SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京六大学野球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/18(水) 12:18:40.74 ID:CAP_USER9
混戦の様相を呈していた今春の東京六大学野球リーグ戦は、明治大学が17日、慶應義塾大学との3時間12分に及ぶ熱戦を12-7で制し、2019年春以来となる優勝に近づいた。21、22日にある明大と立教大学の直接対決で、勝ち点を挙げたチームが天皇杯を手にする。

■重圧なくても、慶大に見られた硬さ
連覇中だった慶大は、1971年秋から72年秋にかけて達成した3連覇に届かなかった。負ければ優勝の可能性が消滅する明大との3回戦。追い上げも及ばず、12-7で敗れると、堀井哲也監督は悔しさを胸にしまい、淡々とこう話した。

「(3連覇を目指すというよりは)優勝を目指して1カード、1カード、全力で戦ってきました。その結果として力及ばず、ということだと思います」

データ上では第6週終了時点で、チーム打率が1位なのに対し、同防御率は5位。堀井監督は3連覇を逃した一番の要因を問われると、「一つではなく、投打ともいくつか課題はあった。そのあたりはシーズンが終わってから探っていきたい」と答えた。

主将の下山悠介(4年、慶應)も、50年前の大記録に対する重圧はさほどなかったという。ただ、目の前の「大一番」に対するプレッシャーはあったかもしれない。硬さが本来のプレーを邪魔したシーンがいくつか見られ、それが明大に流れを渡す展開につながった。五回終了時点で10対1。試合中盤で大差をつけられた。

■追い上げの起点となった4年生の代打陣
明大の田中武宏監督は、9点をリードしても安心していなかった。「東京六大学は何点差になろうと途中で諦めるチームはありませんから」。その予感は、明大からすると、悪い方向で的中する。慶大は七回に3点を返すと、八回にも3点を入れ、3点差まで詰め寄った。

七回には、代打で起用された青木大周(慶應志木)と文元洸成(智弁和歌山)の両4年生が連続ヒットを放った。青木も文元も、これがリーグ戦初安打。下山は「五回で9点差になっても、みんなポジティブな声かけをしていて頼もしかった」と振り返ったが、苦労人の最上級生の連続代打ヒットで、ベンチはさらなる盛り上がりを見せた。

慶大は春秋連覇を果たした昨年も、たびたび代打策が的中する場面が見られた。選手層が厚い中でも、黙々と準備して出番を待つ。それを積み重ねてきた結果である。堀井監督は「2人とも調子がいいのはわかっていたので、どこかで使いたかった。よく打ってくれた」と青木と文元をねぎらった。

40回目のリーグ優勝と3連覇はなくなったが、リーグ戦は終わっていない。まだ伝統の早慶戦が残っている。春秋連覇した昨年は1勝2敗1分けと早稲田大学に負け越している。必ず勝ち点を奪うつもりだ。

■首位に立ち、主将が戻ってきた明大
明大は勝ち点を4とし、首位に立った。4カードを終えて、8勝3敗1分け。チーム打率は慶大と1厘差の2位で、同防御率はリーグ1位と、投打とも好調だ。打線は宗山塁(2年、広陵)と上田希由翔(3年、愛産大三河)の3、4番が引っ張り、投手陣は蒔田稔(九州学院)と村田賢一(春日部共栄)の両3年生右腕が2本柱として、いずれも4勝をマーク。チームの核となる選手が明確なのが強みだ。

この4人に加え、慶大3回戦では主将の村松開人(4年、静岡)が打席に立った。2月に右ヒザの半月板損傷の手術を受けた村松は、この代打出場が今季初打席だった。

田中監督は「自分が試合に出られなくても、適切な声かけで戦力になっていた。故障明けでなかなか起用できなかったが、次のカードではプレーでも戦力になってくれるはず」と期待する。

■投打の充実ぶりは、立大も負けず
19年春以来の優勝が近づいた明大を待ち構えているのが、勝ち点3で追う2位の立教大学だ。今週末に予定されている直接対決で、勝ち点を挙げた方が天皇杯を手にする。明大は勝ち点では立大を上回っているが、立大戦でも勝ち点を取らないと栄冠には届かない。両校とも勝ち点4になった場合は、勝率で上回る立大の17年春以来となる優勝が決まる。

立大は昨年の春・秋で17試合登板と大車輪の働きをした池田陽佑(3年、智弁和歌山)が、開幕2戦目から腰の違和感で離脱したが、荘司康誠(3年、新潟明訓)がエースとして1本立ち。他にも沖政宗(2年、磐城)と島田直哉(4年、龍谷大平安)が台頭し、それぞれ2勝を挙げている。攻撃面では、ともに大阪桐蔭高校3年時に「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」で春夏連覇を果たした、主将の山田健太と宮崎仁斗の両4年生が存在感を発揮。投打の軸が確立している。

今春、コロナ禍前の19年秋以来に復活した勝ち点制。優勝を争う2校の雌雄は、勝ち点で決まることになった。

※長文の為一部略

4years2022/05/18
https://4years.asahi.com/article/14623434

【東京六大学野球 3時間12分に及ぶ熱戦は明治大学に軍配 優勝の行方は立教大学との一騎打ちに】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/17(火) 16:53:11.64 ID:CAP_USER9
スポーツ報知2022年5月17日 16時25分
https://hochi.news/articles/20220517-OHT1T51115.html

◆東京六大学野球春季リーグ戦第6週第3日▽明大12―7慶大(17日・神宮)

 昨年の春秋覇者・慶大は、1勝1敗で迎えた明大3回戦で2ケタ失点。後半の反撃も及ばなかった。4カードを終えて勝ち点は2のままで、優勝の可能性が消滅した。

 先発のエース・増居翔太投手(4年=彦根東)は、1回表に1点を失い、3回表には4安打を浴びて3失点。試合を作ることが出来ず、3イニングで降板した。その後も明大に得点を許し、5回終了時で1―10。7、8回に3点ずつ返したが、前半の失点が大きすぎた。

 「選手には『優勝は結果。対抗戦の一試合、一試合をしっかりやっていこう』と話してきたが、結果として力及ばなかった」と堀井哲也監督。下山悠介主将(4年=慶応)は「リーグ優勝を目指してきた。可能性が消えたのは、率直に悔しい」と話した。

 優勝争いは、勝ち点を4に伸ばした明大と勝ち点3の2位・立大に絞られ、次週の直接対決で勝ち点を挙げた方が優勝となる。

【東京六大学野球 慶大が明大3回戦に敗れ3季連続Vが消滅 堀井哲也監督「力及ばなかった」明治12―7慶應義塾大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/16(月) 15:20:48.87 ID:CAP_USER9
スポニチ 2022年5月16日 11:53
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/16/kiji/20220516s00001089266000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第6週の慶大―明大3回戦は雨天のため17日正午からに順延となった。

今季3年ぶりに勝ち点制に戻ったリーグ戦。明大は先週の法大戦で4回戦の末勝ち点を挙げ、今回は慶大と1勝1敗。9日間で6試合を消化している。ここ2年間はコロナ禍で1試合総当たりや、2試合で9回打ち切りなど3回戦はなかった。3年生以下は初めての経験となる。

東大戦以外はすべて3回戦以上に進む展開に、慶大2回戦後、田中監督は「村田ら蓄積疲労があったけど、いけるところまで投げてくれた」と頑張りを称えた。そして「直井や堀内ら細身の選手は3キロは痩せたね。(勝ち点制は)経験がないからね」と直井をベンチから外した。

慶大初戦で負け投手になった蒔田も疲労からストレートが走らず苦しい投球となった。この日の雨天順延で中2日となり、どれだけ回復できているか。3回戦を落とせば負け数が多く、ほぼ優勝戦線から脱落となる明大。慶大も負ければ3連覇が消滅する大一番。慶大・堀井監督と田中監督は同期生。お互い負けられない意地のぶつかり合いとなる。

<6大学の日程>
8週間で行われるリーグ戦。早慶戦が最終週に固定されているため、開幕週に早慶が出た場合、両校は8週間で5カード。空き週が3回ある。一方、今季のように開幕週に試合のない立大、明大は6週間で5カードを戦い空き週は1回のみ。2、3週目を戦い、5~7週と3カードの連戦となる。明大の田中監督は「終盤に法大、慶大、立大と続くから厳しい戦いになるのはわかっていた」と想定通りを強調していた。ちなみに19年春に優勝した明大は同じ日程だった。

【東京六大学野球 明大は9日間で6試合 雨天順延は恵みの雨となるか】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 21:02:47.55 ID:CAP_USER9
東京六大学春季リーグ第5週第4日(明大6―5法大、10日、神宮)明大が法大に競り勝って2勝1敗1分けとし、勝ち点を3に伸ばして単独首位に立った。法大は勝ち点2のまま。

明大ナインの雄たけびが、神宮球場に響き渡った。黒星スタートの苦しい4連戦を粘り強く戦い抜き、単独首位に浮上した。五回に勝ち越し打を放った堀内祐我内野手(3年)は「監督の『打て』の合図が自分のときだけ強いような感じがした。食らいついていきました」と声を弾ませた。

12安打6得点。連投で投手陣が5失点と苦しむ中、打線が奮闘してつかんだ1勝は「夢」も味方していた。今季初スタメンで、五回に貴重な追加点となる適時三塁打をマークした長南佳洋(ちょうなん・よしひろ)外野手(4年)の起用理由について、田中武宏監督(61)は「夢に出てきたので、出してみようかなと思った」と説明。期待に応える活躍だった。

次カードは3季連続優勝を狙う慶大とぶつかる。「慶応の方が上だと思っている。慶応を引きずり下ろすつもりでいく」と指揮官。2019年春以来6季ぶりの優勝へ、猪突猛進する。(武田千怜)

サンスポ2022/05/10 20:33
https://www.sanspo.com/article/20220510-IDUWVRE4NBMAHCHAYCFGSRI53A/

【東京六大学野球 明大が単独首位 田中監督の夢に出てきた選手起用がズバリ 長南佳洋が貴重な適時三塁打/明治大6―5法政大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 16:41:00.84 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/09 16:29
https://www.sanspo.com/article/20220509-UYJMTGJUFRLMTNSLTDEGTMCVHU/

東京六大学野球春季リーグ第5週第3日(法大0―2明大、9日、神宮)明大が1勝1敗1分けのタイに持ち込んだ。1回戦に先発した右腕・蒔田稔投手(3年、九州学院)が、3安打で初完封(2四球9奪三振)し、今季3勝目を挙げた。打線は三回、1死二、三塁で3番・宗山塁内野手(2年、広陵)が申告敬遠で1死満塁となったところで、4番・上田希由翔内野手(3年、愛産大三河)が中前に先制で決勝の2点打を放った。

蒔田は「1回戦で負けて準備してきた。気を抜かないように、ギアを入れ、コントロールミスをしないように投げた。バリー・ボンズのバットを2万4000円で買って、そのバットできょうは打てた」という。三回先頭では右前打で出塁し、先制のホームイン。早大1回戦(4月23日)の初完投から、初完封に好打の秘密を打ち明けるほど笑顔が弾けた。

田中武宏監督は「蒔田は不器用だけど、覚えたら忘れない。日々の積み重ね」と快投を称えた。

【東京六大学野球 明大が1勝1敗1分けのタイに 蒔田稔が3安打で初完封「1回戦で負けて準備してきた」法政大学0-2明治大学】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 14:45:11.50 ID:CAP_USER9
東京六大学野球春季リーグ戦第5週第2日2回戦
東大2―3立大 ( 2022年5月8日 神宮 )

<東京六大学野球>東大先発の綱島(撮影・会津 智海)

 東大が1点差に迫りながら届かず勝ち点を奪われた。今季は早大に2引き分けするなど善戦も目立つが、勝ちきれない原因の一つに四死球の多さがある。この日も立大に9四球。立大の拙攻に助けられたが、どうしても試合の流れをもってこれない。9試合を消化して75与四死球と多く1試合平均8・3個。初回の先制点も先発の綱島が2死二塁から3連続四球の押し出しで与えたもの。井手峻監督は「ツーナッシングから勝負して、仮に打たれてもいいぞと言っているんだが。追い込んでからコーナーを狙いすぎているかな」とバッテリーの奮起を促す。

 中1日で10日には早大4回戦が待っている。井沢、西山ら多くの経験を積んでいる投手がいるだけに「五月病」ならぬ「四球病」を克服しないと、勝利はやってこない。

スポニチ2022年5月8日 14:32
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/08/kiji/20220508s00001089393000c.html

【東京六大学野球 東大が立大に1点差負け 四死球多く…指揮官がバッテリーの奮起促す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 17:13:37.20 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/01 16:59
https://www.sanspo.com/article/20220501-BOCYY5X4JZMB5LHNRD6WEDXDH4/

東京六大学野球春季リーグ第4週第2日(法大2-3×慶大、1日、神宮)2-2で迎えた九回裏、慶大は一回にバックスクリーンへ先頭打者本塁打を放った1番・萩尾匡也外野手(4年、文徳)が左越えにサヨナラ本塁打。サヨナラ負けを喫した前日の雪辱をサヨナラ勝ちで果たし、1勝1敗とした。

萩尾は「(一回に打っていて)九回も打ちたいと思っていた。打ったのは真っすぐ。瞬間、いったと思ったけど、走らないといけないと思っていた。出来過ぎ」と笑顔を見せた。

堀井哲也監督は「思い切りよくやってくれた。昨日(1回戦)でサヨナラ負けして、きょうは勝てて五分五分になった。明日(3回戦)が勝負ですね」と引き締めた。

【東京六大学野球 慶大が法大に〝サヨナラ返し〟 萩尾が先頭打者本塁打&サヨナラ本塁打 法政大2-3慶應義塾大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 19:42:32.39 ID:CAP_USER9
スポニチ2022年4月25日 17:20
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/25/kiji/20220425s00001089416000c.html

東京六大学野球春季リーグ戦第3週最終日 3回戦 明大3―2早大 ( 2022年4月25日神宮 )

明大がわずか3安打で早大に競り勝ち、勝ち点2を挙げた。

3回、四球の上田希由翔(3年=愛産大三河)を一塁に置き、3番宗山塁(2年=広陵)が早大の左腕・斎藤正貴(3年=佐倉)の変化球を右中間へ今季2号。開幕して5試合で打点11、打率は・556と現在2冠の左打者はチームに貴重な先制点をもたらした。投げては5回から救援した村田賢一(3年=春日部共栄)が5イニングを1失点に抑え、連投ながら勝利に貢献した。

「きのう僕で負けているので、絶対勝つんだという気持ちで投げてました。接戦で競り勝てたのは自信になります」村田は汗を拭いながら笑顔で話した。宗山も「楽に勝てる試合は1つもない。接戦でも勝てるような練習をしてきたつもり。ワセダには昨年秋にやられているから、勝ててよかった」と端正なマスクをほころばせた。これで4勝1敗の勝ち点2。4勝1分、勝ち点2の慶大を追う位置にいる。投手陣に不安は残るが、蒔田稔(3年=九州学院)&村田の3年生コンビが成長。投手で勝てた1勝の意味は大きい。

【東京六大学野球 明治大3-2早稲田大 明大わずか3安打で早大討ち、勝ち点2 宗山「接戦でも勝てるような練習をしてきた」】の続きを読む

このページのトップヘ