SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

明治大学

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/03(日) 19:03:41.60 ID:CAP_USER9
SPAIA2022 7/3 06:00
https://spaia.jp/column/student/baseball/18326

■ソフトボール部兼任と合わせて部員21人でスタート
神奈川県に所在する明治大学生田キャンパス。緑豊かな多摩丘陵の高台にあるグラウンドで、今春創設されたばかりの女子硬式野球クラブが週3日、活動を行っている。

部員は12名、ソフトボール部との兼任を合わせると21名いるが、平日は授業との兼ね合いで練習に集まるのは数名程度。男子の生田硬式野球部の練習に混ざりながら、打撃練習や守備練習などで汗を流す。

元々は生田硬式野球部にマネージャーとして入部した仲ひよりさん(1年)は「面白そうだったから」と体験入部。野球は未経験ながら、左打席から快音を響かせる。川嶋亜莉沙さん(1年)は「SNSで(女子硬式野球クラブの創設を)見かけたから」と入部を決めた。こちらも野球をやるのは始めてだが、二塁のポジションで軽快にノックを受ける。ソフトボール部と兼任で「どちらもやりたいです」と意欲を語った。

■藤崎匠生監督「勝ち負けじゃない部分を大切にしてやりたい」
クラブを立ち上げた藤崎匠生監督(24)は、硬式球を追う女子部員の姿を笑顔で見つめる。「野球をやったことのない素人の子が大学で野球を始めるということがうれしいです。このクラブを作った目的は勝つとかじゃない。まずは勝ち負けじゃない部分を大切にしてやりたいな、と思います」

自身も明治大学の1年生として、生田硬式野球部に所属しながら女子硬式野球クラブの監督を兼任し、部員のサポートを行っている。

藤崎監督は高知中央高校で主に外野手としてプレー。卒業後は地元の高知県などで消防士として働いていたが、2019年、母校が女子硬式野球部を立ち上げ、恩師だった西内友広さんの監督就任に伴い、外部コーチに就任した。

「ビックリしましたね。バッティングはどうしても男子に劣るんですけど、守備が本当に上手でした」。それからは仕事と両立する形で本気で部員と向き合い、自身の技術や経験を伝えてきた。

■高知中央高外部コーチ時代の甲子園準優勝が転機
高知中央は創部3年目の2021年8月23日、史上初めて甲子園で行われた全国高校女子野球選手権の決勝に進出した。神戸弘陵(兵庫)に0-4で敗れ準優勝に終わったが、スタンドから教え子たちの活躍を見守った藤崎監督は、人生の大きな決断を下すことになる。

「言葉では言い表せないくらい感動しました。この経験はお金では買えない。この甲子園の試合を見て、女子野球の発展に携わっていきたいと決めました」

高校卒業後も硬式野球を続けたい女子部員の選択の場は限られてくる。2009年に創設された日本女子プロ野球機構は2021年に無期限の活動休止を発表。阪神、西武、そして巨人が参入を決めたNPB球団公認チームもあるが、入団できるのはほんの数人、大学野球部も8校しかなく、狭き門となっている。

■明治大学特別試験合格、消防士の職を捨て高知から神奈川へ
藤崎監督は女子選手が勉強と野球を両立できるような環境を作りたいと考え、明治大学農学部の特別入試受験を決意した。そして2021年秋、1次試験の書類選考を突破し、2次試験では「農業と女子野球のコラボレーションによって新しい価値を生み出す」というテーマを掲げ、10分間のプレゼンテーションを行い、見事合格を勝ち取った。

消防士の職を辞することを家族から心配されたが「自分の人生は自分で決めるタイプなので。やり切ると決めて家族と話をしました」。東京六大学初となる女子硬式野球部の創設へ向け、明治大学入学前からSNSなどで創設を積極的に宣伝。体育会硬式野球部の田中武宏監督や善波達也前監督の協力も取り付け、2022年4月、女子硬式野球クラブが結成された。

■「将来的に東京六大学リーグが創設されたら」
藤崎監督は「僕が声を上げたことがきっかけとなって、10年後、20年後、30年後、将来的に東京六大学リーグが創設されたら」と壮大な夢を語る。そのためには、今後2年間の活動実績を作り、大学公認サークル、そして体育会の正式な部へと昇格する必要がある。

野球未経験者が多く、まだ他校と試合を行う目処は立っていないが、地道な営業活動が実り、既にスポンサーも数社獲得。当面の目標である来年5月の全日本大学女子野球選手権出場へ向け、レベルアップの日々が続く。

「まずは野球を好きになってもらうことが希望です。素人でも野球を始めて野球を好きになってもらって、将来お母さんになった時に子供に野球をやらせることで、女子も男子も野球人口が増えていってくれることを期待しています」

歴史に彩られた東京六大学で新たな伝統を作るべく、明治大学女子硬式野球クラブは着実に歩を進めていく。

 ※一部略

【明治大学に女子硬式野球クラブ誕生!元消防士監督の夢は「東京六大学女子リーグ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 12:18:40.74 ID:CAP_USER9
混戦の様相を呈していた今春の東京六大学野球リーグ戦は、明治大学が17日、慶應義塾大学との3時間12分に及ぶ熱戦を12-7で制し、2019年春以来となる優勝に近づいた。21、22日にある明大と立教大学の直接対決で、勝ち点を挙げたチームが天皇杯を手にする。

■重圧なくても、慶大に見られた硬さ
連覇中だった慶大は、1971年秋から72年秋にかけて達成した3連覇に届かなかった。負ければ優勝の可能性が消滅する明大との3回戦。追い上げも及ばず、12-7で敗れると、堀井哲也監督は悔しさを胸にしまい、淡々とこう話した。

「(3連覇を目指すというよりは)優勝を目指して1カード、1カード、全力で戦ってきました。その結果として力及ばず、ということだと思います」

データ上では第6週終了時点で、チーム打率が1位なのに対し、同防御率は5位。堀井監督は3連覇を逃した一番の要因を問われると、「一つではなく、投打ともいくつか課題はあった。そのあたりはシーズンが終わってから探っていきたい」と答えた。

主将の下山悠介(4年、慶應)も、50年前の大記録に対する重圧はさほどなかったという。ただ、目の前の「大一番」に対するプレッシャーはあったかもしれない。硬さが本来のプレーを邪魔したシーンがいくつか見られ、それが明大に流れを渡す展開につながった。五回終了時点で10対1。試合中盤で大差をつけられた。

■追い上げの起点となった4年生の代打陣
明大の田中武宏監督は、9点をリードしても安心していなかった。「東京六大学は何点差になろうと途中で諦めるチームはありませんから」。その予感は、明大からすると、悪い方向で的中する。慶大は七回に3点を返すと、八回にも3点を入れ、3点差まで詰め寄った。

七回には、代打で起用された青木大周(慶應志木)と文元洸成(智弁和歌山)の両4年生が連続ヒットを放った。青木も文元も、これがリーグ戦初安打。下山は「五回で9点差になっても、みんなポジティブな声かけをしていて頼もしかった」と振り返ったが、苦労人の最上級生の連続代打ヒットで、ベンチはさらなる盛り上がりを見せた。

慶大は春秋連覇を果たした昨年も、たびたび代打策が的中する場面が見られた。選手層が厚い中でも、黙々と準備して出番を待つ。それを積み重ねてきた結果である。堀井監督は「2人とも調子がいいのはわかっていたので、どこかで使いたかった。よく打ってくれた」と青木と文元をねぎらった。

40回目のリーグ優勝と3連覇はなくなったが、リーグ戦は終わっていない。まだ伝統の早慶戦が残っている。春秋連覇した昨年は1勝2敗1分けと早稲田大学に負け越している。必ず勝ち点を奪うつもりだ。

■首位に立ち、主将が戻ってきた明大
明大は勝ち点を4とし、首位に立った。4カードを終えて、8勝3敗1分け。チーム打率は慶大と1厘差の2位で、同防御率はリーグ1位と、投打とも好調だ。打線は宗山塁(2年、広陵)と上田希由翔(3年、愛産大三河)の3、4番が引っ張り、投手陣は蒔田稔(九州学院)と村田賢一(春日部共栄)の両3年生右腕が2本柱として、いずれも4勝をマーク。チームの核となる選手が明確なのが強みだ。

この4人に加え、慶大3回戦では主将の村松開人(4年、静岡)が打席に立った。2月に右ヒザの半月板損傷の手術を受けた村松は、この代打出場が今季初打席だった。

田中監督は「自分が試合に出られなくても、適切な声かけで戦力になっていた。故障明けでなかなか起用できなかったが、次のカードではプレーでも戦力になってくれるはず」と期待する。

■投打の充実ぶりは、立大も負けず
19年春以来の優勝が近づいた明大を待ち構えているのが、勝ち点3で追う2位の立教大学だ。今週末に予定されている直接対決で、勝ち点を挙げた方が天皇杯を手にする。明大は勝ち点では立大を上回っているが、立大戦でも勝ち点を取らないと栄冠には届かない。両校とも勝ち点4になった場合は、勝率で上回る立大の17年春以来となる優勝が決まる。

立大は昨年の春・秋で17試合登板と大車輪の働きをした池田陽佑(3年、智弁和歌山)が、開幕2戦目から腰の違和感で離脱したが、荘司康誠(3年、新潟明訓)がエースとして1本立ち。他にも沖政宗(2年、磐城)と島田直哉(4年、龍谷大平安)が台頭し、それぞれ2勝を挙げている。攻撃面では、ともに大阪桐蔭高校3年時に「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」で春夏連覇を果たした、主将の山田健太と宮崎仁斗の両4年生が存在感を発揮。投打の軸が確立している。

今春、コロナ禍前の19年秋以来に復活した勝ち点制。優勝を争う2校の雌雄は、勝ち点で決まることになった。

※長文の為一部略

4years2022/05/18
https://4years.asahi.com/article/14623434

【東京六大学野球 3時間12分に及ぶ熱戦は明治大学に軍配 優勝の行方は立教大学との一騎打ちに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/09(日) 15:53:58.65 ID:CAP_USER9
1/9(日) 15:05配信 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/15684ca06634cf77001dac8f785bf38e8e822c36

全国大学選手権決勝(9日、帝京大27-14明大、国立)帝京大(関東対抗戦1位)が、明大(関東対抗戦3位)を27―14で下し、4大会ぶり10度目の大学日本一に輝いた。9連覇を達成した2017年度以来で、近年は2度の準決勝敗退など頂点から遠ざかっていた。明大は3大会ぶり14度目の優勝を逃した。

前半から帝京大が攻守で上回った。一対一の強さで勝り、FW・BKの一体となったプレーで4トライを決め前半を20―0で折り返し。後半に明大に2トライを返されたが、スクラムで圧倒するなど主導権を握って逃げ切った。

明大はセットプレーの精度が低く、敵陣での好機も反則などで生かせず。後半に反撃したが、前半の失点が大きかった。

【第58回全国大学ラグビー選手権・決勝 帝京大が4大会ぶり10度目V 明大を27―14で下す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/02(日) 14:09:37.33 ID:CAP_USER9

【第58回全国大学ラグビー選手権・準決勝 明治39-24東海、二大会ぶり明治決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/26(日) 13:31:03.18 ID:CAP_USER9
スポニチ2021年12月26日 13:16
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/12/26/kiji/20211226s00044000188000c.html

ラグビー全国大学選手権準々決勝 明大20―15早大 ( 2021年12月26日 東京・秩父宮ラグビー場 )

<早大・明大>後半、スクラムでペナルティーを奪う明大
伝統の一戦“第2章”は、3週間前の定期戦で敗れた明大が20―15で早大を下し、5大会連続の4強入りを決めた。来年1月2日の準決勝(東京・国立競技場)では、東海大―慶大の勝者と対戦する。

明大は開始2分でフランカー木戸大士郎(1年)が左隅にノーホイッスルトライ。その後逆転されて8―15で前半を折り返したが、後半51分にプロップ大賀宗志(3年)のトライで2点差に迫ると、同30分にも大賀の連続トライで逆転。後半は優勢だったスクラムを生かし、そのまま逃げ切った。

両校は今月5日の関東大学対抗戦で対戦し、下馬評では高かった明大は7―17で敗戦。3週間前のリベンジを果たし、3大会ぶりの大学日本一へあと2勝とした。

【第58回全国大学ラグビー選手権・準々決勝 明大が3週間前のリベンジに成功 早大を5点差で下す、明治20-15早稲田】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/18(土) 18:01:25.96 ID:CAP_USER9
12/18(土) 17:43配信 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f55b46dc21288f7f7fb4fae0a4d08a3bb0aac73

 前半、逆転となるトライを奪い、仲間に祝福される明大・飯沼(中央)=花園(撮影・北村雅宏)
 「ラグビー・全国大学選手権・4回戦、明大27-17天理大」(18日、花園ラグビー場)

 明大(対抗戦3位)が前回王者の天理大(関西リーグ3位)を相手にリベンジを果たし、準々決勝へ駒を進めた。神鳥裕之監督は「非常にプレッシャーがあるタフなゲームを想定していたが、想定通りの厳しい試合になった」と苦しみながらの勝利を振り返った。

 昨季は日本代表のWTBシオサイア・フィフィタを擁して優勝した天理大に準決勝で15-41と完敗していた。明大は序盤こそPGで先制点を奪われたがすぐさま反撃。前半13分に主将のSH飯沼蓮(4年)が混戦を抜け出しトライを奪って逆転に成功した。同26分にはCTB廣瀬雄也(2年)のキックパスを大外で受けたWTB松本純弥(4年)がトライ。チームは前半終了間際にもトライを挙げて17-3で折り返した。

 後半は17分にペナルティトライを奪ったものの、相手に王者の意地も見せられ同18分、21分と連続トライを許して24-17と1トライ1ゴール差まで追い上げられた。それでも、冷静にPGを重ねるなどし最後はしのいで勝ちきった。終始スクラムでは優位に立ったことも勝因となった。神鳥監督は「選手も自信になったのではないかと思う」と胸を張った。

 準々決勝(26日、秩父宮)では5日の対抗戦で敗れた早大が待つ。さらにその先の決勝では対抗戦1位の帝京大が勝ち上がってくる可能性は高い。飯沼は「僕達はリベンジするしかない」。今季一度は敗れたライバルを乗り越え3季ぶりの日本一を目指す。

【第58回全国大学ラグビー選手権・4回戦 明大が天理大に雪辱 準々決勝の早大戦へ飯沼主将「リベンジするしかない」】の続きを読む

このページのトップヘ