SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

戦力外

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/07(金) 04:04:22.25 ID:CAP_USER9
 巨人の井納翔一投手(36)と桜井俊貴投手(28)が来季の戦力構想から外れたことが6日、分かった。

 井納は12年ドラフト3位でDeNAに入団し、20年までの8年間で50勝をマーク。同年オフに国内フリーエージェント(FA)権を行使して、2年契約で巨人に移籍した。しかし、1年目の昨季は先発の一角として期待されながらプロ入り後最少の5登板、9年目で初の未勝利に終わった。巻き返しを期した今季は、8月6日のヤクルト戦(神宮)で中継ぎとして移籍後初勝利を挙げるなど7試合に登板して1勝、防御率1・80だった。

 桜井は15年ドラフト1位で巨人入団。ルーキーイヤーの16年は開幕ローテ入りを果たしたが、デビュー戦直後に右肘の張りを訴えて1軍登板は1試合のみ。17年は19登板で1敗、18年は1軍登板なしと苦しんだが、4年目の19年は5月23日のDeNA戦(東京D)に中継ぎでプロ初勝利を挙げるなど、8勝を挙げてブレイクした。しかし翌20年は2勝に終わるなど直近3年間では計5勝にとどまり、今季は8試合に登板して2勝、防御率14・04だった。

 ◆井納 翔一(いのう・しょういち)1986年5月1日、東京・江東区生まれ。36歳。千葉・木更津総合高2年夏に甲子園出場も自身はベンチ外。3年夏はエースで県4強。上武大、NTT東日本を経て2012年ドラフト3位でDeNA入団。通算成績は180登板、51勝61敗1セーブ、防御率3.98。188センチ、94キロ。右投右打。

 ◆桜井 俊貴(さくらい・としき)1993年10月21日、神戸市生まれ。28歳。多聞東小4年で野球を始め、多聞東中まで軟式。北須磨高では甲子園出場なし。立命大から15年ドラフト1位で巨人入団。通算成績は110登板、13勝12敗、防御率5.18。182センチ、89キロ。右投右打。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/e80a5e33c9a09019074c1ba659bfb26e0c0b6dd4

【<巨人>15年ドラ1桜井俊貴、FA移籍2年目の井納翔一が戦力外】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 15:29:56.32 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 10/4(火) 13:28

 オリックスは4日、沢田圭佑投手(28)、谷岡楓太投手(21)、松山真之投手(22)、榊原翼投手(24)、鶴見凌也捕手(20)、広沢伸哉内野手(23)の6選手に、来季の選手契約を行わないと通告したと発表した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba499f0d4f65e073f47b1d947598b9209e722f0c

【<オリックス>沢田圭佑、榊原翼、谷岡楓太、松山真之、鶴見凌也、広沢伸哉が戦力外】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/04(火) 15:36:29.04 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 10/4(火) 12:38

ヤクルト寺島成輝

 ヤクルトは4日、吉田大成内野手(27)、中山翔太外野手(26)、寺島成輝投手(24)と来季の契約を結ばないことを発表した。吉田成の今後は未定。中山と寺島は、12球団合同トライアウトも視野に、現役続行を希望している。

 千葉出身の吉田成は、明治安田生命から18年ドラフト8位で入団。昨季は西浦、元山らと遊撃の定位置争いを演じ、自己最多の18試合に出場したが、今季は長岡ら若手の成長もあり、1軍出場なしに終わった。通算成績は39試合で打率1割9分8厘、1本塁打、5打点。「期待に応えられなかった結果なので、それは素直に受け止めて。でもこの世界に入って、素晴らしい経験をさせていただいたので。ほんとに感謝しかないです」と振り返った。

 大阪出身の中山は、法大から18年ドラフト2位で入団。「きんに君」の愛称通りのパワーで、1年目の19年に35試合で5本塁打と長打力を発揮した。昨季は9試合の出場にとどまり、今季は1軍出場なしに終わった。通算成績は73試合で打率2割5分6厘、9本塁打、23打点。「2位で取ってもらったんですけど(期待に)応えられなくて悔しい思いです」と話し、今後については「体も動くので。やろうかなと思ってます」と現役続行の意志を示した。

 大阪出身の寺島は、履正社から16年ドラフト1位で入団。4年目の20年には中継ぎとして30試合に登板。防御率2・48の好成績を残したが、昨季は1試合の登板にとどまり、今季は1軍登板なしに終わった。通算成績は36試合で1勝1敗0セーブ、3ホールド、防御率4・37。「ドラフト1位で取ってもらって結果を残せなかったんで。そこは大変申し訳なく思っています」と悔しそうな表情。「体は元気なので。やれる環境があれば、貪欲にもがいてもいいのかなと思っています」と現役続行を強く希望した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/19ae0e82e75abdc62254cf7ee6796f7d4835e7a2

【ヤクルト、16年ドラ1寺島成輝ら3人が戦力外 中山翔太、吉田大成は今季1軍出場なし】の続きを読む

このページのトップヘ