SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

新庄剛志

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/10(金) 18:12:45.84 ID:CAP_USER9
菊地慶剛6/10(金) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20220610-00300204

【文春オンラインが報じた新庄氏の薬物使用問題】

 文春オンラインが6月8日、元日本ハム球団代表だった小島武士氏らの証言を元に、現日本ハム監督の新庄剛志氏が現役時代に薬物検査で陽性反応を示していただけではなく、「メジャー(MLB)の時から使っていた」と本人も使用と認めていたという告発記事を世に出し物議を醸している。

 その上で同記事は、新庄氏の薬物使用について以下の3つの問題があると指摘している。

 1.スポーツパーソンとしての倫理違反

 2.監督としての説明責任

 3.薬物使用を知りながら監督就任を決めた日本ハムの責任

 まず断っておくが、『文藝春秋』に掲載されているというオリジナル記事は読んでいないので、的外れな指摘になってしまう可能性があるかもしれない。だが文春オンラインの記事を読む限り、長年MLBを取材してきた立場からするとどうしても疑義が生じてしまう点があるのだ。

【覚醒剤成分検出で迅速に対処したNPBと日本ハム】

 まず2006年の薬物検査で新庄氏から陽性反応が出たものが覚醒剤成分だったわけだが、NPBはすぐさま警視庁に相談に行き、覚せい剤取締法等で規制されている薬物ではなかったため、当時は事件化されなかったという。

 つまりNPBは、新庄氏の陽性反応が単なるドーピングに止まらず違法行為の可能性があると考え、隠蔽することなく警視庁に届け出いているのだ。十分に社会的責任を果たしていると考えられる。

 あくまで当時新庄氏の陽性反応が公にされなかったのは、NPBと選手会の間で非公表、罰則無しの合意がなされていたからだ。それは記事でも指摘している通りだ。

 その上で日本ハムも新庄氏から個人聴取を行い、MLB時代からサプリメントを使用していたが、その成分まで把握していなかったとの回答を得て、本人に注意を促しているわけだ。

 この両者の対応を見る限り。問題点はなかったように思える。

【2006年までMLBで使用が認められていたグリーニー】

 あくまで個人的な憶測ではあるが、この記事が問題視したいのは、新庄氏からMLB時代から薬物検査で陽性反応が出るような薬物を常用してきたという事実なのだろう。

 だが球団関係者の証言を元に、新庄氏が使用していた薬物が興奮剤の「グリーニー」と予想している時点で、当時グリーニーに対するMLBを取り巻く環境について無視することはできないはずだ。

 まずMLBでは、グリーニーは2006年まで使用が認められていたという点だ。MLBは2004年から薬物検査を正式採用しているのだが、当初グリーニーは対象外だったのだ。

 つまり2001年から3年間MLBに在籍していた新庄氏が、当時グリーニーを使用していたとしても何ら問題がなかったということだ。

【全体の85%の選手がグリーニーを使用していた?】

 しかも使用禁止前のグリーニーは、多くの選手たちが常用していたことも忘れてはいけない。

 当時の状況を解説する現地記事をチェックした限り、グリーニーはクラブハウスやベンチにチューイングガムやひまわりの種と並列して置かれ、一時は全体の85%の選手たちが使用したとしている。

 実際現場取材をしていた自分も、ある日本人メジャーリーガーと談笑していた選手が、グリーニーを示しながら「オレはこれがあるから大丈夫だ」と笑顔を見せた場面に遭遇した経験を有している。

 それほど当時のMLBでは、グリーニーが選手たちから認知されていたのだ。

【ステロイド等とはまったく異なった使用目的】

 そもそもMLBが2004年から正式採用した薬物検査から当初グリーニーを除外したのは、筋肉を増強しパワーを増すステロイドなどはまったく違った目的で、選手たちがグリーニーを使用していたからだ。

 元々グリーニーは、第2次世界大戦中に軍が使用していたものだ。戦地に向かう兵士たちが抱く不安や恐怖を少しでも緩和し、戦闘を行えるようにする効果があると考えられていた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

【新庄氏の薬物使用問題から考えたいMLBで選手たちが2006年までグリーニーを常用していた背景】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/08(水) 15:54:27.41 ID:CAP_USER9
https://bunshun.jp/articles/-/54879

今季から北海道日本ハムファイターズの監督をつとめる新庄剛志氏(50)が2006年にドーピング(薬物使用)検査の結果、陽性反応が出ていたことが、ジャーナリスト鷲田康氏と『文藝春秋』の取材で明らかとなった。06年当時、日本ハム球団代表だった小嶋武士氏が事実関係を認めた。

06年4月18日オリックス戦でシーズン第2号本塁打を放った新庄監督は、「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニフォームを脱ぎます打法」と、突然、現役引退を表明する。実は、この劇的な引退宣言の裏で、薬物問題が起きていた。

日本のプロ野球界では、2006年からドーピング検査がスタート。ただし、初年度は日本野球機構(NPB)と選手会の間で、違反行為が見つかった場合も氏名非公表、罰則なしとの合意がなされていた。

「開幕直後にNPB初のドーピング検査が行われ、その対象となったのが日本ハムの試合だった。両チームの関係者がくじ引きで検査対象選手を決めますが、日本ハムの対象選手となったのが新庄監督でした。NPBの職員と医事委員会の医師が確認する中で、尿検査が実施されました」(球界関係者)

検査機関の三菱化学ビーシーエル(現・LSIメディエンス)からNPBに衝撃的な報告が届いたのは、検査から半月ほど過ぎた時期だった。その結果は「覚醒剤成分の検出」だった。

「慌てたのはNPBでした。覚醒剤となると、刑事事件に発展する可能性もあるため、当時の根來泰周コミッショナーが警察に届けるように指示。長谷川一雄事務局長が警視庁へ相談に行くと、薬物を担当する組織犯罪対策部5課が対応することになった」(同前)

 一連の経緯について当時の球団代表であった小嶋武士氏に尋ねると、「もちろん詳しく知っていますよ。(日本ハムで)私がすべて担当しましたから」と答え、90分にわたって当時の状況を説明した。

「ドーピング検査の結果、『問題がありそうだ』と連絡が(NPBから)きた。一番心配したのは警察沙汰への対応です。でも警察は問題なしという判断だった。少なくとも大きな問題ではなかったように思います」

――新庄監督本人からどんな説明があったのか。

「ナイトゲームの翌日にデイゲームがある際など、身体がだるい時に疲労回復のためにサプリメントを飲んでいたと。メジャー(リーグに)いた頃から時々使っていたそうで、中身に何が含まれているかは知らなかったそうです」

――注意はしたのか。

「禁止薬物の可能性があるので、今後は使わないようにと。彼は『不注意でした。申し訳ない』と謝っていましたよ」

――本当に不注意だったのか。

「彼と話をするなかで、意識的に(ドーピングを)やっていたという印象は一切、受けなかったです」

――日ハムではドーピングの対策をとっていなかったのか。
続きはソースをご覧下さい

【日本ハム監督・新庄剛志氏、現役最終年の06年にドーピング検査にひっかかっていた】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/04(月) 02:45:57.01 ID:CAP_USER9
落合博満氏が新庄Bボスを評論「優勝を目指さないのはない」一方で「選手を見てるのは正しい」
2022.04.03

 元中日監督の落合博満氏が3日、NHK「サンデースポーツ」に生出演。日本ハム・新庄剛志ビッグボスのさい配について、オレ流として一時代を築いた名将が評論した。

 就任会見で優勝を目指さないと発言した話題を振られると「開幕プレーボールから優勝しようかなと考えるのが普通。優勝を目指さないのは俺の中ではない」とキッパリ。
その上で中日監督時代、夏まで5割で行ければいいと語った根拠について
「われわれの場合はあれだけの練習量を積ませて、シーズン中休み無くやって。最後は体力勝負。練習量の差が出てくる8月、9月に勝負をかけられれば良いやというチーム作りでした」と明かした。

 その上で「勝ちにこだわって、初めて競技(になる)」と自身の考えを語った落合氏。一方で新庄ビッグボスが選手を見ることに主眼を置いていることには
「監督というのは見るのが仕事。選手を育てる、作り上げるのはコーチの仕事。選手を見てるのは正しい。選手の状態は日に日に変わってくる。
崩れた時にどうアドバイスするか。常に同じ位置から見ることが俺の野球だった。最後は立ち振る舞いで調子が分かるようになった」と同意見であると語った。

 奇抜なファンサービスについて話題を振られると「いや~…」と苦笑い。「ファンサービス、ファンは宝っていうのはその通り。
ただ試合に負けてお客さんを帰すことはいいことじゃない。お客さんを勝って家路につかすのが最高のファンサービス」と持論を展開し、
最後は「勝ち負けの責任は監督が採る。そのやり方、方法論はいろいろある。自分が思った野球をやって、次の年に生かせればいい。
自分がやりたい野球をやればいいんじゃないでしょうか」と結んでいた。

デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/baseball/2022/04/03/0015190794.shtml

※番組内での「BIGBOSS語録の『ファンは宝物』や、新庄BIGBOSSの奇抜なファンサービス(パフォーマンス)」についての落合氏の発言を全文書き起こし
落合博満氏「いや~~~(苦笑い)。ファンサービス、『ファンは宝』っていうのはこれはその通りなんですよ。
でも試合に負けてお客さんを帰すっていうのはあまりいいことじゃないんでね。
だから最高のファンサービスっていうのは、野球を観に来たお客さんを勝って家路につかせるっていうのが最高のファンサービスだと思うんで、
まあ今のままだと、なんか自分だけ目立っちゃってるっていうような感じにしか取れないですね」

<関連スレ>
【野球】落合博満氏 新庄監督の「優勝は目指しません」に言及 「マイナスはあっても、プラスの面はない」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648996061/
> 落合氏は、開幕9試合で1勝8敗の最下位に沈んでいる日本ハム・新庄剛志監督の采配について語った。

【テレビ】落合博満氏、「サンモニ」で新庄剛志監督を「何を考えているのか皆目検討がつかない」★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648993635/
【プロ野球】<落合博満氏>新庄ビッグボス采配に困惑!「日本ハムの野球は分かんない。何を考えているのか、皆目見当がつかない」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648992489/
【プロ野球】<新庄ビッグボス>今季2度目の3タテ!報道陣に対応せず。広報を通じ「これから、これから」今季の成績は1勝8敗...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648975551/
【ビッグボス采配】日本ハム新庄監督 1死3塁カウント3-1で申告敬遠→吉田正尚勝ち越しタイムリー “駆け引き”はまらず勝ち越し許す
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648975893/
【野球】落合博満氏がYouTube「オレ流チャンネル」開設 「落合の本音を聴ける番組に」と意欲
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648800495/
【野球/TV】開幕4連敗の日ハム・新庄BIGBOSSに、坂上忍「勝利の積み重ねで客を呼ぶのが筋。パフォーマンスだけで客を呼ぶのは限界がある」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648642112/
【野球/TV】開幕4連敗の日ハム・新庄BIGBOSSに、立川志らく「これから勝たないとファンがね…」松田丈志「やはり結果も出していかないと」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648641667/

<関連記事>
【新庄剛志】日ハム新庄監督「優勝なんか目指しません」に落合博満氏「選手がかわいそう」と喝破の波紋|日刊ゲンダイDIGITAL
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/302172

【落合氏が新庄監督を評論「勝ってお客さんを家路につかすのが最高のファンサービス。今のままだと自分だけ目立ってるようにしか…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 06:37:19.55 ID:CAP_USER9
昨年のプロ野球・日本ハム監督就任会見から、ユニークなアイデアを次々と披露して、選手時代におとらぬ「新庄劇場」で世間をにぎわしている“ビッグボス”新庄剛志(50)。

だが、監督としていきなりのプロ野球界復帰の理由とは何だろう。本誌の取材で明らかになったのは新庄家の意外なルーツと、横領事件を巡っての、母との葛藤。現役引退後のバリ生活から球界復活を決意させた和解と約束、そして闘病中の姉への真摯な思いだった。

新庄は20年春の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)で、こんな心情を吐露していた。

「姉ちゃん、います。難病なんですよ。歩くと筋肉がグーッと萎縮しちゃう。で、真っ黒に肌がなる体になってしまって……このプロ野球を目指すというのは、姉ちゃんにも見せたいっていうのもあるんですよ」

監督就任の話が持ち上がる以前に、プロ野球のトライアウト(入団テスト)に挑戦する真意を語るとき、そのきっかけが、難病と闘う2つ年上の姉の存在だったと打ち明けていた。著書でも、姉についてこう記している。

《姉ちゃんはスポーツ万能で、めちゃめちゃ頭が良かった……姉ちゃん、元気でやっているんだろうか》(『わいたこら。』学研、以下同)

そんな家族思いの新庄は、11年に執り行われた父・英敏さんの葬儀のときには現役引退後から移住したバリから緊急帰国している。

そもそも、彼はなぜバリ島へ行ったのか。そこには、母・文子さんや生前の英敏さんをも巻き込んだ、親族間で裁判沙汰にもなった出来事があった。

20億円ともいわれる巨額の使い込みが発覚したきっかけは、皮肉なことに新庄の離婚だった。15年間、野球選手の彼を支えたタレントの大河内志保(50)と07年に離婚。その際の慰謝料の支払いなどで自身の貯蓄を精査するなかで、信頼していた伯父による不正が浮かび上がり、新庄は茫然とする。

そのときの気持ちを、彼は著書の中でこう語っていた。

《38歳のとき、ボクの人生は一度終わってしまった》

女性自身 3/25(金) 6:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ff68d5789b814d35175aa4a5bc7fa0f5afbfe34?page=1

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220325-00010001-jisin-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=640&exp=10800

【“ビッグボス”新庄剛志が球界に戻る背景 難病の姉と母が…横領事件後も変わらぬ家族の絆「38歳のときボクの人生は一度終わってしまった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/03(月) 17:08:31.37 ID:CAP_USER9
1/3(月) 16:35
スポーツ報知

【日本ハム】新庄剛志監督が青学大の箱根駅伝Vを祝福 原監督に感謝「君のこの挑戦はいつか指導者に繋がるよ」

日本ハムのビッグボス・新庄剛志監督(49)が3日、自身のインスタグラムを更新し、青山学院大の箱根駅伝優勝を祝福した。

 新庄監督は青学大の胴上げの動画とともに「青山学院大学 原監督 選手 スタッフの皆さん 本当におめでとうございます。感動しました 僕が48歳でもう一度プロ野球選手になる為にトレーニングをしてる最中に原監督から指導してもらいその時に『君のこの挑戦はいつか指導者に繋がるよ』その言葉が物凄く胸に刺さり今に繋がりました 感謝します」と記した。

 動画の中では、新庄監督と思われる声で「おー! 原さん! 原さんおめでとう!」とたたえていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220103-01031080-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/83cfff6109734768fd3caaabda042a14be0568aek

【日本ハム・新庄剛志監督が青学大の箱根駅伝Vを祝福 原監督に感謝「君のこの挑戦はいつか指導者に繋がるよ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 00:04:07.60 ID:CAP_USER9
12/27(月) 22:32配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

 BIGBOSSこと日本ハム・新庄剛志監督のフィーバーが止まらない。華やかな年末特番でもチャンネルを回せば画面に映るのは特徴的な白い歯で笑う新庄監督ばかり。20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトや、25年ぶりにパ・リーグを制覇したオリックスは見る影もない。

「日ハムフロント陣が新庄を起用した狙いは減少し続ける観客動員数を戻すこと。その点では、まさに順風満帆です。笑いが止まらないでしょう。2021年は野球といえば大谷翔平ばかりで、話題を掻っ攫われてしまったが、今は日本球界全体で、新庄フィーバーを盛り上げようという雰囲気です。その影響もあって、新庄に関するネガティヴな報道は、ほとんど出ていません」(スポーツ紙記者)

 新庄フィーバーは具体的な“経済効果”ももたらしている。2月から日ハムの春季キャンプが始まる名護市内のホテルに、予約が殺到しているのだ。「ホテルリゾネックス名護」の担当者が声を弾ませてこう語る。

「土日を中心に(2月の)予約が伸びています! 県内外のファンやプレス関係の方でしょうか。この勢いでペナントレースを制覇して、観光需要も高くなってくれれば嬉しいですね。陰ながら応援しています」

 また別のホテル担当者も異例の予約数に驚いている。

「今までにない数に驚いています。過去にも、ダルビッシュ有選手、斎藤佑樹選手、大谷翔平選手、清宮幸太郎選手など日ハムに新たなスター選手がやってくるたびに予約は増えていたのですが、今回はずば抜けています」

 実際、本誌が予約サイトで確認した限りでも、2月上旬には「空室わずか」や「あと1部屋」という表示が目立つ。

「例年はキャンプ地までは記者を派遣しないメディアが、新庄目当てで今慌てて予約してるそうですよ。ここまで注目が高まると、シーズン開幕後が怖いですね。思うような結果が出せなければ“手のひらを返す”メディアがいくらでも出てくるはずです」(前出記者)

 今のところは(?)、本誌も新庄監督を応援してます!

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211227-00010012-flash-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8ef15513d1e97e4d0d663aca1019727c93f789d

【「新庄監督は大谷翔平よりすごい!ずば抜けてます」日本ハム春季キャンプ目当てに沖縄・名護のホテルが予約殺到】の続きを読む

このページのトップヘ