SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京ドーム

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/06(水) 11:53:20.41 ID:+057kWSo9
産経新聞
3/6(水) 11:22

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者、井上尚弥(大橋)が5月6日、東京ドームで元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)と防衛戦を行うことが6日、主催者から発表された。東京ドームでのボクシング世界戦はヘビー級王者のマイク・タイソン(米国)が1988年と90年に闘って以来で、34年ぶりとなる。

30歳の井上尚は昨年末、マーロン・タパレス(フィリピン)にKO勝ちし、史上2人目となる2階級での主要4団体王座統一を達成した。世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級1位のネリは2018年、山中慎介とのバンタム級世界戦で体重超過により王座を剝奪され、日本での活動停止処分が科されていたが、今年2月に日本ボクシングコミッション(JBC)が資格の回復を発表していた。

同じ興行では井上尚の弟で、2月に初防衛を果たした世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上拓真(大橋)が同級1位の石田匠(井岡)の挑戦を受けるほか、WBAフライ級王者のユーリ阿久井政悟(倉敷守安)が同級3位の桑原拓(大橋)との初防衛戦に挑む。格闘技K―1で活躍した武居由樹(大橋)は世界初挑戦し、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のジェイソン・モロニー(オーストラリア)と対戦する。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/30e75cc7cd3d3f796f919f0337fee552168755bd&preview=auto

【井上尚弥が5月6日に東京ドームでネリと防衛戦 ボクシングのSバンタム級4団体統一王者 タイソン以来34年ぶり世界戦】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/25(木) 18:20:53.47 ID:JM+N2ZRq9
1/25(木) 12:29配信 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/59b44943cc6a4361ca0168be9054a486a554172f

 プロボクシング世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(30=大橋)が、WBC世界同級1位ルイス・ネリ(29=メキシコ)と5月6日に東京ドームで対戦することが決定的となった。25日までに米スポーツ専門局ESPNが報じた。収容人数5万5000人の東京ドーム開催は90年のタイソン―ダグラス戦以来となる。

 井上は昨年スーパーバンタム級に転向し、同7月にスティーブン・フルトン(米国)、12月にマーロン・タパレス(フィリピン)を下し、バンタム級に続く2階級での4団体王座統一を果たした。

 “悪童”として知られるネリは17年8月、当時のWBCバンタム級王者の山中慎介にKO勝ちしたが、その際の検査で禁止薬物の陽性反応を示した。翌18年の再戦では体重超過により王座を剥奪。相次ぐトラブルで日本ボクシングコミッション(JBC)からは国内での無期限活動停止処分を受けていた。

【井上尚弥VSネリ 5月6日に東京ドーム開催決定か 米ESPN報道】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/08(水) 18:37:19.65 ID:zC3c3niq9
【阪神】来季開幕戦は東京ドームで巨人戦 センバツで甲子園使えないなどで開催権を返上


2024年のセ・リーグと交流戦の日程が8日、日本野球機構(NPB)から発表された。

38年ぶりの日本一に輝いた阪神は、3月29日に巨人と東京ドームで対戦する。


開幕権は2年前(22年)のAクラスの3チームにあるが、甲子園が高校野球のセンバツ大会で使えず、来季はオリックスも開幕権があり、京セラドーム大阪も使えないため、阪神側が開幕権を辞退、22年4位だった巨人に開幕権が移った。

また、7月30~8月1日に甲子園で巨人3連戦が予定されている。
甲子園は24年8月1日に竣工式を行っており、記念すべき100周年に伝統の一戦が行われることになる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/4b602ba4ab2e0d47c7ce261933c007b125e092d1

【阪神、来季開幕戦は東京ドームで巨人戦 センバツで甲子園使えず、京セラドームも使えないため開幕戦の開催権を返上】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/09(水) 19:36:15.97 ID:6U0V9zWb9
8/9(水) 7:13配信

タパレスのプロモーターが英メディアに登場

スティーブン・フルトンに8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

 ボクシングのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一王者・井上尚弥(大橋)との4団体統一戦に、もう一人の2団体王者マーロン・タパレス(フィリピン)陣営も意欲を示していた。英メディアに対し「大晦日に東京ドームで対戦したい」と“夢プラン”を語っている。

【動画】2人の体格差は? フルトン撃破直後に対面、井上尚弥とタパレスが並んだ映像

 英専門誌「ボクシングニュース」は「生き残りと成功:シェーン・シャピーロは平凡なプロモーターではない」との見出しでタパレスの共同プロモーターを務めるシェーン・シャピーロ氏へのインタビューを掲載した。「多くのことが変わったね」とタパレスが王者になった瞬間を回顧。「皆がMJ(ムロジョン・アフマダリエフ)が勝つと思っていたけれど、我々が勝ったんだ。自分に正当性を持てていることが本当に信じられないよ」と栄冠に歓喜した。

 タパレスは4月にWBAスーパー・IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチでアフマダリエフ(ウズベキスタン)に判定勝利し2団体統一王者になった。インタビューは井上―スティーブン・フルトン(米国)戦の前に行われたもののようで、シャピーロ氏は「今はイノウエとフルトンの勝者を待つのみ。それで勝った方と4団体統一戦だ。願わくは相手がイノウエであってほしい。それで大晦日に東京ドームで戦いたいね」と望んでいた。

 大型興行ができる日本の会場はコンサートで予約が埋まり、なかなか実現は難しいが、タパレス陣営は“夢プラン”を打ち明けたようだ。

 井上尚弥はフルトンに勝利後のリングインタビューで「この会場にタパレスが見に来ているので、次戦スーパーバンタム級で4団体統一戦をしたいと思います!」と熱望。するとタパレスもリングに上がり、「自分自身がチャンピオンであることを証明したいので、ぜひ井上尚弥と対戦したい」と快諾し、会場を盛り上げていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94af98efe3fdd6a0848274f8cf645dac70d0cd8d
https://i.imgur.com/FBIzmnP.jpg

【井上尚弥と「大晦日に東京ドームで対戦したい」 タパレス陣営が語っていた願い「4団体統一戦だ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/17(金) 01:11:39.31 ID:IH6YABAM9
3/16(木) 8:59配信

Full-Count
キューバ代表のモイネロ「ファンの方たちの声援を感じて、とても元気が出る」
豪州代表を破ったキューバ代表【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 準々決勝ラウンド 東京プール」のキューバ代表対豪州代表が15日に東京ドームで行われた。試合はキューバが4-3で競り勝ち、準決勝進出を決めたが、驚いたのはその人気だ。野球日本代表「侍ジャパン」の試合はないにもかかわらず、来場者は3万5061人。母国を応援するキューバ、豪州のファンも多かったがそれだけではない。日本代表のユニホームを着用している人も多々見られ、球場は熱気に包まれていた。

【実際の映像】「かわいすぎません?」3歳少女が応援団長…“天使の声”から始まる3.5万人の大声援

 準々決勝では、日本に馴染みのある選手が多く出場した。キューバ代表では、先発は中日のジャリエル・ロドリゲス投手が投げ、1点リードの8回をソフトバンクのリバン・モイネロ投手、9回をライデル・マルティネス投手が抑えた。打線も元ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手が4番に座るなど9人中4人がNPB経験者という打線だった。

 モイネロも試合後「日本でプレーしている選手が多くいることはとてもいいこと。ファンの方がたくさんいてくれて、ファンの方たちの声援を感じてとっても元気が出る」と励みになっていることを明かしていた。もちろん、知っている選手が多いのが大きな理由だろうが……。来場者が多いのは各チームの紳士的な振る舞いも理由の一つに思える。

 今大会、日本で話題になったのはチェコ共和国代表の行動だった。11日の侍ジャパンとの一戦では、佐々木朗希投手(ロッテ)から死球を受けても怒らず、清々しさを貫き、試合後には完敗したにもかかわらず、侍ジャパンに向かって拍手。さらにスタンドの方を向き、日本のファンにも感謝の意を示した。この行動は日本のファンの間でも話題になり、翌12日のオーストラリア戦では、侍ジャパンの試合前に観戦に来る日本のファンが増えていた。

 この日も試合後、キューバのアルマンド・ヨンソン監督は「とっても感動しています。非常に難しい試合だった。とても拮抗していました」と相手を称えた。豪州のデービッド・ニルソン監督も「キューバに脱帽。勝者にふさわしいゲームをしていた」と称賛した。日本だけでない国際野球人気は“紳士的行動”が影響しているようにも思えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e0231612345fefce814b02d31944d3011aa690d7

【なぜ日本戦じゃないのに来場者3.5万人超え? “紳士的行動”がもたらした野球人気】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/10(金) 22:05:44.12 ID:lNMrynn+9
 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表戦が9日、東京ドームで行われ、侍ジャパンは中国相手の初陣を8-1で快勝した。米大リーグ(MLB)は日本の客席に注目。公式SNSで“日本式応援”に脚光を浴びせている。

 日本のファンにはおなじみの光景も、野球の本場・アメリカから見ればまた違った見え方だったのかもしれない。

 MLB公式ツイッターでは「東京ドームの熱狂的な雰囲気」とキャプションをつけ、外野スタンドの様子を11秒の動画で公開。ぎっしりと埋まった日本人ファンが拍手と一糸乱れぬジェスチャーで選手たちを後押ししている。

 この光景に米ファンも「私は日本の応援が大好きです」「何万人もの人が一体となって選手を応援している感じがたまらない」「みな熱狂している」「これぞ日本野球」「カレッジフットボールの雰囲気だ」「東京ドームの雰囲気は最高だ」などと興味をそそられているようだ。

3/10(金) 17:31配信
ENCOUNT

https://news.yahoo.co.jp/articles/c33bffab666b24694c9f0be1df6cc8e2fa88112d

【「東京Dの雰囲気は最高だ」WBC外野席の光景にMLBが注目!米ファンも称賛「日本の応援が大好きです」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/26(日) 23:37:32.20 ID:cuIfzmC49
羽生結弦さん初の単独公演GIFT、4回転ジャンプ華麗に…東京ドームで史上初
2023/02/26 22:01 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20230226-OYT1T50191/


フィギュアスケート男子で五輪連覇を果たし、昨夏にプロ転向した羽生結弦さん(28)が26日、単独公演となる「GIFT」を東京ドームで開催した。

東京ドームでのスケーターのアイスショーは史上初めて。ドームの中に30メートル×60メートルのリンクを設置し、演技構成などは羽生さん自ら手がけた。約3時間にわたり、3万5000人の観客が見守る中、これまでのスケート人生の歩みなどを表現した演技を披露した。

昨年の北京五輪のショートプログラム(SP)「序奏とロンド・カプリチオーソ」も滑り、4回転ジャンプも華麗に決めて観客を魅了。公演の様子は全国の映画館のほか、香港や台湾、韓国などでもライブ中継され、国内と海外で約3万人が視聴したという。


※全文はリンク先で

【羽生結弦さん初の単独公演GIFT、4回転ジャンプ華麗に 東京ドームで史上初】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/30(月) 15:02:02.43 ID:EPRZ1YzH9
1/30(月) 14:35配信

 巨人は30日、新型コロナウイルスの感染対策としてスポーツイベントに求められていた規制が一部緩和されたことを受け、2023年シーズンに東京ドームで主催する巨人戦では、声を出して応援することなどを可能とすることを発表した。なお、引き続き観客には、マスクを着用しての観戦を求める。

 東京ドームで開催される3月18日のオープン戦から可能になる応援は以下の通り。応援スタイル、観戦スタイルは今後の規制緩和に応じて見直していく。

 ◇声を出しての応援(内外野の全座席共通)

 ▽マスクを着用している状態で、応援歌を歌うことや選手に声援を送ることなど、声を出しての応援が可能になる

 ◇立ち上がっての応援(外野席等の一部座席のみ)

 ▽ジャイアンツの攻撃時には、ライトスタンド全体とレフトスタンドのジャイアンツ応援席、および、ライトスタンドに接している1塁側内野席の「オレンジシート」で、立ち上がっての応援が可能。

 ▽ビジターチームの攻撃時には、レフトスタンドのビジターチーム応援席で、立ち上がっての応援が可能。

 ※内野席や2階席など上記以外の座席では、引き続き着席での応援となる。

 なお、7回裏の巨人攻撃時に放送される球団歌「闘魂こめて」の歌詞のビジョン表示も再開。巨人主力選手の応援歌の歌詞カードも場内に用意される。

 観客には引き続きマスク着用や手指消毒などの基本的な感染対策への協力を呼びかけていくほか、2020年シーズンから新型コロナウイルス感染拡大防止のために東京ドーム場内の換気能力を1・5倍に引き上げてきた対策は、今シーズンも継続する。

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/b36306730450fd49e5d0af4c9a41ce586ac0e404
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230130-01301076-sph-000-2-view.jpg

【東京ドーム巨人主催試合での声出し応援が可能に 3月18日オープン戦から】の続きを読む

このページのトップヘ