SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

御嶽海

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/21(土) 08:48:36.77 ID:2bT492DTa
ようやっとる

【大相撲夏場所・13日目 正代5勝8敗、御嶽海6勝7敗、貴景勝6勝7敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 05:52:38.98 ID:CAP_USER9
3/26(土) 5:15配信
東スポWeb

御嶽海(東スポWeb)

 看板力士が意地を見せた。大相撲春場所13日目(25日、大阪府立体育会館)、新大関御嶽海(29=出羽海)が新関脇若隆景(27=荒汐)を一方的に寄り切る快勝で10勝目(3敗)。優勝争いに踏みとどまった取組後は「(母校・東洋大の)後輩に負けられない。一つ目標(2桁白星)をクリアできたんで、今日は気持ちよく帰りたい」と先輩の貫禄を漂わせた。

 その新大関に、故郷・長野からは〝背水の覚悟〟を求める声が上っている。地元後援会の村上智明幹事長は「大関なら、2桁は目標じゃなく当たり前じゃなきゃいけない。もちろん、本人が一番そういう気持ちになっていると思う」とした上で「(大関から)落ちるくらいなら引退する覚悟を持ってやってほしい。大関、横綱というのはそういう地位であるべき。落ちたらいつでもやめるくらいの覚悟を持ってやってほしい」とハッパをかけた。

 大関は横綱とは異なり、2場所連続で負け越せばその地位から陥落する。翌場所で10勝以上を挙げれば大関に復帰できる救済措置がある一方で、幕内高安(32=田子ノ浦)や幕内栃ノ心(34=春日野)らのように平幕へ転落後も土俵に立つ力士は少なくない。過去10年を見ても、大関陥落を区切りに引退したのは豪栄道(現武隈親方)1人だけ。地元後援会は、あえて退路を断って横綱へ挑むことを求めた。

 その御嶽海は、残り2日間へ向けて「1日1勝、しっかり取って気持ちよく終わりたい」。他の大関との違いを見せるためにも、連勝で締めくくりたいところだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220326-04086476-tospoweb-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/51a64fa7195e8624627a01ce0a6324266fed3f7a

【大相撲春場所 御嶽海10勝目も後援会が超辛口エール「大関から落ちるくらいなら…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 20:35:42.96 ID:CAP_USER9
3/14(月) 18:05配信
デイリースポーツ

 照ノ富士(手前)から金星を挙げる大栄翔(撮影・高部洋祐)

 「大相撲春場所・2日目」(14日、エディオンアリーナ大阪)

 2場所ぶりの優勝を狙う横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は前頭筆頭の大栄翔(追手風)に送り出されて、2日目で土がついた。突き、のど輪で攻め込まれて横を向かされ、金星を与えた。

 大関貴景勝(常盤山)は平幕の逸ノ城(湊)に寄り切られ、1勝1敗。かど番の大関正代(時津風)は小結の隆の勝(常盤山)に押し出され、2連敗と苦しいスタートになった。

 新大関の御嶽海(出羽海)は前頭筆頭の宇良(木瀬)を下し、初日から2連勝を飾った。1909年の優勝制度導入以降、9人目となる新大関での優勝に向け、幸先いい連勝発進となった。

 横綱、大関陣で2連勝は御嶽海ただ一人となった。

 新関脇の若隆景(荒汐)は平幕の阿武咲(阿武松)を寄り倒して、2連勝。同じく新関脇の阿炎(錣山)は平幕の玉鷲(片男波)を突き出し、初日を出した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220314-00000104-dal-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/99e9e6f159ce49091c6d62a8ca9aebf09b1641b8

【大相撲春場所・2日目 横綱照ノ富士に2日目で土 大栄翔に金星与える 新大関御嶽海は連勝 かど番正代連敗】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/31(月) 19:30:50.62 ID:CAP_USER9
日本相撲協会 令和4年1月31日

協会からのお知らせ
お知らせ

 協会に所属する力士1名(御嶽海 本名 大道久司、出羽海部屋)に、新型コロナウイルス感染症が確認されましたので、お知らせいたします。

 今後は、保健所の指示に基づき、濃厚接触者の調査や本人の療養等の対応を行う予定です。

 全協会員におきましては、今後も「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づき感染予防を徹底し、感染拡大の防止につとめてまいります。

 また、両国国技館におきましても、感染拡大予防に対応した施設環境の整備や衛生対策を推進し、国技館に出入りされる全ての皆様の健康と安全を確保するための十分な注意を行ってまいります。

以上

//sumo.or.jp/IrohaKyokaiInformation/detail?id=536

【大関に昇進した御嶽海が新型コロナ感染】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 11:34:04.89 ID:CAP_USER9
1/27(木) 11:30
スポーツ報知

新大関・御嶽海が結婚 5年以上の交際経て1歳上の一般女性とゴールイン 

 大相撲初場所で優勝し、新大関に昇進した御嶽海(出羽海)が結婚したことが27日、分かった。お相手は1歳年上の一般女性。後援会の関係者で、5年以上の交際期間を経て結婚に至ったという。

 御嶽海は初場所で13勝を挙げて、自身3度目の優勝を飾った。場所後に新大関に昇進。優勝、大関、結婚と3重の喜びとなった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220127-01271056-sph-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0edb74abeba9ee4bec9a04828dfea16543029dbd

【新大関・御嶽海が結婚 5年以上の交際経て1歳上の一般女性とゴールイン】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 12:10:52.75 ID:CAP_USER9
大相撲で大関昇進を果たした御嶽海(29=出羽海)の母マルガリータさん(51)も、息子の晴れ舞台で喜びを語った。

【写真】大関昇進の伝達を受け、口上を述べる御嶽海

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で大相撲春場所の番付編成会議と臨時理事会を開催し、初場所で3度目の優勝を果たした関脇御嶽海の大関昇進を全会一致で承認。東京・墨田区の出羽海部屋で昇進伝達式に臨んだ御嶽海は「ここからがスタートライン。気を引き締めてやっていきたい」と意気込みを語った。

会見に同席した両親とは、コロナ禍の影響もあり2年ぶりに再会したという。父春男さんは「本当にうれしく思っています。親方をはじめおかみさん、部屋の親方衆、大きな出羽海部屋の皆さんに大きく育ててもらった」と感謝した。

フィリピン出身のマルガリータさんは、初場所千秋楽の23日には優勝した瞬間を会場で見届けた。この日の会見では「すごくうれしいと思います。いつも愛しているよと言っているので。頑張ってください。いつもケガしないように祈ってます」と話した。

御嶽海は伝達式で協会から送られた使者の春日野親方(元関脇栃乃和歌)、大鳴戸親方(元大関出島)から昇進が全会一致で決まったことを伝えられると「謹んでお受けいたします。大関の地位を汚さぬよう、感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道にまい進してまいります」と口上を述べた。

長野県出身の大関誕生は江戸時代の1795年、「伝説の力士」とされた雷電以来。御嶽海は初場所で13勝2敗の成績を残した。

日刊スポーツ 1/26(水) 11:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/046fcdfa50f5fd28f7b1e176892c6d0ce3179943

写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220126-31260221-nksports-000-7-view.jpg?pri=l&w=547&h=640&exp=10800

【「うれしい。いつも愛してる」御嶽海の母マルガリータさん、息子の大関昇進に感激!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/26(水) 09:09:44.49 ID:CAP_USER9
大相撲 御嶽海の大関昇進決まる | 大相撲 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220126/k10013450151000.html

2022年1月26日 9時07分

日本相撲協会は26日、臨時の理事会を開き、初場所で3回目の優勝を果たした御嶽海の大関昇進を決めました。

新大関は、おととしの秋場所後に昇進した正代以来となります。

【御嶽海の大関昇進決まる!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 06:00:52.64 ID:CAP_USER9
1/25(火) 5:15配信
東スポWeb

優勝から一夜明け、喜びを語った御嶽海(東スポWeb)

〝朝青龍化〟するな――。大相撲初場所で3度目の優勝を飾り、大関昇進を確実にした関脇御嶽海(29=出羽海)に異例の注文が付けられた。悲願だった看板力士の称号を手中に収める一方で、この先は今までとは比較にならないほど大きな重責を担うことになる。そんな中、恩師は勝利至上主義の荒々しい相撲に走らず、これまで通りの「まごころ相撲」を貫くことを熱望。いったい、どういうことなのか。

 御嶽海は初場所千秋楽から一夜明けた24日の会見で「(大関は)意識しないようにしていたが、ちらついていたのは正直ある」と場所中の心境を明かした。その上で自身の目指していく大関像について「近寄りがたい大関と言われたいけど、僕の性格上、無理。フランクな大関でいきたい」と語った。

 長らく大関候補と言われながら、何度も勝負弱さを露呈して足踏み。周囲からの厳しい意見にさらされることもあったが、ようやくの悲願達成となった。長野・木曽福島町立福島中(現木曽町立木曽町中)時代の恩師で長野県相撲連盟の理事長を務める安藤均氏は「周りの方からいろいろ言われて歯がゆい思いがあったはず。でも、周りの意見を参考にしつつ、自分で考えて判断して取り組んできたと思う。ようやくそれが着実な力となって、地力がついてきたのかな」と、自らの力で切り開いた姿を評価した。

 一方で、安藤氏は御嶽海にある教えを叩き込んできた。「相撲は一人では強くなれない。相手あってのもの。木曽の場合は地域の皆さんが協力して相撲ができる環境を整えてくれた。そういうことも含めて、相手あっての相撲だということを大事にしてほしいと常日ごろから言った」

 それは、今でも御嶽海の中に生きている。同氏は「彼はダメ押しをしない。相手が土俵を出た後も、落ちないようにすっと支える姿を見せる」と指摘。象徴的な場面として挙げたのは、新十両で臨んだ2015年7月場所だ。御嶽海は常幸龍(木瀬)との一番で張り手を何発も受けて流血し、最後は土俵下まで転がされた。

「その翌場所で常幸龍関と当たり、押し出しで勝ったんだけど、その時に相手が後ろ向きになった。普通ならダメ押しでどーんと、借りを返しても不思議ではない。でも、関取は相手をすっと支えた。うれしかったですね」(安藤氏)。プロの世界でも教えを守る姿に、感動を覚えたという。

 大関となれば、今まで以上に大きな重責を背負う。生き馬の目を抜く大相撲では、元横綱朝青龍のように「土俵の修羅」にならなければ、命取りになることさえある。しかし、安藤氏は「勝負の世界では甘いかもしれないが(今の)そういう姿は勝負を超えて喜ばしく思っている。プロなので結果がすべてと指摘をする人はいると思うが、そんな心も失わない関取であってほしい」と願いを込めた。

 これからも相手への思いやりを持った「まごころ大関」となることが、何よりの恩返しとなるはずだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-03949289-tospoweb-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/174574650fcd4be8be6bb1306944f4a8dc354162

【大関昇進・御嶽海 “朝青龍化” はするな! 恩師から「まごころ相撲」貫徹の願い】の続きを読む

このページのトップヘ