SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

日本代表

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/18(木) 19:53:47.91 ID:gUxFlKGn9
サッカー日本代表元監督のアルベルト・ザッケローニ氏が18日、前日に今季限りでの現役引退を発表した元日本代表主将のMF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)についてコメントした。「長谷部は私にとって“完璧なキャプテン”です。SAMURAI BLLUE(日本代表)の挑戦は彼がいなければ達成できなかった。セカンドキャリアでの成功も祈っています」などとねぎらった。

 ザッケローニ氏は2010年に日本代表監督に就任。日本を14年W杯ブラジル大会出場に導き、長谷部は10年W杯南アフリカ大会に続いて代表主将を務めた。

 ザッケローニ氏のコメントは以下の通り。

 ◇  ◇

 長谷部は私にとって“完璧なキャプテン”です。彼の豊かな人間性、優雅な立ち居振る舞い、常に正しい判断力は、まさにリーダーたるもので、30年間にわたる私の監督のキャリアの中でも比類なきものでした。彼と一緒に仕事をすれば、私のメッセージは正確に適切な形で選手たちに伝えられ、チーム内でのコミュニケーションが建設的なものになりました。SAMURAI BLLUE(日本代表)の挑戦は彼がいなければ達成できなかったと断言することができます。誠、あなたの献身的な仕事、そして、私やサッカーに対して与えてくれた全てのことに感謝します。日本での素晴らしい日々が終わる日、内田篤人と共に羽田空港に見送りに来てくれたことを忘れたことはありません。誠、あなたは私の息子のようでもありました。

 イタリアの我が家はいつでもあなたを歓迎します。近いうちにお会いしましょう。セカンドキャリアでの成功も祈っています。

 アルベルト・ザッケローニ

https://news.yahoo.co.jp/articles/33f6b041971a57714325bb06ee47e7099ee59fc8

【「私にとって完璧なキャプテン」ザッケローニ元日本代表監督が今季限りで引退発表のMF長谷部誠をねぎらう】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/17(水) 12:02:50.39 ID:VNxNLoSx9
4/17(水) 10:46配信
THE ANSWER

今年のパリ五輪のアジア予選を兼ねたU-23アジアカップが16日に開幕。1次リーグB組の日本は初戦で中国に1-0で勝ち、白星発進した。前半早々にDF西尾隆矢(C大阪)が相手選手への肘打ちで一発退場となり、数的不利を強いられる展開。日本ファンの受け止め方について、中国では「これこそが日本サッカーが強くなった要因」「日本のファンはまともなことを言う」などと反応している。

【画像】「日本はまとも」 一発レッドの決定的瞬間をとらえた実際の映像

 試合は前半の早い時間から目まぐるしく動いた。8分にMF松木玖生(FC東京)が技ありのボレーシュートを決めて先制。だが同17分、西尾の相手選手への肘打ちが一発レッドとなり、退場。残り70分以上も数的不利となった日本にとっては厳しい戦いとなった。それでも守備陣を中心に奮闘。後半早々にはGK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)が相手との1対1をストップするなど得点を許さず、虎の子の1点を守り切った。

 ネット上の日本ファンは初戦で勝ち点3をつかんだことを評価する一方で、西尾のレッドカードについては妥当であるとの見方が多かった。敗れた中国メディア「ジーボーバ」は「日本のサッカーファンがレッドカードについて熱い議論」などとの見出しで試合をレポートした。

 この記事に、中国ファンからは日本ファンの受け止め方に注目する声が上がった。レッドカードは不当ではないとの見方に注目した様子だった。

「これこそ、日本サッカーが強くなった理由だと思う。ファンも進歩している」
「日本のサッカーがここまで強くなったのはファンを見てもわかる。日本のファンのこういう声を見ても、いろいろ考えさせられるよ」
「少なくとも、日本のサッカーファンはまだまともなことを言う。これが韓国のサッカーファンだったら、審判を罵り、我々が故意にレッドカードになるようにしたと言うに決まっている」

 一方で、数的有利になりながらも中国が勝てなかったことについては「日本はそれでも勝った」「10対11でも、日本は問題なく勝っている」「2人いなくなっても結果は同じさ」「成耀東(中国の監督)は『相手が1人少なくて、こっちも調子が狂った』と。相手が11人なら負けても問題はなかったのに、こっちが1人多いのに負けてしまって、どうやって言い訳すればいいんだ」など、中国U-23代表の戦いぶりへの嘆きも聞かれている。

 初戦で勝ち点3を手にした日本は次戦、UAEと対戦。キックオフは現地19日午後7時30分(日本時間20日午前0時30分)の予定。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/dd941176bcf1000ef5ece654b90f1e7e13249787

【日本代表への一発レッド判定、ファンの受け止め方に中国注目「日本はまとも」「強くなった要因」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/03(水) 08:46:40.25 ID:NJpkm8a19
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3a84dda70ddf6e3be75c7aad48332ec087778d8

《日本人はここぞの時に120%出すことが下手》というJFA宮本新会長の意見は正しいか 遠藤航らの活躍やカタールW杯がそうではないことを証明している


 JFA新会長に就任した宮本恒靖氏が、先日テレビ朝日『報道ステーション』にゲストとして登場した。

 サッカー解説などで活躍する元日本代表の内田篤人氏も同席し、「新会長に聞く 日本サッカーの未来」と題し、トークが繰り広げられた。

 番組内では内田氏が、会長に対し様々な質問を投げかけた。そのなかで、内田氏がヨーロッパでもプレイした経験を持つ宮本会長に、ヨーロッパで活躍する選手と日本の選手の違いという一見単純な質問を投げるシーンがあった。

 宮本会長は戦術理解やフィジカルなどのサッカーの技術的要素ではなく、日本人のある特徴を改善するべきだと答えた。

「海外の選手は、例えば90分の練習の中で50%でずっとやっていても、例えばメンバーを決めるような紅白戦の中では100%、120%出せる。パワーを出せる瞬間が日本人は下手というか苦手。そういう力をぜひ身につけてもらいたい。“ここ”というときのアウトプット」

「日本人の力の出し方は、どちらかというと80%で1日のトレーニングをこなすのは得意。ただ100%、120%を出すのがまだ苦手なのではないかと思う」


 常に真面目に一生懸命できるのが日本人の特徴であるとは、よく言われることだ。ビッグクラブで活躍している遠藤航や冨安健洋を見ても、堅実で真面目な面が評価されているのもわかる。しかし本当に今の日本人選手は、ここぞの場面で全力を発揮することが苦手だと言えるだろうか。

 例として思い出されるのは一昨年のカタールW杯、ドイツ、スペインを倒したジャイアントキリングだ。優勝候補とも思われた強豪国をどちらも倒し、E組を首位で抜け出すなど誰が予想しただろうか。浅野拓磨や堂安律らのゴールは、そしてあの勝利は120%の力を本番で発揮したからこそ得られたものではなかったか。

 また、現在は宮本会長がザルツブルクでプレイしていた時代と異なり、日本人がビッグクラブでプレイすることも珍しくなくなった。

 リヴァプール遠藤航は先日のカラバオ杯決勝でも120分を戦い抜き、タイトルを手にしたばかり。あの試合の遠藤はまさしくチームを引っ張るような堂々としたパフォーマンスを見せていた。そしてプレミアリーグを見ても今や確固たるレギュラーとしてチームの中心にいて、多大なプレッシャーのなか世界最高のリーグで優勝争いを繰り広げている。

 ある種の“おとなしさ”というのは確かに日本人のDNAのなかにはあるのかもしれない。しかし、そんなステレオタイプな日本人選手像を超越するようなプレイを見せる選手たちが躍動しているのも事実だ。

 宮本会長には日本サッカーの舵取り役として、今の選手たちの資質を見誤ることなく正しい方向に導いてくれることを期待したい。

【宮本新会長「日本人はここぞの時に120%出すことが下手」は正しいか 遠藤航らの活躍やカタールW杯がそうではないことを証明】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/01(月) 20:00:57.76 ID:dq/YTG8R9
日本サッカー協会は1日、6月11日に行われる2026年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のシリア戦の試合会場がエディオンピースウイング広島に決まったと発表した。キックオフ時間は未定。

6月6日にはアウェーでミャンマーと対戦する。日本はB組2位以内を確定させ、最終予選への進出を決めている。
https://i.imgur.com/BnowcVU.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7357f22afc1f10b83ddd913f8b8213b7484d585

【シリア戦は広島開催 サッカーW杯2次予選】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/30(土) 16:53:14.48 ID:6XaQcVKW9
3月26日に平壌で開催予定だった『FIFAワールドカップ2026・アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選』の朝鮮民主主義人民共和国代表(北朝鮮代表)対日本代表が中止となったことを受け、FIFAの規律委員会は同一戦を没収試合にすると決定。日本の3-0勝利として扱うこととなった。

北朝鮮側の申し出により急きょ、中止となった北朝鮮代表対日本代表の一戦について、30日、FIFA規律委員会の裁定が下った。同試合は0-3で北朝鮮の敗戦とし、没収試合となることが正式決定。この結果、日本は6月の2試合を残して、最終予選に進出することが決まった。

 この件じついて、JFAの宮本恒靖会長は「3月26日に平壤で試合が行われなかったことについて、日本時間の本日未明に FIFA規律委員会の決定内容を受け取りました。この試合の取り扱いに関するステイタスが更新されたことは良かったと思います。ワールドカップ予選突破に向けて、森保監督やスタッフ、選手たちには引き続き良い準備をして試合に臨んでほしいですし、JFAとしてもしっかりとサポートをしていきます」とのコメントを発表。

日本代表の森保一監督も、「没収試合で日本の勝利という結果の通知を聞きました。選手たちの大切な出場機会が失われたことに変わりありませんが、一つ前に進んだとポジティブに捉えています。当然この結果に満足することなく、6月の代表活動、最終予選、ワールドカップ本番へと力を積み上げていきたいと思います」と自身の考えを発表している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/392da7368769338f37bf27b7be14312f89924849

【W杯予選、日本の最終予選進出が正式決定! 中止の北朝鮮戦は没収試合に。森保監督「一つ前に進んだのはポジティブ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/22(金) 21:39:10.17 ID:Uhj4Z3VG9
中立地での開催も困難に
 日本サッカー協会(JFA)は3月22日、北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮対日本戦の開催判断について、中立地でも行わず、中止すると発表した。これを受けて同日にチーム活動を終了し、解散となった。

 W杯アジア2次予選第4節の北朝鮮戦を巡っては当初、第3節の北朝鮮戦を3月21日に国立競技場で戦った後、26日に平壌で開催を予定していた。しかし、北朝鮮側の意向で白紙撤回され、22日にアジアサッカー連盟(AFC)は声明で「2024年3月26日に開催予定だったグループBの北朝鮮対日本の試合は、予期せぬ事情により、予定通り開催されない」と声明を発表した。

 さらに「3月20日に北朝鮮サッカー連盟から試合を第3国で開催する必要があることを伝えられていた」とし、AFCは現在すべての判断をFIFAに委ねている状況だという。

 JFAは現在、FIFA(国際サッカー連盟)の正式な発表を待っている状況にあるが、今回のFIFAデイズは3月18日から26日までとなっている。そのためAFCの発表を受け、このインターナショナルマッチデー期間で試合が行われないと判断し、21日の練習をもって代表チームを解散する決定を下した。

 なお、北朝鮮との第4節については、インターナショナルマッチデー以外で試合を行うことになるのか、没収試合などの扱いになり日本の不戦勝になるかなどは、今後、FIFAがどのような判断をするか次第だという。

 森保一監督のコメントは以下のとおり

「昨日の試合において気になった点や改善点を修正する機会がなくなったことと、次の試合でより多くの選手を起用できなくなったことは残念に思います。

また今回、所属クラブでタフなシーズンを送っている中、招集に応じてくれた選手たちが厳しい状況の中でも常にポジティブな姿勢をもって活動に臨んでくれたことに感謝しています。

日本代表の活動は今後も続きますし、これまでの積み上げをベースにチームとしてさらなる向上を目指します」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ab583a9c10d8b8e8004739cdefccb90d582f91a

【日本代表、北朝鮮戦26日開催中止が正式決定 没収試合の可能性も…森保監督「残念」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/21(木) 23:33:41.12 ID:RBoxWmIe9
<W杯アジア2次予選:日本1-0北朝鮮>◇21日◇B組◇第3戦◇東京・国立競技場

思わず笑ってしまった。高校選手権の決勝戦を見てるようだった。未熟な2チームが激しくボールを奪う。気合だけで、球際でぶつかり合う。特に後半はそんな試合だった。
技術も戦術も経験も、すべての面で上回る日本だが、北朝鮮のペースにはまってしまった。意地と意地のぶつかり合いで、洗練されたA代表の試合ではなかったな。

前半2分にMF田中の得点で先制し、そこから勢いが止まった。サッカーではたまにあることだが、想定外の展開でプランが狂ってしまったね。FW上田が前線で孤立した。2列目の選手がもっとポジションを上げるべきなのに、
早いタイミングでリードして、攻めるより安定を求めてしまった。だから前半はボール回しゲームで終わったね。

北朝鮮は、国際的な制裁などで海外組がいない。日本は圧倒的に経験値が高いはずだ。欧州組をあれだけそろえたのに、何で試合運びがこんなに下手なのかな。1人2人ならともかく、ほとんどの選手が雰囲気にのまれ、
ピッチ上でそれを修正する選手もいない。日ごろ、クラブで磨いた国際経験をもっと日本代表で還元しないとダメだね。(日刊スポーツ評論家)

https://www.nikkansports.com/m/soccer/column/sergio/news/202403210001590_m.html?mode=all

【セルジオ越後「高校選手権の決勝戦を見てるよう…何で試合運びがこんなに下手なのかな」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/21(木) 21:20:15.60 ID:4iVLoV4k9
サッカーの日本代表が26日に戦う予定だった、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮戦が、北朝鮮側の意向で平壌で開催できない見通しとなっていることが21日、分かった。代替開催地は未定。パリ五輪出場権を懸けた女子のアジア最終予選のアウェー戦が試合予定日の3日前になって中立地のサウジアラビア・ジッダでの開催が決定したのに続き、男子も試合日を目前に控えながら一方的な〝ドタキャン〟となり、関係者が対応に追われた。

複数の関係者によると、北朝鮮側は日本国内で、致死率が3~7割と極めて高い「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者が増えていることを問題視。北朝鮮国内での感染拡大を防ぐため、日本代表チームを含めた日本からの入国を全面的に禁止することにしたもようだ。20日夜に北朝鮮側からアジア・サッカー連盟(AFC)に「北朝鮮国内では試合を行わない」との連絡があったという。

突発的に発症する「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は手足の急速な壊死(えし)や多臓器不全を引き起こし「人食いバクテリア」との異名も持つ。国立感染症研究所のデータによると、患者数は約10年で3・5倍に増加。今年に入って2週間で87人が報告されている。子供から大人まで発症するが特に30代以上に多いとされる。

今回の平壌での試合をめぐっては、試合直前に会場変更となった女子と同じ轍(てつ)を踏まないよう、AFCが3月上旬に視察団を平壌に派遣し、試合会場の金日成競技場などを調査。AFCから正式な報告があったことを受け、日本協会は11日に「予定通り平壌で開催する」と発表していた。報道陣についても、サンケイスポーツを含む約20人を受け入れるとの連絡が北朝鮮側から日本協会にあり、各社ともビザ取得などの渡航準備を進めていた。

W杯アジア2次予選はホームアンドアウェー方式で行われ、ホームの試合は21日に東京・国立競技場で開催。北朝鮮代表チームも19日午後に来日していた。

関係者によると、平壌の代替開催地については、女子の五輪予選と同じサウジアラビアか、北朝鮮から渡航しやすい中国、AFCの本部があるマレーシアなどが候補に挙がっているという。日程的に延期にするのは難しく、日本の不戦勝となることも考えられるという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a45a9e5658ff26d644a06731aabc14b0f9c05aff

【日本代表、26日のW杯予選・北朝鮮戦が平壌での開催不透明に 北朝鮮側の意向 日本の不戦勝の可能性も】の続きを読む

このページのトップヘ