SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

川淵三郎

  • カテゴリ:
1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/23(火) 19:56:05.00 ID:v3dxrPG69
 元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(87)が、米プロバスケットボールNBAレイカーズの八村塁(26)が今夏のパリ五輪に出場する意思を示していることを〝ポロリ〟した。

 文化勲章を受章した川淵氏は23日に東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれた天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会に出席。日本テレビがご歓談を生中継して音声が流れる中で、天皇皇后両陛下からサッカーやバスケットボールでの功労を称えられると、川淵氏は米プロバスケットボールNBAのレイカーズで八村が大活躍している様子を説明した。

 その話の流れで「八村塁は五輪にも出たいと言っているのでね…あ、これまだ公に言ってはまずいのかな」と言及。八村は昨夏のW杯でレイカーズでの調整を優先するため日本代表を辞退しており、今回のパリ五輪に向けても代表入りが注目を集めているが、本人はまだ出場の意思に関して明言していない。

 そうした中で川淵氏の発言により、八村のパリ五輪出場の可能性が高まっていることが浮き彫りになった。

 川淵氏は日本サッカー協会会長を務めていた2006年のドイツW杯後の会見で、次期日本代表監督についてイビチャ・オシム氏の名前を口走って大きな話題になった。

 園遊会での八村を巡る〝ポロリ〟も脚光を浴びそうだ。

https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-300019.html
2024/04/23 東スポweb

【川淵三郎氏、八村塁のパリ五輪出場の意思をポロリ 「出たいと言ってる」「あ、これまだ公に言ってはまずいのかな」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/21(土) 09:16:48.88 ID:Z6dEpwSX9
デイリー 10/21(土) 5:00

 取材に応じる川淵三郎氏
 政府は20日、2023年度の文化勲章をスポーツ振興の川淵三郎(86)ら7氏に贈ることを決めた。文化功労者には漫画の里中満智子(75)の4氏ら20人を選んだ。文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同6日に都内のホテルで開かれる。

 元日本サッカー協会会長の川淵氏(現日本トップリーグ連携機構会長)は都内で取材に応じ、文化勲章受章に「身に余る光栄」と喜びを語った。

 JリーグやBリーグ創設を主導するなどスポーツ界発展に貢献してきた。サッカー界からは初めてで、スポーツ界からは「フジヤマのトビウオ」と称された競泳の古橋広之進氏と、プロ野球の長嶋茂雄氏に続く3人目。川淵氏は「僕が貢献したのは『少しは』ぐらいだよ」と謙虚に受け止めた。

 12月に87歳を迎えるが熱い思いは変わらない。「協力してほしいと言われれば喜んで。必要とされる場がある限り、まだしつこく生きていこうと思います」。“生涯現役”でさらなる発展に尽力する。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/d3da6445a3af13ecf19e5e101bbede90304e7b81&preview=auto

【川淵三郎氏に文化勲章 サッカーJリーグやバスケBリーグ創設に貢献「身に余る光栄」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/30(水) 21:00:22.90 ID:2/c3W64C9
 Jリーグ初代チェアマンで、日本バスケットボール協会会長や日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザーを歴任した川淵三郎さんが30日、自身のX(旧ツイッター)を更新し、大人気バスケット漫画・スラムダンク作者の井上雄彦さんとのツーショット写真を公開した。

 川淵さんは「スラムダンクの井上雄彦さんと会場で久しぶりにお会いした」というメッセージとともに、バスケットワールドカップが行われている沖縄で撮った思われる写真を投稿した。

 SNSでは「日本バスケ史に刻まれるべきお二人」「井上先生のバスケ界への貢献は本当に計り知れない」「とても良い一枚」「井上先生、沖縄に来てたんだね」「日本バスケ界の大恩人たち」「やっぱり会場に行ってたかー」「俺にとってマイケル・ジョーダン並みのバスケの神様」などのコメントが寄せられた。

https://nishispo.nishinippon.co.jp/article/794071
https://i.imgur.com/gvYlufG.jpg

【「日本バスケ界の大恩人たち」井上雄彦と川淵三郎のツーショット写真にバスケファン歓喜「沖縄に来てたんだね」「ジョーダン並みの神様」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/12(月) 11:49:08.20 ID:z2dzBg7Y9
初代Jリーグチェアマンの川淵三郎氏がこのほど行ったつぶやきが議論を呼んでいる。

 川淵氏はツイッター(@jtl_President)で野々村芳和現Jリーグチェアマンらと一緒に、プロ野球・北海道日本ハムファイターズが北海道北広島市に建てた新球場のエスコンフィールドHOKKAIDOを訪れたことを報告。
「その重量感と壮大さ、左右対称とは真逆の変幻自在な観客席、真緑の綺麗な芝生のグランド、中に入ると雰囲気のあるレストラン、とてつもなく広いキッズランド、全て度肝を抜かれた。凄い」と感激した様子を伝えた。

そこで設計や建設に関わった前沢賢統括本部長からJリーグについて指摘を受けたことを紹介。「Jリーグを見に行った時何か疎外感を感じだ、こういう雰囲気を作ってはダメだと思ったという話に衝撃を受けた。その鋭いご指摘に共感すると同時にJリーグ全体として分析する必要があると思った(原文ママ)」と私見を述べた。

 このツイートが拡散されると、「疎外感」という言葉にフォロワーらが反応。川淵氏も「"疎外感"という言葉に100万人以上の皆さんが反応されたことに驚いた」と追加で投稿すると、
「会長の時皇后杯の決勝でも殆ど観客が入らなかった。元日の天皇杯の前ならついでの観客が来てくれるのではと午前中に行ったところ飛躍的に増えた。
VIP席の前に陣取った応援団に、多くの人に来てもらってよかったでしょうって言ったら、数が少なくても僕らだけで応援したいのにと言われて愕然とした」と経験談をもとに、説得力を持たせた。

 これには「『疎外感』がホームチーム優遇から生じるものだとしたらですが、これは日本のプロ野球よりJリーグの方が、1試合の重要性が高く、真剣さ、勝利への渇望が強いために起きる事ではないかなと。
悪い事では無いように思いますし、無理に無くそうとしてはいけないと思いますね」といった意見がみられた一方で、
「応援団擁護やニワカはいらないといったリプライが複数ついていることに驚き。Jリーグの限界が見えるな」
「ニワカは要らないって奴はスポーツというか、ビジネスを舐め過ぎ。ニワカが居ない=衰退よ」と寄せられるなど、議論が白熱している。

6/12(月) 11:27配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae01468d2140708565fe911813fdabe946286802

関連スレ:
川淵三郎「Jリーグを見に行った時、こういう雰囲気を作ってはダメだと思ったという話に衝撃を受けた。Jリーグとして分析する必要がある」 [八百坂先生★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1686317899/

【Jリーグ観戦は「疎外感」を感じる?川淵三郎氏の投稿に議論が白熱「Jリーグの限界が見えるな」「ニワカが居ない=衰退よ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/09(金) 22:38:19.06 ID:d1c2UBwM9
川淵三郎(日本トップリーグ連携機構会長)
@jtl_President

エスコンフィールドで設計や建設全体に関わっておられた前沢賢統括本部長に色々お話を伺った。
その中で、Jリーグを見に行った時何か疎外感を感じだ、こういう雰囲気を作ってはダメだと思ったという話に衝撃を受けた。
その鋭いご指摘に共感すると同時にJリーグ全体として分析する必要があると思った。

午前8:50 · 2023年6月7日
https://twitter.com/jtl_President/status/1666231098488283137

"疎外感"という言葉に100万人以上の皆さんが反応されたことに驚いた。
午後0:48 · 2023年6月9日
https://twitter.com/jtl_President/status/1667015836262096897


関連スレ:
【Jリーグ】川淵三郎氏、プロ野球の若い女性ファン増加に驚き「サッカーも工夫しなきゃ」Jリーグのファン層は年々高齢化する傾向
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1683705849/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【川淵三郎「Jリーグを見に行った時、こういう雰囲気を作ってはダメだと思ったという話に衝撃を受けた。Jリーグとして分析する必要がある」 [八百坂先生★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/10(水) 09:34:49.02 ID:YPxmRA7L9
スポーツ報知 5/10(水) 5:00

インタビューに答える川淵三郎氏
 Jリーグ初代チェアマンを務め、1993年の開幕戦・V川崎(現東京V)―横浜Mで開会宣言した川淵三郎氏(86)=日本サッカー協会相談役=が9日、J30周年を迎える15日を前にスポーツ報知の取材に応じた。クラブ数は当時の10→60と広がったが「日本全国に100クラブほしい」と持論。30年間のMVPにはFW三浦知良(56)=オリベイレンセ=を挙げ、「サッカー界に大谷翔平のようなスーパースターが出てほしい」と熱望した。(取材・構成=星野 浩司)

 30年前の5月15日、5万9626人が集まった国立競技場。「Jリーグは今日ここに大きな夢の実現に向かってその第一歩を踏み出します」。川淵氏の開会宣言でJリーグは幕を開けた。

 「緊張はなかったけど、僕だけにスポットライトが当たって、少し声が震えてたね。チアホーンがやたらと鳴っていて、本当に歴史的な日が始まったなと。TUBEの前田亘輝さんがアカペラで歌った『君が代』は素晴らしかった」

 同日の開幕戦はV川崎―横浜Mの1試合のみ。他クラブから反対する声もあったが、川淵氏が決断したという。

 「1つのオープニングゲームを日本の皆さんに見てもらい、その後(翌16日)に残りの8クラブが試合をすれば、2回注目を浴びる。ヴェルディとマリノス以外のクラブから反対したけど、僕は認めなかった。イベントをやるプロの立場から言えば常識なんだよね。大成功だったと思う」

 多くの壁を乗り越え、プロ化に成功した。

 「絶対に無理だと言われていたし、僕もそう思っていた。1万5000人収容のナイター照明が付いた競技場も、ホームタウンもなかったし、人生安泰かどうかも分からないプロ契約も当時の選手はしたくなかった。思い切って高いハードルを越えない限りは成功しないというのが合言葉だった。結局はバブルの頂点だったことが味方した。必要なのは、失敗したら自分が辞めればいという覚悟だな。他のスポーツはその覚悟が足りないと思う」

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/ef48f4b4e48cef05f4085e718a85ea5e873ff71f&preview=auto

【<Jリーグ30周年>川淵三郎氏にインタビュー「MVPはカズ」「大谷翔平のようなスターが出てほしい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/28(月) 21:24:55.45 ID:3E2IK1+k9
 元日本サッカー協会会長で、Jリーグ初代チェアマンも務めた川淵三郎氏(85=日本トップリーグ連携機構会長)が27日、テレビ朝日「タモリSTATION ドイツに歴史的勝利!!日本サッカー運命の決戦直前SP!!」(後5・00)に生出演。日本代表チームを率いる森保一監督(54)と昨年末に交わしたという会話の内容を明かす場面があった。

 日本代表は23日の1次リーグ初戦で強豪ドイツに2―1で逆転勝ち。W杯16強が最高成績という日本がW杯を4度制したドイツを撃破したことで世界中に衝撃を走らせた。だが、W杯アジア最終予選では初戦から苦戦続き。一時はSNS上を中心に森保監督の解任論も噴出した。

 川淵氏は日本がまだカタール大会の出場権を得る前だった昨年末に森保監督と話をする機会があったとし「もっと組織的に攻撃するのを日本のファンが楽しみにしているのに、今の代表はそれがないから見てて面白くない!」と厳しい言葉を突きつけたことを明かした。

 だが、川淵氏によると森保監督は「川淵さん。昔の日本は組織でいろいろ形をつくってやってたけど、今はヨーロッパに行っている選手が多いから組織じゃなくて個の力の突破でもって攻撃をするんです。そのバランスが難しいんで」と猛反論。「なるほどな…」と思ったという川淵氏は「いま見てると、個の力の、それぞれの特長をうまく生かしてこの前の2点につながっているんでね」とドイツ戦で挙げた堂安、浅野の得点について触れた上で「ああ、もう監督の一番苦労した形が今いい方向に出ているんだなって、やっぱり納得できましたよね」と続けた。

 「もうね、ハラがすわってね。そのころは“監督代えろ、代えろ”って話が僕のところにさえ来るんですよ。僕は何もそんなこと決められないのに。その時にも彼は本当に度胸がすわってましたよ。だから絶対に大丈夫だなとも思って彼を信じてたら結果的にはそうなったんでね。本当にいい方向に行ってますね」と川淵氏。日本時間27日午後7時からコスタリカとの1次リーグ第2戦に臨む指揮官に全幅の信頼を寄せていた。

 また、その後、「さっきの話の続きだけど…」として「まだ負けている時に“お前、ちょっとベテラン選手に遠慮してそういうポジション決めてんじゃないの?自分の思う通りにやればいいんじゃないか”って言ったら“川淵さん、僕は川淵さんが思うほど優しい男じゃなくて私は冷酷な男です。そんなことは絶対に自分でやりません”って言われたんでね。また凄いなーって。あの優しい顔にはそういう言葉が出て来るとは夢にも思わなかった」とも話していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/12c8fdc97ebc87a09e6c765dcc88958deb0b2c58

【川淵三郎氏 昨年末、森保監督に意見したところ猛反論されていた! その内容に「なるほどな…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/02(月) 18:55:55.80 ID:CAP_USER9
 日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏が2日、元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシム氏の訃報を受けてコメントを発表した。

 川淵氏といえば、2006年ドイツW杯後の総括会見でジーコ監督の後任についての質問を受けた際「総監督的な立場としてオシム…、あっ! 言っちゃった…」と、千葉を率いていた指揮官の名前を出してしまったエピソードは有名だが、この日のコメントでも「最も思い出深いのは、僕の“オシム失言”とオシムさんが脳梗塞で倒れた時」と回想。「(ドイツW杯は)グループステージ敗退となり、とにもかくにも日本のファンに謝りたいと思って記者会見に臨んだ僕は、質疑応答に入ったところでうっかり『オシム』と口にしてしまい、大きな非難を浴びた。失言によって代表監督を引き受けてくれなくなるかもしれないと心配したが、オシムさんは『会長がそんなことでいちいち謝ることはない』ととがめることもせず、引き受けてくれた。常に僕の立場を慮ってくれる人だった」と懐かしんだ。

 07年11月にオシムさんが倒れた際には「本当にショックで、毎日祈るような気持ちだった」と川淵氏。「ようやく面会できることになり病院に伺うと、リハビリが終わろうとしているところだった。その時の僕への第一声は『こんなに(リハビリで)痛めつけられて、ありがとうと言わなきゃいけないのは承服できない』。その時のいたずらっぽい笑顔が忘れられない」と故人をしのんだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/293ddb2e79c65ac3183ea7770a5fe782f6829e90

【川淵氏が追悼コメントでオシムさんとの思い出語る “失言”にも「会長がそんなことで謝ることはない」】の続きを読む

このページのトップヘ