SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

木原龍一

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/19(土) 23:04:09.10 ID:CAP_USER9
2/19(土) 22:55配信
スポニチアネックス

<北京五輪 フィギュア>ペア・フリー、得点を確認し喜ぶ三浦璃来、木原龍一組(撮影・小海途 良幹)

 ◇北京冬季五輪第16日・フィギュアスケート ペアフリー(2022年2月19日 首都体育館)

 北京五輪フィギュアスケートペアでSP8位の三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が19日、フリーで自己ベストの141・04点、合計も自己ベストの211・89点をマーク。SPから順位を1つ上げて7位となり、五輪の日本勢ペア初の入賞を果たした。

 “りくりゅう”の愛称で知られる2人は結成3年目。団体戦フリーで自己ベストの139・60点で2位に入り、銅メダル獲得に貢献。SP8位で、木原は3度目の五輪で初のフリーに進み、「ウーマン」の曲に乗って冒頭のトリプルツイストから、課題だった3回転―2回転―2回転のトーループを着氷すると息の合った演技を展開。フィニッシュを決めると氷上に両膝をつき、力強く抱き合い、木原は涙を押さえることができなかった。

 これまで五輪の日本勢最高は92年アルベールビルの井上怜奈、小山朋昭組の14位。3度目の出場となる木原は「結果を出し続けることが日本のペアの未来につながると信じている」と語っていたが、この大舞台で2度自己ベストを更新、見事に7位に入った。

 ◇木原 龍一(きはら・りゅういち)1992年(平4)8月22日生まれ、愛知県出身の29歳。4歳でスケートを始める。シングルで11年世界ジュニア選手権出場。ペア転向後は高橋成美と14年ソチ、須崎海羽と18年平昌両五輪出場。三浦とは昨季の世界選手権10位、今季のGPスケートアメリカ準優勝。1メートル74。

 ◇三浦 璃来(みうら・りく)2001年(平13)12月17日生まれ、兵庫県出身の20歳。5歳の時にディズニーアニメをきっかけにスケートを始める。ペア転向後は市橋翔哉と17〜19年世界ジュニア選手権出場。空手経験があり、得意技は「回し蹴り」。1メートル45。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220219-00000295-spnannex-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b43a07d45f51f210fa1e22484f95a029ceb560aa

【北京五輪フィギュア・ペアフリー りくりゅう、7位入賞!ペア日本勢初の入賞 自己ベスト更新の会心演技に木原は号泣】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/18(金) 21:30:10.11 ID:CAP_USER9
スポーツ報知2022年2月18日 20時33分
https://hochi.news/articles/20220218-OHT1T51113.html

◆北京五輪 ▽フィギュアスケート(18日、首都体育館)

 ペアのショートプログラム(SP)が行われ、「りくりゅう」の愛称で知られる三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)は70・85点で、上位16組による19日のフリー進出を決めた。自己ベストは4日の北京五輪団体戦SPでマークした74・45点。 

 「ハレルヤ」に乗せて、三浦を木原が投げ上げるトリプルツイストリフトをまずは披露。3回転トウループは三浦がダブルになった。スロー3回転ルッツは着氷。コンビネーションスピン、木原を軸に三浦が円を描くデススパイラルでも息の合った演技を見せた。最後は手を取り合い、2人は充実感をにじませていた。 

 ペア結成3季目で、今季はGPシリーズのスケートアメリカ2位、NHK杯3位と2大会連続で表彰台に上るなど世界と渡り合えるレベルに成長。五輪団体戦ではSP、フリーの自己ベストを更新する会心の演技を見せ、日本初の銅メダル獲得に貢献した。個人戦でも「ベストな演技ができるように」と上位を狙っていた。

 過去の日本ペアの五輪最高総合順位は92年アルベールビル五輪の井上 怜奈、小山 朋昭組の14位。

【北京五輪・フィギュアペアSP “りくりゅう”三浦璃来、木原龍一組、70・85点でフリー進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/07(月) 11:24:08.15 ID:CAP_USER9
2/7(月) 11:12
デイリースポーツ

フィギュア団体 日本がメダル確定 “りくりゅう”ペア2位に入る活躍
 フィギュアスケート団体戦ペアフリーを演技する三浦璃来、木原龍一組(撮影・堀内翔)
 「フィギュアスケート・団体」(7日、首都体育館)

 ペアのフリーが行われ、この時点で3位の日本は“りくりゅう”ペアの三浦璃来(20)、木原龍一(29)組=木下グループ=が自己ベストの139・60点で2位に入った。順位に応じて与えられるポイントは9点が入った。

 4位以下に9ポイント差以上をつけたため、2種目を残して、残りのフリーダンス、女子フリーを滑り終えれば日本の団体初となるメダルが確定する。

 団体は、5チームが進んだフリー種目では1位に10ポイント、2位に9ポイントと順位に応じたポイントが入る。最下位の5位でも6ポイントが入るため、1種目で挽回できるポイント差は最大で4となる。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220207-00000048-dal-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a70bb3fe84bbbee0f7b7e9cb640ac2fb80c218d

【北京五輪・フィギュア団体 日本がメダル確定 “りくりゅう”ペア2位に入る活躍】の続きを読む

このページのトップヘ