SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

慶大

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/14(日) 18:46:45.44 ID:I9wTqvjE9
トーチュウ
2024年4月14日 16時34分
https://www.chunichi.co.jp/article/884263?rct=baseball

◇14日 東京六大学野球春季リーグ戦第1週第2日 慶大8―3東大(神宮)
 秋春連覇を目指す慶大は清原正吾内野手(4年・慶応)が2試合連続で「4番・一塁」で出場。1回、1点先制してなおも無死一、三塁の好機で東大の鈴木太陽(4年・国立)からライト前へ適時打を放った。清原は2試合連続タイムリー。

 この回4点をあげた慶大が優位に試合を進め、8―3で東大に連勝。勝ち点1とした。清原はその後は安打はなく4打数1安打1打点、1四球だった。スタンドにはこの日も西武などで活躍した清原の父・和博さんの姿があった。

【東京六大学野球春季リーグ戦 慶大・清原正吾が2試合連続の快音、東大に連勝し勝ち点1 父・和博さんがこの日もスタンドから見守る 慶大8-3東大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/13(土) 20:43:43.24 ID:a5/LGsG69
日刊スポーツ[2024年4月13日14時28分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202404130000484.html

<東京6大学野球:慶大5-2東大>◇第1週第1日◇13日◇神宮

プロ通算525本塁打を誇る清原和博氏(56)の長男、慶大・清原正吾内野手(4年=慶応)が、リーグ戦初打点を挙げた。

3回1死一、三塁での第2打席。カウント0-2と追い込まれながら3球目の低めカットボールを捉え、中越えの適時二塁打に。清原は二塁上でガッツポーズした。

先制打にスタンドで見守った父も笑顔を見せた。「開幕戦でいいタイムリーヒットが出て、正吾もホッとしているのではないでしょうか。元気にプレーしている姿を見ることができて、うれしく思います。今後もチームのために頑張ってほしいです」と期待を込めた。

試合後には長男の背中をたたきながらねぎらうシーンもあった。

【東京六大学野球 清原和博氏、長男・慶大4番清原正吾の初打点に笑顔 試合後は背中をたたいてねぎらう 慶大5-2東大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/09(火) 14:48:00.32 ID:RGCw+2Qn9
日刊スポーツ[2024年4月9日8時0分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202404080001338.html

慶大・清原正吾内野手(4年=慶応)が現時点での希望進路を「プロ」に定めていることが8日、分かった。

プロ通算525本塁打の清原和博氏(56)を父に持つ右打者は、中学ではバレーボール、高校ではアメリカンフットボールに取り組み、大学入学を機に硬式野球に挑戦。清原は「そんなに大口はたたけないですけど、この1年やりきって、結果としてもしそのレベルに達しているのであれば」と丁寧に前置きした上で、父と同じプロの世界への夢を口にした。

3年秋までにリーグ戦通算9打席ながら、堀井哲也監督(62)も「4年間での成長はすごいです」と認めるほど、素質を伸ばしてきた。6日のオープン戦・日立製作所戦では左翼へ文句なしの本塁打。「完璧でした」と自画自賛するような放物線だった。

13日からの東京6大学リーグでは5番や7番に入ることもありそうだが、堀井監督は「4番を打てる力もある」とそのパワーと勝負強さを評価する。清原は現時点で就職活動をしておらず、社会人野球へ挑戦する選択肢もまだないもよう。堀井監督も「今はプロ1本で行け、って言っています」と、教え子が夢に近づくよう背中を押している。

【慶大・清原正吾が父清原和博氏と同じプロ野球を志望「1年やりきってレベルに達していれば」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/01(月) 18:23:12.11 ID:YPoFfl/s9
サンスポ
2024/04/01 14:59
https://www.sanspo.com/article/20240401-SXR6POHVHNFGBHX4YNUJBQOCRI/

(社会人野球・東京六大学野球対抗戦、慶大3―1セガサミー、1日、神宮)プロ野球の西武や巨人などに所属した清原和博氏(56)の長男、慶大・清原正吾内野手(4年、慶応高)が「7番・一塁」で出場し、右飛、四球で迎えた第3打席の五回2死二、三塁、三塁内野安打で貴重な追加点を挙げ、勝利に貢献した。「何が何でも点が欲しかった。初球からガンガンやっていこうと思っていて、浮いた変化球を左手だけで…」。一昨年秋に、六大学デビューし、昨春は安打もマークしているが、打点がなかっただけに、一塁への全力疾走で〝神宮初打点〟となった。堀井哲也監督が「計算している選手。地に足がついている」と評価。対戦相手だったセガサミー・西田真二監督(元広島)からも「昔からよく知っていて、年々成長してきている」と肩をたたかれていた。

【慶大・清原正吾、神宮初打点で勝利に貢献「何が何でも点が欲しかった」社会人との対抗戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/23(木) 18:32:13.18 ID:gMBaT0aw9
日刊スポーツ
[2023年11月23日15時53分]
https://www.nikkansports.com/sports/news/202311230000867.html

<関東大学ラグビー対抗戦:早大43-19慶大>◇23日◇第6節◇東京・国立競技場

早大が100回目の「早慶戦」を制し、5勝1敗とした。

3勝3敗となった慶応大との定期戦通算成績は73勝20敗7分け。すでに対抗戦優勝の可能性が消滅している早大は、12月3日に明大との「早明戦」(国立競技場)に臨む。

   ◇   ◇   ◇  

初めての定期戦が行われた1922年(大11)から101年(43~45年は戦争で中止)。伝統校が積み上げてきた歴史は、36年ぶりの国立開催で節目を迎えた。試合後、早大のFB伊藤大祐主将(4年=桐蔭学園)は「100回目という伝統ある早慶戦で慶応さんと素晴らしいファイトができて、すごくうれしかったです」とかみしめた。

先手を取ったのは早大だった。

前半4分、右サイドをロックの池本大喜(4年=早実)が突破。内側についたSH島本陽太(4年=桐蔭学園)にパスして、先制トライを挙げた。同10分には左ラインアウトからのモールでトライ。さらに20分にはFB伊藤が左サイドを駆け抜けてトライし、序盤でリードを21点に広げた。

慶大も意地を見せた。21点を追う23分にはSO山田響(4年=報徳学園)が相手防御裏にキックし、自ら捕って反撃のトライ。34分にはゴール前でFWがしぶとく体を当て、最後はフッカー中山大暉(3年=桐蔭学園)がインゴールへ飛び込んだ。主導権を握られた状況から7点差に迫り、前半を14-28で折り返した。

後半は再び早大が流れを引き寄せた。3分にフッカー佐藤健次(3年=桐蔭学園)が独走すると、左についた矢崎由高(1年=桐蔭学園)がパスを受けてトライした。慶大に攻め込まれる場面もありながら、最後までリードを守り抜いた。

前日22日には早大主将の伊藤が「『(毎年)接戦になる』と言われる。自分やチームのプレーに集中し続け、その結果として100回の節目に自分たちが勝ちたい」と誓い、慶大主将のプロップ岡広将(4年=桐蔭学園)も「早稲田は強い。だけど、勝てるかどうかを考える必要はない。勝つことだけを考えて戦いましょう!」と仲間を奮い立たせた。

試合後のピッチ中央。慶大のSO山田は涙を流して「こんな大勢の中でラグビーができたことが、ラグビー人生の中で最高の瞬間でした」と感謝した。いつの時代も変わらないライバル同士の真っ向勝負は、これからも続く。【松本航】

【関東大学ラグビー対抗戦 100回目の早慶戦はワセタ勝利「素晴らしいファイトできた」36年ぶり国立開催/早大43-19慶大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/20(月) 21:50:27.09 ID:/J+iuiV39
先発の外丸が完封勝利、鷹3位の廣瀬は貴重な追加点となる犠飛
「第54回明治神宮大会」大学の部・決勝戦が20日、神宮球場で行われ、慶大(東京6大学)が2-0で青学大(東都代表)に勝利し2019年以来、4年ぶり5度目の優勝を飾った。先発の外丸東眞投手(2年)は危なげない投球で完封勝利。一方、青学大は史上5校目の「大学4冠」を逃した。

試合が動いたのは8回だった。慶応は1死から相手のエラーなどで満塁の好機を作ると、1番・本間颯太朗内野手(3年)が押し出し四球を選び先制に成功。さらに、ソフトバンクから3位指名を受けた廣瀬隆太内野手(4年)の右犠飛で、2点目を奪った。

投げては2年生エースの外丸が、2点のリードを守り切り完封勝利。夏の甲子園で優勝した慶応高との“兄弟V”を果たした。

青学大は先発の左腕・児玉悠紀投手(3年)が5回を5安打無失点と力投した。阪神からドラフト1位指名を受けた最速155キロ右腕・下村海翔投手(4年)は6回から2番手で登板し、2回1/3を無安打ながら、2四球で痛恨の2失点。試合後は悔し涙を流した。

広島からドラフト1位指名を受けた常廣羽也斗投手(4年)も1回2/3を無失点の力投を見せたが、打線が無得点。大学選手権、春夏のリーグ戦に続く「大学4冠」に届かなかった。

(Full-Count編集部)
2023.11.20
https://full-count.jp/2023/11/20/post1474558/

【慶應大、4年ぶり5度目の神宮制覇 慶應高と“兄弟V”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/19(日) 06:52:29.62 ID:yKDbmgKl9
1月18日(土) 明治神宮野球大会2回戦 環太平洋大学戦 @明治神宮野球場

慶大は2回に先制点を挙げると、その後も宮崎恭輔(環4・國學院久我山)の2点本塁打や栗林泰三(環4・桐蔭学園)の適時打などで着実に加点。投げては先発・外丸東眞(環2・前橋育英)が7回無失点の好投を見せ、7ー0の快勝。

熱戦となった東京六大学野球秋季リーグ戦を制し、いざ明治神宮大会へ。慶大はあと3勝で日本一となる中、18日に初戦を迎えた。相手は環太平洋大学。中国・四国代表決定戦を制し、本大会1回戦の東京農業大学北海道オホーツク戦もコールド勝ちを収めている。そんな強敵を相手に、慶大はエース・外丸を先発に立て、先発メンバーをリーグ戦とは変更。水鳥遥貴(商3・慶應)の打順を一つ上げ、主将の廣瀬隆太(商4・慶應)を二塁手、吉川海斗(法4・慶應)を一塁手へ。中堅手には、これまで途中出場だった佐藤駿(商3・慶應)が抜てきされた。

2回表まで両者無得点で迎えたが、2回裏、6番・水鳥が左安打で出塁すると、自慢の走力を見せ二盗に成功する。続く7番・齋藤來音(環4・静岡)の一ゴロで2死三塁とすると、8番・佐藤駿の打席で捕手が後逸。貴重な先制点を挙げた。反撃に出たい環太平洋大は4回表、2安打で1死一、三塁のチャンスをつくる。慶大にとって初めてのピンチだったが、捕手・宮崎の盗塁封殺と二ゴロで切り抜け、慶大が流れを引き寄せた。

するとその裏、先程は守備で好プレーのあった宮崎が打席に立つ。4球目のナックルカーブを振り抜くと、打球は左翼席へ。2点本塁打となり、その後の犠飛も含めこの回3点を追加し、スコアを4-0とした。

※以下リンク先で

https://keispo.org/wordpress/84303/
慶應スポーツ
2023.11.19

【明治神宮大会・2回戦 4年ぶり神宮制覇へ確かな一歩 慶應義塾大学、大量7得点で快勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/04(土) 06:29:24.18 ID:gld8/rU19
スポニチ 2023年11月4日 04:33
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/11/04/kiji/20231103s00001089664000c.html

東京六大学のフレッシュトーナメント最終日は3日に神宮で行われ、優勝決定戦で慶大が7―6で立大を下し、19年秋以来4年ぶり14度目の優勝を果たした。3、4位決定戦の明大―法大は1―1で引き分け。5、6位決定戦は東大が3―2で早大を下した。

慶大は粘る立大を振り切り4年ぶりに優勝を決めた。8回に決勝二塁打のゲームキャプテン・今泉は「春は明治の優勝を見ながら悔しくて泣いた。いい流れで神宮大会に行きたいから、絶対に優勝しようと思っていた」と部員一丸での勝利を喜んだ。神奈川・慶応が今夏の甲子園で優勝。今秋リーグ戦制覇とのトリプルVは、06年の早実&早大以来だ。

※以下出典先で

【慶大トリプルV 甲子園V、リーグ戦Vに続いた!東京六大学フレッシュTも制した!!】の続きを読む

このページのトップヘ