SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

春季キャンプ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/29(木) 07:18:27.62 ID:3p3xeffO9
2/29(木) 7:00 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/62eab923e5ac691d55169d2979be69658120e31f

 阿部巨人となって初めて迎えた春季キャンプに密着してきた担当記者が、独自の視点で「MVP」を選出した。

 * * * 

 昨年9月に遊撃手から三塁手に転向した坂本勇人。三塁手として臨む初の春季キャンプで注目していたが、守備では足の運びなど細かい部分を追究する姿が印象的だった。打撃では特打で鋭いスイングを見せるなど仕上がりの早さが目立った。阿部監督も「勇人が元気なのでみんな触発されてやらざるを得ない」と後輩や周囲への好影響を指摘。体調が良く「3割、30本」を十分狙える状態に仕上がっている。(巨人担当キャップ・片岡 優帆)

【「3割、30本」を十分狙える状態に仕上がっている巨人・坂本勇人 G担が選ぶ春季キャンプMVP】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/13(火) 00:11:57.51 ID:7+sac61c9
 中日のライデル・マルティネス投手(27)が12日、オマール・リナレス巡回コーチ兼キューバ担当とともに来日し、中部国際空港に到着した。昨季まで2年連続で防御率0点台を記録した絶対的なクローザーは、開幕OKを宣言した。

 「キューバでしっかりフィジカルのトレーニングができたので、3月末にはきっちり調整できると思います」ときっぱり。昨年9月16日の巨人戦(バンテリン)で臀部(でんぶ)の張りを訴えて緊急降板。その後、復帰することなくシーズンを終え、10月にキューバへ帰国していたが「故障もしっかり治せた」と万全のコンディションを強調した。

 キャンプ中の来日について、立浪和義監督はキャンプイン前に「彼の帰国前から決まっていたことです。本人からの要望は受けていました」と説明。家族との時間を大切にしたい考えを伝えられ、了承していたという。

 昨年は、同じキューバ出身のジャリエル・ロドリゲス投手が同国代表としてWBCに出場後に失踪。シーズン中も来日せずに自由契約となった。そんな出来事も踏まえつつ「私については、心配していただかなくて大丈夫。今年の活躍を期待してもらえれば」と笑顔で語った。

 来日8年目で2022年最多セーブ投手のマルティネスは昨季、48試合に登板して3勝1敗32セーブ。自責点はわずか2で防御率0.39。昨年5月6日の巨人戦(バンテリン)で、球団史上4人目のNPB通算100セーブを達成した

 右腕は13日に沖縄入りする予定。春季キャンプでは1軍の北谷組で、15日からの第4クールから合流するとみられる。

中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/35e250f8210fb7dd7aa806e51d9d60d8ad8cf9cf

【中日のライデル・マルティネスが来日 昨年のロドリゲス亡命騒動に「私については、心配していただかなくて大丈夫」と笑顔】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/12(月) 12:55:50.28 ID:swWSBOs/9
「週刊文春」編集部

 阿部慎之助新監督(44)のもと、2月1日に宮崎でキャンプインした新生巨人。前日に現地入りし、恒例の宮崎神宮参拝も雨にたたられて以降、「第1クールは全て雨という過去に例のない悪天候に見舞われました」(巨人担当記者)。屋外で練習できたのは3日のほんのわずかな時間だけ。それでも新監督の船出とあって、キャンプ自体は大盛況だ。

「有名解説者や芸能人が例年より多いように感じます。松坂大輔氏や高橋由伸氏に中畑清氏、巨人ファンで知られるBE:FIRSTのLEOやKAT-TUNの亀梨和也などが訪問しました。特にLEOは日本テレビの番組収録のためだったらしく、クルーがゾロゾロと付いて動き回るので、グラウンドで練習見学中のファンが『なにあれ?』と眉を顰めていた」(スポーツ紙記者)

「笑うアベには福来たる」というキャッチフレーズを発表

 そんな巨人だが、今回、過去の巨人はもちろん、球界でも異例の「春季キャンプのキャッチフレーズ」を発表した。それが「笑うアベには福来たる~新風の先に笑顔のSeptember~」というもの。春季キャンプ限定でこのキャッチフレーズを盛り込んだステッカーを配布し、3日からはタオルやキーホルダーなどのグッズ販売も始まった。阿部監督は記者たちに、

「うまいこと考えたなあと思いましたよ」

 と満足げに語っていた。

阪神の「アレ」をそのまま使うという説もあった…

 しかし、こんな意見も。

「『笑う門(かど)』と『笑うアベ』って、何一つ掛かってないですよね(笑)。それに、これだと福が来るのは監督だけで、選手よりも監督ファーストの姿勢が滲んでしまっている。『笑顔のSeptember』も阿部監督の現役時代の登場曲であるEarth, Wind & Fireの『September』に掛けたものですが、クライマックスシリーズがあるのは10月で、日本シリーズは10月下旬から11月まで。9月以降はどうするつもりなのか」(運動部記者)

 のっけからケチが付きまくりだが、じつはもっとトホホなフレーズになりかけていたようで。

「球団側は検討段階で、流行語大賞にまでなった阪神の『A.R.E.(アレ)』に引っ掛けて『笑うアベにはアレ来たる』というフレーズも考えていたといいます。いくらなんでも阪神に乗っかりすぎということで却下になったようですが、あまりにもプライドが無いと呆れられていました」(球団関係者)

 今オフには現役ドラフトで馬場皐輔投手、自由契約になったカイル・ケラー投手と、阪神から2人を補強し、ライバルからの連続補強は異例と騒がれた阿部巨人。グラウンド外でもなりふり構わぬ姿勢は福をもたらすか。

https://bunshun.jp/articles/-/68869

【宮崎キャンプは大盛況でも…巨人・阿部慎之助新監督が阪神の“アレ”をパクりかけて「あまりにもプライドが無い」と失笑】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 19:33:35.78 ID:+SmImiNK9
 「巨人春季キャンプ」(11日、宮崎)

 宮崎キャンプで6年ぶりに臨時コーチを務めている巨人OBの松井秀喜氏が、ひなたサンマリンスタジアム宮崎で、小学生を対象にした野球教室を開催した。

 ゴジラは、子どもたちに打撃練習を披露。フリー打撃を行い、ライナー性や鋭い当たりを見せた。右中間のフェンス手前数メートルでポトリと落ちる打球もあった。打球が放物線を描くたびに、「お~」と大歓声がわき起こる。松井氏は「これが精いっぱい」「風に負けてる」などと苦笑いを浮かべた。

 結果的には24スイングで柵越えは、なしだったが実演後には大きな拍手に包まれた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/edf58a85aa8d82eb1bf4a18b872b4d58bb0764ef
https://i.daily.jp/baseball/2024/02/11/Images/f_17320745.jpg

【巨人OB・松井秀喜氏が苦笑い 24スイングで柵越えなく「これが精いっぱい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 11:16:30.00 ID:+SmImiNK9
 「巨人春季キャンプ」(11日、宮崎)

 紅白戦前に松井秀喜臨時コーチが異例のマイクパフォーマンスを行った。

 マイクを持ってホームベース付近に立った松井臨時コーチ。「30歳以下の方は僕がジャイアンツの選手だったとは知らない方も多いと思いますが」と自虐的に自己紹介すると、「少しでも阿部監督の手助けになれれば」とあいさつ。そして「プロのプレーを楽しんでいってください」とファンに呼びかけ、大きな拍手がわき起こっていた。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/f85d20e27c27ef3f45ab7edcf6c2169cfdab4dcd
https://pbs.twimg.com/media/GGBVWu3aMAAvlt1.jpg

【巨人・松井秀喜臨時コーチが異例のマイクパフォ 紅白戦前にあいさつ「30歳以下の方は知らない方も多いと思いますが…」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 19:24:54.14 ID:+SmImiNK9
 パ・リーグ3連覇効果も手伝い、宮崎・清武でのオリックスキャンプには連日、多くのファンが訪れている。

 3連休中の日曜日だったこの日の観客数は、前日の2万1000人から大きく伸びて2万9196人。10年目を迎える宮崎・清武での春季キャンプでの最多記録となった。16年2月14日の広島との練習試合で集まった2万8000人を更新した。

 同じ宮崎県内でキャンプを行う巨人のこの日の観客数は2万9000人、ソフトバンクは2万6200人。2球団を抑えて県内トップと、まさに人気と実力を兼ね備えた球団となっている。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf47eba5be39914bfa4c9a3bc16ba078dc146601
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2024/02/11/jpeg/20240211s00001173466000p_view.webp

【オリックス 11日のキャンプ観客数2万9196人は球団新記録!巨人、ソフトBも抑えて宮崎県内トップ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/08(木) 22:42:16.09 ID:8PmtMawo9
中田翔は中日に何をもたらすのか “暗いイメージ”も変わる? 期待される「様々な効果」

 今季から中日でプレーする中田翔が早くも新天地で存在感を発揮している。今月1日から始まった春季キャンプでは初日にサインを求めるファンが殺到するなど、“中田フィーバー”が巻き起こった。


「キャンプインに合わせて金髪で登場したのには驚いた。『逆風を受けても結果を出してチームを引っ張る』という中田自身の決意表明と自分は受け取った」(中日0B)

 立浪和義監督の就任時に「長髪、茶髪、ひげの禁止」を指示したのは知っていたはず。時間は経過して実質無効化しているが、マスコミに大きく取り上げられた。金髪姿については賛否両論あるが、チーム関係者はむしろ好意的に受け取っているようだ。

 中田はオフに巨人との契約が残っていたものの、出場機会を求めてオプトアウト権(契約の途中で見直しや破棄ができる権利)を行使。

 自由契約となって年俸3億円プラス出来高の2年契約で中日入りを果たした。移籍の経緯から見ても、その“覚悟”はかなり大きいはずだ。グラウンド上ではもちろん、グラウンドの外でも「何かをやってやろう」という気持ちがヒシヒシと伝わってくる。

 中日は現在、長期の低迷期に入っているが、チームが勝てない理由が得点力不足なのは明白。昨季もチームの得点(390)、安打数(1123)、本塁打(71)などがリーグ最下位だった。

 中田獲得の大きな理由の一つはその得点力不足解消のためだろう。昨季34歳となった中田は怪我での離脱もあったが、92試合の出場で15本塁打をマーク。日本ハム時代には3度打点王に輝いており、その打力は今なお健在だ。

「期待されるのは勝負強さ。本塁打の出にくいバンテリンドームは今オフもホームランテラス導入が見送られた。1発攻勢は期待できないので、チャンスを確実にものにすることが必要。中田の加入で得点力が上がれば勝ち星は確実に増える」(在京球団編成担当者)

 また営業面でも大きな期待をされている。大阪桐蔭時代には高校通算の本塁打記録(当時)を更新するなど注目を集め、プロ入り後も順調に成長。侍ジャパンの4番を務めるなど知名度は全国区だ。中日への入団が決まった1月には自身のYouTubeチャンネルを開設し、発信力をさらに高めている。

「金髪にしたのも自分が目立つことでチームに注目を集めたい思いもあったはず。SNSでマメに発信するのも大事だが、中田のように1発でインパクト与えることをしても良い。結果を出していれば誰も文句は言わない」(元日本ハム担当記者)

 また、日本ハムを退団する理由となった後輩への暴力事件など悪いイメージもあるが、本来は若手への面倒見は良いことで知られる。日本ハム時代には交流戦で地元・広島に遠征した際には、若手らを実家に招待。

 当時はまだプロ入りしたばかりの大谷翔平(ドジャース)らが談笑する姿を少し距離の離れたところで、ニコニコ見つめる姿は、まさに“面倒見の良い先輩”といった感じだった。

 昨シーズンは巨人ではブレイクを果たしつつある秋広優人との“師弟関係”もファンの間で話題となった。新天地でも他選手の面倒見はもちろん、覚醒の手助けになるかも注目が集まる。

「自分自身が正念場なのに今オフも秋広と自主トレを行った。もちろん全額を中田が負担、超一流の技術と経験を伝えている。ここまでしてもらえる秋広は幸せ者だし成長するのも理解できる。中日の若手選手には遠慮なく中田に近付いていき成長して欲しい」(中日0B)

 面倒を見ると決めたら最後まで大事にする義理人情に熱い男。中日の若手選手も積極的に中田の懐に入り込めば成長速度も早まるはずだ。

 さらに中日の“暗いイメージ”を払拭する役割を期待する声もある。昨年はエース左腕の小笠原慎之介が「ドラゴンズって暗いイメージがある」と発言したことが話題に。

続きはリンク先
https://news.yahoo.co.jp/articles/e29acda308d1d4fbe5dc5946770d84196b2063a3?page=1

【中田翔は中日に何をもたらすのか “暗いイメージ”も変わる? 期待される「様々な効果」 キャンプ地は“中田フィーバー”】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/10(土) 21:54:43.58 ID:/mGWih/p9
オリックス春季キャンプ(10日、宮崎)パ・リーグ4連覇、日本一奪回を目指すオリックスがキャンプを行っている清武総合運動公園に2万1000人(球団発表)の大観衆が詰めかけた。これは、2016年2月14日、キャンプ中に広島との練習試合が行われた時に2万8000人が詰めかけたことがあり、それに次ぐ数字で、史上2位。試合が行われていない練習日に限れば、史上1位の数字だ。

オリックスは宮崎でキャンプを行うようになって10年目。当初は観衆もまばらだったが、今では、同じ宮崎でキャンプを行う人気球団の巨人、ソフトバンクと比較してもそん色ない人気を誇っている。

選手も立ち止まって気軽にサインに応じ、中には山岡のようにイスとテーブルを職員に依頼して、座り込んで1時間以上サインする選手も。そんな「神対応」にファンも集まるようになっているのだろう。

10年前のキャンプを知っているベテラン平野は「(観衆の多さを)感じますね。きょうは土曜日でしたが、平日でも『こんなに多く』と感じるくらい来ていただいている」と感謝した。

10年前はヘッドコーチとして、その後、監督として、今はGMとして、オリックスの宮崎10年を見続けてきたのが福良GM。
球場の正面玄関に飾られている、キャンプのたびに監督、コーチ、選手が寄せ書きでサインしたボードを眺めながら、「10年前に誰がいたか? とサインを見たら、ほとんど誰もいないよな」と感慨深げだった。

2/10(土) 17:06配信 サンスポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbbcf23d418f7aa953c8f9b11d9d25c8fa4c7f30

【オリックス宮崎キャンプ史上2位の観衆2万1000人】の続きを読む

このページのトップヘ