SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京六大学野球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 19:53:00.02 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年6月2日 13:47
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/02/kiji/20220602s00001089404000c.html
東京六大学野球リーグ フレッシュトーナメント 3、4位決定戦 慶大4―0早大 ( 2022年6月2日 神宮 )

慶大が早大を4―0で下し、最終順位を3位とした。慶大の「4番・一塁」で出場した清原正吾内野手(2年)は、3打数無安打で迎えた8回2死一、二塁から左前に適時打。一塁側内野席で見守った父は拍手を送り、活躍に満足そうな様子だった。

 一塁守備でも内野手が送球したハーフバウンドをすくい上げるなど好守を見せた。

 31日の東大戦に続く2戦連続の適時打を放った「ジュニア」の試合後の一問一答は以下の通り。

 ――適時打は。
 「自分自身、納得いく打席がなくて“どうしよう”と考えた時に、とにかくチームが勝つバッティング、とにかくバットに当てることを考えて打席に入りました」。

 ――父に良い姿を見せた。
 「毎試合見に来てくれていたので、良いところを見せたいと思っていた。それがタイムリーになってうれしいと思っています」。

 ――5番をつけた理由。
 「僕自身、大学から野球を始めた以上は必ず親孝行したいなと思った。オヤジのつけていた5番をやっぱりつけて打席に立ちたい。オヤジが2000本安打達成したところも神宮だったらしいので、その神宮の場で5番をつけて打席に立てることは良い親孝行できたのかなと思います」。

 ――父から言われたことは。
 「頑張ってくれという一言、5番をつけてくれてありがとうなという一言ですね」。

 ――目標の選手は。
 「ホームラン王の萩尾さんだったり、広瀬さんが目標の選手です。慶応の中で」。

 ――父も目標か。
 「それは一番の目標です。オヤジみたいなプレーヤーになることが一番の目標ですし、こうやってみせたいという思いがあります」。

 ――4打席目は。
 「とにかく打席内で迷わないことを意識して真っすぐに負けないように意識しました」。

 ――抜けた。
 「ほっとしましたね」。

 ――斎藤の本塁打で喜んでいた。
 「自分が打てていないことは関係ないですね。チームが打ってくれることに対してシンプルにうれしかった。自分のバッティングがダメだからとかは全く関係なく、チームが良い方向に進んでくれるならば何でもいいです。自分はチームに何が求められているのかを理解しながら勝利につながるバッティングをしたい」。

 ――初戦後に父と打撃の振り返りをした。
 「上半身が緊張して固まっていた部分があった。そこをリラックスしていけというのと、あとは始動をもうちょっと速くしろと」。

 ――きょうは何と声をかけられた。
 「一本出てよかったなと」。

 ――先発で4回1失点だった前田投手は。
 「かわいい後輩なので、おちょくる面もありながら一番応援している投手なので良い感じに抑えてくれてよかったです」。

 ――2試合で手応え。
 「そうですね。去年はノーヒットだったので、今年やっと出て自信にはなりました」。

 ――父の道具を使っている。
 「ファーストミットとリストバンドですね。(オリックス時代につけていた、ファーストミットも試合で使っていた)はい。シンプルに僕から使わせてくれとお願いして、取りやすい。やっぱりオヤジのグローブをつけてグラウンドに立ちたいという思いがありました。あまり雑には使えないので公式戦用として使っています。(1年春から)はい」。

 ――意気込みは。
 「慶応が(春の)リーグ戦で優勝できなかった部分は悔しい部分がある。秋こそは優勝したいので、自分がどのように部に貢献する形になるかわかりませんが、戦力として活躍できるように必死に努力してチームの勝利のために貢献できればいいなと考えています」。

 ◇清原 正吾(きよはら・しょうご)2002年(平14)8月23日生まれ、東京都出身の19歳。小3から「オール麻布」で野球を始め、中学ではバレーボール部、慶応高ではアメリカンフットボール部に所属。慶大で硬式野球部に入部した。一塁のほか三塁、外野もこなす。1メートル86、90キロ。右投げ右打ち。

写真東京六大学野球フレッシュトーナメント<早大・慶大>試合終了後、ハグをする慶大・清原(右)と父・和博氏(撮影・藤山 由理)
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/02/jpeg/20220602s00001089384000p_thum.jpg

【東京六大学野球 慶大清原Jr.が目覚めの兆し 2戦連続適時打に父「一本出てよかった」 好守も披露し先発前田Jr.援護】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 23:41:32.67 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年5月29日 17:00
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/29/kiji/20220529s00001089521000c.html

 慶大・萩尾に浴びた3ランが最後まで効いた。左翼ポール際、ファウルにも見えた当たりに小宮山悟監督が抗議に出たが、最後は「それも含めて野球ですから」と引き下がった。
 
 今季は東大に挙げた勝ち点1のみの5位に沈んだ。同じ13試合で慶大の79得点に比べ35得点と半分以下で投手陣を援護できなかった。小宮山悟監督は「これで5位の選手なんだということがわかったと思う。下からの突き上げがなくて、あぐらをかいてる選手もいるが正座させてやらせます」と話した。中川主将も「本当に情けない。自分たちを見つめ直し、本当の意味で死に物狂いでやりたい」と秋を見据えた。

【東京六大学野球・早慶戦 早大連敗で5位 小宮山監督「あぐらをかいてる選手もいるが正座させてやらせます」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/30(月) 21:32:12.01 ID:CAP_USER9
サンスポ
2022/05/30 20:33
https://www.sanspo.com/article/20220530-ZSFIBZNY65M77AVCA4PT5N57FY/

東京六大学野球・春季フレッシュトーナメント(30日、法大4―4慶大=九回規定により引き分け、神宮)新人戦にあたるフレッシュトーナメントが開幕。広島で通算2119安打を放った前田智徳氏(50)の次男で、慶大1年の前田晃宏投手(18)が法大戦に3番手で神宮デビュー。2回?を1安打無失点に抑えた。

孤高の天才打者と呼ばれた父とは異なる舞台、マウンドで輝きを放った。夏空の下で迎えた神宮デビュー戦。前田が好救援し、ほえた。

「初登板でサヨナラ(負け)は嫌だなと思って緊張しました。(神宮は)とても投げやすかったです」。3-4の七回1死一塁で初登板。遊直に打ち取り、飛び出した一塁走者が戻れずに併殺プレーとした。先頭に中前打を許した九回は後続を断ち、2回?を1安打無失点に抑えた。

慶応高出身の最速143キロ右腕。広島で通算2119安打を智徳氏を父に持つ。高校3年時の昨年6月、夏の神奈川大会直前に右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂し、完全復活の途上。現役時代に右アキレス腱(けん)断裂から復活を遂げた父から「予測不能な動きをしたときに、またけがをするかもしれない。そこを気を付けて」と助言を受け試合に臨み、冷静なマウンドさばきを披露した。

神宮での思い出を問われると「おやじがデッドボールを食らって(左手首の尺骨を)骨折したこと」と、ユーモアを交えて回答。2013年4月23日のヤクルト戦で江村将也から受けた死球を、印象に残るシーンとして挙げた。

一塁を守った清原氏の長男・正吾とともに注目を集める中、堂々のスタートを切った。(武田千怜)

【東京六大学新人戦 慶大・前田晃宏が神宮デビュー 父は元広島で通算2119安打の智徳氏】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 21:35:39.96 ID:CAP_USER9
毎日新聞最終更新 5/29 21:25
https://mainichi.jp/articles/20220529/k00/00m/050/183000c

 東京六大学野球の春季リーグは29日、全日程が終了し、明大の宗山塁内野手(2年・広陵)が打率4割2分9厘(56打数24安打)で首位打者賞を獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。

 2年生ながら首位打者とベストナインに輝き、6季ぶりのリーグ優勝に貢献。それでも表情を緩めずに「簡単に終わってしまう打席があった」と反省を口にする完璧主義者が、明大の宗山だ。

 広陵高(広島)では1年夏(2018年)と2年春(19年)に甲子園の土を踏んだ。明大では1年春から主力としてプレーし、昨秋にはベストナイン(遊撃手)に選出された。

 「昨季、自分ができないことが浮き彫りになった」といい、今季は苦手なコースや球種を一つ一つ克服するために練習時間を割いた。

 グラウンド外でのコンディション作りへの意識も高めた。就寝や起床の時間を一定に保ち、練習後と試合後には体のケアに努めるなど日々のルーティンを徹底した。相手投手に関わらず広角に打球を打ち分けられるのは、「いつも同じ流れで打席に入っていけるから」と言い切る。

 今後の目標は「率を残せて長打力もあって、勝負強く相手から嫌がられ、チームを救える選手になること」。宗山の向上心が尽きることはない。【森野俊】

【東京六大学野球 明大・宗山塁に首位打者賞「チーム救う選手に」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 21:24:37.13 ID:CAP_USER9
時事2022年05月29日20時05分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052900375&g=spo

東京六大学野球春季リーグ戦のベストナインが29日、東京運動記者クラブ・アマチュア野球分科会の投票で決まった。6季ぶり41度目の優勝を遂げた明大からは、首位打者の宗山ら5人が選ばれた。

▽投手 蒔田稔(明大)(1)
▽捕手 蓑尾海斗(明大)(2)
▽一塁手 ※上田希由翔(明大)(1)
▽二塁手 広瀬隆太(慶大)(2)
▽三塁手 山田陸人(明大)(2)
▽遊撃手 ※宗山塁(明大)(2)
▽外野手 ※萩尾匡也(慶大)(1)、宮崎秀太(法大)(2)、山本晃大(慶大)(1)
(丸数字は選出回数、※は満票=13票、広瀬は一塁手で1度受賞)

【東京六大学野球春季リーグ戦 ベストナインに明大5人】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/29(日) 21:22:57.38 ID:CAP_USER9
時事
2022年05月29日19時30分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052900364&g=bsb

慶大は4番の萩尾が3戦連発となる勝ち越し3ラン。やや泳がされながらも左翼ポール際へ運び「真っすぐに合わせる中で、変化球にも対応するのが慶応の基本。それができた」。外角の直球を逆方向へはじき返した前日とはまた違う、うまさも見せた一発だった。

昨季まで本塁打は1本。今季は5本と躍進し、17打点と合わせて2冠に輝いた。「打点の方がうれしい。チームに貢献できた部分が数字に出る」と受け止め、秋に向けて「チームは2位なので、1位を取れる準備を夏にやっていきたい」と力を込めた。

【東京六大学野球 慶大・2冠萩尾、打点に喜び】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/27(金) 18:22:44.12 ID:CAP_USER9
早稲田大学競技スポーツセンター
2022年5月27日 17:20
https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/202205270059-spnaviow

早大生であることを実感する「華の早慶戦」
早稲田大学野球部は5月28日(土)と29日(日)、東京六大学野球春季リーグ戦で慶應義塾大学と対戦します。優勝を目指してリーグ戦に臨んだものの、共に賜杯を逃した早慶両校ですが、そんなことは「華の早慶戦」に関係はありません。野球部は現在、勝ち点「1」ですが早慶戦で勝って「矜持」を見せてくれることに期待しています。

春の野球早慶戦は新入生が同級生や先輩と共に観戦し、応援文化を体験することで「早大生であること」を実感できる重要な機会です。しかしコロナ禍により、2020年はリーグ戦が夏に延期され、2021年も緊急事態宣言下で大学のサークル活動・行事として神宮球場に応援に行くことができなくなっていました。しかし…。
外野席当日販売、応援部の間近で観戦できる!
2022年春の早慶戦では3年ぶりに外野観戦(チケットは当日販売のみ)が可能となり、外野指揮台が設置され、応援部・客席が一体となった臨場感ある観戦が復活します。

※校歌・応援歌の歌唱、選手への声援、肩組み、応援席の撮影は禁止されております
学生150人を無料招待!!! 野球部員・応援部員の観戦レクチャーも開催

早稲田大学競技スポーツセンターでは、抽選で150人の学生を応援部にできるだけ近い内野指定席に無料招待し、「華の早慶戦」を実際に見ることで早稲田文化を感じてもらいます。招待学生には事前に、野球部・応援部の部員による観戦レクチャー=写真=が行われました。球場に行けない方は、テレビ中継やインターネット中継、インターネットテキスト速報が行われますのでリモートで是非、ご観戦ください。

早慶戦については混雑が予想されますので、新型コロナウイルス感染症予防の観点から 内野席は全席指定席で前売り販売を行います。外野席は自由席で、神宮球場で当日販売いたします。(六大学野球連盟HPより)

テレビ中継はこちら→https://www.big6.gr.jp/special/2022s_tv.html
第1戦 5月28日(土)13:00-15:54予定 BS朝日
第2戦 5月29日(日)13:00-(サブチャンネル) 14:00-(メインチャンネル)予定 NHK Eテレ

BIG6.TVインターネット中継はこちら→https://sportsbull.jp/big6tv/live/2022s/

【東京六大学野球 5/28・29野球早慶戦 早稲田、『矜持』持って打倒慶應 3年ぶり応援部・客席一体でエール】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/23(月) 16:26:09.41 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/23 16:21
https://www.sanspo.com/article/20220523-4ORFWJPZURLQZABGVNCPMMMETA/

東京六大学野球春季リーグ第7週第3日は23日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が立大に延長十一回、1―0でサヨナラ勝ちし、2勝1分けで勝ち点を5として6季ぶり41度目の優勝を決めた。10勝3敗2分けで全5校から勝ち点を挙げる完全優勝を達成。

優勝を逃した立大は6勝4敗2分けの勝ち点3で全日程を終えた。

【東京六大学野球 明治大が6季ぶり41度目V 完全優勝 立教大に延長サヨナラ勝ち/明大1-0立教(延長11回)】の続きを読む

このページのトップヘ