SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

早大

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/30(月) 18:07:05.00 ID:QvaUmrMQ9
スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20231030-OHT1T51129.html
2023年10月30日 15時42分

【大学野球】慶大が4季ぶり40度目V 夏の甲子園フィーバーに続いた ソフトバンク3位・広瀬隆太が通算20号先制2ラン。

◆東京六大学野球秋季リーグ戦最終週最終日▽慶大5-3早大(30日・神宮)

 1勝1敗で迎えた「勝った方がV」の早慶戦は慶大が勝利し、4季ぶり40度目の優勝を成し遂げた。慶大は東京六大学リーグの代表として明治神宮大会(11月15日から6日間)に出場。秋の大学日本一を目指す。

 平日の午後にもかかわらず、神宮には1万8000人の観衆が詰めかけた大一番。0-0で迎えた3回無死一塁、今秋ドラフトでソフトバンクから3位指名を受けた主将の広瀬隆太内野手(4年=慶応)が初球の131キロをフルスイング。左翼席へ運ぶ先制の2ランとなった。これでリーグ歴代4位タイの通算20号とし、早大・岡田彰布(現阪神監督)に並んだ。

 7回には2番・本間颯太朗(3年=慶応)のソロなどで3点を加点。後半、早大の懸命な反撃もあったが、逃げ切った。

 夏の甲子園大会では慶応が107年ぶりの優勝を達成。この日もVメンバーが三塁側スタンドで観戦する中、“兄貴”の慶大が好敵手・早大との最終決戦を制して、見事に天皇杯を手中に収めた。

【《天皇杯》早慶戦を制した慶大がV 今夏の甲子園で優勝した慶応高校に続く栄冠 慶應5-3早稲田 六大学野球】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/29(日) 20:49:30.58 ID:9XJH7Pgy9
<東京6大学野球:慶大4-0早大>◇第8週第2日◇29日◇神宮

今年最多2万8000人の観客が集まった伝統の早慶戦は、1勝1敗で第3戦へもつれることになった。

負けられない慶大は、1年生右腕の竹内丈投手(桐蔭学園)が大一番で先発。6回無失点の好投で、2勝目を挙げた。完全優勝へ逆王手をかけた。勝てば20年秋以来6季ぶり47度目の優勝が決まる早大は、今秋2試合目の0封負けを喫した。

   ◇   ◇   ◇

ピンチの時、竹内の口角はちょっと上がっていた。負けられない大一番で先発を任された。第1戦よりも多い、今年最多2万8000人が詰めかけた神宮の雰囲気さえ楽しんだ。「いつも通り、変わらずに投げられました」。

6回2死一、二塁、早大・熊田任洋内野手(4年=東邦)をチェンジアップで二ゴロ。自分の判断で時折クイックを混ぜてフォームで緩急をつけ、今季初めて超スローカーブを投じるなど頭脳派のピッチング。「1日でも長く(同じ高校出身の)栗林さんたち4年生と野球がしたいという思いでした」。堀井哲也監督(61)は「期待をこめて竹内を起用した。200点の出来でした」と称賛した。

マイペースなところが、ピンチでも動じない強心臓につながる。寮に隣接するブルペンの近くで、朝顔を育てるのが最近のブーム。種から育てはじめ、クラシック音楽を聞かせて水をあげるのが日課。毎日コツコツ、練習も地道にこなす。強豪、桐蔭学園で3年夏の背番号は「13」。AO入試で進学した。1年春の早慶戦でリーグ戦デビューした“早慶戦の申し子”の好投で、21年秋以来の頂点へ逆王手をかけた。【保坂恭子】

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202310290000872.html
[2023年10月29日16時45分]

【絶体絶命の慶応勝利、完全V逆王手 1年生竹内丈6回無失点2勝目「200点の出来」堀井監督】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/09/08(金) 20:19:30.83 ID:eOscrMgS9
スポーツ報知2023年9月8日 6時0分
https://hochi.news/articles/20230907-OHT1T51295.html

 就任2年目の花田勝彦監督(52)率いる早大は「学生3大駅伝3位以内」を目標に順調に夏を過ごしている。

 早大は名門復活へ、ひた走っている。「昨年は私が就任したばかりで、しかも、予選会があった。今年は3大駅伝を見据えて強化ができている」と花田監督は自信あふれる表情で話す。

 22年箱根駅伝は13位でシード権(10位以内)を逃し、同年6月に花田監督が就任。昨季は予選会を4位で通過し、本戦6位でシード権を取り戻した。「今季のチーム目標は3大駅伝すべて3位以内。特に全日本、箱根では勝負したい」と指揮官は意気込む。

 新潟・妙高高原で2回の合宿行うなど順調に練習を積んでいる。夏の強化期ではカーボンプレート入りの厚底シューズは一切、着用せず、地道に脚力を鍛えた。練習の前後には体の手入れを入念に行い、故障者はいない。「早大の選手は自分で考えられる力があります」と花田監督は目を細める。

 第1回箱根駅伝に出場した4校は「オリジナル4」と呼ばれる。その一校の早大は第100回大会で改めて存在感を示すことになりそうだ。(竹内 達朗)

【早大、名門復活へ目標「学生3大駅伝3位以内」花田勝彦監督「特に全日本、箱根では勝負したい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/05/02(火) 22:13:38.69 ID:iOinko2l9
早スポ
関東学生春季リーグ 4月30日 東京・国士舘大学多摩キャンパス体育館
2023.05.01
http://wasedasports.com/news/20230501_200155/

関東学生春季リーグ(春季リーグ)第4節、早大は日体大と対戦した。前半から早大が主導権を握る展開となり、堅い守備で日体大の得点を1桁に抑えて後半へ。前半の勢いそのままに後半中盤には点差を2桁まで広げる。しかし後半残り10分、日体大の猛攻を受け、点差は一気に2点差。日体大は速攻を仕掛け、さらなる追い上げを図るが、GK川村夏希(スポ4=東京・佼成学園女)がスーパーセーブを見せ、リードを死守。昨日に引き続き接戦を制し、リーグ戦2連勝を果たした。

序盤は一進一退の展開となったが、井橋萌奈(スポ1=東京・白梅学園)、村上楓(スポ4=福岡・明光学園)の連続得点で早大が一歩抜け出す。日体大はタイムアウトで流れを断ち切ろうとするが、青木里奈(スポ4=東京・白梅学園)と井橋のサイドシュートが光り、早大が勢いに乗る。さらに山野紗由(スポ2=北海道・釧路江南)が得意のロングシュートで連続得点。川村の好セーブから早大の攻撃につなげる場面もあり、早大は攻守において安定した試合運びを見せ、リードを維持する。前半終了間際に村上がペナルティースローを決め、前半を14ー9で折り返した。

後半は日体大に先制されたものの、堅い守備とサイド陣の得点で持ち直す。さらに村上の鋭いカットインからのシュートを皮切りに、山本桃虹(スポ3=東京・佼成学園女)、浦野詩織(スポ4=愛知・旭丘)が続けて得点。日体大もミドルシュートを決めて食い下がるが、早大が連続して速攻を成功させ、点差を2桁まで広げる。このまま早大がリードを広げ続けるかと思われたが、後半残り10分から日体大が怒涛(どとう)の追い上げを見せる。オフェンスが停滞する早大に対し、一気に得点を重ねる日体大。残り3分を切ったところで点差は2点に。早大はたまらずタイムアウトを要求する。タイムアウト明け、村上のシュートが阻まれると日体大がすかさず速攻を仕掛ける。このまま背中を捉えられるかというところで川村がスーパーセーブを見せ、流れを断ち切った。猛追を受けながらもリードを守り切った早大が接戦を制し、春季リーグ2連勝を飾った。

【<ハンドボール女子>日体大の猛追振り切り 春季リーグ2連勝!関東学生春季リーグ/早稲田】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/08(日) 17:21:26.97 ID:96DjwTwS9
全国大学ラグビー選手権決勝

帝京大(関東対抗戦1位)が早大(同3位)を73-20で破り、2大会連続11度目の優勝を決めた。岩出雅之前監督(64)から引き継いだ相馬朋和監督(45)は就任1年目で大学の頂点へ導いた。帝京大の73得点、53点差勝利、11トライは、2020年度の天理大55-28早大の55得点と8トライ、14年度の帝京大50-7筑波大の43点差を超え、いずれも決勝での最多を更新した。

前半開始早々、キックオフのこぼれ球を獲得した帝京大は、早大陣深くで連続攻撃。12フェーズ目で、ラックからのパスアウトを受けてSO高本幹也がタックルをかわし、先制トライを奪ったのが1分12秒だった。高本幹がゴールを決め、7-0とした。早大は12分、スクラムからSO伊藤大祐-CTB岡崎颯馬でクロスしてラックをつくり、パスアウトを受けた伊藤が内側のWTB槙瑛人へリターンパス。
タックルを振り切って中央に躍り込んだ。CTB吉村紘がゴールに成功して7-7に追いつくと、17分にはラインアウトからHO佐藤健次-SH宮尾昌典-CTB吉村紘とつないで、回り込んできた伊藤からWTB松下怜央へ長いパス。松下が走り切る連続トライで12-7と勝ち越した。帝京大は22分、早大ゴール前で15度にわたる連続攻撃。最後はFL青木恵斗がこじあけて中央に飛び込んだ。
27分にはラインアウトからの攻撃でNO・8延原秀飛が抜け出してトライ。前半終了間際にはキックカウンターからWTB高本とむがタックルを外して左隅にトライ。高本幹が全てのゴールに成功し、28-12と帝京大がリードして前半を終えた。

後半3分に早大は吉村がPGを決め、15-28に詰める。しかし帝京大は6分、早大ゴール前でSH李錦寿からパスを受けたPR上杉太郎がトライ。
さらに11分、中央付近で高本幹が上げたショートパントを自らキャッチ。ディフェンスをかわしてトライを追加した。18分には早大ボールのスクラムを一気に押し込み、あわてたパスをFL奥井章仁がインターセプトするトライで47-15と差を広げた。24分には交代出場したLOダアンジャロ・アスイ、30分にはWTB小村真也、35分には青木がこの日2本目のトライを追加し、60点台に乗せた。
39分に早大は自陣深くでインターセプトした槙の90メートル独走トライで5点を返したが、終了間際に高本幹のキックパスからFB戒田慶都のトライで帝京大が圧勝劇を締めくくった。

https://www.sanspo.com/article/20230108-FA6YRNCEXBFHXKBZA2W6LPAOUY/
サンスポ

【第59回大学ラグビー選手権・決勝 帝京大が歴史的猛攻でV2 73得点・53点差・11トライの〝トリプル最多〟で早大を圧倒!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/02(月) 14:15:41.23 ID:MOnsvIgv9
ラグビー大学選手権準決勝 早大34―33京産大 ( 2023年1月2日 東京・国立競技場 )


早大(関東大学対抗戦Aグループ3位)は関西王者の京産大に34―33で逆転勝利し、今月8日の決勝進出を決めた。決勝では帝京大―筑波大の勝者と対戦。3大会ぶり17度目の大学日本一を目指す。

早大は7点を追い掛ける前半26分、No・8村田陣悟(2年)のトライとゴールで同点に。4分後にはWTB槙瑛人(4年)のトライで勝ち越し、前半を17―13で終えた。

後半は開始直後のトライで逆転を許すも、6点を追い掛ける同14分にSH宮尾昌典(2年)のトライとゴールで再逆転。再びリードを許した後の同27分、左展開からSO伊藤大祐(3年)がステップを切って抜け出し逆転。終盤にはトライを許したものの、1点リードを守り切り、2大会ぶりの決勝進出を決めた。

スポニチ 2023年1月2日 14:10
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2023/01/02/kiji/20230102s00044000198000c.html

【第59回大学ラグビー選手権・準決勝 早大が3大会ぶり大学日本一に王手 早稲田34―33京産】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/25(日) 17:12:08.98 ID:wLHS3JPS9
スポニチ 2022年12月25日 13:13
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/12/25/kiji/20221225s00044000229000c.html

 ラグビー・第59回全国大学選手権準々決勝 ( 2022年12月25日 秩父宮 )

 早大(関東対抗戦3位)が明大(関東対抗戦2位)を27―21(前半13―14)で下し、2大会ぶりにベスト4入りした。早大は昨季準々決勝で明大に15―20で敗れた雪辱を果たし、来年1月2日の準決勝(国立)では京産大(関西1位)―慶大(関東対抗戦4位)の勝者と対戦する。明大が正月を越せずにシーズンを終えるのは6季ぶり。今月4日の関東大学対抗戦伝統の一戦、早明戦(国立)は35―21に勝っていたが、18、19、21年度に続いて「早明戦で勝つと大学選手権での再戦には勝てない」ジンクスにはまった。
 
 大学選手権初戦の明大は早明戦から先発を1人変更。脚を負傷した伊藤(3年)に代わり池戸(同)が入った。一方の早大は4人変更。フランカーの相良主将(4年)が負傷した11月の早慶戦以来の復帰を果たし、SOは伊藤(3年)が今季初先発し、早明戦はリザーブだったプロップ川崎(同)とフッカー安恒(2年)が先発した。先制したのは早大で、前半11分に敵陣での左展開でオーバラップをつくり、WTB松下(4年)が左隅へトライを決めた(7―0)。一方の明大は同16分に中央スクラムを押してコラプシングの反則を誘い、敵陣ゴール前でフェーズを重ねると、最後はCTB齊藤(同)がステップで3人をかわす個人技を見せてポスト右を陥れた(7―7)。

 お互いに細かいミスや反則が目立つ中、早大は敵陣で得た反則でPGを選択。前半28、30分とCTB吉村(同)が右中間から約50メートルを2本決めて13―7とリードした。だが、36分に左中間からの約40メートルPGを失敗。逆に明大は39分、相手反則でタッチを選び、ゴール前ラインアウトのモールからフッカー松下(3年)が抜け出して左中間へ飛び込み、14―13と逆転して折り返した。

 早大は後半開始からフッカー佐藤(2年)を投入するなど早めに選手を交代。自陣でのディフェンスで耐えると、前半は劣勢だったスクラムで2回続けて明大の反則を誘った。15分には敵陣でスクラムを選択して攻め、サイドを抜けた松下が中央へトライして20―14と再逆転。18分には自陣で相手パスをインターセプトしたSH宮尾(同)が70メートル以上を独走し、27―14とリードを広げた。明大もゴール前PKでスクラムを選択し続け、28分にペナルティートライで27―21と迫ったが、そこまでだった。

【第59回大学ラグビー選手権・準々決勝 早稲田27-21明治 “早明のジンクス”またも発動! 早大が明大に早明戦のリベンジで2大会ぶり4強】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/11(日) 13:44:25.93 ID:gYMtbTnh9
日刊スポーツ2022年12月11日13時31分
https://www.nikkansports.com/sports/photonews/photonews_nsInc_202212110000483-0.html

<ラグビー全国大学選手権:早大34-19東洋大>◇3回戦◇11日◇東京・秩父宮ラグビー場

 歴代最多16度の優勝を誇る早大(関東対抗3位)が初出場の東洋大(関東リーグ3位)を逆転で退け、初戦を突破した。

 前半15分にSH宮尾昌典(2年)がインターセプトから先制トライを決めるも、同39分に勝ち越しを許して7-12で折り返した。後半に入ると主導権を握り、17-19で迎えた同26分にWTB槇瑛人(4年)がトライを決めて試合をひっくり返し、その後リードを広げた。

 4回戦は25日に明大(関東対抗2位)と対戦する。

【第59回大学ラグビー選手権・3回戦 早大、初出場の東洋大に苦戦も逆転で初戦勝利 25日4回戦で明大と対戦/早稲田34-19東洋】の続きを読む

このページのトップヘ