SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

慶大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 19:53:00.02 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年6月2日 13:47
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/02/kiji/20220602s00001089404000c.html
東京六大学野球リーグ フレッシュトーナメント 3、4位決定戦 慶大4―0早大 ( 2022年6月2日 神宮 )

慶大が早大を4―0で下し、最終順位を3位とした。慶大の「4番・一塁」で出場した清原正吾内野手(2年)は、3打数無安打で迎えた8回2死一、二塁から左前に適時打。一塁側内野席で見守った父は拍手を送り、活躍に満足そうな様子だった。

 一塁守備でも内野手が送球したハーフバウンドをすくい上げるなど好守を見せた。

 31日の東大戦に続く2戦連続の適時打を放った「ジュニア」の試合後の一問一答は以下の通り。

 ――適時打は。
 「自分自身、納得いく打席がなくて“どうしよう”と考えた時に、とにかくチームが勝つバッティング、とにかくバットに当てることを考えて打席に入りました」。

 ――父に良い姿を見せた。
 「毎試合見に来てくれていたので、良いところを見せたいと思っていた。それがタイムリーになってうれしいと思っています」。

 ――5番をつけた理由。
 「僕自身、大学から野球を始めた以上は必ず親孝行したいなと思った。オヤジのつけていた5番をやっぱりつけて打席に立ちたい。オヤジが2000本安打達成したところも神宮だったらしいので、その神宮の場で5番をつけて打席に立てることは良い親孝行できたのかなと思います」。

 ――父から言われたことは。
 「頑張ってくれという一言、5番をつけてくれてありがとうなという一言ですね」。

 ――目標の選手は。
 「ホームラン王の萩尾さんだったり、広瀬さんが目標の選手です。慶応の中で」。

 ――父も目標か。
 「それは一番の目標です。オヤジみたいなプレーヤーになることが一番の目標ですし、こうやってみせたいという思いがあります」。

 ――4打席目は。
 「とにかく打席内で迷わないことを意識して真っすぐに負けないように意識しました」。

 ――抜けた。
 「ほっとしましたね」。

 ――斎藤の本塁打で喜んでいた。
 「自分が打てていないことは関係ないですね。チームが打ってくれることに対してシンプルにうれしかった。自分のバッティングがダメだからとかは全く関係なく、チームが良い方向に進んでくれるならば何でもいいです。自分はチームに何が求められているのかを理解しながら勝利につながるバッティングをしたい」。

 ――初戦後に父と打撃の振り返りをした。
 「上半身が緊張して固まっていた部分があった。そこをリラックスしていけというのと、あとは始動をもうちょっと速くしろと」。

 ――きょうは何と声をかけられた。
 「一本出てよかったなと」。

 ――先発で4回1失点だった前田投手は。
 「かわいい後輩なので、おちょくる面もありながら一番応援している投手なので良い感じに抑えてくれてよかったです」。

 ――2試合で手応え。
 「そうですね。去年はノーヒットだったので、今年やっと出て自信にはなりました」。

 ――父の道具を使っている。
 「ファーストミットとリストバンドですね。(オリックス時代につけていた、ファーストミットも試合で使っていた)はい。シンプルに僕から使わせてくれとお願いして、取りやすい。やっぱりオヤジのグローブをつけてグラウンドに立ちたいという思いがありました。あまり雑には使えないので公式戦用として使っています。(1年春から)はい」。

 ――意気込みは。
 「慶応が(春の)リーグ戦で優勝できなかった部分は悔しい部分がある。秋こそは優勝したいので、自分がどのように部に貢献する形になるかわかりませんが、戦力として活躍できるように必死に努力してチームの勝利のために貢献できればいいなと考えています」。

 ◇清原 正吾(きよはら・しょうご)2002年(平14)8月23日生まれ、東京都出身の19歳。小3から「オール麻布」で野球を始め、中学ではバレーボール部、慶応高ではアメリカンフットボール部に所属。慶大で硬式野球部に入部した。一塁のほか三塁、外野もこなす。1メートル86、90キロ。右投げ右打ち。

写真東京六大学野球フレッシュトーナメント<早大・慶大>試合終了後、ハグをする慶大・清原(右)と父・和博氏(撮影・藤山 由理)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/02/jpeg/20220602s00001089384000p_thum.jpg

【東京六大学野球 慶大清原Jr.が目覚めの兆し 2戦連続適時打に父「一本出てよかった」 好守も披露し先発前田Jr.援護】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 21:30:55.18 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月28日16時52分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205280000835.html

<東京6大学野球:慶大7-2早大>◇第8週第1日◇28日◇神宮

伝統の早慶戦で2万2000人の観客が詰めかける中、慶大が打ち勝って先勝した。下山悠介主将(4年=慶応)は「思っていた以上にお客さんが入っていて、緊張もするけど、こういう舞台で野球ができることに感謝しようとチームで話していました」と明かした。

1点を追う初回2死一塁、4番の萩尾匡也(まさや)外野手(4年=文徳)が右翼スタンドへ2ランを放ち、すぐに勝ち越した。今春4号で「直球に合わせて打席に入って、理想通りに直球にコンタクトできました」と振り返った。

3回2死二塁、朝日晴人内野手(4年=彦根東)の適時打で1点を追加。

4回には、先頭の下山が初球を今春2号となるソロ本塁打をバックスクリーンに運んだ。「追加点がほしい場面だったので、塁に出ようと思った。自分のスイングができたことがつながった」。

増居翔太投手(4年=彦根東)は、制球に苦しみながらも5回を被安打4の2失点にまとめて今春4勝目、通算11勝目を挙げた。

第2戦に向けて、堀井哲也監督(60)は「優勝はかかっていない試合だが、たくさんお客さんが入ってくれた。学生野球らしい試合をしっかりしたい」と話した。

【東京6大学野球・早慶戦第1戦 慶大が早慶戦で先勝「思っていた以上にお客さんが入っていて緊張」下山主将 2万2000人が観戦/慶應7-2早稲田】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 16:53:11.64 ID:CAP_USER9
スポーツ報知2022年5月17日 16時25分
https://hochi.news/articles/20220517-OHT1T51115.html

◆東京六大学野球春季リーグ戦第6週第3日▽明大12―7慶大(17日・神宮)

 昨年の春秋覇者・慶大は、1勝1敗で迎えた明大3回戦で2ケタ失点。後半の反撃も及ばなかった。4カードを終えて勝ち点は2のままで、優勝の可能性が消滅した。

 先発のエース・増居翔太投手(4年=彦根東)は、1回表に1点を失い、3回表には4安打を浴びて3失点。試合を作ることが出来ず、3イニングで降板した。その後も明大に得点を許し、5回終了時で1―10。7、8回に3点ずつ返したが、前半の失点が大きすぎた。

 「選手には『優勝は結果。対抗戦の一試合、一試合をしっかりやっていこう』と話してきたが、結果として力及ばなかった」と堀井哲也監督。下山悠介主将(4年=慶応)は「リーグ優勝を目指してきた。可能性が消えたのは、率直に悔しい」と話した。

 優勝争いは、勝ち点を4に伸ばした明大と勝ち点3の2位・立大に絞られ、次週の直接対決で勝ち点を挙げた方が優勝となる。

【東京六大学野球 慶大が明大3回戦に敗れ3季連続Vが消滅 堀井哲也監督「力及ばなかった」明治12―7慶應義塾大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 15:20:48.87 ID:CAP_USER9
スポニチ 2022年5月16日 11:53
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/kiji/20220516s00001089266000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第6週の慶大―明大3回戦は雨天のため17日正午からに順延となった。

今季3年ぶりに勝ち点制に戻ったリーグ戦。明大は先週の法大戦で4回戦の末勝ち点を挙げ、今回は慶大と1勝1敗。9日間で6試合を消化している。ここ2年間はコロナ禍で1試合総当たりや、2試合で9回打ち切りなど3回戦はなかった。3年生以下は初めての経験となる。

東大戦以外はすべて3回戦以上に進む展開に、慶大2回戦後、田中監督は「村田ら蓄積疲労があったけど、いけるところまで投げてくれた」と頑張りを称えた。そして「直井や堀内ら細身の選手は3キロは痩せたね。(勝ち点制は)経験がないからね」と直井をベンチから外した。

慶大初戦で負け投手になった蒔田も疲労からストレートが走らず苦しい投球となった。この日の雨天順延で中2日となり、どれだけ回復できているか。3回戦を落とせば負け数が多く、ほぼ優勝戦線から脱落となる明大。慶大も負ければ3連覇が消滅する大一番。慶大・堀井監督と田中監督は同期生。お互い負けられない意地のぶつかり合いとなる。

<6大学の日程>
8週間で行われるリーグ戦。早慶戦が最終週に固定されているため、開幕週に早慶が出た場合、両校は8週間で5カード。空き週が3回ある。一方、今季のように開幕週に試合のない立大、明大は6週間で5カードを戦い空き週は1回のみ。2、3週目を戦い、5~7週と3カードの連戦となる。明大の田中監督は「終盤に法大、慶大、立大と続くから厳しい戦いになるのはわかっていた」と想定通りを強調していた。ちなみに19年春に優勝した明大は同じ日程だった。

【東京六大学野球 明大は9日間で6試合 雨天順延は恵みの雨となるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 18:55:16.19 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月15日17時40分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205150000917.html

<東京6大学野球:明大2-0慶大>◇第6週第2日◇15日◇神宮

優勝を争うカードで、明大が接戦を制し、1勝1敗で第3戦に持ち込んだ。

リーグ優勝した19年春以来、11戦ぶりに慶大に勝利。田中武宏監督(61)は「試合が終わって、ベンチで『やっと勝てたね』と話しました。(勝てていない)意識はなかった。去年もあと1歩で(敗因は)自分のせいだと思っていました」と振り返った。

先発の村田賢一投手(3年=春日部共栄)は、低めを丁寧に突く投球で3回まで慶大の強力打線を無安打に抑え、流れを引き寄せた。

2-0で迎えた7回は1死満塁のピンチを迎えるが、慶大の代打・本間颯太朗捕手(2年=慶応)を直球で投ゴロ併殺に打ち取り、右手で大きくガッツポーズ。自己最長タイとなる7回を被安打4の無失点、95球でリーグトップの4勝目を挙げた。「いつも力んでしまうけど、相手がいい打者なので、コースに低めに徹底して投げることができたのがよかった」と話した。

8回からは高山陽成投手(4年=作新学院)が好救援し、2回を無失点に抑えて0封リレー。

0-0で迎えた3回1死三塁、宗山塁内野手(2年=広陵)の右前打で先制。宗山は「4年生が作ってくれたチャンスは、絶対にものにしないといけないと思った。チームで『先制して流れを持ってこよう』と話していたので、よかったです」と明かした。

【東京6大学野球 明大2019年春以来11戦ぶりに慶大に勝利 村田賢一トップ4勝目「低めに徹底して投げられた」明治大2-0慶應大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 17:13:37.20 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/01 16:59
https://www.sanspo.com/article/20220501-BOCYY5X4JZMB5LHNRD6WEDXDH4/

東京六大学野球春季リーグ第4週第2日(法大2-3×慶大、1日、神宮)2-2で迎えた九回裏、慶大は一回にバックスクリーンへ先頭打者本塁打を放った1番・萩尾匡也外野手(4年、文徳)が左越えにサヨナラ本塁打。サヨナラ負けを喫した前日の雪辱をサヨナラ勝ちで果たし、1勝1敗とした。

萩尾は「(一回に打っていて)九回も打ちたいと思っていた。打ったのは真っすぐ。瞬間、いったと思ったけど、走らないといけないと思っていた。出来過ぎ」と笑顔を見せた。

堀井哲也監督は「思い切りよくやってくれた。昨日(1回戦)でサヨナラ負けして、きょうは勝てて五分五分になった。明日(3回戦)が勝負ですね」と引き締めた。

【東京六大学野球 慶大が法大に〝サヨナラ返し〟 萩尾が先頭打者本塁打&サヨナラ本塁打 法政大2-3慶應義塾大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 18:07:25.21 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月30日13時14分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204300000428.html

<東京6大学野球:法大5-4慶大>◇第4週第1日◇30日◇神宮

引き分けまで残り1死から、法大が劇的なサヨナラ勝ちで先勝した。慶大に今季初黒星をつけた。

4-4で迎えた9回2死満塁、9回表の守備から途中出場していた内海貴斗内野手(3年=横浜)が、慶大・橋本達弥投手(4年=長田)の初球、139キロ変化球を捉えた。高く上がった打球は左翼手の前にポトリと落ちるサヨナラ打となった。リーグ戦初安打が人生初のサヨナラ打となり「(打席が)回ってこいと思っていた。ボールは選ばずに、バットに当たるボールを振っていこうと思って、初球から振りました」と振り返った。

ベンチから駆け寄ったチームメートとがっちりと抱き合い、祝福を受けた。「みんなの見たことないような笑顔を見られて、ああいいチームだなって思いました」と満面の笑みを浮かべた。

4点差をひっくり返した。先発の篠木健太郎投手(2年=木更津総合)は3回まで被安打1の無失点に抑えたが、4回に3四死球が絡み4点を先制された。篠木は5回4失点で降板した。

1-4で迎えた6回無死一、二塁で今泉颯太内野手(3年=中京大中京)が追い込まれてから、左翼スタンドへ今季2号の同点3ラン。「感触はよかったけど、向かい風だったので入ってくれと思って走りました」と諦めない気持ちを打球に乗せた。

8回から3番手で登板し、2回を無失点に抑えた武富陸投手(3年=日大藤沢)が初勝利を挙げた。加藤重雄監督(66)は「厳しかったが、4点ならまだいけると、1点ずつ積み重ねていこうという気持ちだった。今泉のホームランは、試合中でしたがホッとしました」と話した。

【東京6大学野球 法大が劇的サヨナラ勝ちで先勝 内海貴斗がリーグ戦初安打の人生初サヨナラ打/法政大5-4慶應大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 19:38:25.57 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月25日14時29分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204250000464.html

<東京6大学野球:慶大7-4立大>◇第3週最終日◇25日◇神宮

慶大が、1勝1分けで迎えた第3戦に勝利し、勝ち点を2に伸ばした。

打線がつながり、2本塁打を含む10安打で7点を挙げた。これで、立大戦は2分けをはさんで13連勝とした。

1-3で迎えた3回に、本塁打で流れが変わった。2死、朝日晴人内野手(4年=彦根東)が右翼スタンドへリーグ初本塁打となるソロ。さらに、広瀬隆太内野手(3年=慶応)は左中間の中段まで飛ばす完璧なソロを放ち、2者連続本塁打で追いついた。リーグ通算9本目とした広瀬は「変化球が(ストライクに)入っていなかったので、直球がくるかなと思った。1、2、3で打ちました。朝日さんが打ったので、自分も続こうと思って、甘い球をしっかり打てました」と振り返った。

打線は、今春リーグ開幕から5試合連続で本塁打を放っている。堀井哲也監督(60)は「(3回に)すぐに追いつけたことが非常に大きかった。もう1度、4回からいくぞという効果のあったホームランでした」と話した。

3-3の5回は、粘り強くつないだ。1死二塁、萩尾匡也外野手(4年=文徳)の適時中前打で1点を勝ち越し。さらに暴投と敵失で2点を追加し、突き放した。

第1戦から中1日で先発した増居翔太投手(4年=彦根東)は、6回を106球、4失点の力投。7回からは、中継ぎに復帰した2番手の橋本達弥投手(4年=長田)が3回を無失点に抑えた。堀井監督は「接戦のつもりでいたが、増居がよく粘ってくれた」と感謝。

現役最多の9勝目を挙げた増居は「疲れはほとんどなかった。すごくボールがよくて、直球の質、強さは最近の中では一番良かった」と手応えがあった。打線の援護もあり「しっかり今日も助けてもらって、自分も粘ることができたのでよかったです」と笑顔だった。

【東京6大学野球 慶大が勝ち点2 朝日、広瀬の2者連続弾で開幕から5戦連続弾 立大に13連勝/慶應大7-4立教大】の続きを読む

このページのトップヘ