SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

新庄監督

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/30(土) 23:13:25.16 ID:Mi8dOtpca
https://news.yahoo.co.jp/articles/38cbdd32c2892ae99898f620a857d149613159f2
日本ハムの新庄監督が非情になった。7回2死一塁。楽天・辰己の中前打を万波が送球を焦って後逸し、一塁走者の鈴木が一気にホームインした。適時失策で敗色濃厚となる5点目を失うと、ビッグボスは無表情のままベンチを飛び出し、万波に交代を命じた。

 「慌てる必要ないのに。ああいうプレーされたら投手のテンションに関わってくる。集中力を持って。あんなのしていたらレギュラーは取れない」。ビッグボスにしては珍しい懲罰交代。試合後は厳しい言葉で猛省を促した。

【「あんなのしていたらレギュラーは取れない」日本ハム・新庄監督、適時失策の万波を懲罰交代】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/06(水) 17:33:52.35 ID:xRTfLy1Ld
ロッテ・佐々木朗希がファン投票で初選出「まさか自分が」過去最速163キロ超えに意欲 夢舞台の思い出はビッグボスの本盗【オールスター】

「マイナビオールスターゲーム2022」(26日・ペイペイドーム、27日・松山)のファン投票最終結果が6日、発表され、ロッテからは先発投手部門で4月に完全試合を達成した佐々木朗希投手(20)が、捕手部門のドラフト1位ルーキー・松川虎生捕手(18)、指名打者部門のブランドン・レアード内野手(34)とともに選ばれた。佐々木朗と松川は初選出で、レアードは通算5度目の出場を決めた。

記憶に残る球宴の名場面については「新庄監督のホームスチール。あれを覚えています」と、2004年に球宴史上初の単独ホームスチールを成功させたビッグボスのプレーを挙げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aed17940a00368c1a6122abe89d667c0dc9be26e

【ロッテ・佐々木朗希(20)「新庄監督のホームスチール(18年前)。あれを覚えています」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/17(金) 22:38:20.30 ID:CAP_USER9
■ロッテ 7ー4 日本ハム(17日・札幌ドーム)

 日本ハムは17日、札幌ドームで行われたロッテ戦で4-7と逆転負けを喫し、今季2度目の4連勝はならなかった。先発した上沢直之投手が7回無失点と好投したものの、救援陣が踏ん張れず。4点リードを守れなかった展開に、新庄剛志監督は試合後「すんなり終わると思ったけどね……」と力なく語った。
 4-0で迎えた8回、上沢に代わって登板した石川が高部、角中、荻野の3連打と中村奨の犠飛で2点差に詰め寄られると、9回にはドラフト8位ルーキー・北山が大乱調。無死二、三塁から安田の左前適時打で1点差とされ、さらに一、三塁から一走の岡が二盗。捕手の宇佐見の送球が逸れたところでスタートを切った三走の和田が本塁に突入し、新庄監督のリクエストもむなしく判定はセーフ。4-4の同点とされた。

 さらに二死満塁から中村奨に左中間へ走者一掃の二塁打を浴び、スコアは4-7。新庄監督はここで北山をあきらめ、4番手の古川侑をマウンドへ送った。スコアボードにはあまりに大きい「5」が灯った。その裏の攻撃はあっさり3人で終わり、連勝は3でストップした。

 ビッグボスは「あんま言うことないよ、こんな負け」と呆然。4敗目を喫した北山については「キレがなかったというふうには見えた。またいい経験したんじゃないですか」と次回に期待した。
Full-Count編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/0bcb91d08be1d182b9f28bf780f84d5b18d49424

【「言うことないよ、こんな負け」日本ハム・新庄監督呆然…4点リード守れず痛恨の逆転負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/10(金) 12:20:25.73 ID:CAP_USER9
2022年06月10日 05時15分

 調子は上向きだが…。日本ハムの清宮幸太郎内野手(23)がここにきて覚醒の予感を漂わせている。

 9日のDeNA戦(札幌ドーム)に「5番・一塁」で先発出場し、4回一死二塁で迎えた第2打席で、右中間フェンス直撃の適時二塁打を放つなど、状態の良さをアピールした。

 前夜の試合では自身シーズン最多タイとなる7号ソロを右翼席中段に放ち、試合後には「打った瞬間だったので。気持ち良かったです」と一発の感触を自画自賛。6月1日から8試合連続で三振を記録するなど課題はあるが、5月下旬まで2割台前半だった打率はここにきて2割4分5厘まで上昇した。

 昨季は二軍で19本塁打を放ちながら打率は1割9分9厘。「確実性向上」が一軍定着の条件と言われ続けたが、現在は改善されつつある。

 それでも清宮に対し、厳しい姿勢を崩さないのが新庄剛志監督(50)だ。

 一発を放った前夜もそうだが、快音を残した日にビッグボスから清宮への賛辞が出ることはほとんどない。逆にミスをした際には徹底的に反省を促している。この姿勢は何なのか。

 清宮と新庄監督の関係性を知る球団関係者は「期待しているからこそ褒めないのでは」として、こう続ける。 

「そもそも幸太郎は褒めて伸びるタイプではない。むしろ褒めてしまうと気を緩めてしまう性格です。ビッグボスもその点を把握しているから、あえて持ち上げないのでしょう。それにプロ5年目を迎えた清宮には今季こそ開花してもらいたい気持ちが強い。最低でもシーズンを通して本塁打は20本以上、打率2割5分以上をボスも期待している。
このぐらいの成績を残さないと新球場の幕開けとともに勝負をかける来季、清宮をチームの主軸に据えられなくなりますから。そんな事情もあって清宮には今後も厳しい姿勢を貫くはずです」

 期待値が高い分、この程度の成績で満足されては困る。清宮はこの思いを理解して、さらなる飛躍を遂げられるか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/4246280/

【覚醒の予感も… 新庄ビッグボスが清宮幸太郎に求める高すぎる〝期待〟】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/03(金) 16:38:56.15 ID:CAP_USER9
 ◇交流戦 日本ハム―阪神(2022年6月3日 甲子園)

 日本ハムの新庄監督が3日、午後6時プレーボールの交流戦・阪神戦を前に、甲子園球場のグラウンドに姿を見せた。

 ニット帽、赤のマスク、大きなサングラスを頭に付け、アンダーシャツは、かつてプレーした阪神をイメージさせる黄色と黒の“虎柄”のようなデザインだった。ド派手なスタイルながら、これは、普段どおりの格好で、思い出深い聖地でも、オレ流を貫いた形だ。

 試合中のパフォーマンスについては、「やらない、やらない、期待されすぎてるね」と、黒子に徹することを宣言した。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab759888b4b7a40bea483f23ab0ded8e59e289eb

【新庄ビッグボスがド派手ウエアで甲子園に帰ってきた! ノー・パフォーマンス宣言「やらない、やらない、期待されすぎ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/25(水) 21:58:52.67 ID:CAP_USER9
 「ヤクルト7-6日本ハム」(25日、神宮球場)

 新庄日本ハムが2点リードの九回、大逆転負け。守護神・北山が山崎に3ランを浴び、連夜のサヨナラ負けとなった。

 九回は、この日23歳の誕生日を迎えた清宮の適時打で一時勝ち越し。だが、その裏に悪夢。連打で無死二、三塁とされると、山崎に右翼席へ運ばれた。打球が最前列に届くと、ベンチ前に出た新庄監督はぼう然。しばらく立ち尽くしたまま、苦笑いを浮かべるしかなかった。

 試合後、新庄監督は怒りの色を隠せなかった。「最後のダブルスチール。あんなミスしてたら一生、上に上がっていけない。ダブルスチール。スタート。スタート遅すぎる」と厳しい言葉を吐いた。

 指摘したのは九回、勝ち越し打を放った清宮の走塁。清宮が三塁に進んだ後、1死一、三塁でダブルスチールを敢行。だが、二塁送球の間に三走・清宮のスタートが遅れて本塁憤死。7点目を奪えなかった。

 微妙なタイミングで清宮はリクエストを求めたが、新庄監督は首を振ってリクエストせず。「あのミスで。アウトでしょ」と語った。

 これまでも前向きに語ってきた新庄監督。最後は「まあ、でも終わってしまったことは仕方ない。とったらとられて繰り返しての成長。あとは打球判断のミスが多すぎる。打ったら打った、終わり。次は走塁。これをしていかないと」と、反省点を挙げ、次戦へ気持ちを向けた。

デイリー
https://news.yahoo.co.jp/articles/13dfc1777fad0db85758c32c6c7e1edeb95e9e40

【連夜のサヨナラ負け…日本ハム・新庄監督、清宮の走塁に「あんなミスしてたら一生、上がっていけない。スタートが遅すぎる」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 23:07:24.42 ID:CAP_USER9
https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202205100001298_m.html

<日本ハム2-4オリックス>◇10日◇札幌ドーム

日本ハムは序盤から主導権をつかめず、5カード連続でカード初戦を落とした。試合後に新庄監督が残した“伝言”は、珍しく厳しいものだった。

球団広報を通じ、報道陣へコメント。「1軍に残りたいという姿勢が全く見えない。バットを出さない限り、一生結果は出ない」。個人名は避けたが「姿勢が見えない」選手について、2軍降格の可能性をにおわせた。

該当者の“疑い”があるのが、3番に入った清宮だ。プロ入り後、初めて1軍で3番清宮、4番野村、5番万波のオーダーが実現。試合前には「この3人が(中軸に)固まってくれたら、うれしい」と未来の日本ハム打線を思い描いていたBIGBOSSだったが、この日、清宮だけが4打数無安打。しかも、内容が悪い。4回無死一塁では見逃し三振。2-3で迎えた8回1死一塁でも、フルカウントまでボールを見て、結局、二飛に倒れていた。

▽日本ハム石川直(右肘手術から復帰し、19年以来今季初の本拠地登板)「かなり久々だったのですごい気持ち良かったです。走者は出したけど、落ち着いて投げられたので良かったと思う」

【日本ハム・新庄剛志ビッグボス「1軍に残りたい姿勢が全く見えない。バットを出さない限り一生結果出ない」該当選手の2軍降格を示唆】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/05(木) 16:52:44.99 ID:CAP_USER9
 「日本ハム4-8楽天」(5日、札幌ドーム)

 日本ハムは逆転負けで3連敗となり、借金は今季最多の12となった。

 首位・楽天との直接対決で敗れ、ゲーム差は13ゲーム差に拡大。6日の西武戦に敗れ、楽天が同日のオリックス戦に勝利すると、自力Vの可能性が消滅する危機に直面した。

 「優勝なんか目指しません」と、就任会見で宣言していた新庄監督。若手中心のチームで選手の成長を見守り、この日も清宮がプロ初の2打席連続本塁打。選手個々は着実に経験を積んでいるが、厳しい現実も突きつけられた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f335f0154d379445a0998cd0814bd08cf5001ca

【新庄日本ハム、早くも自力V消滅の危機・・・ 清宮1試合2発も最多借金12】の続きを読む

このページのトップヘ