SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/03(月) 08:01:03.04 ID:CAP_USER9
10/2(日) 22:34配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

■世界バレー 1次ラウンド最終戦 日本ーアルゼンチン(日本時間2日・オランダ)

バレーボールの世界ナンバー1を決める、世界バレー女子大会。すでに2次ラウンド進出を決めている世界ランキング7位・女子日本代表は、同18位のアルゼンチンにセットカウント3ー0(25-17、25-19、25-17)のストレート勝ちを収めた。28日の中国戦で負傷し、30日のブラジル戦ではベンチ外だった主将でエースの古賀紗理那(26)は、ベンチスタートとなった。

【写真を見る】眞鍋ジャパン、アルゼンチンにストレート勝ち 古賀に代わった石川が最多の25得点【世界バレー】

スタメンはサーブ順に石川真佑(22)、横田真未(24)、林琴奈(22)、井上愛里沙(27)、山田二千華(22)、関菜々巳(23)、リベロ・内瀬戸真実(30)。

前の試合で東京五輪銀メダルのブラジルに勝利した日本。第1セット序盤は、アルゼンチンに連続得点を許し、リードされる厳しい展開。しかし、ブラジル戦で古賀の代わりに出場し活躍した石川の強烈なスパイクなどで、同点に持ち込んだ。その後はここまでチーム最多得点の井上や林などが得点を重ね、さらに山田のブロックで相手スパイクをシャットアウト。3連続得点で日本が流れを引き寄せた。さらにとどめを差す石川のサービスエースなどで試合を優位に進め25-17で第1セットを先取した。

第2セットは序盤で競るも6-6の場面で石川の技ありのフェイントで逆転。さらにアルゼンチンの2枚ブロックを物ともせず、石川が強烈なスパイクを打ち込み、一気に4連続得点を奪った。井上もスパイクが次々と決まり、今大会絶好調のバックアタックも炸裂。石川は2セットで17得点を叩き出す大車輪の活躍で25-19で2セットを連取した。

勢いに乗った第3セット。途中出場の宮部藍梨(24)が奮闘。身長181cm、長い手足を生かしたブロックでアルゼンチンのスパイクを止めた。今大会、リリーフサーバーとして出場も、良いところが無かった宮部藍だがサービスエースや速攻などで存在感を見せた。
この日の日本はサーブが絶好調。スタートで出場したメンバーに加え、リリーフサーバー佐藤淑乃(20)や宮部愛芽世(20)がアルゼンチンのレシーブを崩し日本に流れを引き寄せた。日本は石川の4本のサービスエースを含む最多25得点の活躍で勝利した。

試合後、眞鍋政義監督(59)は「今日はサーブが良かったですね。石川も良かったですけど、佐藤淑乃が良かったですね。(2次ラウンドに)勝敗が持ちこされるのでセットを取られなくて良かった。(2次ラウンドは)強敵ぞろいですけど、ネーションズリーグでも負けてるチームが多いので、まずは1戦目に集中したいと思います」と笑顔で語った。

【選手コメント】
■この試合最多25得点の石川真佑
「(1次ラウンド)最終戦でもあるので2次ラウンドに向けて良い流れで入れれば良いなと思ってしっかり気持ちの準備を出来て入れたかなと思います。自分たちのバレーができていたところもあったが少しミスもあった。(2次ラウンドは)簡単に勝てる相手ではないチームが多いので、それに対して自分たちが全力で戦いにいくところと勝ちに行く姿勢を見せていきたいと思います」

■ここまでチーム最多96得点の井上愛里沙
「立ち上がりが悪いので最初はもたもたしてしまったんですけど、今日は途中から入ってきた選手が活躍してくれて勢いとかもありましたし、自分たちのバレーを中盤にかけてできるようになった。2次ラウンドは最初から100%の力を出して強豪国にしっかり立ち向かっていきたい」

【日本の得点】
石川真佑  25点
井上愛里沙 14点
林琴奈 9点
山田二千華 5点
宮部藍梨 4点
横田真未 2点
関菜々巳 1点
宮部愛芽世 1点
佐藤淑乃 1点

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3de89ad749a048c920c6458586602045a1febd9

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/d/8/680w/img_d85be812473cf851c68f06ed014be02f313290.jpg

【世界バレー・1次ラウンド 眞鍋ジャパン、アルゼンチンにストレート勝ち 古賀に代わった石川が最多の25得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/30(金) 23:25:22.81 ID:CAP_USER9
9/30(金) 23:07配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

■世界バレー 1次ラウンド 日本ーブラジル(日本時間30日・オランダ)

バレーボールの世界ナンバー1を決める、世界バレー女子大会。1次ラウンドここまで2勝1敗の世界ランキング7位・女子日本代表は、東京五輪銀メダルで世界ランク2位のブラジルをセットカウント3ー1(25-22、25-19、17-25、25-20)で撃破、2次ラウンド進出を決めた。28日の中国戦で負傷した主将でエースの古賀紗理那(26)は軽いねん挫と診断され欠場、ベンチ外から試合を見守った。

【写真を見る】古賀欠場の眞鍋ジャパン、世界ランク2位ブラジル撃破し2次ラウンド進出決定!全員バレーで“40年ぶり”勝利 【世界バレー】

スタメンはサーブ順に石川真佑(22)、横田真未(24)、林琴奈(22)、井上愛里沙(27)、山田二千華(22)、関菜々巳(23)、リベロ・福留慧美(24)。

試合前の時点でD組3位、勝てば2次ラウンド進出が決まる日本は、28日の中国戦で負傷した主将でエースの古賀紗理那(26)が軽いねん挫と診断され欠場。古賀に代わりスタメンで起用された石川の強烈なサーブでエースを奪い試合が始まった。中盤に世界屈指のスパイカー・ガビ(28)のアタックなどでリードされるも終盤、ゲームキャプテンを任された井上が次々にスパイクを決め逆転に成功。さらに林が強打、軟打と打ち分け得点を重ねるなど第1セットを25-22で奪った。

優勝候補のブラジルから1セットを先取した日本は第2セット。このセットも序盤から日本ペースで試合を進め、ブラジルのガビを徹底的にマーク。身長184cmの山田のブロックでシャットアウトし、4連続得点で勢いに乗ると、ブラジルのギマラエス監督も思わず頭を抱えた。日本リードの14‐12の場面ではブラジルに3連続でミス。一気に6点差とした。解説の元日本代表・荒木絵里香さんも「こんなブラジル見たことない」というほどの展開で25-19。2セットを連取した。

あと1セットで勝利となる日本の第3セットはスタートのメンバーを入れ替えたブラジルに
終始リードされる苦しい展開。代わって入った190cmのタイナラ(22)を止めることができず17-25と1セットを奪われた。

流れを引き戻したい第4セット、日本は出だしから4連続得点を許し嫌なムード。4-11と日本が7点を追う場面で井上、石川のスパイクが決まり点差を詰め6-11とすると、この日ゲームキャプテンとしてチームを引っ張る井上が必死のレシーブで流れを引き寄せた。その後、井上、島村春代(30)、林が決めるなど7連続得点で一気に逆転。全員バレーでセットカウント3-1、世界ランク2位ブラジルを撃破した。日本は世界バレーでブラジルから40年ぶりに勝利し、2次ラウンド進出を決めた。

日本は次戦、10月2日(日)に世界ランキング19位アルゼンチンと対戦する。※世界ランキングは試合前時点

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ed53983e71c77613c237359f015001d1d773f07

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/f/4/1360w/img_f431b20d28635662a2d3584b07e2900c542169.jpg

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/e/a/1360w/img_eae46faed83fc4f4f7ac5d0b14f86ca0514854.jpg

https://newsdig.ismcdn.jp/mwimgs/0/7/1360w/img_07854a8630475f29aa46b7fd75f990e1398753.jpg

【世界バレー 古賀欠場の眞鍋ジャパン、世界ランク2位ブラジル撃破し2次ラウンド進出決定!全員バレーで“40年ぶり”勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/26(月) 07:53:06.39 ID:CAP_USER9
9/26(月) 4:45配信

日刊スポーツ
古賀紗理那(2021年8月2日撮影)

<バレーボール:女子世界選手権 日本3-0コロンビア>◇25日◇1次ラウンド◇オランダ・アーネム

【写真】サーブを打つ古賀紗理那(22年8月21日撮影)

 12年ぶりのメダル獲得を目指す日本(世界ランク7位)が、開幕戦で3-0(25-20、25-22、25-17)のストレートでコロンビア(同16位)に勝利した。

 井上愛里沙(27)がチーム最多21得点、古賀紗理那(26)が16得点、林琴奈(22)が14得点を挙げた。

 古賀は「(会場内に)コートが3つあることで、声が通りにくいように感じた」としつつも「初戦の大切さは、選手間で話をしていました。3-0で勝ち切れたことはチームにとってプラス。明日(のチェコ戦)も(身長が)高いチーム。しっかり勝ちにいきたいです」と語った。

 井上は「得点源として点数を取ることにフォーカスしてやってきました。(大会直前に日本が優勝した)フランスの(五輪)プレ大会でミドルが決まっていたので、楽に点数を取ることができたのが良かった」。林は「1セット目はレフトに頼っている部分があった。2、3セット目は良かったですけど、もう少しスタートからしっかり自分の勢いを出せるようにしたい」と話した。

 第3セットの終盤には石川真佑(22)がサービスエース。24年パリ五輪のプレ大会で優勝した勢いのまま、開幕戦を制した。

 日本は26日にはチェコと対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/982162dd64e072074fb499467382730b1ea6d33a

https://www.nikkansports.com/sports/news/img/202209250001930-w1300_0.jpg

【世界バレー・開幕戦 日本女子コロンビアにストレート勝利 井上愛里沙が21得点、古賀紗理那16得点】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/19(月) 11:57:40.74 ID:CAP_USER9
9/19(月) 11:36配信

TBS NEWS DIG Powered by JNN

■バレーボール パリ五輪プレ大会決勝 日本-フランス(日本時間19日、フランス・メス)
 
世界バレー女子大会(24日開幕、オランダ)を前に、フランスでのパリ五輪プレ大会に出場していた女子日本代表が19日、フランスと決勝を戦い、3-1(30-28、25-27、25-20、25-19)で勝利。開幕から6戦全勝で優勝を飾った。

【写真を見る】眞鍋ジャパンがパリ五輪プレ大会優勝 古賀最多26得点でフランスに勝利し6戦全勝で世界バレーへ

スタメンは古賀紗理那(26)、島村春世(30)、井上愛里沙(27)、林琴奈(22)、横田真未(24)、関菜々巳(23)、リベロ・内瀬戸真実(30)。

5戦全勝で決勝に進んだ日本の相手は、地元・フランス。アウェイの声援の中、第1セットは序盤からリードを許し、苦しいスタートに。中盤追いつき接戦に持ち込むとキャプテン古賀の3連続ポイントで30-28、第1セットをものにした。第2セットもデュースにもつれる展開となり、日本は今大会で初めてセットを落としたが、第3、第4セットは連取。「勝ち癖をつける」と挑んだ大会を全勝優勝で締めくくり、世界バレーへ弾みをつけた。

この試合のチーム最多得点は古賀の26点。井上と島村が17得点で続いた。大会を通じてのベストセッターに関が選出され、ベストブロッカーには横田、ベストレセプションアタッカーに林が選ばれた。

キャプテンの古賀は「勝ちきることできて良かった。今シーズンの集大成が世界バレーなのでチームとして日本らしいプレーができるよう、1週間練習を積んで最高の状態で大会に入る準備をしていきたいと思います」とコメント。チームはこのあと世界バレーの開催地オランダに移動し25日にはコロンビアとの初戦を迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e0cfb03707720470f56947eb9dc520ecbd9e031

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20220919-20156539-jnn-000-1-view.jpg?pri=l

【眞鍋ジャパンがパリ五輪プレ大会優勝!古賀最多26得点でフランスに勝利し6戦全勝で世界バレーへ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/19(月) 12:57:23.19 ID:CAP_USER9
2022/09/19

 【サラソタ(米フロリダ州)共同】18歳以下による野球のU18ワールドカップ(W杯)最終日は18日、米フロリダ州サラソタで行われ、3位決定戦で日本は韓国に6―2で勝った。
https://nordot.app/944345040391077888


関連
【野球】U-18高校日本代表、米国に逆転サヨナラ負けでスーパーラウンド4位通過 銅メダルをかけ3位決定戦で韓国と激突 決勝は米国VS台湾 [ニーニーφ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1663514012/

【野球U18W杯、日本は3位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/19(月) 00:13:32.16 ID:CAP_USER9
「第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(米フロリダ州サラソタ)を戦う高校日本代表「侍ジャパン」は18日、スーパーラウンドの最終戦で継続試合となっていた米国との試合を再開。3-4で逆転サヨナラ負けを喫した。1点リードの最終7回に2点を許した。
既に同日(日本時間19日)の3位決定戦進出を決めていた日本は、スーパー(決勝)ラウンドを2勝3敗で4位通過。
銅メダルをかけて韓国と激突する。決勝戦は米国とチャイニーズ・タイペイの顔合わせとなった。

試合は、日本が3-2と1点リードの3回表無死満塁から再開。ここから登板した右腕ロドリゲス投手に対して、海老根優大(大阪桐蔭)、浅野翔吾(高松商)、黒田義信(九州国際大付)が三振に倒れて無得点に終わった。

一方、日本は前日の2回途中から登板した山田陽翔投手(近江)が“続投”。3回を3人で退けると、4回からは変則左腕の吉村優聖歩(明徳義塾)がマウンドへ。6回まで3人ずつで退ける好投を見せた。リードを保ったまま最終7回を迎えたが、先頭に安打を許し、続く犠打で捕手が一塁に悪送球。無死二、三塁のピンチを招くと、ここで吉村が痛恨のボークを犯して同点に追いつかれた。

なおも無死三塁のピンチで、野田海人(九州国際大付)が登板。1死三塁としてからレフト前にサヨナラ安打を許してしまった。3位決定戦は決勝戦終了後に行われる予定。2017年以来2大会ぶりのメダルへ向け、スーパラウンドで0-8で敗れた韓国と対戦する。

Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/a0f0c28ccb92b7bc398744d5516566b1feb937b5

【U-18高校日本代表、米国に逆転サヨナラ負けでスーパーラウンド4位通過 銅メダルをかけ3位決定戦で韓国と激突 決勝は米国VS台湾】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/16(金) 08:41:17.23 ID:CAP_USER9
侍U18が宿敵・韓国に8失点完封の大敗 大会初先発・山田が6失点KO、世界一へ黄信号
U-18/高校代表

fullcount 2022.09.16

2戦で17失点…最後は163キロ韓国右腕に仕留められ自力決勝進出の可能性消滅
「第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(米フロリダ・ブラデントン)を戦う高校日本代表「侍ジャパン」は15日(日本時間16日)、スーパー(決勝)ラウンドの初戦で宿敵・韓国に0-8と完敗した。切り札として投入した先発・山田陽翔投手(近江)が2回途中6失点で降板。最後は韓国プロ野球のドラフトでも指名された豪腕・キム・ソヒョンの163キロ(101マイル)に浅野翔吾外野手(高松商)が封じ込まれるなど、投手陣を打ち崩せなかった。

横浜DeNA入江がU-18代表で学んだこと 「自信を持ってプレーすることは本当に大事」(侍ジャパン応援特設サイトへ)
 日本は初回、今大会初先発となった山田の制球が本来の投球ではなく、今大会当たっている韓国の指名打者、4番のキム・ボクソムに左前適時打を浴び、先制を許した。味方の失策も重なり、いきなり4失点。2回には先頭打者に死球を与えるなどピンチを招くと2死二、三塁からは、暴投で5失点目。5番のキム・ドンホン捕手に中前適時打を浴びたところで6失点マウンドを降りた。

 2番手・吉村優聖歩投手(明徳義塾)や3番手・生盛亜勇太投手(興南)ら救援陣が粘投を見せたが、肝心の打線が韓国投手陣に封じ込まれた。サイドスロー右腕の先発、キム・ジョンウン、2番手の左腕ユン・ヨンチョルに3イニングずつ、要所を締められた。最後は韓国球界から注目を浴びるキム・ソヒョンの160キロ台の豪速球を打ち崩せなかった。最終7回は2死満塁の好機を作ったが、最後は浅野が高校生レベルとは思えぬ、163キロ(101マイル)のボールを投げ込まれ、見逃し三振でゲームセット。浅野は4打数1安打だった。


 日本はオープニングラウンドのグループBでチャイニーズ・タイペイに2-9で敗戦。韓国はグループAで米国に3-8で敗れているため、ともに1勝1敗でスーパーラウンド初戦を終えての一戦だった。スーパーラウンドでは、オープニングラウンドの成績が持ち越され、上位2チームが決勝戦、3位、4位のチームが3位決定戦を行う。

 日本はオープニングラウンド最終戦のチャイニーズ・タイペイ戦から2戦17失点で2連敗と失点が重くのしかかる。若き侍ジャパンは1勝2敗となり、自力での決勝進出の可能性が消滅。以降の試合を全勝し、3勝2敗となれば、成績が並んだチームのTQB(Total Quality Balance、得失点率差)で決勝進出の可能性は残されているが、悲願の世界一に黄信号が灯った。

※続きはリンク先で
https://full-count.jp/2022/09/16/post1281452/

【U-18侍ジャパンが宿敵に8失点完封の大敗 大会初先発・山田が6失点KO、世界一へ黄信号】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/03(土) 21:05:56.15 ID:CAP_USER9
 野球日本代表「侍ジャパン」U-15は2日(日本時間3日)、メキシコ・エルモシージョで開催されている「第5回 WBSC U-15 ワールドカップ」のスーパーラウンド第3戦で、強豪キューバと対戦。
3-0で快勝して悲願の初優勝に向けて望みを繋いだかと思われたが、WBSCは投球制限の超過があったとして没収試合と決定。キューバの勝利となった。

 先発の辻琉沙投手(滋賀野洲ボーイズ)が7回を4安打完封の快投。球数は99を数えた。
大会規定では、1投手は95球以下しか認めておらず、打席中に達した場合はその打席終了まで投げられる。辻は最終7回2死を奪った時点で96球に到達。ここで継投しなけばいけなかったが、最後のアウトも奪って違反となった。キューバはスーパーラウンド3連勝となり、決勝進出を決めた。

 元巨人GMの鹿取義隆氏が率いるU-15代表は、オープニングラウンド(予選リーグ)で3連勝を飾ってグループBを1位通過。スーパーラウンド(決勝リーグ)初戦のアメリカ戦は初回に5点のビハインドも直後に追いつくなど12-6で勝利し、続くチャイニーズ・タイペイ戦では4-6で敗れていた。1勝2敗で、3日(同4日)にプエルトリコとのスーパーラウンド最終戦に臨む。

Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/4aa0ba73ae73d51c9595b8d767ee2ff4cb6f036a

【U-15ワールドカップ 日本、キューバに快勝もまさかの没収試合 投球制限超えても続投…一転敗戦に】の続きを読む

このページのトップヘ