SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

断髪式

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/08(土) 21:32:41.13 ID:5KIh54fW9
スポニチ[ 2024年6月8日 14:43 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/06/08/kiji/20240608s00005000339000c.html

 昨年名古屋場所限りで現役を引退した大相撲の元幕内・千代の国(佐ノ山親方、33=九重部屋)の断髪式が8日、東京・両国国技館で行われた。
 
 千代の国の兄で、Netflixの配信ドラマ「サンクチュアリ―聖域―」に出演した俳優としても知られる元幕下・千代の眞の澤田賢澄(37)は欠席。4月20日に脳幹出血で搬送され意識不明の状態が続いていたが、入院治療中の現在は奇跡的に目が開いて声掛けに反応できるまで回復してきたという。

 断髪式の名簿「断髪者一覧」には「澤田賢澄」の名前。欠席することは承知の上で、千代の国本人の強い希望によって「澤田賢澄様」と場内放送で呼び上げられた。すると千代の国は、闘病中の兄を思い、涙。館内からは大きな拍手がしばらく鳴り止まなかった。

 当初は「千代の国最後の一番」で、千代の国と澤田賢澄による兄弟対決が実現する予定だったがそれはかなわず。代わりに、千代の国が締め込み姿で胸を出す「最後のぶつかり稽古」が行われた。

 稽古まわしで土俵に上がってぶつかったのは、元幕内の幕下・千代ノ皇(33)、十両・千代栄(33)、千代丸(33)、千代翔馬(32)の4人。千代の国は胸を真っ赤にしながら現役力士たちの強い当たりを笑顔で受け止め、最後の締め込み姿をかみしめた。

 ◇千代の国 憲輝(ちよのくに・としき)本名=澤田憲輝。1990年(平2)7月10日生まれ、三重県伊賀市出身の33歳。中学卒業後に九重部屋に入門し、06年夏場所で初土俵。11年名古屋場所で新十両。12年初場所で新入幕。その後は両膝、踵、肩、三角筋など度重なるケガに苦しんだ。それでも不屈の闘志で、幕下以下への転落からの幕内返り咲きを2度も成し遂げた。十両だった23年夏場所「両膝半月板損傷、左変形性膝関節症」で途中休場。翌名古屋場所で幕下に転落し、休場したのちに引退を発表した。幕内在位34場所。敢闘賞2回。金星1個。十両優勝3回。幕内成績199勝216敗95休。通算成績539勝452敗180休。

【元幕内・千代の国 断髪式で“力士俳優”澤田賢澄の名前呼ばれ涙…脳幹出血で入院中「最後の取組」かなわず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/12(月) 20:25:13.25 ID:Lgnw72k99
大相撲の元関脇逸ノ城(30)=本名・三浦駿、モンゴル出身=が11日、東京都内のホテルで断髪式を行い、音羽山親方(元横綱鶴竜)、大関霧島ら約400人がはさみを入れた。
最後は相撲留学した鳥取城北高・相撲部総監督の石浦外喜義(ときよし)氏(62)が大銀杏(おおいちょう)を切り落とすと、
会場から「逸ノ城~」の掛け声がかかり、何度も涙をぬぐった。「名前を呼んでいただき、これが最後だと思った」。

平成26年秋場所で昭和以降3位タイ記録の所要4場所で新入幕。その勢いは「モンゴルの怪物」といわれた。
令和4年名古屋場所で初優勝を飾ったが、所属していた湊部屋の師匠、湊親方(元幕内湊富士)との軋轢(あつれき)が表面化。腰痛もあり、昨年3月の土俵を最後に電撃引退。
日本相撲協会から去り、本来ならば止めばさみを入れるはずの同親方らは姿を見せなかった。

整髪後はソフトモヒカンに。
現役時、体重200キロを超える巨体は「やせていない。まずやせる。それは考えるところ。今後のことはこれから考える」と笑わせた

サンスポ
https://www.sanspo.com/article/20240211-CAYSTT2ZBFMSNLEJEYGSJR7DMY/

【元逸ノ城が断髪式 大関霧島ら約400人がはさみ 軋轢が表面化した湊親方は姿見せず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/04(日) 17:22:33.64 ID:iHHEKfCu9
 生粋のサッカー好きで知られる大相撲の元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(43)が、渦中の人物に同情を寄せた。
 4日、東京・両国国技館で行われた元大関栃ノ心のレバニ・ゴルガゼさんの断髪式に出席してはさみを入れた後、報道陣の取材に応じた。「俺も昔サッカーをやっていたけどね」と、前夜にイランに敗れてアジア杯準々決勝で敗退した日本代表について話し始めた。4強入りしたイランの強さをたたえながらも、性加害疑惑報道を受けて日本代表から離脱したMF伊東純也(30=スタッド・ランス)については「騒動がどうなのか分からないけど、伊東純也がかわいそう。俺もサッカーが大好きだからさ」と思いやった。大会に合わせたような形で報じられたことについてもやり切れないを思いを代弁し、「訴えるのならば、決勝に終わった後に訴えればいいじゃん」と主張した。

 現役時代に2度対戦した盟友の元栃ノ心については「よく春日野(部屋)で稽古した時に上半身と下半身がすごくデカかった」と同じ土俵で戦った外国出身力士として誇らしげに話していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/084d98c001e5cb25460b7eef9407056f7b10f5a6
日刊スポーツ

【元栃ノ心の断髪式に出席した元朝青龍、アジア杯に言及 「俺も昔サッカーをやっていたけど」「伊東純也がかわいそう」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/05(日) 07:27:31.96 ID:eFSaPg109
 5月4日に引退会見した大相撲でモンゴル出身、元関脇逸ノ城の三浦駿さん(30)が来年2月11日に都内のホテルで断髪式を開催することが4日、分かった。

 引退から丸半年を迎えるのを前に、三浦さん(以下、元逸ノ城)が日刊スポーツの単独インタビューで明かした。確執がうわさされている師匠の湊親方(元前頭湊富士)をはじめ、おかみさん、湊部屋の力士の参加には否定的だった。

 元逸ノ城は「自分でやっている断髪式。だから部屋(湊部屋)から参加することはないと思います」と説明。東京・両国国技館での開催ではないため最後の取組は行われず、まげ姿でまわしを締める機会を見ることはもうない。通常は師匠が行う止めバサミも「まだ決まっていないです」という異例の事態にも、開催日や場所がつい最近決まったこともあって前向きな姿勢を崩さない。

 「(当日は)午後5時開始予定。日曜日ですが、翌日が休み(建国記念の日の振り替え休日)なので遠くからも来てもらえるのでは。人数は決まっていませんが一般の方も、はさみを入れてほしいと思っています。モンゴル出身力士、親方衆に協力してもらえるといいですね」

 身長191センチ、体重219キロの恵まれた体格。右四つからの豪快な攻めは、モンゴルの怪物の名にふさわしかった。

 2010年3月に照ノ富士らと鳥取城北高に相撲留学し、14年初場所に幕下15枚目格付け出しで初土俵。所要4場所で幕内に駆け上がった。まげさえ結えず、ざんばら髪で迎えた14年秋場所では大関稀勢の里、横綱鶴竜を撃破。横綱白鵬に敗れて100年ぶりの新入幕優勝こそ逃したが、13勝で殊勲賞と敢闘賞を獲得した。

 将来は大関、横綱になり得る逸材と好角家たちからの期待も大きかったが、その後はヘルニアなど、けがに苦しんだ。勝ち越しと負け越しを繰り返し、最高位は関脇。幕内優勝も昨年7月の名古屋場所の1回にとどまった。

 昨年12月には新型コロナウイルス対策のガイドライン違反で1場所の出場停止処分を受けて初場所は全休を余儀なくされたが、復帰した春場所は14勝1敗で十両優勝。夏場所での2場所ぶり再入幕を決めた矢先、慢性化していた腰痛の限界を訴えて電撃引退を発表した。

 引退会見から半年。長い沈黙を破って、初めてメディアの前に現れた。現在は断髪式に向けて後援者らへのあいさつ回りなどを積極的にこなし、来るべき時に備えて準備している。

 一方、電話取材に応じた湊親方は互いの弁護士を通じてでしか近況を知る由はないと言い、「断髪式のことは初めて聞きました」と寝耳に水の様子だった。出席するかどうかについて、「(本人から)何も聞いてなければ、行けないですよね」と言うにとどめた。

 日刊スポーツでは近日中に、元逸ノ城の現在の生活などを語ったインタビューの続報を掲載予定。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e6f4829234293196fc3d85dfe7a8da5fec7f317b

【元逸ノ城・三浦駿さんが来年2月に都内ホテルで断髪式開催 湊親方の参加は「ないと思う」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/13(火) 17:40:08.98 ID:CAP_USER9
[ 2022年9月13日 14:33 ]

 昨年九州場所限りで現役を引退した大相撲の佐ノ山親方(元小結・千代鳳)が13日、断髪式を10月5日(水)に国技館の大広間で行うと発表した。

 招待された関係者がはさみを入れる形式が通例だが、自身の希望により、誰でも当日参加可能という異例のスタイルで行う予定。現在、約250人を招待しており、プラス200人程度の“一般参加枠”を設ける。会費は3万円で、ソフトドリンクや軽食の提供もあるという。

 また、関取衆のトークショーや、兄の十両・千代丸(31=九重部屋)による歌などの催しも計画されている。断髪後に整髪するまでの時間を盛り上げてもらうため「千代丸関に頑張ってもらいたい」と兄の“奮闘”に期待した。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/09/13/kiji/20220913s00005000345000c.html

【誰でもはさみ入れられる!?元小結・千代鳳が10月5日に“一般参加枠”ありの断髪式開催】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/30(土) 20:20:13.46 ID:CAP_USER9
大相撲の元小結臥牙丸のティムラズ・ジュゲリ氏が30日、都内で断髪式を行った。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ようやくの開催。「第2の人生では自分らしく人を喜ばせることをしたい。相撲をたくさん広めたい」などと笑顔で話した。

ジョージアから来日し、05年九州場所で初土俵を踏んだ。20年11月場所中に現役引退後は日本相撲協会には残らず、YouTuberとして活動するなどしてきた。この日の断髪式では約170人が参加。師匠だった木瀬親方(元前頭肥後ノ海)や同郷で平幕の栃ノ心らは新型コロナ関連で会場に足を運べなかったものの、元横綱白鵬の宮城野親方など現役時代から親交のあった協会員ら数人も駆けつけてくれた。「来ていただいた方には本当に感謝している。横綱にも来てもらって本当にありがたい」としみじみとした。

記念すべき断髪式の日に、現役時代から交際していた一般女性と結婚したことを発表した。「昔、ご両親と国技館に来たことがあった、その時に写真を撮ってかわいい子だなと。食事に行くようになって仲良くなって1年ぐらいして付き合った」となれ初めを告白。15年から交際を開始し、現役中はタイミングがなく、そして引退後は新型コロナに振り回された。結婚の時期を見失ったが「今日の朝に」と第2の人生への出発の日に婚姻届を都内の区役所に提出したという。

入門から17年付き合ったまげと別れたことについては「今日帰ったら頭を洗える。一般の人みたいに毎日頭を洗うのはどういう感覚なんだろう」と寂しさはなく、むしろわくわく感を口にした。また、今後は散髪をする必要があるため「床屋にどれぐらいのペースで行けばいいのか分からない。日本で唯一、行ったことがないのは床屋ぐらいだから」と冗談めかして報道陣を笑わせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fcc2a0e1d2b07ed3143cd9e1bd25b1f77dcb503

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202207300000797.html
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/img/202207300000797-w500_0.jpg

【元小結・臥牙丸が断髪式、第2の人生門出の日に日本人女性との結婚も発表 引退から始めた減量で体重は220キロから130キロに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/28(土) 17:08:30.84 ID:CAP_USER9
 2020年大相撲春場所を最後に現役を引退した元関脇・豊ノ島の井筒親方が28日、東京・両国国技館で開催された引退相撲に臨んだ。
断髪式では、人気お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功(58)や俳優の東山紀之(55)ら約400人がはさみを入れた。

 整髪後に代表取材に応じた同親方は「本当に幸せ者だなと再度認識しました。引退は段階が2回あると思っていて、引退したあとと断髪式で、ここが最後の終わりだなと。2年間ちょんまげがあったのでどこかで辞めているけど、なんか力士っぽさが残っているのがあった。これで本当に相撲人生、力士としては終わったんだなという感じがしますね」と実感を込めた。

 断髪式の終盤では家族が登場し、花束を贈呈。長女・希歩ちゃんは手紙で「お相撲を辞めないでって言って、辞めないでくれてありがとう。私がとうとが洗い髪の時しか肩車ができなかったけど、お相撲を辞め、いま髪を切ることが少しうれしいです。断髪式が終わったら必ずどこかの場所に連れて行ってね。それとお菓子もたくさん買ってね。約束。大好きだよ。これからも家族3人で仲良く暮らしていこうね」と読み上げ、会場からは温かい拍手に包まれた。

 土俵上の締めのあいさつで井筒親方は「私、豊ノ島は現役時代、相手から一度も逃げることはしませんでした。それが私の相撲人生の一番の誇りです。これからは豊ノ島以上の力士を育てられるように親方として後進の指導に精進してきますので、これからもみなさまよろしくお願いします」と語った。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/199b9b98079904e50e3f968fa1e31f6a786c1043

【元関脇・豊ノ島の井筒親方が引退相撲 断髪式ではダウンタウンの浜田雅功もはさみ入れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/24(木) 11:47:32.12 ID:CAP_USER9
Yahoo!NEWS 2/24(木) 7:01

1月29日。元大関・豪栄道の武隈親方が、東京・両国国技館で断髪式を行い、約15年間の土俵人生に別れを告げた。さっぱりとしたオールバックの髪型が似合う武隈親方。2020年1月に引退してから2年、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、約400名の関係者がはさみを入れた。2度の延期を経て開催された断髪式と、それまでの心境について振り返っていただく。

コロナ禍での異例の断髪式
――まずは、断髪式お疲れ様でした。昨年の九州場所でお会いしたときは、髷に対して思い入れはないとおっしゃっていました。

「そうですね。早く切ってすっきりしたいと思っていました。通常のように、引退して半年後くらいの断髪式だったら、名残惜しい気持ちになったかもしれません。でも、もう2年も経って、部屋を興すことも決まっていたので、どちらかといえば部屋や弟子の育成にベクトルが向いていました」

――断髪式当日を振り返ってみて、あらためていかがですか。

「コロナの感染が拡大するなか、10代からお世話になっている方や、遠方にお住いの方まで多くの人が来てくれました。大相撲の世界に入って、贔屓にしてくれる方がたくさんいたので、そういう方々が来てくれたことに、すごく感謝しています。もちろん、感染の影響で来られない方も大勢いましたが、多くの方が足を運んでくれて、はさみも入れてもらいましたから、本当にありがたいです。無事に終われたことが何よりですし、そこは本当に周りの皆さんに感謝ですね」

――お世話になった方にはさみを入れてもらって、いかがでしたか。

「実は今回、感染症対策で、自分に声をかけられなかったので、誰が切ってくれているかわからなかったんですよ。それだけが、いま思い返しても寂しかったなあと。いちいち後ろを振り返るわけにもいかないし、そこは、ちょっと心残りがあります。手鏡でも持っていれば、誰が切っているのか見られたのになあ(笑)」

パンデミックの転機は、結婚と子どもの誕生
――髷を落としたいま、その重みをどう受け止めていますか。

「街を歩けば誰もがお相撲さんだってわかるから、髷は力士としての重みがあるのかなと思います。力士の象徴なので、そういういろんな意味が含まれて“髷は重かった”と解釈しています」

――断髪式までの2年間は、どんな心境で過ごされていましたか。
「モヤモヤした気持ちも含め、いろいろありました。引退直後にパンデミックになり、現役時代にお世話になった人への引退報告やあいさつに、なかなか行けませんでした。それができなかったのは精神的にしんどかったですね。自分はもともと、外に出るほうだったので、外出禁止も退屈でした。そういうなかで、結婚して子どもが生まれるという転機はありました(>>2020年11月に第1子誕生)」

ほかの親方衆と励まし合う日々
――現在もなお、断髪式を待つ親方衆がたくさんいらっしゃいます。

「特に、僕の翌日に断髪式をやった栃煌山(清見潟親方)と、一週間後の嘉風(中村親方)とは、断髪式の開催時期が一緒だったので、3人でLINEまで交換して、よく話し合いをしたんですよ。1年ぐらい前から、“できたらいいよな”、“人数ちゃんと入れるかな”って。もう毎日のように新規感染者数の発表を見て、“わっ、これいけるんちゃう”、“ワクチンパッケージできるね”、“これ、もしかして4人マスいけるんちゃうか”なんて言い合って、日々の感染状況や政府の対応にすごく敏感になっていましたね」

(中略)

プロフィール
武隈豪太郎(たけくま・ごうたろう)
1986年4月6日生まれ、大阪府寝屋川市出身。元大関・豪栄道。本名は澤井豪太郎。名門・埼玉栄高校を経て、2005年に境川部屋に入門し、1月場所で初土俵を踏む。翌年11月場所で新十両昇進を果たすと、さらに07年9月場所には新入幕。14年、3月場所と7月場所で12勝3敗の好成績を残し、9月場所で大関に昇進。2年後の16年9月場所では、自身初となる15戦全勝優勝を果たした。20年1月場所で惜しまれながら引退し、年寄「武隈」を襲名。今年2月1日付で境川部屋から独立し、武隈部屋を興した。

一部省略にて全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukasaki/20220224-00282684
日刊スポーツ/アフロ
https://i.imgur.com/GXryMQD.jpg
埼玉栄高校からの同級生で同部屋の妙義龍関にもはさみを入れてもらった(写真:筆者撮影)
https://i.imgur.com/ud3ftQf.jpg
(写真:筆者撮影)
https://i.imgur.com/MS2WF9E.jpg

【元大関・豪栄道の武隈親方インタビュー “断髪式待ち”から解放されたいまの心境】の続きを読む

このページのトップヘ