SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

早大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 14:10:03.04 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月1日13時29分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205010000464.html

<東京6大学野球:東大6-6早大>◇第4週第2日◇1日◇神宮

東大はあと1球、あと1人で勝利を逃した。早大戦で、2試合連続の引き分けとなった。松岡泰希主将(4年=東京都市大付)は「しんどいですね。難しいなと思いました」と振り返った。

6-5で迎えた9回裏2死から同点とされ、プロ併用日のため引き分けで終了した。

投手陣は、継投で早大打線を抑えた。6回からは、前日に先発し155球で9回完投した井沢駿介投手(4年=札幌南)がマウンドへ。連投となったが、粘りを見せた井沢は「今日は勝てた試合だなと思っています。(連投の)準備はできていてた。打たれたのは、シンプルに自分の実力不足です。緊張感はなかった。詰めの甘さが出た」と話した。

第3戦以降の戦いに向けて、松岡は「みんなでなんとか粘って、終盤勝負に持ち込みたい」と見据えていた。

【東京6大学野球 東大あと1球、あと1人で勝利逃す「しんどい、難しい」早大と2戦連続引き分け/東京大6-6早稲田大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 19:42:32.39 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年4月25日 17:20
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/25/kiji/20220425s00001089416000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第3週最終日 3回戦 明大3―2早大 ( 2022年4月25日神宮 )

明大がわずか3安打で早大に競り勝ち、勝ち点2を挙げた。

3回、四球の上田希由翔(3年=愛産大三河)を一塁に置き、3番宗山塁(2年=広陵)が早大の左腕・斎藤正貴(3年=佐倉)の変化球を右中間へ今季2号。開幕して5試合で打点11、打率は・556と現在2冠の左打者はチームに貴重な先制点をもたらした。投げては5回から救援した村田賢一(3年=春日部共栄)が5イニングを1失点に抑え、連投ながら勝利に貢献した。

「きのう僕で負けているので、絶対勝つんだという気持ちで投げてました。接戦で競り勝てたのは自信になります」村田は汗を拭いながら笑顔で話した。宗山も「楽に勝てる試合は1つもない。接戦でも勝てるような練習をしてきたつもり。ワセダには昨年秋にやられているから、勝ててよかった」と端正なマスクをほころばせた。これで4勝1敗の勝ち点2。4勝1分、勝ち点2の慶大を追う位置にいる。投手陣に不安は残るが、蒔田稔(3年=九州学院)&村田の3年生コンビが成長。投手で勝てた1勝の意味は大きい。

【東京六大学野球 明治大3-2早稲田大 明大わずか3安打で早大討ち、勝ち点2 宗山「接戦でも勝てるような練習をしてきた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 14:07:54.67 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月24日13時37分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204240000469.html

<東京6大学野球:早大2-1明大>◇第3週第2日◇24日◇神宮

明大が今季4戦目にして初黒星を喫した。

1点を追う9回裏2死一、二塁。ここで明新大地外野手(4年=明大中野)に三遊間を破る安打が飛び出したが、二塁走者の代走日置航外野手(4年=日大三)が本塁寸前でアウトになった。

同点になるはずが一瞬にして試合終了。田中武宏監督(61)は「ストライク送球ですからねえ。三塁コーチも責められない。ウチにあれ以上速い走者はいない。うーん、リードが小さかったかなあ」と悔しそうに振り返っていた。

【東京6大学野球 明大が初黒星、1点追う9回に明新大地安打、代走日置航が本塁寸前アウトで幕/早稲田2-1明治】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 17:26:33.95 ID:CAP_USER9
サンスポ
2022/04/23 17:14
https://www.sanspo.com/article/20220423-GCQRTAKKONNETOJMOKTOLSDUZ4/

(明大5―2早大、23日、神宮)早大は四回に追いついたが、その後、バント処理で悪送球など守備の乱れも出て、六回からは無安打で追い上げられなかった。

小宮山悟監督は「先発の斎藤正(6回4失点)には、最後まで投げてもらう投手になってほしいと思っている。情けない(バント処理の悪送球など)エラーを何とかしないと。きょうから怒涛の8連勝だと、来る前にいっていたのだが、響いているのかどうか…」と渋い顔だった。

【東京六大学野球 早大は明大に敗れる 小宮山監督「きょうから怒涛の8連勝だといっていたのだが…」明治大5-2早稲田大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/22(金) 21:59:17.47 ID:CAP_USER9
早稲田大学競技スポーツセンター
2022年4月22日 19:00
http://wasedasports.com/news/20220422_167830/

東京六大学野球春季リーグ戦(リーグ戦)は第3週を迎える。早大は開幕の法大戦に2連敗し、令和2年秋以来の優勝へ、もう負けられない状況だ。明日から明大との戦いが始まる。初戦である先週の東大戦を、2戦連続の2桁得点で圧倒的な勝利を飾っている明大。投打ともに隙のないチームに、いかに勝機を見出すか。

明大は、リーグ戦通算11勝を挙げた絶対的エースの竹田祐(現三菱重工West)が卒業するも、次世代投手の台頭が見られる。先発は東大戦同様、蒔田稔(3年)、村田賢一(3年)の3年生コンビが予想される。蒔田は昨秋神宮デビューし、先週の東大戦で初勝利を挙げた。村田は1年時から神宮のマウンドに上がっており、東大戦で第2先発すると、テンポの良い投球で5回2安打無失点の好成績を残している。今季のチーム防御率は1.00と現在リーグトップ。打ち崩すのは容易ではない。

初戦の法大戦で好投した加藤の投球に注目だ

また、防御率同様チーム打率もここまで.395と、リーグトップの成績だ。特に注意したいのは1年生ながら今季6番・右翼でスタメン出場している瀬千皓(1年)。3月末に行われた社会人対抗戦では4番に座り、リーグ戦でもその存在感を高めている期待のスラッガーだ。先週のリーグ戦初打席では、カウント1-1から軽々と左翼スタンド中段への2ラン本塁打を放っている。3番・遊撃の宗山塁(2年)にも油断がならない。昨秋は満票でベストナインに選ばれており、その実力は折り紙付きだ。今季は9打数6安打、すでに本塁打も1本飛び出しており、強打の明大をけん引している。

対する早大は二枚看板である徳山壮磨(令4スポ卒=現横浜DeNAベイスターズ)、西垣雅矢(令4スポ卒=現東北楽天ゴールデンイーグルス)が卒業し、いまだ投手陣の柱は定まっていない。しかし光明は差し始めている。開幕の法大戦で第1先発を務めた齋藤正貴(商3=千葉・佐倉)は走者を背負い苦しい場面を何度か迎えたが、粘りの投球を見せた。第2先発を務めた加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)も、6回に同点に追いつかれてしまったものの、4回までは直球で押しカウントを有利に進め、無安打無失点に抑える好投を続けていた。伊藤大征(社3=東京・早実)や、中森光希(文構2=大阪・明星)など、若い世代の中継ぎも健闘している。

チームに勢いを作るためにもリードオフマンの熊田にかかる期待は大きい

打撃においても、2試合11安打と安打が出ていない訳ではない。昨年度不振に陥った遊撃熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)はコンスタントに安打を放っており、調子が上がってきていることは確かだ。今春からスタメンに定着した生沼弥真人(教3=東京・早実)も、リーグ戦初の打点を挙げるなど、早大の打線を支えている。春季オープン戦で好調の吉納翼(愛知・東邦)や、昨秋は出場機会のなかった野村健太(スポ3=山梨・山梨学院)にも安打が出ており、けして打線が湿り切っているわけではない。課題は打線のつながりだ。強力な投手擁する明大相手に、1本の安打をどれだけ大切につなげられるかどうかに今季初の勝利がかかっている。

開幕カード2連敗とはいえ、まだリーグ戦は始まったばかりだ。昨秋も開幕の立大戦では2連敗するも、早慶戦では優勝争いにまで持ち込んだ。明大から勝ち星をもぎ取り、賜杯への望みをつなぎたい。

(記事 荒井結月、写真 臼井恭香、玉置理沙子)

【【早稲田大学】打線をつなぎ、投打ともに隙のない明大を打ち破れ/明大戦展望】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/10(日) 14:11:54.16 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月9日18時36分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204090000964.html
<東京6大学野球:法大4-1早大>◇第1週第1日◇9日◇神宮

早大には応援団を欠く開幕戦になった。

前日、関係者に新型コロナウイルスの陽性者が出たため、大事をとっての対応となった。相手の法大応援団が早大の応援歌「紺碧の空」を演奏するなど、友情応援の場面もあった。試合後、早大ナインは法大応援団に向かって深々と頭を下げた。小宮山悟監督(56)は「アシストしていただいたので、感謝を伝えた」と話した。

【東京6大学野球 応援団欠く早大に法大が友情応援で「紺碧の空」演奏 小宮山監督も感謝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/09(土) 22:45:55.23 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月9日21時11分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204090001184.html

<東京6大学野球:法大4-1早大>◇第1週第1日◇9日◇神宮

3年ぶりに2戦先勝による勝ち点制が復活したシーズンが開幕した。法大は篠木健太郎投手(2年=木更津総合)が14奪三振、145球で初完投。“新エース”の快投で早大に4-1で先勝した。

3連覇を狙う慶大は、リーグ戦初出場の宮崎恭輔捕手(3年=国学院久我山)が初打席で勝ち越し3ランを放ち、東大に逆転勝ちを決めた。

   ◇   ◇   ◇

篠木の堂々とした振る舞いは、まさにエースのそれだった。6回1死、打席には早大のドラフト候補、蛭間拓哉外野手(4年=浦和学院)。フルカウントから村上喬一朗捕手(4年=東福岡)のサインに小さく首を振った。自ら選んだチェンジアップで空振り三振。「僕が正面から見たフィーリングと(サインが)合っていなかった。(蛭間は)早大で一番いい打者なので、自分が首を振ることで、打者も考えると思うので」という冷静な策も見事にはまった。直球は最速153キロをマーク。キレのあるカットボールとチェンジアップを交えてリーグ戦初完投を決め「自分の感覚もよかった。試合を通じて楽しめた」と振り返った。

1週間前に、加藤重雄監督(65)から「いくぞ」と開幕投手を告げられた。重責だが「楽しみで、早く今日にならないかなと待ってました」という強心臓の持ち主だ。試合後に握手をかわした加藤監督は「耐えられる18番ができた」とエースの誕生を喜んだ。鮮烈な印象を残したが、篠木は「まだ初戦。チームのリーグ優勝、日本一へ与えられた役割を全うしたい」と、しっかりと次を見据えていた。【保坂恭子】

◆篠木健太郎(しのぎ・けんたろう)2002年(平14)5月7日、群馬県出身。小3から野球を始め、明和中では館林ボーイズに所属。木更津総合では1年春からベンチ入り。夏の甲子園3回戦の下関国際戦に抑えで登板した。2年夏から背番号1。法大では1年秋からリーグ戦出場。尊敬する人はDeNA三浦銀二。右投げ左打ち。177センチ、75キロ。

【東京6大学野球 法大に“新エース”誕生 2年篠木健太郎が1失点完投14K、最速153キロ/法大4-1早大】の続きを読む

このページのトップヘ