SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

明大

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 18:42:43.43 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ[2022年5月8日18時16分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205080001064.html

<東京6大学野球:法大2-2明大>◇第5週第2日◇8日◇神宮

明大は9回2死から2点差を追いつき、延長戦の末、引き分けに持ち込んだ。

2点を追う9回2死二塁。上田希由翔(きゅうと)内野手(3年=愛知産大三河)の適時二塁打で1点を返した。なお2死二塁で、山田陸人内野手(4年=桐光学園)がカウント0-2と追い込まれてからの低めのチェンジアップにうまく合わせて左前打。土壇場で同点に追いついた。

山田陸は4番を任されていたが、この日は6番でスタメン。「結果が出ていないので、当然のこと。チームの勝利に近づけるように集中していきたい。明日勝って、明後日も勝ちきって、明治らしい野球をしたい」と引き締めた。

延長12回を戦って2-2の引き分け。田中武宏監督(61)は「ウチはこういう展開が多い。選手には、先輩がこういう試合をやってきたと伝えているので、少し近づいたかなと思う」と粘り強さを評価した。打者陣は、バットを短く持ってコンパクトに振る意識を徹底しており「全員が同じ方向を向くためにも、昨日長く(バットを)持っていた上田も短く持って練習をして打てたので、本人も納得していると思う」と意図を明かした。

【東京6大学野球 明大が法大と引き分け「明治らしい野球を」山田陸人が同点打/法政2-2明治】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 18:43:54.87 ID:CAP_USER9
日刊
2022年5月7日15時37分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205070000523.html

<東京6大学野球:法大3-1明大>◇第5週第1日◇7日◇神宮

首位の明大が今季3カード目にして初めて初戦を落とした。

1回に犠飛で1点を先制しながら追加点が奪えない。6回まで毎回走者を出しながら、あと一押しができなかった。好投していた蒔田稔投手(3年=九州学院)が6回に同点本塁打を浴び、リリーフ陣も踏ん張れず逆転負けした。

田中武宏監督(61)は「クリーンアップがあれじゃ」と、3人で10打数1安打に終わった主軸の不振を嘆いた。また四球をきっかけに決勝点、追加点を許したリリーフ陣について「何をおびえているのか、追い上げの気持ちがなくなる」と厳しかった。

現時点(7日)で勝ち点を落としていないのは明大だけ。同監督は「どことやっても1点差。首位の意識はないです。明日、どうやるかです」と2回戦での巻き返しを誓った。

【東京6大学野球 明大、今季3カード目で初の初戦黒星 田中武宏監督「クリーンアップがあれじゃ」法政3-1明治】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 19:42:32.39 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年4月25日 17:20
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/25/kiji/20220425s00001089416000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第3週最終日 3回戦 明大3―2早大 ( 2022年4月25日神宮 )

明大がわずか3安打で早大に競り勝ち、勝ち点2を挙げた。

3回、四球の上田希由翔(3年=愛産大三河)を一塁に置き、3番宗山塁(2年=広陵)が早大の左腕・斎藤正貴(3年=佐倉)の変化球を右中間へ今季2号。開幕して5試合で打点11、打率は・556と現在2冠の左打者はチームに貴重な先制点をもたらした。投げては5回から救援した村田賢一(3年=春日部共栄)が5イニングを1失点に抑え、連投ながら勝利に貢献した。

「きのう僕で負けているので、絶対勝つんだという気持ちで投げてました。接戦で競り勝てたのは自信になります」村田は汗を拭いながら笑顔で話した。宗山も「楽に勝てる試合は1つもない。接戦でも勝てるような練習をしてきたつもり。ワセダには昨年秋にやられているから、勝ててよかった」と端正なマスクをほころばせた。これで4勝1敗の勝ち点2。4勝1分、勝ち点2の慶大を追う位置にいる。投手陣に不安は残るが、蒔田稔(3年=九州学院)&村田の3年生コンビが成長。投手で勝てた1勝の意味は大きい。

【東京六大学野球 明治大3-2早稲田大 明大わずか3安打で早大討ち、勝ち点2 宗山「接戦でも勝てるような練習をしてきた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 14:07:54.67 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月24日13時37分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204240000469.html

<東京6大学野球:早大2-1明大>◇第3週第2日◇24日◇神宮

明大が今季4戦目にして初黒星を喫した。

1点を追う9回裏2死一、二塁。ここで明新大地外野手(4年=明大中野)に三遊間を破る安打が飛び出したが、二塁走者の代走日置航外野手(4年=日大三)が本塁寸前でアウトになった。

同点になるはずが一瞬にして試合終了。田中武宏監督(61)は「ストライク送球ですからねえ。三塁コーチも責められない。ウチにあれ以上速い走者はいない。うーん、リードが小さかったかなあ」と悔しそうに振り返っていた。

【東京6大学野球 明大が初黒星、1点追う9回に明新大地安打、代走日置航が本塁寸前アウトで幕/早稲田2-1明治】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 17:26:33.95 ID:CAP_USER9
サンスポ
2022/04/23 17:14
https://www.sanspo.com/article/20220423-GCQRTAKKONNETOJMOKTOLSDUZ4/

(明大5―2早大、23日、神宮)早大は四回に追いついたが、その後、バント処理で悪送球など守備の乱れも出て、六回からは無安打で追い上げられなかった。

小宮山悟監督は「先発の斎藤正(6回4失点)には、最後まで投げてもらう投手になってほしいと思っている。情けない(バント処理の悪送球など)エラーを何とかしないと。きょうから怒涛の8連勝だと、来る前にいっていたのだが、響いているのかどうか…」と渋い顔だった。

【東京六大学野球 早大は明大に敗れる 小宮山監督「きょうから怒涛の8連勝だといっていたのだが…」明治大5-2早稲田大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/22(金) 21:59:17.47 ID:CAP_USER9
早稲田大学競技スポーツセンター
2022年4月22日 19:00
http://wasedasports.com/news/20220422_167830/

東京六大学野球春季リーグ戦(リーグ戦)は第3週を迎える。早大は開幕の法大戦に2連敗し、令和2年秋以来の優勝へ、もう負けられない状況だ。明日から明大との戦いが始まる。初戦である先週の東大戦を、2戦連続の2桁得点で圧倒的な勝利を飾っている明大。投打ともに隙のないチームに、いかに勝機を見出すか。

明大は、リーグ戦通算11勝を挙げた絶対的エースの竹田祐(現三菱重工West)が卒業するも、次世代投手の台頭が見られる。先発は東大戦同様、蒔田稔(3年)、村田賢一(3年)の3年生コンビが予想される。蒔田は昨秋神宮デビューし、先週の東大戦で初勝利を挙げた。村田は1年時から神宮のマウンドに上がっており、東大戦で第2先発すると、テンポの良い投球で5回2安打無失点の好成績を残している。今季のチーム防御率は1.00と現在リーグトップ。打ち崩すのは容易ではない。

初戦の法大戦で好投した加藤の投球に注目だ

また、防御率同様チーム打率もここまで.395と、リーグトップの成績だ。特に注意したいのは1年生ながら今季6番・右翼でスタメン出場している瀬千皓(1年)。3月末に行われた社会人対抗戦では4番に座り、リーグ戦でもその存在感を高めている期待のスラッガーだ。先週のリーグ戦初打席では、カウント1-1から軽々と左翼スタンド中段への2ラン本塁打を放っている。3番・遊撃の宗山塁(2年)にも油断がならない。昨秋は満票でベストナインに選ばれており、その実力は折り紙付きだ。今季は9打数6安打、すでに本塁打も1本飛び出しており、強打の明大をけん引している。

対する早大は二枚看板である徳山壮磨(令4スポ卒=現横浜DeNAベイスターズ)、西垣雅矢(令4スポ卒=現東北楽天ゴールデンイーグルス)が卒業し、いまだ投手陣の柱は定まっていない。しかし光明は差し始めている。開幕の法大戦で第1先発を務めた齋藤正貴(商3=千葉・佐倉)は走者を背負い苦しい場面を何度か迎えたが、粘りの投球を見せた。第2先発を務めた加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)も、6回に同点に追いつかれてしまったものの、4回までは直球で押しカウントを有利に進め、無安打無失点に抑える好投を続けていた。伊藤大征(社3=東京・早実)や、中森光希(文構2=大阪・明星)など、若い世代の中継ぎも健闘している。

チームに勢いを作るためにもリードオフマンの熊田にかかる期待は大きい

打撃においても、2試合11安打と安打が出ていない訳ではない。昨年度不振に陥った遊撃熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)はコンスタントに安打を放っており、調子が上がってきていることは確かだ。今春からスタメンに定着した生沼弥真人(教3=東京・早実)も、リーグ戦初の打点を挙げるなど、早大の打線を支えている。春季オープン戦で好調の吉納翼(愛知・東邦)や、昨秋は出場機会のなかった野村健太(スポ3=山梨・山梨学院)にも安打が出ており、けして打線が湿り切っているわけではない。課題は打線のつながりだ。強力な投手擁する明大相手に、1本の安打をどれだけ大切につなげられるかどうかに今季初の勝利がかかっている。

開幕カード2連敗とはいえ、まだリーグ戦は始まったばかりだ。昨秋も開幕の立大戦では2連敗するも、早慶戦では優勝争いにまで持ち込んだ。明大から勝ち星をもぎ取り、賜杯への望みをつなぎたい。

(記事 荒井結月、写真 臼井恭香、玉置理沙子)

【【早稲田大学】打線をつなぎ、投打ともに隙のない明大を打ち破れ/明大戦展望】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 19:15:09.85 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月17日18時12分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204170000928.html

<東京6大学野球:明大16-1東大>◇第2週最終日◇17日◇神宮

明大が東大に大勝し、連勝で勝ち点1をつかんだ。打線は20安打を放ち、16点を挙げた。田中武宏監督(61)は「ノックから試合の入りがダメで、かなり怒りました。昨日は(開幕戦で)緊張感があったが、今日は悪い意味でダレていた」と勝利にも表情は厳しかった。

2回に小池悠平内野手(4年=前橋育英)、西川黎外野手(3年=履正社)の連続三塁打を含む5安打で5点を先制。

3回は8者連続出塁など打者一巡の猛攻で6点を追加した。

「3番遊撃」でスタメン出場した宗山塁内野手(2年=広陵)は、第1打席で中前打。2回に2死二塁で左前適時打。3回2死満塁で二塁打を放ち、5回無死一、三塁で中前適時打と、5打点を挙げた。16日の東大戦から6連続安打をマークしていたが「気にしていませんでした」と笑顔。「次の打者につなぐ気持ちが、結果としてヒットになっていると思う」と話した。

▽東大・井手峻監督(先発がつかまり大敗、開幕から4連敗) 制球のいい投手を出したら四球は抑えたが、連打になる。球威のある(エース)井沢、西山にしっかりしてもらわないと。接戦に持ち込めるよう頑張ります

【東京6大学野球 明治大学が東京大学に大勝も「今日は悪い意味でダレていた」田中監督表情厳し/明大16-1東大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/16(土) 22:01:06.45 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月16日20時3分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204160000437.html

<東京6大学野球:明大12-1東大>◇第2週第1日◇16日◇神宮

明大の瀬千皓(せ・ちひろ)外野手(1年=天理)が今季初戦に「6番・右翼手」でスタメン出場し、初打席で2ランを放った。

「緊張していたけど、1年生らしいプレーができればいいと思っていた。結果が出てよかったです」と笑顔を見せた。

トレードマークのめがね姿で打席へ。1回1死一塁、カウント1-1から東大の先発・井沢駿介投手(4年=札幌南)の3球目をとらえて、左翼スタンドへ運んだ。笑顔を見せながらダイヤモンドを1周し、ベンチでは先輩たちから手荒な祝福を受けた。「(球種は)あんまり覚えていない。気持ちよかったです」と振り勝った。

天理では、エースの達孝太投手(現日本ハム)を擁し、昨春のセンバツ4強入り。瀬は4番として打線をけん引した。甲子園に立った際と比べて「同じくらい緊張しました」と明かした。

1年生の打撃に、田中武宏監督(61)は「見事な対応力だった。本当は4番を打たせたいくらい」と高評価。瀬は「これから4番を任せられるように、頑張ります」と力強かった。

◆東京6大学の初打席本塁打 明大・瀬の初打席本塁打はリーグ30人目。上級生や代打での本塁打が多く、開幕カードの1年生となると、07年春、慶大・青山寛史が立大戦で放って以来。ただ2回戦で、7回の代打出場だった。先発出場の初打席本塁打は瀬がリーグ初になる。今季は初打席本塁打が多く、早くも3本目。第1週では慶大・宮崎恭輔(3年)、早大・島川叶夢(3年)が放っている。

【東京6大学野球 明大の1年生、天理出身の瀬千皓「気持ちよかった」リーグ戦初打席で2ラン/明大12-1東大】の続きを読む

このページのトップヘ