SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/02(土) 06:03:32.40 ID:CAP_USER9
日本との対戦に対しては楽観視する声も

現地時間4月1日、カタール・ワールドカップの組み合わせ抽選会が行なわれた。日本はグループEに。スペイン、ドイツ、そして大陸間プレーオフ勝者(コスタリカorニュージーランド)と同居することが決定した。

 日本のファンにとっては悲喜こもごもの結果となったが、全グループステージの抽選結果を海外のファンはどう捉えたのだろうか。同時刻に抽選結果を見守っていたサポーターの、SNS上での声をいくつか紹介する。

「新聞『BILD』(ドイツ紙)が僕らの言いたいことを言ってくれている。『ドイツはラッキーだ。突破しなければならない』!」
「マテウスのいい笑顔だった。サンキューレジェンド!」
「正直に言うと、グループCはなかなか厳しい」
「グループステージでメッシ対レバンドフスキ、ロナウド対スアレス」
「決勝でメッシとC・ロナウドが対決するのが見たいよ!」
「ブラジルがぞんぶんにダンスする環境は整った」
「誰が何と言おうとブラジルがW杯を持ち帰る!」
「ガーナはリベンジを望んでいる。ずっとだ」
「アメリカとイラン…グループBの感じ…いろんな意味で”カオス”だな」
「するっといけそうなフランスがずるい」
「日本は残念だったね」
「アフリカのチームは…なかなか厳しいな。セネガル頑張ってくれ」
「カナダが強いことにみんなびっくりするはず!」
「意外とグループFが読めない。モロッコが突破するかも」
「メッシに今度こそトロフィーを」
「ここにイタリアとエジプト、アルジェリアとコートジボワールを加えてグループIを作ったらどう?」
「今回、”死の組”というようなものはない。でもどの国にとっても障害はあって…でも以外とグループHが拮抗している感じもする」
「スター同士が対決する機会をできるだけ多く見たいよ。何といってもW杯だからね」

 組分けが決まったことで、世界のフットボールファンも期待に胸を膨らませているようだ。日本と同居したスペイン、ドイツのファンによる国際サッカー連盟(FIFA)に寄せられたコメントでは、グループ突破を楽観視したものも多くみられた。

 各グループステージの組分けは以下のとおり。

●グループA
カタール(開催国/初出場)
エクアドル(2大会ぶり4回目)
セネガル(2大会連続3回目)
オランダ(2大会ぶり12回目)

●グループB
イングランド(7大会連続16回目)
イラン(3大会連続6回目)
アメリカ(2大会ぶり11回目)
欧州予選プレーオフ勝者(ウェールズ対スコットランド/ウクライナ)

●グループC
アルゼンチン(13大会連続18回目)
サウジアラビア(2大会連続6回目)
メキシコ(8大会連続17回目)
ポーランド(2大会連続9回目)
 
●グループD
フランス(7大会連続16回目)
大陸間プレーオフ勝者(ペルー対UAE/オーストラリア)
デンマーク(2大会連続6回目)
チュニジア(2大会連続6回目)

●グループE
スペイン(12大会連続16回目)
大陸間プレーオフ勝者(コスタリカ対ニュージーランド)
ドイツ(18大会連続20回目)
日本(7大会連続7回目)

●グループF
ベルギー(3大会連続14回目)
カナダ(9大会ぶり2回目)
モロッコ(2大会連続6回目)
クロアチア(3大会連続6回目)

●グループG
ブラジル(22大会連続22回目)
セルビア(2大会連続3回目)
スイス(5大会連続12回目)
カメルーン(2大会ぶり8回目)

●グループH
ポルトガル(6大会連続8回目)
ガーナ(2大会ぶり4回目)
ウルグアイ(4大会連続14回目)
韓国(10大会連続11回目)

サッカーダイジェスト 4/2(土) 4:26
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6a4f6f53523ba93ff7f86a7fb744341d46e9186

【W杯のGS組分けが決定! 世界のサッカーファンが抱いた感想は?「日本は残念だったね」「”死の組”...はない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/02(土) 03:31:12.93 ID:CAP_USER9
コスタリカとニュージーランドの勝者との初戦に関しても「理想的」と歓迎

日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会で、スペインやドイツと同じE組に振り分けられた。対戦が決まったスペインの有力紙「AS」では、「日本には勝てる」と速報している。

現地時間4月1日に開催された抽選会では、最新のFIFA(国際サッカー連盟)ランキングを原則に定められるポット分けが行われ、スペインは第1ポットだった。
そして、第2ポットの中でも強豪と言えるドイツの抽選結果が注目されたなか、スペインの入るE組のくじが引かれた。

それについて、同紙は「スペインは不運だった。泣く必要はないが、ドイツを引いた。抽選結果は悪い」とレポート。
一方で、日本が第3ポットからスペインの組に入ったことについて、「日本には勝てる。無害だ」と速報した。

また、第4ポットからは北中米カリブ海のコスタリカとオセアニアのニュージーランドによる大陸間プレーオフの勝者が入ることになったが、
「一番弱いチームとの対戦でスタートすることになったので、いいニュースだ。いいスタートが切れそうだ」と大会初戦での対戦相手を歓迎。さらに、
「突破するグループになった。ドイツ戦でスタートしないのは理想的だった。最初の抽選の恐怖の後、我々は冷静さを保っている」と、ドイツ以外は与しやすい相手という印象を明らかにしている。

2010年の南アフリカ大会の覇者スペイン、W杯4回優勝のドイツに挟まれた日本だが、少なくともスペインからは勝利が確実な相手という見方をされている。
スペインとは大会3戦目の対戦とあり、グループリーグ突破が叶うかどうかのタイミングになる可能性もある。日本が一泡吹かせられるかどうか、注目される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e643b97e70c32d335a96483bb3fe0e6677257562

【「日本には勝てる。」スペイン、ドイツ同居の“死の組”入りを速報「突破するグループになった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/02(土) 02:26:03.82 ID:CAP_USER9
https://pbs.twimg.com/media/FPRltabXEAAquZ5.jpg
カタールW杯、日本はスペインとドイツと同組のEグループ
4/2(土) 2:24配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/da5caf8485c2e727d075e6d04acd84513c71db87
ABEMA TIMES

今年11月に開幕するサッカーのワールドカップ・カタール大会。そのグループステージ組み合わせ抽選会が行われ、
第3ポットに振り分けられていた日本はスペイン、ドイツ、大陸間プレーオフの勝者とともにE組に入った。


今回の抽選会では出場32チームを最新のFIFAランキング順に分け、各ポット8カ国ずつの計4ポットに。
開催国であるカタール以下、FIFAランキング上位の7カ国は第1ポットで、FIFAランキング23位で7大会連続7回目の出場となる日本は第3ポットに入っていた。
第4ポットにはランキングの下位5チームに加え、欧州予選プレーオフ勝者の1チーム。さらに大陸間プレーオフの勝者2チームが加わる。
なお、原則として同じポットのチームが同じグループになることはないが、13カ国が参加する欧州では1組に2チームまでが同組となる場合もある。

【W杯カタール大会 日本はグループE スペイン、ドイツ、コスタリカorニュージーランドと対戦 日本初戦のドイツ戦は11/23(水)(現地)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/01(金) 07:42:01.14 ID:CAP_USER9
注目の組分け抽選会を4月1日に実施、英紙「ザ・サン」が独自シミュレーション
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220401-00375141-soccermzw-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)の出場国29チームが決まり、現地時間4月1日にはグループリーグの組み合わせ抽選会が行われる。そんななか、英メディアは独自でのシミュレーション実施結果を公開。日本はブラジル、デンマーク、カメルーンと同組となっている。

【グループ一覧】日本はブラジルと同居、韓国は? 英メディア公開、カタールW杯グループリーグ“仮想”組分けシミュレーション
https://www.football-zone.net/archives/375141/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=375141_6

 W杯の組み合わせ抽選会は、カタールのドーハで現地時間1日に実施。プレーオフの結果によって決まる残り3枠を除く29チームが、最新のFIFA(国際サッカー連盟)ランキングに基づいて第1~4ポットの順に振り分けられる。なお、抽選会までに確定しなかった3か国は、FIFAランキングに関係なく第4ポットに分類される。

 注目の組分け抽選会が間近に迫ったことを受けて、英紙「ザ・サン」は仮想グループリーグ抽選会を実施。同メディアはスコットランド、ニュージーランド、ペルーがプレーオフを勝ち上がったとの想定で、独自でのシミュレーション実施結果を公開している。

「ザ・サン」紙の仮想組み合わせ結果によると、第3ポッドの日本は、最多5回の優勝を誇る“王国”ブラジル、2010年の南アフリカ大会でもグループリーグで同居したデンマーク、カメルーンと同じグループGに振り分けられた。

 ブラジルとは2006年のドイツ大会でのグループリーグで同居。グループ3戦目で対戦し、FW玉田圭司のゴールで先制も、その後4失点を喫して敗退に追い込まれた。一方、10年大会で対戦したデンマーク、カメルーンにはそれぞれ1-0、3-1で勝利しており、相性の良い相手と言えるが、実際の組分けはどうなるだろうか。

 そのほか、開催国のカタールは、オランダ、チュニジアと同じグループに、アジアの宿敵・韓国は、フランス、メキシコと同居するグループとされている。

フットボールゾーン 4/1(金) 7:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa275593fe35188e52dca3ba5d35cd171bc28478

【<W杯“仮想”グループ組分けを海外公開>日本は“王国”ブラジル、デンマーク、カメルーンと同組】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/30(水) 10:14:43.52 ID:CAP_USER9
FIFAワールドカップカタールアジア地区最終予選 日本×ベトナム」(後7・31)の平均世帯視聴率が13・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。個人視聴率は8・2%だった。

 男子サッカー日本代表は29日、2022年カタールW杯アジア最終予選の最終戦となるベトナム戦に1―1で引き分け。24日のオーストラリア戦で7大会連続のW杯出場を決めた影響もあり、大幅に先発メンバーを変更するなかホームで勝ち切ることが出来なかった。なお“国際Aマッチ”でベトナム(南ベトナム時代を含め)と引き分けたのは史上初の出来事となった。

 これでベトナム(南ベトナム時代を含め)との対戦成績は“国際Aマッチ”通算7勝1分け1敗。引き分けは9度目の対戦にして初。2―3で敗れた1961年第5回ムルデカ大会(マラヤ)から、約61年ぶりに勝利を逃すことになった。

 今月24日に開催されたW杯アジア最終予選で、日本はオーストラリアをスコア2―0で破り、今年11月のW杯カタール大会出場を決めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5acb051a679337a4ef5f3236537d915a1050ffff

【FIFAワールドカップカタールアジア地区最終予選「日本×ベトナム」視聴率が13・6%!W杯カタール大会出場を決めていた】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 22:15:52.67 ID:CAP_USER9
ニッポン放送は24日、実況生中継したサッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア対日本に関し、ラジオアプリ「radiko(ラジコ)」の瞬間最高シェアが70・17%を記録したと発表した。

地上波での中継がニッポン放送のみであったことから、サッカーファンを中心に大きな注目を集めていた。試合は、後半44分とロスタイムにMF三笘薫がゴールを決め、日本の7大会連続7度目のW杯出場が決まるという劇的な展開となった。

同局によると、試合中継時間帯(午後6時10分~同8時5分)のラジコのライブ配信において、配信エリア内で50・62%のシェアを獲得。1都6県16局中、同時間帯首位となった。最高値は8時4分、試合終了のホイッスルが吹かれた瞬間で、70・17%という驚異的なシェアを記録した。

同局は過去にも93年の米国大会最終予選の“ドーハの悲劇”や、97年フランス大会予選の“ジョホールバルの歓喜”も中継している。
今回の劇的勝利に「ありがとうサッカー日本代表! 7大会連続のワールドカップ出場を決めた歴史的な1戦をお届けすることができて光栄です」とコメントしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a4716521cae3ac0ed08fa6453defda31a3ace31

【W杯アジア最終予選 唯一の地上波中継ニッポン放送に大反響、ラジコ瞬間最高シェア驚異の70・17%!!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 20:28:04.51 ID:CAP_USER9
◆サッカー カタールW杯アジア最終予選 ▽B組 オーストラリア0―2日本(24日・シドニー)

 W杯アジア最終予選・オーストラリア戦(シドニー)は24日、ネット有料配信「DAZN(ダゾーン)」が独占中継した。今回の最終予選のアウェー5試合は地上波での放送はなく、DAZNが独占配信している。

 試合終了間際に2点が入って劇的なW杯進出決定となった試合の中継をめぐっては、先月28日に日本サッカー協会の田嶋幸三会長が、無料視聴などできないか交渉していることを明かした。

 一方、DAZNは「日本サッカー協会様からは一度条件のご提案をいただいた事実はございますが、ご提案内容がすでにDAZNご加入いただいているお客様やファンのみなさまにとってフェアなものではなく、両者の共通認識として交渉はすでに終了しているととらえております」と発表。

「ファンの皆様にこれ以上の混乱をきたしたくないという思いから、本日時点でこの事実を発表をさせていただき、オーストラリア戦を独占配信することをあらためてお知らせいたします」と説明していた。

 試合当日となり、ツイッターにはサポーターらから様々の声が寄せられた。「DAZN加入してるから別にいいんですけど、最初から決まってたとはいえW杯予選運命の一戦を地上波で放送せんとか人気落ちるよそら」「DAZNが高い放映権を払っているんだから、仕方ないよね」「会社帰りの電車で見れるので助かる」「DAZN高くなったから親にやめられた」「W杯出場がかかる試合をDAZNでしか見れなくなってるのは時代だな。って感じする。サッカーの関心が一般大衆には広がりづらくなってきてるけど、本当に見たい人は高い金払っても見るからどっちが悪いとも言えないな。まあとにかく勝ってくれればええ」「仕事しながらコソッと見てる」「今日の試合のためだけにDAZN入った。日本代表勝ってくれ~!」「DAZNでオーストラリア戦を観れるのはありがたいが、この大一番に松木安太郎がいないのは物足りない」など様々な声が寄せられている。

 なおラジオではニッポン放送が生中継していた。

スポーツ報知 3/24(木) 20:22
https://news.yahoo.co.jp/articles/3dde0a9908807c06c5afc6c3f383ecfc980cc6d7

【<DAZN独占配信の豪州戦>SNSで様々な反応 勝てばW杯、負ければピンチだった運命の一戦!テレビ視聴率“ゼロ”%・・・】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 20:13:57.52 ID:CAP_USER9
ニッポン放送はW杯アジア最終予選のオーストラリア―日本戦を実況生中継をした。

 勝てば7大会連続のW杯出場が決まる大一番だが、DAZNの有料会員だけが国内での聴が可能で、地上波テレビの放送予定はなかった。日本協会の田嶋幸三会長は当初、協会負担での地上波中継を模索。DAZNと無料視聴の交渉もしていたが、今予選のアウェー戦はDAZNでの独占放送が決定済みでともに実現しなかった。

 ニッポン放送で生中継ながらも地方ではエリア外のため聴く事が出来ず。スマートフォンアプリやパソコンでラジオが聴ける無料のサービス「radiko(ラジコ)」でも権利の関係上radikoタイムフリー、エリアフリーで聴くことが出来なかった。ネットでは「地方では聴けん」「radikoで聴くことが出来なくて残念です」「radikoエリアフリーでは配信停止って辛い。。。」「ニッポン放送も聞けないから、余計に悔しい」などと地方から大一番を応援しようとしている人々からは不満の声も挙がった

https://news.yahoo.co.jp/articles/eae54bb353a25e13089884db24f8b8af56e2e6bd

【<サッカーW杯最終予選オーストラリアー日本戦>ニッポン放送で中継も地方で聴けず不満の声「余計に悔しい」「残念」】の続きを読む

このページのトップヘ