SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

旗手怜央

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/05(日) 23:02:11.04 ID:73uFhJay9
スコティッシュ・プレミアシップ第25節が5日に行われ、セルティックは敵地でセント・ジョンストンと対戦した。

4連勝中のセルティックはこの一戦に前田大然、古橋亨梧、旗手怜央の3名の日本人選手を先発起用。岩田智輝と小林友希がベンチスタートとなっている。

前節マザーウェル戦に競り勝って連敗を「6」で止めたばかりの8位セント・ジョンストンとの試合。序盤は相手の素早い持ち上がりに攻撃を受ける展開が目立つ。

それでも徐々に押し返し始めた13分、最前線から下がってボールを受けた古橋がワンタッチで右サイドに展開。そこから前田が中央に切り込んで横パスを選択する。アーロン・ムーイからのスルーパスに走り込んでいた古橋が右サイドから折り返したグラウンダーのクロスが相手DFに当たってオウンゴールとなった。

セルティックが勢いを増す22分にもボックス右に侵攻したジョタが中央に折り返す。相手DFに当たって軌道が変わったボールを中央の古橋が収めて右足を強振。今季リーグ戦19点目を決め切ってリードを広げる。

しかしその3分後、自陣左サイドでボールをキープしようとした旗手が2名に囲まれてロスト。そのままボックス右でボールを持ったドレイ・ライトに強烈なミドルシュートを突き刺されて1点差に戻された。

その後は一進一退の攻防が続いたものの38分にジョタの浮き球のパスに抜け出したムーイがループシュートで加点。セルティックが3-1でリードして試合を折り返す。

後半も主導権を握るもののネットを揺らせない時間が続くセルティックは69分に2枚替え。前田と旗手に代えてリエル・アバダとマット・オライリーを投入する。続いて79分にも古橋とムーイに代えてデイヴィッド・ターンブルとオ・ヒョンギュを送り出して試合を締めに入った。

終盤にはボックス手前でオ・ヒュンギュの突破を阻んだアンドリュー・コンシダインに一発レッドの判定。FKから横に蹴り出されたボールをターンブルが沈め、途中出場選手の活躍でチームの4点目が決まったところで試合が終了する。セルティックは5連勝で2位レンジャーズとの勝ち点差9を維持した。

■試合結果
セント・ジョンストン 1-4 セルティック

■得点者
セント・ジョンストン:ドレイ・ライト(25分)
セルティック:オウンゴール(13分)、古橋亨梧(22分)、アーロン・ムーイ(38分)、デイヴィッド・ターンブル(90+3分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd5aff870465f06b7b6b716fe60fea51e4a78e14

【古橋が2戦連発&OG誘発! 前田&旗手も先発のセルティックが5連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/02(木) 07:20:09.31 ID:9Ld+C8OQ9
goal 2/2(木) 6:41

個人技でゴールを挙げた古橋
現地時間1日、スコティッシュ・プレミアリーグは第24節が行われ、日本人選手6人が所属するセルティックはホームのセルティック・パークにリヴィングストンを迎えた。

首位を快走するセルティックは古橋亨梧、前田大然、旗手怜央が先発し、小林友希と岩田智輝がベンチスタート、井手口陽介はメンバー外。ジョタ、マクレガーらレギュラーメンバーが先発している一方で、中盤の要であるムーイがベンチからのスタートとなった。

立ち上がりからボールを支配し主導権を握ったセルティックは10分、左サイドを旗手と前田で崩し、前田が左足でDFとGKの間に鋭いクロスを通す。ファーポストにはフリーでジョタが走り込んでいたが、上手く押し込めず空振ってしまう。

セルティックはその後も攻勢に試合を進めると、29分にペナルティーエリア内左でボールをキープした旗手が落としたボールを、テイラーが受けて左足を一閃。強烈なシュートが逆サイドネットに突き刺さり、セルティックが先制する。

さらに32分、左クロスのこぼれ球に前田が反応すると、DFのクリアが前田に当たってそのままゴールへ。前田は少し痛そうな表情を見せたが、セルティックがあっさりと追加点を奪った。

前半終了間際には、カウンターから最前線でオレイリーのロングパスを受けた古橋が、対峙したDFをスピードで振り切りゴール右へと決めて3-0と突き放した。

後半も優位に試合を進めるセルティックは63分にオレイリーとジョタを下げてムーイとアバダを投入。75分には古橋と旗手が下がってオ・ヒョンギュとターンブルが投入され、85分にはマクレガーに代わって岩田が投入される。

岩田は残り少ない時間で中盤の守備を引き締め、バランサーとして機能。リヴィングストンの反撃をゼロに抑え、前半のリードを維持したセルティックが3-0で完勝した。

■試合結果
セルティック 3-0 リヴィングストン

■試合結果
セルティック:テイラー(29分)、前田(33分)、古橋(45+2分)

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/e4eb255f0ebf30a28280789111a285767d85d4bf&preview=auto

【古橋亨梧と前田大然がゴール!旗手怜央はアシスト!セルティックがリヴィングストンに3-0で完勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/19(木) 08:55:56.06 ID:jUzGqeb49
古橋亨梧が圧巻の2ゴール!旗手怜央が1アシスト、小林友希はポスト直撃で初得点逃すもフル出場で堂々の新天地デビュ―!セルティックが4発圧勝

サッカーダイジェスト 1/19(木) 6:40

アバダの先制ゴールに絡む
2ゴールを決めた古橋(左)と上々のデビューを飾った小林(右)。(C)Getty Images
 現地時間1月18日に開催されたスコットランドリーグの第22節で、日本人選手6人がプレーする首位のセルティックは、セント・ミレンとホームで対戦した。

 今冬にヴィッセル神戸から加入した小林友希が、インサイドハーフの旗手怜央、CFの古橋亨梧とともにCBで先発し、新天地デビュー。前田大然と同じく新加入の岩田智輝はベンチスタート、井手口陽介はメンバー外となった。

 セルティックは15分、CKのこぼれ球を小林がシュート。惜しくもポストに弾かれたところを、アバダが詰めて先制する。

 さらに35分、旗手が左足で出した絶妙のパスに反応して敵最終ラインの裏に抜けた古橋がループシュート。圧巻のフィニッシュで追加点を奪う。
 
 後半に入って53分、左ウイングのジョッタが送り込んだグラウンダーのクロスを古橋が流し込み、自身2点目を奪取。27歳のストライカーは、これが得点ランキングのトップを快走するリーグ戦17点目となった。

 86分にもターンブルのミドル弾でリードを広げたセルティックが4-0で圧勝。前田は古橋と代わって80分から途中出場、エアバトルはやや分が悪かったものの、地上戦の守備とビルドアップが安定していた小林はフル出場で、堂々のデビューを飾っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/6a9fe723e65746ae360d244a9782fc0f088b78a1&preview=auto

【セルティックFW古橋亨梧が圧巻の2ゴール!旗手怜央が1アシスト、小林友希はポスト直撃で初得点逃すもフル出場で堂々の新天地デビュ―!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/15(日) 07:29:45.79 ID:Np7LLlyH9
現地時間14日、ヴィアプレイ(スコティッシュリーグ)カップは準決勝が行われ、日本人6選手が所属するセルティックはハムデン・パークでキルマーノックと対戦した。

直近のリーグ戦でも対戦したばかりの両者。2-0で勝利しているセルティックは、右サイドバックのジョンストンとユラノヴィッチを代えた以外は同じメンバーを起用し、古橋亨梧、前田大然、旗手怜央の3人が先発、小林友希がベンチスタート、岩田智輝と井手口陽介のメンバー外も変わらなかった。

雨の影響で芝が緩く滑りやすいピッチコンディションの中、セルティックは6分に自陣で足を滑らせてボールを失い、キルマーノックに決定機。マッケンジーのシュートはGKハートがファインセーブで切り抜けた。

その後も滑りやすいピッチに苦戦し、思うように主導権を握ることができないセルティックだったが、18分に右サイドでFKを獲得。ムーイのキックはゴール前のラファーティがCKに逃げようとクリアするが、目の前にいた前田に当たってそのままゴールへ。やや幸運な形でセルティックが先制に成功する。キルマーノックは前田のハンドを主張したが、ゴールは認められた。

先制後も攻勢に晒されるセルティック。20分にはライトに綺麗にヘディングで合わせられるが、ここはGKハートが素晴らしい反応ではじき出し、ポストに当たったボールを旗手がCKへとクリアした。

直近のリーグ戦同様に1点リードで試合を折り返すことに成功したセルティックだが、危険な場面も作られており、内容的には五分と五分。後半はより強まった雨の影響で事故が起こりやすいピッチとなっており、早めにリードを広げたいところ。

49分にはカウンターからユラノヴィッチのシュートのこぼれ球を旗手が押し込みネットを揺らす。しかし、これはオフサイドの判定により取り消しとなった。

さらに60分、ペナルティーエリア手前でクサビを受けた古橋が絶妙なタメからスルーパスを通すと、抜け出した前田がゴール右へと流し込む。セルティックが大きな追加点を挙げたかに思われたが、古橋の戻りオフサイドが判明しまたしてもノーゴールとなった。

セルティックは74分に古橋、旗手、ジョタを下げてジャコウマキス、オレイリー、アバダを投入。キルマーノックもゴール前に鋭いクロスを入れてセルティックゴールに迫る。

81分には前田が下がり、フォレストを投入したセルティックは、キルマーノックの反撃を粘り強い守備で耐え抜くと、終了間際にシュートのこぼれ球をジャコウマキスが押し込んで2-0で決勝進出を決めた。

■試合結果
セルティック 2-0 キルマーノック

■得点者
セルティック:前田(18分)、ジャコウマキス(90+5分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f25bf81359a4b98d24616fc472c456f9d5a3e8cb

【前田大然の決勝弾でセルティックがリーグ杯決勝へ!古橋亨梧と旗手怜央も先発出場で勝利に貢献】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/08(日) 02:13:43.62 ID:LFzbChMo9
前田が先制点をアシスト!小林のデビューはお預け

現地時間1月7日に開催されたスコットランドリーグ第21節で、日本人6選手が所属する首位のセルティックは、
9位のキルマーノックとホームで対戦した。

宿敵との大一番で叩き込んだアベック弾をプレイバック 古橋亨梧、前田大然、旗手怜央が先発。
新戦力の小林友希と岩田智輝のうち、前者はベンチ入りし、後者はいまだ今季の公式戦の出場がない井手口陽介と共にベンチ外となった。
セルティックは前節のレンジャーズとの大一番では、前田と古橋が揃ってゴールを挙げながら、2-2でドロー。
リーグ戦の連勝は12でストップし、再スタートを切るなか、41分にジョッタのクロスから古橋がネットを揺らす。
ただ、オフサイドで得点は認められない。 それでも45分、前田の絶妙なクロスをジョッタが流し込み、正真正銘の先制点を奪う。
1-0で折り返すと、迎えた51分に旗手のクロスに古橋が飛び込み、ゴール。
今度こそエースの5戦連発弾と思われたが、マークについていた相手に当たって入ったようで、記録はオウンゴールとなった。
その後、63分に3枚替えを敢行。
二度も“幻の得点”を生んだ古橋はここでギアクマキスと代わり、お役御免に。
さらに83分には前田と旗手もベンチに下がった。
この時点で5枚の交代枠を使い切ったため、小林の新天地デビューは持ち越しとなった。
試合はこのまま2-0で終了。
セルティックが危なげなく快勝を収めた。

1/8(日) 2:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ff0a8acd81486ebc46fcdeef5f4065ebfcf79da

試合スコア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/230107006

得点ランキング
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/sco/stats

【古橋亨梧のゴールはことごとく幻に…5戦連発はならず。前田大然&旗手怜央も先発のセルティックは2-0】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/02(月) 23:29:55.73 ID:ugr0pSk29
スコティッシュ・プレミアシップ第20節、レンジャーズ対セルティックの“オールドファーム”が2日に開催された。

【スタッツ・フォーメーション】レンジャーズ対セルティック

グラスゴーを本拠地とする両チームによる伝統のダービー。リーグ12連勝中のセルティックは前田大然と古橋亨梧、旗手怜央の日本人3選手が前節に引き続き先発に名を連ねた。また、今冬にヴィッセル神戸から加入した小林友希も初のベンチ入りを果たしている。

試合は序盤の5分に絶好調男が動かす。敵陣で横パスを奪った前田が縦に仕掛けると、一度DFにボールを引っかけられるも、こぼれ球を拾ってそのまま前進。対面のDFを置き去りにした後、GKとの一対一を冷静に制して先制点をもたらした。2試合連続弾の前田は、これが今季公式戦6ゴール目となった。

先制して勢いに乗るセルティック。マクレガーの際どいミドルシュートなどで追加点に迫った中、前半の半ばからハーフタイムにかけてはレンジャーズの反撃に遭う。27分には、正面のケントに鋭いシュートでゴールマウスを強襲される。だが、ファインセーブを見せたGKハートが触ったボールはポストに弾かれ、難を逃れる。

しかし、セルティックはリードして迎えた後半、47分にカウンターからケントに決められて、1-1に追いつかれる。さらに52分、ボックス内でサカラをスターフェルトが倒したことでレンジャーズにPKを献上。これをタベルニエに決められ、セルティックが逆転される。

終盤にかけてもダービーらしくインテンシティの高い攻防が繰り広げられる。すると、88分に古橋が決めきる。ボックス左でのムーイの仕掛けからルーズボールをジョタが折り返しと、正面の古橋がプッシュ。古橋の今季リーグ戦15ゴール目でセルティックが追いつく。

結局、試合はそのまま2-2で終了。セルティックは連勝こそ「12」でストップしたものの、古橋の値千金弾でレンジャーズとのポイント差「9」をキープしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8180f9be1708acbac2ed374030dfdfdf5cd39400

【前田&古橋がダービーで値千金弾! 終盤に追いついたセルティックがレンジャーズとドロー】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/29(木) 08:13:17.48 ID:uoJV3qfc9
旗手怜央はSBで絶妙アシスト

スコティッシュ・プレミアシップ第19節が28日に行われ、ハイバーニアンとセルティックが対戦した。

リーグ戦11連勝中のセルティックは旗手怜央、古橋亨梧、前田大然が先発。好調のチームは前半から決定機を活かす。28分、前田が左サイドをスピードで突破してクロス。DFが弾いたボールをアーロン・ムーイがボレーで決め、先制点を奪った。

さらに36分、前田が敵陣左サイドから仕掛ける。ドリブルで運びながらカットインでDFを外すと、右足で鮮やかなミドルシュートをゴール右に突き刺した。前田にとっては公式戦5ゴール目となった。

後半に入っても58分にムーイが、前田のクロスで得たPKから追加点。64分には旗手のスルーパスから古橋が抜け出し、巧みなコントロールから最後はDFもかわして左足でフィニッシュを決めた。古橋は今季公式戦15ゴール目となった。

その後、古橋、前田は途中交代でお役御免。4-0のまま終了し、セルティックは快勝でリーグ戦12連勝を達成。連覇に向けて好調を維持している

12/29(木) 6:51
https://news.yahoo.co.jp/articles/103059c33193820c762897b827d920e6cf556266

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/221228012
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/sco/stats
得点ランキング

【セルティックFW前田大然、スーパーゴールで今季5得点目!古橋亨梧も3戦連発でリーグ12連勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/24(土) 23:40:20.26 ID:3rXcIQJd9
スコティッシュ・プレミアシップ第18節が24日に行われ、とセント・ジョンストンが対戦した。

セルティックでは、FW古橋亨梧とFW前田大然、MF旗手怜央が先発。
旗手は右サイドバックでのスタートとなった。
一方、MF井手口陽介はベンチメンバーから外れ、DF小林友希も登録前のため出場しなかった。

なお、セルティックはホームレス支援の『No Home Kit』キャンペーンの一環として、ホーム戦だがアウェイユニフォームを着用した。
セルティックは14分に先制する。
ハーフウェーラインで縦パスを受けた古橋は、ワンタッチで左サイドへと流し、前田を走らせる。
前田が折り返したグラウンダークロスは味方に合わなかったが、
相手のクリアをアーロン・ムーイが回収し、右の旗手にボールを預ける。
旗手が右足を振り抜くと、ボールは相手DFにも当たってゴールに吸い込まれた。

旗手は約2カ月ぶりの得点となった。
18分、セルティックがリードを広げる。スルーパスに抜け出したマット・オライリーがペナルティエリア左の深い位置からグラウンダーで折り返し、
ニアに飛び込んだ古橋がかかとでフリックして流し込んだ。

古橋は2試合連続ゴールで今季リーグ戦12点目となった。
セルティックは40分、ムーイのスルーパスに抜け出したジェームズ・フォレストが

右サイドからグラウンダークロスを供給。

ゴール前の古橋が合わせてゴールネットを揺らし、ホームチームは3点リードで折り返す。
52分、セルティックが4点目を獲得する。

右サイドからフォレストが横パスを送り、カラム・マグレガーがワンタッチでスルーパスを通す。
インナーラップした旗手がペナルティエリア右でボールを受けると、最後は相手GKの股の間を通して一対一を制した。
旗手は今季公式戦4ゴール目となった。
セルティックは67分に1点を返される。
72分には旗手にハットトリックのチャンスが訪れたが、左足でゴール右下に流し込もうとしたシュートはポストに嫌われた。

試合終了間際にはデイヴィッド・ターンブルが一発退場となるアクシデントも発生したが、
セルティックは4-1の快勝でリーグ戦での連勝を「11」に伸ばした。
前田は63分、古橋は68分までプレー。
フル出場した旗手は中盤まで絞ってビルドアップに参加するなど、
攻守で存在感を発揮し、試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。 次節は28日に行われ、セルティックは敵地でハイバーニアンと対戦する。

【スコア】 セルティック 4-1 セント・ジョンストン

【得点者】 1-0 14分 旗手怜央(セルティック)
2-0 18分 古橋亨梧(セルティック)
3-0 40分 古橋亨梧(セルティック)
4-0 52分 旗手怜央(セルティック)
4-1 67分 ドレイ・ライト(セント・ジョンストン)

12/24(土) 23:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2585868e7b563d6c813f09dffe1dcd476e6afa33

【セルティックFW古橋亨梧&右SB起用の旗手怜央が2得点!4発快勝で11連勝】の続きを読む

このページのトップヘ