SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日体大

1: 名無しさん@恐縮です 2024/06/09(日) 20:28:12.32 ID:Xh7gAY//9
スポニチ[ 2024年6月9日 19:48 ]
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2024/06/09/kiji/20240609s00005000508000c.html

 第103回東日本学生相撲選手権大会が9日、東京・両国国技館で行われ、22校が参加して争われた。
 Aクラス団体戦は、日体大が2年ぶり10度目の優勝を果たした。決勝の相手は、10年ぶりに決勝進出を果たした東農大。先鋒戦は、デルゲルバト(1年)に代わってクリストファー(3年)が満を持しての登場となったが、東農大の木下優希(3年)に寄り倒しで敗れ先制された。しかし、ここから二陣・杉本弘樹、中堅・依田蒼基の旭丘高校出身2年生コンビが積極的に前に出る相撲で取り返して王手。副将戦は、身長1メートル92、体重181キロの新川大楽(4年)が中に入られかけたが巨体を生かして上からつぶすように引き落として勝負を決めた。最後は大将のブフチョローン(4年)もしっかり勝って締めた。

 日体大の団体優勝は今季初。齋藤一雄監督は「今年1年間の中間地点を良い形で通過できたけど、課題がいっぱい見つかった」と反省点も挙げた。決勝に出場した5人は全員、高校時代の全国入賞経験がなく日体大で才能開花したメンバー。齋藤監督は「(二陣の)杉本はインターハイも出てないですから。高校で実績を上げてない選手もかなり力をつけてきてきたので、高校の指導者のおかげです」と感謝した。

 今月4日には、大相撲夏場所で史上最速優勝を果たした日体大出身の小結・大の里が母校を訪れた。現役の学生たちは、昨年の春まで在籍していた先輩から大会前に激励を受けたという。この日優勝を決めた副将の新川大楽は「プロで結果を残している身近な先輩に“東日本頑張れ”と応援してもらったので、結果につながってよかった」と話した。

 昨年優勝の日大は、予選1回戦で駒大に2―3で敗れる波乱のスタート。温存していた花岡真生(4年)と川上竜昌(4年)を予選2回戦から投入するも、予選3回戦では早大を相手に2―2の大将戦を同体取り直しの末に辛勝して2勝10点の予選4位で決勝トーナメントへ進んだ。準々決勝は拓大と対戦。またも2―2の大将戦となり、日大の里海斗(4年)が拓大の村山尊(4年)にはたき込みで敗れた。日大がベスト4進出を逃すのは、5年ぶりのことだった。

 ▽Bクラス団体戦 準決勝
駒大 3―2 専大
明大 3―2 早大

 ▽決勝
明大 3―2 駒大

 ▽Aクラス団体戦 準々決勝
日体大 5―0 明大
拓大 3―2 日大
東洋大 5―0 駒大
東農大 3―2 中大

 ▽準決勝
日体大 3―2 拓大
 デルゲルバト 上手出し投げ 児玉亮○
○杉本弘樹 突き出し 井ノ上豪志
 依田蒼基 押し出し 五島雅治○
○新川大楽 寄り倒し 谷内達哉 
○ブフチョローン 突き落とし 村山尊 

東農大 3―2 東洋大
○木下優希 押し出し 江連春樹 
 高橋透真 寄り切り 奥田史祐○
○佐藤貴規 押し出し 角田虎紀 
○石川剛 押し出し オトゴンバト 
 松澤魁人 小手投げ 三上大輝○

 ▽決勝
日体大 4―1 東農大
 クリストファー 寄り倒し 木下優希○
○杉本弘樹 寄り切り 高橋透真 
○依田蒼基 押し出し 佐藤貴規 
○新川大楽 引き落とし 石川剛 
○ブフチョローン 押し出し 松澤魁人 

【<第103回東日本学生相撲選手権>団体戦は日体大が2年ぶり10度目の優勝!大会前、先輩・大の里の激励が力に】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/19(火) 17:03:10.34 ID:5dFzh/+E9
やったぞ! 1部復帰。 関東大学ラグビー入れ替え戦、日体大が成蹊大を撃破

「いちぶぅ、上がったぞーっ」。12月17日夜。熊谷ラグビー場そばのホテルの大部屋。関東大学対抗戦Aグループ(1部)復帰を決めたばかりの日本体育大学ラグビー部の懇親会で、秋廣秀一監督の雄叫びが響きわたった。歓喜の爆発。感涙にむせぶ部員、OB、保護者の姿もあった。

伝統の日体大がBグループ(2部)に転落してちょうど1年。入れ替え戦の相手は同じく成蹊大、場所も同じく熊谷ラグビー場。この日は青空がひろがり、遠くに雪をかぶった富士山のてっぺんがみえた。“赤城おろし”の強風がびゅうびゅう吹いていた。

ただ、昨年の入れ替え戦とは立場がちがった。今年はAグループ8位の成蹊大にBグループ1位の日体大が挑む構図だった。スタンドには、日体大のOB、ラグビー部女子、ファンら数百人が押し掛けた。「ニッタイ、ニッタイ」の歓声がつづく。入れ替え戦としては異例の“大観衆”(公式発表1373人)といっていいだろう。

※以下引用先で

2023年12月19日 15:47
https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/2023121900065-spnaviow

【関東大学対抗戦グループ入れ替え戦、伝統の日体大が1部復帰】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/02(火) 22:13:38.69 ID:iOinko2l9
早スポ
関東学生春季リーグ 4月30日 東京・国士舘大学多摩キャンパス体育館
2023.05.01
http://wasedasports.com/news/20230501_200155/

関東学生春季リーグ(春季リーグ)第4節、早大は日体大と対戦した。前半から早大が主導権を握る展開となり、堅い守備で日体大の得点を1桁に抑えて後半へ。前半の勢いそのままに後半中盤には点差を2桁まで広げる。しかし後半残り10分、日体大の猛攻を受け、点差は一気に2点差。日体大は速攻を仕掛け、さらなる追い上げを図るが、GK川村夏希(スポ4=東京・佼成学園女)がスーパーセーブを見せ、リードを死守。昨日に引き続き接戦を制し、リーグ戦2連勝を果たした。

序盤は一進一退の展開となったが、井橋萌奈(スポ1=東京・白梅学園)、村上楓(スポ4=福岡・明光学園)の連続得点で早大が一歩抜け出す。日体大はタイムアウトで流れを断ち切ろうとするが、青木里奈(スポ4=東京・白梅学園)と井橋のサイドシュートが光り、早大が勢いに乗る。さらに山野紗由(スポ2=北海道・釧路江南)が得意のロングシュートで連続得点。川村の好セーブから早大の攻撃につなげる場面もあり、早大は攻守において安定した試合運びを見せ、リードを維持する。前半終了間際に村上がペナルティースローを決め、前半を14ー9で折り返した。

後半は日体大に先制されたものの、堅い守備とサイド陣の得点で持ち直す。さらに村上の鋭いカットインからのシュートを皮切りに、山本桃虹(スポ3=東京・佼成学園女)、浦野詩織(スポ4=愛知・旭丘)が続けて得点。日体大もミドルシュートを決めて食い下がるが、早大が連続して速攻を成功させ、点差を2桁まで広げる。このまま早大がリードを広げ続けるかと思われたが、後半残り10分から日体大が怒涛(どとう)の追い上げを見せる。オフェンスが停滞する早大に対し、一気に得点を重ねる日体大。残り3分を切ったところで点差は2点に。早大はたまらずタイムアウトを要求する。タイムアウト明け、村上のシュートが阻まれると日体大がすかさず速攻を仕掛ける。このまま背中を捉えられるかというところで川村がスーパーセーブを見せ、流れを断ち切った。猛追を受けながらもリードを守り切った早大が接戦を制し、春季リーグ2連勝を飾った。

【<ハンドボール女子>日体大の猛追振り切り 春季リーグ2連勝!関東学生春季リーグ/早稲田】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/19(日) 14:19:14.20 ID:AFfAVa2w9
日刊スポーツ2023年2月19日13時33分]
https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202302190000532.html

<陸上:第3回全国招待大学男女混合駅伝>◇19日◇大阪・長居公園内特設コース(6区間20キロ)◇出場19チーム

日体大が、アンカーの逆転劇で初優勝を飾った。

女子5キロの6区で、尾方唯莉(2年)が3連覇を狙ったトップの順大と14秒差でたすきを受けた。

小雨が降る中で、トップを走る順大の垣内瑞希(3年)を追った。

2キロ地点で垣内を一気に抜いて、トップに浮上。大会新記録の1時間0分48秒(速報値)でフィニッシュして初制覇となった。

2位は関大、3位は中大、4位は順大だった。

同大会は、中長距離の競技力向上のために、関西学生連盟が主催して21年からスタートした。

1チームは男女3人ずつ。男子→女子→男子→女子と男女が交互にたすきをつなぐ。

距離は1区3キロ、2区2キロ、3区5キロ、4区3キロ、5区2キロ、6区5キロの6区間20キロを走って争われる。

今大会は関西10チーム、関東9チームがエントリーした。

関西からは大阪教育大、関大、関学大、京都教育大、京産大、神戸学院大、同志社大、佛教大、明治国際医療大、立命館大の10チームに加えて、関西学連選抜も参加した。

関東からは順大、城西大、拓大、中大、筑波大、東洋大、日体大、立教大の8チームが参加した。

【第3回全国招待大学男女混合駅伝 日体大が大会新記録で初優勝 アンカー尾方唯莉が14秒差逆転】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/20(木) 21:03:36.23 ID:IfJ5rP3a9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221020-00000255-spnannex-000-7-view.jpg
<2022年プロ野球ドラフト会議>1巡目、日体大・矢澤宏太の交渉権を獲得しポーズを決める日本ハム・新庄剛志監督(代表撮影)

【ドラフト会議】日本ハム新庄監督 1位指名の矢沢にラブコール「俺について来い」「運命だった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221020-00000255-spnannex-base

 日本ハムが20日、ドラフト会議で公表通り日体大・矢沢宏太投手(22)を1位指名した。

 大学球界でも異例の二刀流でプレーした矢沢。全国制覇経験のある日体大で投げては最速152キロ、打っては左の強打者として外野手と指名打者でベストナインも獲得した。

 日本ハムの新庄剛志監督(50)は、「走攻守全てがトップレベルの選手だと思っている。矢沢くんと会って、どういう風な野球がしたいのかっていうのを聞きながら、さらに矢沢くんのプレーを見て、いまの矢沢くんの素材そのものを全て出せる自信があるので、俺について来いっていう感じです」とコメントした。

 大学球界でも二刀流としてプレーしている、矢沢に「もっと二刀流、三刀流、四刀流ってあるかもしれないので、そこを見極めたい。あとは外野のポジションを守って、大事な場面で投げさせて、戻ってもらうような夢のある選手だと思うので、そういうのも矢沢くんが決まった瞬間にブワーって出てきて…。さらに面白いプロ野球をやりたいなっていうのは思いましたね」と語った。

 現在、背番号1をつけてプレーしていることには、「そしたら、1あげたいね…。これはファイターズの選手で1をつけたい選手は結構多いので、“活躍したら1番をあげる”っていう約束をしているので、まずは自分でポジションをつかんで、来年もし活躍したとしたら渡します」と笑顔を浮かべた。

 新庄監督は「矢沢くんが生まれた瞬間に、僕と矢沢くんは一緒にユニホームを着て野球をする運命だったと思う」としみじみ。最後に、矢沢に向けて「矢沢くんありがとう…。君がとれました。キャンプからお互い色んな話し合いをしながら、君の良いものを僕が出すので、僕についてきてください。お父さん、お母さんありがとうございます」と呼びかけた。

【日本ハム・新庄監督 1位指名の矢沢にラブコール「俺について来い」「運命だった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/03(火) 20:58:50.58 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年5月3日 18:47
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/05/03/kiji/20220503s00005000526000c.html

全国大学選抜相撲宇佐大会が3日、大分・宇佐市総合運動場相撲場で行われた。昨年、一昨年はコロナ禍で中止となっており3年ぶりの開催。大学相撲の今年度開幕戦で、昨年の全国学生選手権の上位12校(東日本8校、西日本4校)が参加した。

個人戦は、一昨年のアマチュア横綱・花田秀虎(日体大3年)が頂点に立った。準決勝は右差し速攻の寄りで山崎勝磨(近大3年)を圧倒。決勝では立ち合い右の前まわしを引くとすぐに上手出し投げでオドフー(東洋大4年)を下した。

団体戦は日大が3大会ぶり30度目の優勝を果たした。準決勝の近大戦は2―2で大将戦にもつれる展開も、川上竜昌(2年)が久國颯治(4年)を寄り倒しで破って決勝進出。決勝の中大戦は、先鋒・春山万太郎(4年)、二陣・城間瑠正(4年)、中堅・草野直哉(3年)の3連勝で一気に優勝を決めた。

【全国大学選抜相撲宇佐大会 花田秀虎(日体大3年)が圧勝V、団体戦は日大が30度目優勝】の続きを読む

このページのトップヘ