SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京六大学野球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 16:53:45.94 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/04/24 16:30
https://www.sanspo.com/article/20220424-CLD6GGE32RKG5O7FD4ZW3E5E4A/

東京六大学野球春季リーグ第3週第2日(慶大3―3立大=規定により引き分け、24日、神宮)立大は慶大に先行されたが、六回に犠飛と押し出しで追いついた。プロ併用日の規定により九回引き分けとなり、1分け1敗で25日の3回戦に持ち込まれることになった。

九回には1回戦で先発した荘司康誠投手(4年、新潟明訓)を投入した溝口智成監督は「(登板に)迷いはあったけど、負けたら明日がないので、いってもらった。(2番手の)沖政宗投手(2年、磐城)はよく投げた。全体に前半粘ったが、後半は勝ち切れたのかもしれないが、1回戦(15残塁)に続いて、きょうも残塁が(10個と)多かった。ホームは遠い」と首を振った。

【東京六大学野球 立大は慶大と引き分け 溝口監督は10残塁を嘆く「ホームは遠い」/慶應義塾大3―3立教大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/23(土) 17:26:33.95 ID:CAP_USER9
サンスポ
2022/04/23 17:14
https://www.sanspo.com/article/20220423-GCQRTAKKONNETOJMOKTOLSDUZ4/

(明大5―2早大、23日、神宮)早大は四回に追いついたが、その後、バント処理で悪送球など守備の乱れも出て、六回からは無安打で追い上げられなかった。

小宮山悟監督は「先発の斎藤正(6回4失点)には、最後まで投げてもらう投手になってほしいと思っている。情けない(バント処理の悪送球など)エラーを何とかしないと。きょうから怒涛の8連勝だと、来る前にいっていたのだが、響いているのかどうか…」と渋い顔だった。

【東京六大学野球 早大は明大に敗れる 小宮山監督「きょうから怒涛の8連勝だといっていたのだが…」明治大5-2早稲田大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/22(金) 21:59:17.47 ID:CAP_USER9
早稲田大学競技スポーツセンター
2022年4月22日 19:00
http://wasedasports.com/news/20220422_167830/

東京六大学野球春季リーグ戦(リーグ戦)は第3週を迎える。早大は開幕の法大戦に2連敗し、令和2年秋以来の優勝へ、もう負けられない状況だ。明日から明大との戦いが始まる。初戦である先週の東大戦を、2戦連続の2桁得点で圧倒的な勝利を飾っている明大。投打ともに隙のないチームに、いかに勝機を見出すか。

明大は、リーグ戦通算11勝を挙げた絶対的エースの竹田祐(現三菱重工West)が卒業するも、次世代投手の台頭が見られる。先発は東大戦同様、蒔田稔(3年)、村田賢一(3年)の3年生コンビが予想される。蒔田は昨秋神宮デビューし、先週の東大戦で初勝利を挙げた。村田は1年時から神宮のマウンドに上がっており、東大戦で第2先発すると、テンポの良い投球で5回2安打無失点の好成績を残している。今季のチーム防御率は1.00と現在リーグトップ。打ち崩すのは容易ではない。

初戦の法大戦で好投した加藤の投球に注目だ

また、防御率同様チーム打率もここまで.395と、リーグトップの成績だ。特に注意したいのは1年生ながら今季6番・右翼でスタメン出場している瀬千皓(1年)。3月末に行われた社会人対抗戦では4番に座り、リーグ戦でもその存在感を高めている期待のスラッガーだ。先週のリーグ戦初打席では、カウント1-1から軽々と左翼スタンド中段への2ラン本塁打を放っている。3番・遊撃の宗山塁(2年)にも油断がならない。昨秋は満票でベストナインに選ばれており、その実力は折り紙付きだ。今季は9打数6安打、すでに本塁打も1本飛び出しており、強打の明大をけん引している。

対する早大は二枚看板である徳山壮磨(令4スポ卒=現横浜DeNAベイスターズ)、西垣雅矢(令4スポ卒=現東北楽天ゴールデンイーグルス)が卒業し、いまだ投手陣の柱は定まっていない。しかし光明は差し始めている。開幕の法大戦で第1先発を務めた齋藤正貴(商3=千葉・佐倉)は走者を背負い苦しい場面を何度か迎えたが、粘りの投球を見せた。第2先発を務めた加藤孝太郎(人3=茨城・下妻一)も、6回に同点に追いつかれてしまったものの、4回までは直球で押しカウントを有利に進め、無安打無失点に抑える好投を続けていた。伊藤大征(社3=東京・早実)や、中森光希(文構2=大阪・明星)など、若い世代の中継ぎも健闘している。

チームに勢いを作るためにもリードオフマンの熊田にかかる期待は大きい

打撃においても、2試合11安打と安打が出ていない訳ではない。昨年度不振に陥った遊撃熊田任洋(スポ3=愛知・東邦)はコンスタントに安打を放っており、調子が上がってきていることは確かだ。今春からスタメンに定着した生沼弥真人(教3=東京・早実)も、リーグ戦初の打点を挙げるなど、早大の打線を支えている。春季オープン戦で好調の吉納翼(愛知・東邦)や、昨秋は出場機会のなかった野村健太(スポ3=山梨・山梨学院)にも安打が出ており、けして打線が湿り切っているわけではない。課題は打線のつながりだ。強力な投手擁する明大相手に、1本の安打をどれだけ大切につなげられるかどうかに今季初の勝利がかかっている。

開幕カード2連敗とはいえ、まだリーグ戦は始まったばかりだ。昨秋も開幕の立大戦では2連敗するも、早慶戦では優勝争いにまで持ち込んだ。明大から勝ち星をもぎ取り、賜杯への望みをつなぎたい。

(記事 荒井結月、写真 臼井恭香、玉置理沙子)

【【早稲田大学】打線をつなぎ、投打ともに隙のない明大を打ち破れ/明大戦展望】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 15:05:19.83 ID:CAP_USER9
立大 連日 序盤にリードし守り切る 勝ち点1 

初回4点先取 ロングリリーフ島田 初勝利、宮が締める

立大 7 - 4 法大

東京六大学 4.17
https://www.big6.gr.jp/index.php

【東京六大学野球 立教大 連日 序盤にリードし守り切る 勝ち点1 立大7 - 4法大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/17(日) 10:06:00.19 ID:CAP_USER9
スポニチ
[ 2022年4月16日 17:54 ]
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/16/kiji/20220416s00001089495000c.html


東京六大学野球春季リーグ戦第2週第1日 1回戦 立大4―1法大 ( 2022年4月16日 神宮 )

第2試合の立大―法大1回戦で、東京六大学野球史上初となる女性主務同士がベンチ入りした。立大は大河原すみれ主務(4年=湘南白百合学園)、法大は宮本ことみ主務(4年=法政)がスコアブック片手に戦況を見守った。男子マネジャーが主務を務めるのが一般的だが、最近は女性主務も登場。裏方の責任者として部の運営の先頭に立っている。

この日は立大が4―1で勝利。大河原主務は「(宮本さんとは)困ったことがあったりすると電話して相談している仲です。すごく仲良くやっています」と笑顔で話した。早大にも初の女子マネとして藤田南マネ(2年=開智)が誕生。伝統ある東京六大学野球を女子マネたちが支えている。

【東京六大学野球史上初 立大VS法大で女性主務同士がベンチ入り「電話して相談する仲です」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/15(金) 21:22:31.54 ID:CAP_USER9
◆ 慶応大・下山悠介は楽天・茂木のような選手に?

 選抜高校野球が終わり、4月に入ると大学野球や社会人野球も本格的に公式戦が始まる。

 4月9日、神宮球場で幕を開けたのが東京六大学野球の春季リーグ戦。以前のコラムでも早稲田大・蛭間拓哉や立教大・山田健太をすでに取り上げているが、ほかにもプロ入りの可能性を秘めた選手は少なくない。

 今回は東京六大学野球のドラフト候補の中から、蛭間や山田を除いた野手の有力選手について紹介する。

 ドラフト候補という観点で見ると、内野手に好素材が揃っている今年の大学生たち。

 なかでもプロからの注目度が高い選手は、慶応大・下山悠介(慶応高)、明治大・村松開人(静岡高)、法政大・斉藤大輝(横浜高)の3人だ。

 下山は慶応高校時代から強打のサードとして活躍。3年時には春夏連続で甲子園にも出場し、夏には2試合で4安打をマーク。ホームランも放っている。

 大学進学後は1年秋からサードのレギュラーに定着。いきなりベストナインを獲得すると、その後もチームの主力として安定した成績を残しており、リーグ戦の通算安打は現役選手で山田に次ぐ57本を誇る。

 下半身が安定したスイングで広角に鋭い当たりを放ち、スタンドに放り込む力も申し分ない。サードの守備もフットワーク、スローイングともに高レベルで、この春にはセカンドを任されるなど、複数のポジションを守れるという点も大きい。タイプとしては、茂木栄五郎(楽天)のような選手になれる可能性を秘めている。

 村松は抜群のスピードとミート力が光るセカンド。高校3年時に足首を故障した影響もあって、レギュラーを獲得したのは昨年から。それでも昨年は春夏連続で3割を大きく超える打率を残し、春にはセカンドのベストナインを獲得した。

 2シーズンで合計7盗塁をマークしたほか、171センチと上背はないものの、ミート力は抜群。昨秋には左方向に一発を放つなど、13安打中6安打が長打と力強さも年々アップしている。この春は膝を痛めた影響で出遅れていることが気がかりだが、総合力では大学球界を代表するリードオフマンといえるだろう。

 斉藤もまた、横浜高校時代から評判の強打のセカンドで、1年時から3年連続で夏の甲子園に出場している。法政大ではなかなか結果を残すことができなかったが、昨春に3本塁打を放ってブレイク。秋にはリーグ2位となる打率.438の成績を残し、2季連続のベストナインにも輝いた(春は村松と同時受賞)。

 それほど大柄ではないが、リストの強さが抜群。絡めとるようにして強烈に引っ張る長打力を備えている。村松ほどのスピードはないが、それでも昨年2季で7盗塁を決めるなど、積極的な走塁も光っている。

◆ 外野手で注目の選手は…?

 外野手では、立教大・道原慧(駒大苫小牧高)と慶応大・萩尾匡也(文徳高)の名前が挙がる。

 道原は抜群の運動能力の高さが魅力。体は大きくないが、外野からの返球は一直線でサード、ホームへ届き、そのスローイングはプロでも上位のレベルにある。

 脚力も素晴らしいものがあり、昨年12月に行われた大学日本代表候補合宿での50メートル走では、参加した全選手の中で矢沢宏太(日本体育大/藤嶺藤沢高)に次ぐ2番目のタイムをマークした。スイングに柔らかさがあり、全身を使ったフルスイングも力強い。外野手としての総合力は大学球界で屈指だ。

 一方の萩尾は、文徳高校時代から評判だった右の強打者。リーグ戦通算15安打と実績は物足りないが、一躍評価を上げたのが昨秋の明治神宮大会だ。

 準決勝・決勝と2試合連続でホームランを放ち、特に決勝での一発はバントの構えからバットを引いてヒッティングする“バスター”でライトスタンドに叩き込んだもの。そのリストの強さには驚かされた。チームは惜しくも優勝を逃したが、3試合で13打数6安打・2本塁打と見事な成績を残しており、貴重な右の大砲候補として面白い存在だ。

 それ以外にも、抜群の強肩が光る捕手の東京大・松岡泰希(東京都市大付高)や、高校時代は甲子園春夏連覇に貢献した早稲田大・中川卓也(大阪桐蔭高)と立教大・宮崎仁斗(大阪桐蔭高)、強肩強打の外野手である法政大・野尻幸輝(木更津総合高)なども、リーグ戦の活躍次第ではドラフト戦線に浮上する可能性は十分にある。

☆記事提供:プロアマ野球研究所

BASEBALL KING 2022.04.15. 07:08
https://baseballking.jp/ns/column/319533

【早稲田大・蛭間、立教大・山田以外にも“逸材”が続々…東京六大学の注目ドラフト候補/野手編】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/03(木) 07:21:54.06 ID:CAP_USER9
スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20220301-OHT1T51157.html
2022年3月1日 17時54分

東京六大学野球連盟は1日、春季リーグ戦の日程を以下の通り発表した。なお、勝ち点制の復活や観客の上限、応援方法など運営の詳細については、11日の理事会で決める。

4・9(土)東大―慶大
      早大―法大

 10(日)法大―早大
      慶大―東大

 16(土)東大―明大
      法大―立大

 17(日)立大―法大
      明大―東大

>>23(土)立大―慶大
      明大―早大

>>24(日)早大―明大
      慶大―立大

>>30(土)慶大―法大
      早大―東大

>>5・1(日)
      東大―早大
      法大―慶大

  7(土)法大―明大
      東大―立大

  8(日)立大―東大
      明大―法大

 14(土)慶大―明大
      立大―早大

 15(日)早大―立大
      明大―慶大

 21(土)立大―明大
      法大―東大

 22(日)東大―法大
      明大―立大

 28(土)早大―慶大

 29(日)慶大―早大

【注】球場は神宮。校名上が三塁側先攻。早慶戦は慶大が三塁側。※はプロ併用日。開始時間は2試合日が11時(プロ併用日は10時)、1試合日は13時(プロ併用日は12時)

【東京六大学春季リーグ戦の日程決まる 4月9日開幕、早慶戦は5月28・29日】の続きを読む

このページのトップヘ