SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

慶大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 16:53:45.94 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/04/24 16:30
https://www.sanspo.com/article/20220424-CLD6GGE32RKG5O7FD4ZW3E5E4A/

東京六大学野球春季リーグ第3週第2日(慶大3―3立大=規定により引き分け、24日、神宮)立大は慶大に先行されたが、六回に犠飛と押し出しで追いついた。プロ併用日の規定により九回引き分けとなり、1分け1敗で25日の3回戦に持ち込まれることになった。

九回には1回戦で先発した荘司康誠投手(4年、新潟明訓)を投入した溝口智成監督は「(登板に)迷いはあったけど、負けたら明日がないので、いってもらった。(2番手の)沖政宗投手(2年、磐城)はよく投げた。全体に前半粘ったが、後半は勝ち切れたのかもしれないが、1回戦(15残塁)に続いて、きょうも残塁が(10個と)多かった。ホームは遠い」と首を振った。

【東京六大学野球 立大は慶大と引き分け 溝口監督は10残塁を嘆く「ホームは遠い」/慶應義塾大3―3立教大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 15:24:57.42 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月23日14時4分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204230000455.html

<東京6大学野球:慶大4-2立大>◇第3週第1日◇23日◇神宮

慶大が、逆転勝ちで先勝した。立大戦は1分けをはさんで12連勝となった。

2点を追う8回1死一、二塁で広瀬隆太内野手(3年=慶応)が、立大2番手・島田直哉投手(4年=龍谷大平安)の高め直球をとらえてバックスクリーン左に飛び込む逆転の3ランを放ち、ガッツポーズをしながらダイヤモンドを1周した。

今季2号3ランで「(打球が)上がりすぎたので、センターフライかなと思った。なんとか入ってよかったです。なんとか投手を援護したいと思っていた。明日につながる逆転勝利だと思う」と喜んだ。

先発の増居翔太投手(4年=彦根東)は、3度の満塁を無失点に抑えるなど粘り、6回1失点と試合をつくった。2番手の渡部淳一投手(4年=慶応)が2回1失点で今季初勝利、通算4勝目を挙げた。堀井哲也監督(60)は「(立大の)強力打線で、増居と渡部がよく我慢してくれた。それが、広瀬のホームランにつながったと思う」と投手陣をたたえた。

【東京6大学野球 慶大が先勝、立大戦は1分けはさみ12連勝に 8回に広瀬隆太が逆転3ラン/慶應4-2立教】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/10(日) 19:12:52.67 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月10日18時28分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204100000921.html

<東京6大学野球:慶大16-2東大>◇第1週第2日◇10日◇神宮

3連覇を狙う慶大が東大に大勝して2連勝し、勝ち点1を挙げた。

先発の今秋ドラフト候補増居翔太投手(4年=彦根東)が制球に苦しみながらも、打線の援護も受けて6回を被安打1の6四球、1失点にまとめた。現役の投手では最多となる8勝目をマーク。「四球が多すぎるのが反省点です。リズムが悪くて、守備も守りづらかったと思う。その中でも、初回の1失点で踏みとどまれたことがよかった」と話した。

開幕戦に続いて、山本晃大外野手(4年=浦和学院)が打線をけん引した。初回は無死満塁で左翼線への適時二塁打を放ち3点を追加。6回1死で、内角直球をとらえて右翼スタンドへ第1号となるソロ本塁打を放った。「少し詰まったけど、いってくれてよかったです」と話した。

前日9日の東大戦では、リーグ戦初安打を含む2安打1打点をマークした。1浪を経て入学しており、今秋ドラフト候補の早大・蛭間拓哉外野手(4年)は浦和学院の1学年後輩。オフシーズンには会う機会もあり「かわいい後輩です」と明かした。後輩に負けず、存在感を発揮する。

【東京6大学野球 慶大が2連勝 増居翔太が現役最多8勝目、山本晃大が開幕戦に続き打線けん引/慶大16-2東大】の続きを読む

このページのトップヘ