SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京ヴェルディ

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/29(水) 21:33:27.98 ID:YA09Pzqz9
 29日、レアル・ソシエダと東京ヴェルディが東京の『国立競技場』で対戦した。

『Real Sociedad Japan Tour 2024』と銘打たれた今回の一戦。2023-24シーズンのラ・リーガを6位で終えたレアル・ソシエダは、現地時間25日に行われたアトレティコ・マドリード戦(0-2●)後すぐさま日本へ。マルティン・スビメンディやミケル・オヤルサバルらEURO2024に臨むスペイン代表に招集された5名や負傷者がメンバー外になった一方、久保建英やブライス・メンデスらが来日し、東京Vと対戦する。

 序盤からレアル・ソシエダがボールを保持する展開が続き、4分にはB・メンデスの柔らかいスルーパスに抜け出したジョン・アランブルにチャンスが到来。右WGに入った久保も巧みなボールコントロールや巧みなスルーパス、中央への鋭いカットインで見せ場を作る。19分には前線へ駆け上がったアリツ・エルストンドのシュートが右ポストを直撃。こぼれ球を久保が拾ったが、シュートはGK長沢祐弥にキャッチされた。

 30分、敵陣バイタルエリアでルーズボールを拾った久保がB・メンデスとのワンツーでボックス内右へ侵入。最終的には中央で待ち構えるブライアン・フィアベマへのラストパスを選択したが、東京Vの守備陣が懸命の対応でピンチを凌いだ。我慢の時間が続く東京Vは新井悠太のミドルシュートや山見大登の抜け出しでチャンスを作るも、相手GKを脅かすまでには至らない。

 45分、レアル・ソシエダはジョン バルダが左からクロスを上げると、ボックス手前でこぼれ球を拾ったウルコ・ゴンサレス・デ・サラテが右足を一閃。強烈なシュートがGK長沢の手を弾きネットを揺らした。前半はこのままレアル・ソシエダの1点リードで折り返す。

 後半開始早々の48分、右サイドで存在感を放っていた久保が途中交代でピッチを去ることに。積極的なプレスを敢行する東京Vは56分に途中出場の2人が決定機を創出。敵陣左サイドに抜け出した熊取谷一星がマイナス方向へ折り返し、パスを受けた古川真人が右足を振り抜くも、シュートは枠の左に外れた。その後は互いにフレッシュな選手を次々と投入。東京Vは前半よりもボールを奪えるようになり、拮抗した展開が続く。

 76分、東京Vは右CKを起点にチャンスを作ると、左からのクロスに山田裕翔が右足で合わせたが、枠を捉えたボレーシュートはGKウナイ・マレロの好セーブに阻まれる。82分には前線でのボール奪取から河村慶人が右足で強烈なシュートを放ったが、途中出場のGKアイトール・フラガのセーブと右ポストに阻まれ、惜しくも同点ゴールとはならなかった。

 このままタイムアップかと思われた90+1分、アルセン・ザハリャンがボックス外から強烈なミドルシュートをゴール左下隅に突き刺しレアル・ソシエダに貴重な追加点。試合は2-0で終了した。

【スコア】
レアル・ソシエダ 2-0 東京ヴェルディ

【得点者】
1-0 45分 ウルコ・ゴンサレス・デ・サラテ(レアル・ソシエダ)
2-0 90+1分 アルセン・ザハリャン(レアル・ソシエダ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e08b419f98d10a3ecf274a95a8d95cf25170dc08

【先発出場の久保建英は随所で好プレー! レアル・ソシエダが強烈ミドル2発で東京V撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/03(水) 21:06:17.21 ID:ESduv8Go9
東京ヴェルディが5646日ぶりとなるJ1での勝利を手にした。3日の第6節で湘南ベルマーレと対戦し、1-2の逆転勝ち。念願の勝ち点3を獲得した。

試合は湘南のペースで進む。すると前半15分、GKソン・ボムグンからの浮き球をFW福田翔生が空中戦に競り勝ってMF平岡大陽に落とす。平岡は自陣からFWルキアンへ絶妙なスルーパス。GKと1対1になり、FWルキアンが冷静にゴールへ流し込んでホームチームが先制に成功した。前半はそのまま終了。東京Vは相手選手との接触で脇腹を痛めたキャプテンMF森田晃樹が負傷交代となり、後半の開始からFW山見大登がピッチに入った。

湘南が1点リードで後半に突入すると同4分、ルキアンが左サイドからクロスを送って福田がヘディングシュート。これは枠を外れた。続く同5分にはDF岡本拓也のパスを再び福田が合わせるも、ボールは枠の左に逸れていった。

対する東京Vは後半15分、高い位置でボールを奪うとFW染野唯月がシュート。ゴール右隅を狙ったが、わずかに枠を捉えられなかった。それでも同31分、FKの流れから山見のクロスをDF谷口栄斗が頭で合わせて同点に成功した。

勢いづく東京Vは後半41分、山見がMF齋藤功佑とのワンツーで抜け出して決定機。力強く右足を振り抜いて逆転に成功した。試合はそのまま終了し、東京Vが待望の今季初勝利。J1アウェー通算100勝も達成している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e75b4bd6b1eb78fb6ba7aadad92681119717ee1c

【東京Vが5646日ぶりJ1勝利!! 谷口&山見弾で湘南にメモリアルな逆転勝ち 15年ぶりのJ1白星!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/29(木) 17:32:30.59 ID:1JgX4TrZ9
浦和レッズは3月3日に埼玉スタジアムでの東京ヴェルディ戦でホーム開幕戦を迎える。浦和はこの日、チケットの総発券枚数が5万枚を超えたことを発表した。開幕戦での入場者数が5万人を超えると、13年の名古屋グランパス戦以来11年ぶりとなる。

今季はヘグモ新監督が就任し、FWチアゴ・サンタナ、MFオラ・ソルバッケンら実績ある外国人選手が加入。期待も高く、今季のシーズンチケットの申し込みも5季ぶりに2万席を超えていた。また、浦和駅、浦和美園駅、東川口駅などホームタウンの主要6駅7カ所で交通広告を実施し来場を呼びかけていた。

3月3日は、パリオリンピック(五輪)を決めた女子日本代表なでしこジャパンのメンバーが所属する三菱重工浦和レッズレディース-INAC神戸の試合が浦和駒場スタジアムで開催される。三菱重工浦和には北朝鮮戦で先制点を決めたDF高橋はな、INACには「山下の1ミリ」で話題になったGK山下杏也加が所属する。日曜日で天気予報は晴天。5万人を超える華々しいスタジアムでホーム開幕戦を迎えそうだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/af8ff2c3125727655ace3fc251612c7b63640654

【浦和、東京Vとホーム開幕戦、埼スタのチケット発券5万枚超え 11年ぶり動員5万超えなるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/02(土) 22:27:36.08 ID:Gypvekg89
日刊スポーツ[2023年12月2日18時39分]
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202312020000888.html

東京ヴェルディを16年ぶりJ1昇格に導いた立役者の1人が江尻篤彦氏(56)だ。現役時代は千葉一筋でプレーし「ジェフの顔」だった元日本代表MFは、20年1月に「オリジナル10」のライバル、東京Vの強化部長に就任。当初は、外から見ていたヴェルディの姿とのギャップに戸惑ったという。

江尻 選手がしっかり下から育ってきていて、(千葉の)監督として対戦したときにすごくレベルが高いなと。そのときのイメージと中に入ったときのギャップはありました。本当にギリギリの(予算の)中でやっていた。選手にお金をかければ環境面がおろそかになったり、勝利給やゴール給が低くなっちゃう。クラブがつぶれそうだとも聞いて。本当にどうなっちゃうんだろうと思ってました。

現在も少しずつ増額されているとはいえ、東京Vの強化費はJ2クラブの中でも「真ん中より少し上くらい」(江尻氏)。ただ、与えられた状況の中で諦めず、活路を見いだした。

江尻 僕はここに来た時、まずスカウトの仕事もやって。何人か大学生で使えそうな選手が分かっていた。大学生は(獲得に)お金がかからないから。そのあたりの戦えそうな選手をキープできた。佐藤凌我(現福岡)とか深澤大輝とか。彼らはJでもすぐやれると思ってたので。お金が少ない分、そういうところでカバーしました。

強化費を湯水のようには使えない。その分、大学生を中心に補強を続けた。それが金銭面だけでなく、プレーの面でも東京Vに好影響をもたらした。もともと東京Vにはアカデミー出身で足元の技術の高い選手が集まっていた。そこにフィジカル的に秀でた選手が加わった。

江尻 技術だけじゃなくてフィジカル的な要素をこのクラブの戦いに混ぜなければJ2では勝てない。そういうものを継続してやっていくことができればと思ってました。去年なんかも7人ぐらいレギュラーが(他クラブに)抜かれてしまったんですけど、選手が変わろうが、積み上げてきたものは変わらない。それに適応できるような選手を集めているし、残ってくれた選手を中心にしながら城福監督とも相談して、チーム作りをしてきている。

毎年のように若手有望株が流出し、昨年のチームからも佐藤凌我をはじめ、山本理仁(シントトロイデン)、井出遥也(神戸)ら多くの選手が抜けていった。それでも東京V本来のテクニックにフィジカル的要素を加えたチームはよりたくましくなっていった。

江尻 チーム作りは今年だけではなくて。考え通りのチームになってきたと思ってるので、今年の成績に別に驚きはないし、当然かなと思ってます。ただ、シーズン前の記者の予想順位で我々は中位かその下くらいだったので、さびしいなとは思ってましたけど(笑い)。

そして東京VのJ1昇格を決定的にしたと言っても過言ではないのが、昨季途中の城福浩監督招聘(しょうへい)だ。同監督のもと、東京Vはこれまで弱点とされていた守備を徹底的に強化した。

江尻 城福監督にもそれなりにお金は出してますけど「本当にこれで来てくれるの?」っていう額。でも監督はそこよりも仕事の中身に魅力を感じて引き受けてくれたんだと思う。ウチは今、現場と強化が本当に1つになっている。当然、監督には厳しいことはいつも言われてますけど、僕の話も聞いてくれる。そういう監督さんですし、ヴェルディに欠けていた守備のしっかりとしたベースを、ちゃんと作ってくれた。

江尻氏は、クラブが勝つには職員全員の意識が1つになることが大事だという。だからこそ補強や環境整備等、何でも言語化、数値化してきちんと説明する。そうやって今季チームのキーマンとなっている斎藤功佑や宮原和也、中原輝らも獲得してきた。

※以下リンク先で
※依頼あり
◆芸スポ+スレッド作成依頼スレ★1661 [愛の戦士★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1701333314/172

【J1昇格PO 大学生中心に補強、城福監督招へい 東京VをJ1昇格導いた江尻篤彦強化部長】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/02(土) 21:22:30.94 ID:oPYOKP9e9
ラモス、北澤、武田らは会場に集結

東京ヴェルディと清水エスパルスが戦ったJ1昇格プレーオフ決勝には、両クラブのOBも多く集まっていた。特にホームの東京Vでは、元日本代表MFラモス瑠偉、元日本代表MF北澤豪、元日本代表FW武田修宏と東京V黄金時代の面々も観戦していた。

 試合後、16年ぶりのJ1昇格を決めた古巣について武田氏は「本当に良かった」と喜び、「染野(唯月)が決めてくれて良かったですね」と、後半アディショナルタイム6分にFW染野唯月がJ1復帰につながる同点ゴールとなるPKを決めたことを喜んだ。

 また、「江尻(篤彦強化部長)もお金がないなかで、良くやっていましたよ。練習を見に行った時も江尻と城福(浩監督)さんがしっかりとコミュニケーションをとってやっていましたし、やっぱり良い練習をしていました。あとは来年が大変だね。J1に上がってからどうするか。江尻とは小学校時代の選抜からの仲間だから、今度、ゆっくり話したいね」と言い、「清水が心配だね。俺は。サッカー王国静岡で清水東出身だから、ちょっと心配です。静岡県民としてね」と、J2に残留することになった清水を気遣った。

 この試合には5万3264人という大観衆が集まった。“オリジナル10(Jリーグ発足時に加盟した10クラブ)”対決ということでも注目を集めた大一番だったが、武田氏も「ヴェルディの緑のユニフォームと陸上トラックを、ヴェルディのOBたちと見ながらね、30年前のヴェルディ対清水を思い出しましたよ。国立競技場での優勝争いをしたヴェルディ対清水。もっと振り返れば92年、93年も国立でヴェルディ対清水でしたし、93年の12月1日の試合は俺のゴールで1-0でヴェルディが勝っていますから国立で」と、自身の現役時代を懐かしそうに振り返った。

 また、この日はラモス氏、北澤氏とも再会した武田氏だが、昇格が決まった直後には、ポルトガルにいる元日本代表FW三浦知良からも、ラインが届いたという。武田氏がその画面を見せると、「おめでとうございます。自分も見ていました。あの時間によく追い付きました。素晴らしい」というメッセージが綴られていた。

「カズさんもポルトガルで見ていて、俺も、ラモスさんもキーちゃんも現場にいて。そういう仲間がね、みんな集結したのでね。素晴らしい日でした。本当に江尻さんと城福さんと選手たちを褒めてあげたいです」と、古巣のJ1復帰を心から喜んだ。

 そして来季、再びJ1を戦うことになる東京Vには「今日見ていても、ミスが少なくて止める蹴るの技術は高い。現代サッカーは、ハードワークってスタイルが変わっている。そういう意味では昔のつないでというスタイルではなく、現代サッカーをするハードワークをして走るスタイルでかかってほしい」と言い、「チャンスがあれば来年、コーチでいきたいですね」と、コーチングスタッフとしての東京V復帰にも色気を見せた。

12/2(土) 21:01配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/3347de6fef292d1e06e85fedc2c61e442b8abe1c

【ヴェルディ黄金時代OBが国立に集結! Jリーグ創成期彷彿の対戦カード…16年ぶりのJ1昇格に喜び「本当に良かった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/16(月) 19:30:55.37 ID:DcNZUiBi9
2023.10.16 19:00 Mon

16年ぶりのJ1リーグ昇格を目指す東京ヴェルディに頼もしいベテランMFの戦列復帰という追い風が吹いている。

東京Vは15日、AGFフィールドで水戸ホーリーホックとのトレーニングマッチ(45分×3)を実施した。

2-2のドローという結果に終わったこの一戦では、今年4月から長期離脱を強いられていたMF梶川諒太が約半年ぶりに対外試合への出場を果たした。

今シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕から全試合に出場し2ゴールを挙げる活躍をみせ、東京Vの開幕ダッシュの牽引車の一人となっていた梶川。
だが、4月8日に行われた第7節の清水エスパルス戦の試合中に右ヒザを負傷。その後、右ヒザ前十字じん帯損傷の診断を受け、
クラブのリリースでは全治に約8カ月を要する見込みと伝えられ、今シーズン中の復帰は絶望的とみられていた。

それでも、キャリアを通じて真摯に自らの身体と向き合ってきた34歳MFは、周囲のサポートを受けながら驚異的な回復力をみせ、
受傷から約5カ月を経た先月初旬からチームトレーニングに部分合流。その後も順調にコンディションを上げ、今回の水戸戦では待望の対外試合での実戦復帰を果たした。

メディカルスタッフのアドバイスやコーチングスタッフの慎重な起用法もあり、

https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=451725

【16年ぶりのJ1復帰目指す東京Vに追い風!梶川諒太が水戸とのTMで約半年ぶりの実戦復帰「まずは元気な姿を見せられて良かった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/12(水) 22:47:19.59 ID:xCrZtxXc9
FC東京は12日、ファン・サポーターの行動へ注意喚起を行っている。

12日は天皇杯3回戦が味の素スタジアムで開催され、FC東京は東京ヴェルディと対戦する。12年ぶりに実現された“東京ダービー”。日頃同じ本拠地を持つクラブの対戦とあり、天皇杯3回戦屈指のカードとして注目を集めている。

しかし、この対戦を前にFC東京サポーターによる問題行動がSNS上で話題に。東京Vのスポンサーでもあるゼビオグループの看板に貼り紙がなされていたかと思えば、今度は生卵が投げつけられていることが確認。SNS上でその写真が拡散され、大きな問題となっていた。

そんな中、FC東京は公式ツイッターにて「注意喚起」としてサポーターの行動に言及した。

「飛田給駅周辺やスタジアム通り、味の素スタジアムの敷地内を含め、公共物などへの貼り紙や装飾物の汚損などは絶対にやめてください」

「スタジアムのなかで、それぞれのチームへの応援をよろしくお願いします」

ファンは「Jリーグ全体の評価を下げるな」、「しっかり取り締まって」、「せめてマナーを守れ」、「公式にこんなことを言わせるな」、「平気な顔してスタジアムに来るな」と同じFC東京ファンからも非難を受けている。

超WORLDサッカー!
https://news.yahoo.co.jp/articles/35082d8a70b0887cd1b527f6d2af2a662622e59c

【FC東京が12年ぶり東京ダービー前に注意喚起の異例声明、サポーターの愚行に非難殺到「Jリーグ全体の評価を下げるな」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/20(土) 07:02:56.85 ID:CAP_USER9
サッカーキング 8/19
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20220819/1678979.html

東京ヴェルディは19日、同クラブの前身である読売サッカークラブの初代監督を務めた成田十次郎氏が、2022年8月7日に89歳で逝去したことを報告した。

成田氏は現在の東京Vにつながっている読売サッカークラブの基礎を作りあげただけでなく、日本サッカー界の発展に多方面から尽くしてきた。ドイツ・ケルンへの留学時にはデットマール・クラマー氏を見つけ、日本サッカーへの招へいに尽力。その後クラマー氏は来日を果たし、1964年の東京オリンピックに向けた日本代表の強化に携わっただけでなく、日本サッカー全体の礎を築いた。

成田氏自身も読売サッカークラブだけでなく東京教育大学(当時)の蹴球部でも指揮を執った。筑波大学の教授を務めたほか、高知女子大学(現:高知県立大学)学長も務めていた。

東京Vは今回の訃報を受け、「ここに故人の生前のご功績を偲ぶとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」とコメントを発表している。

【読売サッカークラブの初代監督、成田十次郎氏が逝去 東京ヴェルディが報告】の続きを読む

このページのトップヘ