SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

岩手県

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 06:24:20.69 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月10日4時45分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205090000967.html

ロッテ佐々木朗希投手(20)は日本で、エンゼルス大谷翔平投手(27)は米国で、世界の野球ファンをわかせる活躍が続く。ブルージェイズ菊池雄星投手(30)やすでに高校通算60発超の花巻東・佐々木麟太郎内野手(2年)も含め、いずれも岩手県出身だ。この十数年間で野球の大物が次々に登場し「なぜ岩手から?」の注目が増す。岩手の近代史に詳しい新渡戸基金・藤井茂理事長(72)らの証言を元に、海外からも注目される謎に「潜入」する。

藤井氏は「岩手は人物が出るのが遅いです。ちょうど1世代分」と証言し、主に2つの理由を挙げる。

<1>気候的問題 同氏は江戸時代の旅行家の作品を挙げた。「江戸から北上し、秋田ではのどかな農村が描かれる。それが青森で折り返すと、岩手では人が倒れている描写があります」。三陸沿岸からの冷たい季節風「やませ」が内陸の凶作にも影響し「当時は食べていくのに一生懸命な土地だったようですね」。
<2>政治的問題 今の岩手広域にあたる南部藩は戊辰戦争で敗れ、明治政府の中枢に入れなかった。「南部の連中は外交官、軍人、新聞記者、教育者…の方向へ進みました。貧しい出自の人は学費がゼロのところへ。明治や大正の第1世代は、スポーツや芸術の世界に進めなかったんです。食べていくために」。

<1><2>を背景とした環境から、先人の努力や反骨心があって今の輝きがある。藤井氏の言う1世代分とは「30年くらいですかね」。30年前の岩手県はどんな時世だったか。昭和後期に大きな出来事があった。

82年(昭57)に東北新幹線が大宮-盛岡間で開通。「日本のチベット」とも呼ばれた岩手から首都圏へのアクセスが劇的に改善し、人やモノ、文化の往来が活発になり始めた。四国に匹敵するほど広い県域の交通網も発達。大物たちの親世代が少年少女あるいは思春期かといった頃が、ちょうど新幹線開通で岩手が勢いづいた10年後…今から30年前の時代にあたる。

昭和から平成へ。子どもがスポーツに打ち込める環境もどんどん整う。指導者や指導法の世代交代も複合的に作用。花巻東・佐々木洋監督(46)らは象徴的存在になる。佐々木朗を高校で指導した国保陽平氏(35)もアメリカの独立リーグでプレーし、支援学級での講師経験もある。他地域との交流試合は学童野球でも活発に。県内野球界のアップデートは、多くの関係者が証言するところだ。

そんな時代に登場した大谷や佐々木朗には「早寝効果」なども推測されるが、それ以上に個々の努力も大きいところ。ただ、大物の相次ぐ輩出は岩手県の土壌でもあるようだ。藤井氏は「奥ゆかしい藩民性、県民性です」と言い、岩手出身の人物の気質が表現された言葉を2つ挙げた。

「沈深牛の如し。至誠沈勇の人。2つとも『沈』が入っていますよね。どっしりとして、動かざるということ。大谷翔平さんもどっしりしていますよね」。

隣県の青森では、ねぶた祭で初対面の男女が一緒に“はねる”(=踊る)こともある。「岩手はそこは違う。じわりじわり、ゆっくり仲良くなって」。コロナ禍でも最後に陽性者が確認された県だった。「全体的に派手なのが苦手で、飛び抜けた頑張りと忍耐強さがある。そこは信頼されるし、その中でずぬけた人物は一気に世に出るんです」。

「なぜ岩手から?」は初めての事象ではない。明治初頭、原敬や新渡戸稲造らがこぞって上京し、大正で日本の中枢に上り詰めた。その1世代後、明治30年代に石川啄木、金田一京助ら盛岡中学OBが続々と名を上げ“盛岡中ルネサンス”と呼ばれた。

「その10年後には宮沢賢治も出た。岩手はいったん出ると一気に出る。我々でも大丈夫だ、と。出るまではモジモジだけど」

歴史は繰り返す。雄星、大谷、朗希、麟太郎-。21世紀のルネサンスは、まだ続きそうだ。【金子真仁】

◆菊池雄星と佐々木麟太郎の今 
菊池雄星 3月にマリナーズからブルージェイズに移籍。今季5戦目の登板となった4日(日本時間5日)ヤンキース戦で新天地初勝利を挙げた。11連勝中だったヤ軍を6回3安打1失点に抑える好投だった。

佐々木麟太郎 昨年12月に両肩の胸郭出口症候群の手術を受けた影響で、今春センバツでは無安打。チームも1回戦で敗退した。高校通算本塁打は清原和博(PL学園)に並ぶ64本(5月7日時点、公式戦12本、練習試合52本)。

◆沈深牛の如し 明治時代の詩人・高村光太郎が自身の作品「岩手の人」の中で「沈深牛の如し」と表現。ゆっくり、慌てずに目標を達成するという意味。

◆至誠沈勇の人 盛岡出身の第37代内閣総理大臣・米内光政の銅像の石碑に、当時の慶応義塾長・小泉信三が寄せた言葉。「体格は偉大、声は静かで太い」が第一印象だったという。

【「なぜ岩手から?」雄星、大谷、朗希、麟太郎…傑物次々誕生の理由「1世代遅い」ルネサンス】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/28(木) 05:47:48.55 ID:CAP_USER9
4/28(木) 5:15配信
東スポWeb

 ネクスト・モンスターは必ず岩手から現れる――。こんな確信めいた想定を抱いて、メジャー関係者がこれまで以上にみちのく・岩手県にフォーカスしている。

 ロッテ・佐々木朗希投手(20)の完全試合、13者連続奪三振、1試合19奪三振、17回連続完全投球、判定を巡る恫喝騒動と、この2週間はまさに「佐々木朗希ウィーク」だった。

 長いプロ野球の歴史の中でも歴史的な偉業を目撃し、改めて佐々木朗希という才能の存在に感謝したのは日本の球界関係者、プロ野球ファンばかりではない。

 完全試合後の佐々木朗の2登板を海の向こうの米国からリアルタイムでフォローしていた米メディア関係者、各球団スカウト、代理人事務所関係者らも同じだった。

 その中で、ある球団スカウトは昨年のア・リーグMVP、エンゼルス・大谷翔平投手(27)に匹敵する才能の出現に「アメイジング。偉大な岩手県に敬意を表する」と大谷、佐々木朗を輩出した岩手の可能性にこう言及した。

「2009年のセンバツ大会決勝で菊池雄星(ブルージェイズ)が岩手の野球少年に与えた影響によって大谷、佐々木朗希、そして現在、花巻東高2年生の佐々木麟太郎が出てきた。そのストーリーは大谷や、今回の佐々木朗の快挙を見た次の世代に必ず受け継がれていくと思う。特定の地域だけで起きているスケールの大きな物語の連続性には、まだ続きがあると考えておいた方がいい。それは、大谷という才能が現れた7年後に、誰も佐々木朗希の出現を予測できなかったことを振り返れば予測できること。このエリアには特別な才能とストーリーがまだ眠っている」

 運動神経のいい子供が他に目移りすることなく野球を選択し、小中高の各年代に優秀な指導者が数多くいるとされる岩手県。そこに現実として出現した菊池、大谷、佐々木朗という才能を見て次の世代がまた世界を目指す。

 この循環ができつつある「新野球王国・岩手」にメジャーは深く注目している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c74f06483e51d2e203cd37ad5a8282b303344d61

【菊池雄星から始まり大谷、佐々木朗が紡いだ「岩手伝説」 次なるモンスターにメジャー熱視線】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 20:54:47.93 ID:CAP_USER9
17日(現地時間16日)の野球界は、日本でもアメリカでも岩手出身の選手が話題をさらいました。

日本時間の朝ではメジャーリーグのエンゼルス・大谷翔平選手。
1番指名打者で出場すると8回、初球のカーブを右中間へ2試合連続となる第3号ホームラン。この日は5打数2安打3打点1本塁打1盗塁の活躍を見せました。

そして昼に圧巻のピッチングを見せたのは、前回完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希投手。

日本ハム戦8回を投げ、1人もランナーを出さないパーフェクトピッチング。三振も14個を奪い、17イニング連続でのパーフェクト投球を披露しました。

ともに岩手県出身という共通点を持っている大谷選手と佐々木投手。

両選手の活躍をみたファンは「岩手県の何を食えば、規格外のプロ野球選手が育つのか?」 「大谷さんといい佐々木さんといい岩手県には一体何があるんだ」
といった声や、「大谷翔平vs佐々木朗希の試合が見たい」と願うファンの声も見られました。
https://news.ntv.co.jp/category/sports/585c196aa9134dd69a734dd46f263ac6

【 “朝は大谷翔平、昼は佐々木朗希” 「岩手県には一体何があるんだ」 岩手出身が躍動!】の続きを読む

このページのトップヘ