、3試合を残して66勝71敗3分の4位タイでシーズンの負け越しも決定。クライマックスシリーズ(CS)出場へ向けて、3位巨人、4位で並ぶ広島と熾烈な争いをしている。

 
 水面下で球団が次期監督を選定する中で、白羽の矢が立ったのが、岡田氏だ。1980年、6球団競合の末に相思相愛が実って、早大からドラフト1位で阪神に入団。1年目から新人王を獲得するなど中心選手として活躍し、85年には球団初の日本一に貢献した。95年にオリックスで引退した後は、オリックスのコーチや阪神の2軍監督などを歴任し、2003年に1軍内野守備走塁コーチへ。

 同年に星野仙一監督の下、18年ぶりのリーグ優勝を果たし、04年から阪神の第30代監督に就任した。七回に藤川球児、八回にジェフ・ウィリアムス、九回に久保田智之という勝利の方程式「JFK」を構築。05年にチームを頂点に導いた。

 今季の阪神は、ここまでリーグトップのチーム防御率2・70を誇りながら、同ワーストの84失策と永年の課題が解消されず。チーム打率・244も同ワーストタイと得点力不足に悩まされている。ただ佐藤輝や大山、近本、中野ら野手には20代が多く、投手も湯浅や浜地らが急成長。

 藤原オーナーが次期監督の理想像として「継承」を掲げてきたように、育成路線は着実な成果を見せている。後はそれをしっかり継承しながら、チームがうまくかみ合えば、必ず頂点にたどり着けるはず。そのために、経験豊富な手腕に託す。

 岡田氏の就任が正式決定すれば、〝教え子〟の今岡真訪氏(48)や鳥谷敬氏(41)、現阪神SAの藤川球児氏(42)らの入閣も検討されるとみられる。新生タイガースがもうすぐ、産声を上げる。

【阪神の新監督に岡田彰布氏内定 〝教え子〟藤川球児SA、鳥谷敬氏、今岡真訪氏の入閣も検討】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/27(土) 15:57:14.19 ID:CAP_USER9
岡田彰布氏 阪神の守備采配は不可解 佐藤輝二塁、大山右翼 選手にもファンにも失礼


阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏(64)が、阪神首脳陣が佐藤輝明内野手(23)に、公式戦ではプロ入り後初めて二塁を守らせた起用への影響を危惧した。

中日の先発・大野雄に対して、攻撃重視で大山を今季初めて右翼で先発させた采配にも、疑問を呈した。
中軸2人を動かし続ける采配から、最下位転落を懸念した。



阪神は今季初めて大山を右翼で先発起用した。ここまで23度も零敗を喫し、この日の相手先発が大野雄だから、首脳陣は点を取ることを優先した布陣で臨んだのだろう。
だが、そもそも『大野雄を打って勝つ』ということを考えない方が良かったのではないか。

大野雄とは何度も対戦してきており、対策をしても、なかなか点を取れていない。

まして、西勇を先発させている試合だ。ならば、打って点を取るより、守り切って0-0で引き分けに持ち込むぐらいの考えでスタートした方がいい。
守備重視のスタメンでも、もしかしたらどこかで点が入るかもしれないわけだ。

結果として大野雄からは2点を奪いながら初回の大山、六回のロハスと拙守が失点につながった。
ただ、これは首脳陣が点を取るための打線を組んでいるわけだから、選手がかわいそうだし、仕方ない面もある。


さらに七回には佐藤輝にプロ入り後、初めて二塁を守らせた。
この時点で3点差。まだ逆転できる可能性は十分にあった。チームはCS進出の可能性も残している。
この状況で4番にシーズンで未経験のポジションを守らせる采配には、全く意図が見えなかった。

佐藤輝はオープン戦で一度守っているとはいえ、七回無死一塁で後藤の飛球は危なっかしい捕球だったし、八回2死一塁では3番の右打者・阿部の場面で、二盗のカバーに遊撃・中野が入ったり、試合に出られる準備をできていないことは明らかだった。


この起用は守備軽視とか、そういう問題ではない。
選手にもファンにも失礼ではないか。
チームがバラバラになってしまうことが心配だし、ファンもお金を払って勝ち試合を期待して球場まで来て、佐藤輝のセカンドを見たいと思うだろうか。

残り30試合を切ってCSを争う中、クリーンアップの佐藤輝と大山に今季初めてのポジションを守らせることは理解できないし、今季何度も見てきた「あわよくば」という采配に見える。

最下位・中日とは3・5ゲーム差。こういう戦いをしていては、最下位転落もあり得るのではないか。


◆佐藤輝の二塁 22年3月12日、中日とのオープン戦(甲子園)1試合で「人生初」と振り返った先発二塁。この試合では九回まで守り5度の守備機会を無難に処理した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/429e322b4e3c777b90aff23f65d1d88541d0c081

【岡田彰布氏 阪神の守備采配は不可解 佐藤輝二塁、大山右翼 選手にもファンにも失礼】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/30(木) 08:02:19.46 ID:CAP_USER9
岡田彰布氏の「阪神監督説」、すでにフロントは打診? 本人は「立て直さなあかんやろ」


今季の阪神タイガースは開幕9連敗を喫するなど絶不調で、既に自力優勝の目も消滅している。
そんな中、人事に関与しうるトップたちはゴルフ会合と会食の場を設け、次期監督の最有力候補である岡田彰布氏(64)に接触。


「週刊新潮」の直撃取材に岡田氏が語った“来季の展望”とは――。

開幕から17試合消化時点で、プロ野球史上最低の勝率6分2厘(1勝15敗1分け)という衝撃的な数字を叩き出した今季の阪神。
その後盛り返しているとはいえ、矢野燿大監督(53)が「今季で辞める」と明言しているため、既に球団フロントは監督選びに着手しており、複数の候補者が取り沙汰されている。
そんな中、大本命と目されるのが、監督として優勝経験もある岡田氏なのだ。
それを裏付けるような事実を球団関係者が明かす。

「株主総会の1カ月程前に、岡田と角和夫・阪急阪神ホールディングス会長、それに吉田(義男)元監督が西宮市のゴルフ場でラウンドしています。その際、岡田氏に事実上の監督就任要請があったという話です」


「そらぁ絶対、立て直さな、あかんやろ」

当の岡田氏に聞くと、「ゴルフして飯食いに行って、野球談議に花を咲かせた感じ」とはぐらかすが、監督就任の打診があったのかと聞くと、

「おーん……。まっ、飯食うてる時だったからな。本当の要請じゃないからな。角さんと俺と、二人だけでもなかったからな。(ゴルフをやった時は阪神が)負けてる時だったからな」と、思わせぶりな回答。


さらに、チーム再建についての話も出たようだ。
「どうすりゃええやろ、そんな話の中で、そうゆう(阪神の)再建みたいな話やな、結局な」


話はこれだけにとどまらない。
「鳥谷(敬)と藤川(球児)に関しては(名前が)出とったよ。俺もビックリしたけどな」

岡田氏の後継者を見据えた組閣の人選まで進んでいるというのだ。


来季、監督に就任した場合の覚悟について問うと、
「そらぁ絶対、立て直さな、あかんやろ。こんな弱いチームないよ。(ただ、)戦力的には優勝できるチームやからな。やっぱ、中で、選手からいろんな話を聞かんとわからん」


6月30日発売の「週刊新潮」では、今後の阪神を左右する「極秘ゴルフ会談」の内幕を詳報する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/369d4c30bc5bab7ae9ab498b98ec6944dca9c97e

【阪神タイガース次期監督、既に岡田彰布氏に要請か 本人を直撃「おーん。飯食うてる時だったからな」「鳥谷と藤川の名前出とった」組閣の人選も】の続きを読む

このページのトップヘ