SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

明大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 19:50:31.49 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年6月2日16時43分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206020000639.html

<東京6大学野球フレッシュトーナメント:法大8-5明大>◇順位決定トーナメント◇2日◇神宮

法大が逃げ切って優勝し、春のフレッシュトーナメント2連覇を達成した。

9回2死二塁で、最後の打者を吉鶴翔瑛投手(2年=木更津総合)が一ゴロに仕留めると、ベンチからチームメートが一気にかけよりマウンドに輪ができた。先発した山城航太郎投手(2年=福岡大大濠)は「自分たちの代にとっては、いいスタートが切れたと思うので、よかったです」と話した。

山城は、毎回のように走者を背負いながらも粘り強く投げて6回まで無失点に抑えた。

しかし7-0でコールド勝ちが見えた7回、味方の失策もからみ連打を許し1死二、三塁で降板。6回1/3を被安打7の4失点(自責0)だった。「四球を出しながらも粘ることができたと思う。コールドがかかった場面で、気が抜けたように後味が悪くなってしまった」と反省していた。

中津大和内野手(2年)が、1番打者として存在感を発揮した。3回1死二塁、左中間を破る適時二塁打で1点を先制。

6回には2死から内角のスライダーをとらえて右翼席へ神宮では初となるソロ本塁打で追加点を挙げた。「1球でとらえられるようにと思っていた。ちょっと詰まったけど、風があったので助けられました」と笑顔を見せた。

内野手登録ながら、今春リーグ戦にも外野手で4試合出場。外野の練習も積んでおり、秋季リーグ戦に向けて「春は悔しい思いをしたので、150キロを超える投手の球をどう打つかという課題に取り組みたい」と話した。

【東京六大学野球新人戦 法大フレッシュトーナメント2連覇 先発の山城航太郎は自責0も反省「後味が悪くなって」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 21:35:39.96 ID:CAP_USER9
毎日新聞最終更新 5/29 21:25
https://mainichi.jp/articles/20220529/k00/00m/050/183000c

 東京六大学野球の春季リーグは29日、全日程が終了し、明大の宗山塁内野手(2年・広陵)が打率4割2分9厘(56打数24安打)で首位打者賞を獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。

 2年生ながら首位打者とベストナインに輝き、6季ぶりのリーグ優勝に貢献。それでも表情を緩めずに「簡単に終わってしまう打席があった」と反省を口にする完璧主義者が、明大の宗山だ。

 広陵高(広島)では1年夏(2018年)と2年春(19年)に甲子園の土を踏んだ。明大では1年春から主力としてプレーし、昨秋にはベストナイン(遊撃手)に選出された。

 「昨季、自分ができないことが浮き彫りになった」といい、今季は苦手なコースや球種を一つ一つ克服するために練習時間を割いた。

 グラウンド外でのコンディション作りへの意識も高めた。就寝や起床の時間を一定に保ち、練習後と試合後には体のケアに努めるなど日々のルーティンを徹底した。相手投手に関わらず広角に打球を打ち分けられるのは、「いつも同じ流れで打席に入っていけるから」と言い切る。

 今後の目標は「率を残せて長打力もあって、勝負強く相手から嫌がられ、チームを救える選手になること」。宗山の向上心が尽きることはない。【森野俊】

【東京六大学野球 明大・宗山塁に首位打者賞「チーム救う選手に」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/23(月) 16:26:09.41 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/23 16:21
https://www.sanspo.com/article/20220523-4ORFWJPZURLQZABGVNCPMMMETA/

東京六大学野球春季リーグ第7週第3日は23日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が立大に延長十一回、1―0でサヨナラ勝ちし、2勝1分けで勝ち点を5として6季ぶり41度目の優勝を決めた。10勝3敗2分けで全5校から勝ち点を挙げる完全優勝を達成。

優勝を逃した立大は6勝4敗2分けの勝ち点3で全日程を終えた。

【東京六大学野球 明治大が6季ぶり41度目V 完全優勝 立教大に延長サヨナラ勝ち/明大1-0立教(延長11回)】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 16:53:11.64 ID:CAP_USER9
スポーツ報知2022年5月17日 16時25分
https://hochi.news/articles/20220517-OHT1T51115.html

◆東京六大学野球春季リーグ戦第6週第3日▽明大12―7慶大(17日・神宮)

 昨年の春秋覇者・慶大は、1勝1敗で迎えた明大3回戦で2ケタ失点。後半の反撃も及ばなかった。4カードを終えて勝ち点は2のままで、優勝の可能性が消滅した。

 先発のエース・増居翔太投手(4年=彦根東)は、1回表に1点を失い、3回表には4安打を浴びて3失点。試合を作ることが出来ず、3イニングで降板した。その後も明大に得点を許し、5回終了時で1―10。7、8回に3点ずつ返したが、前半の失点が大きすぎた。

 「選手には『優勝は結果。対抗戦の一試合、一試合をしっかりやっていこう』と話してきたが、結果として力及ばなかった」と堀井哲也監督。下山悠介主将(4年=慶応)は「リーグ優勝を目指してきた。可能性が消えたのは、率直に悔しい」と話した。

 優勝争いは、勝ち点を4に伸ばした明大と勝ち点3の2位・立大に絞られ、次週の直接対決で勝ち点を挙げた方が優勝となる。

【東京六大学野球 慶大が明大3回戦に敗れ3季連続Vが消滅 堀井哲也監督「力及ばなかった」明治12―7慶應義塾大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 15:20:48.87 ID:CAP_USER9
スポニチ 2022年5月16日 11:53
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/kiji/20220516s00001089266000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第6週の慶大―明大3回戦は雨天のため17日正午からに順延となった。

今季3年ぶりに勝ち点制に戻ったリーグ戦。明大は先週の法大戦で4回戦の末勝ち点を挙げ、今回は慶大と1勝1敗。9日間で6試合を消化している。ここ2年間はコロナ禍で1試合総当たりや、2試合で9回打ち切りなど3回戦はなかった。3年生以下は初めての経験となる。

東大戦以外はすべて3回戦以上に進む展開に、慶大2回戦後、田中監督は「村田ら蓄積疲労があったけど、いけるところまで投げてくれた」と頑張りを称えた。そして「直井や堀内ら細身の選手は3キロは痩せたね。(勝ち点制は)経験がないからね」と直井をベンチから外した。

慶大初戦で負け投手になった蒔田も疲労からストレートが走らず苦しい投球となった。この日の雨天順延で中2日となり、どれだけ回復できているか。3回戦を落とせば負け数が多く、ほぼ優勝戦線から脱落となる明大。慶大も負ければ3連覇が消滅する大一番。慶大・堀井監督と田中監督は同期生。お互い負けられない意地のぶつかり合いとなる。

<6大学の日程>
8週間で行われるリーグ戦。早慶戦が最終週に固定されているため、開幕週に早慶が出た場合、両校は8週間で5カード。空き週が3回ある。一方、今季のように開幕週に試合のない立大、明大は6週間で5カードを戦い空き週は1回のみ。2、3週目を戦い、5~7週と3カードの連戦となる。明大の田中監督は「終盤に法大、慶大、立大と続くから厳しい戦いになるのはわかっていた」と想定通りを強調していた。ちなみに19年春に優勝した明大は同じ日程だった。

【東京六大学野球 明大は9日間で6試合 雨天順延は恵みの雨となるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/15(日) 18:55:16.19 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月15日17時40分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205150000917.html

<東京6大学野球:明大2-0慶大>◇第6週第2日◇15日◇神宮

優勝を争うカードで、明大が接戦を制し、1勝1敗で第3戦に持ち込んだ。

リーグ優勝した19年春以来、11戦ぶりに慶大に勝利。田中武宏監督(61)は「試合が終わって、ベンチで『やっと勝てたね』と話しました。(勝てていない)意識はなかった。去年もあと1歩で(敗因は)自分のせいだと思っていました」と振り返った。

先発の村田賢一投手(3年=春日部共栄)は、低めを丁寧に突く投球で3回まで慶大の強力打線を無安打に抑え、流れを引き寄せた。

2-0で迎えた7回は1死満塁のピンチを迎えるが、慶大の代打・本間颯太朗捕手(2年=慶応)を直球で投ゴロ併殺に打ち取り、右手で大きくガッツポーズ。自己最長タイとなる7回を被安打4の無失点、95球でリーグトップの4勝目を挙げた。「いつも力んでしまうけど、相手がいい打者なので、コースに低めに徹底して投げることができたのがよかった」と話した。

8回からは高山陽成投手(4年=作新学院)が好救援し、2回を無失点に抑えて0封リレー。

0-0で迎えた3回1死三塁、宗山塁内野手(2年=広陵)の右前打で先制。宗山は「4年生が作ってくれたチャンスは、絶対にものにしないといけないと思った。チームで『先制して流れを持ってこよう』と話していたので、よかったです」と明かした。

【東京6大学野球 明大2019年春以来11戦ぶりに慶大に勝利 村田賢一トップ4勝目「低めに徹底して投げられた」明治大2-0慶應大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 21:02:47.55 ID:CAP_USER9
東京六大学春季リーグ第5週第4日(明大6―5法大、10日、神宮)明大が法大に競り勝って2勝1敗1分けとし、勝ち点を3に伸ばして単独首位に立った。法大は勝ち点2のまま。

明大ナインの雄たけびが、神宮球場に響き渡った。黒星スタートの苦しい4連戦を粘り強く戦い抜き、単独首位に浮上した。五回に勝ち越し打を放った堀内祐我内野手(3年)は「監督の『打て』の合図が自分のときだけ強いような感じがした。食らいついていきました」と声を弾ませた。

12安打6得点。連投で投手陣が5失点と苦しむ中、打線が奮闘してつかんだ1勝は「夢」も味方していた。今季初スタメンで、五回に貴重な追加点となる適時三塁打をマークした長南佳洋(ちょうなん・よしひろ)外野手(4年)の起用理由について、田中武宏監督(61)は「夢に出てきたので、出してみようかなと思った」と説明。期待に応える活躍だった。

次カードは3季連続優勝を狙う慶大とぶつかる。「慶応の方が上だと思っている。慶応を引きずり下ろすつもりでいく」と指揮官。2019年春以来6季ぶりの優勝へ、猪突猛進する。(武田千怜)

サンスポ2022/05/10 20:33
https://www.sanspo.com/article/20220510-IDUWVRE4NBMAHCHAYCFGSRI53A/

【東京六大学野球 明大が単独首位 田中監督の夢に出てきた選手起用がズバリ 長南佳洋が貴重な適時三塁打/明治大6―5法政大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 16:41:00.84 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/09 16:29
https://www.sanspo.com/article/20220509-UYJMTGJUFRLMTNSLTDEGTMCVHU/

東京六大学野球春季リーグ第5週第3日(法大0―2明大、9日、神宮)明大が1勝1敗1分けのタイに持ち込んだ。1回戦に先発した右腕・蒔田稔投手(3年、九州学院)が、3安打で初完封(2四球9奪三振)し、今季3勝目を挙げた。打線は三回、1死二、三塁で3番・宗山塁内野手(2年、広陵)が申告敬遠で1死満塁となったところで、4番・上田希由翔内野手(3年、愛産大三河)が中前に先制で決勝の2点打を放った。

蒔田は「1回戦で負けて準備してきた。気を抜かないように、ギアを入れ、コントロールミスをしないように投げた。バリー・ボンズのバットを2万4000円で買って、そのバットできょうは打てた」という。三回先頭では右前打で出塁し、先制のホームイン。早大1回戦(4月23日)の初完投から、初完封に好打の秘密を打ち明けるほど笑顔が弾けた。

田中武宏監督は「蒔田は不器用だけど、覚えたら忘れない。日々の積み重ね」と快投を称えた。

【東京六大学野球 明大が1勝1敗1分けのタイに 蒔田稔が3安打で初完封「1回戦で負けて準備してきた」法政大学0-2明治大学】の続きを読む

このページのトップヘ