SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東京6大学野球

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 18:09:23.17 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月30日17時34分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204300000723.html

<東京6大学野球:早大2-2東大>◇第4週第1日◇30日◇神宮

東大が9回に追いつき、プロ野球併用日のため2-2の引き分けとなった。

1-2で迎えた9回1死、阿久津怜生外野手(4年=宇都宮)が内角直球をとらえて右翼スタンドへ同点ソロを放ち、土壇場で追いついた。リーグ戦初本塁打で「塁に出ることを最優先に考えていた。たまたまですが、うれしいです」と笑顔で話した。

阿久津は、同大アメフト部出身の異色の経歴を持つ。2年生の8月に野球部へ転部し、3年目を迎える。50メートル走6秒1の俊足で、アメフト部ではランニングバックとして活躍した。高校では宇都宮の硬式野球部に所属して外野手だった。

大学入学時には体重60キロだったが、1日7食と筋力トレーニングで75キロまで増えた。フリー打撃では柵越えは「100回に1回くらいですね」と苦笑い。地道に続けた練習の成果がリーグ戦につながった。試合は引き分けに終わり「勝ち切れなかったのが悔しい。でも負けなかったので明日、明後日で勝ち点を取って、目標の最下位脱出をしたい」と話した。

東大・井出峻監督(78)「野球は何が起こるか分からない。阿久津は(長打が)出る可能性はあったが、びっくりです」

【東京6大学野球 東大が早大とドロー 阿久津怜生「塁に出ることを最優先に」起死回生の同点弾/早稲田大2-2東京大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 18:42:43.43 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ[2022年5月8日18時16分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205080001064.html

<東京6大学野球:法大2-2明大>◇第5週第2日◇8日◇神宮

明大は9回2死から2点差を追いつき、延長戦の末、引き分けに持ち込んだ。

2点を追う9回2死二塁。上田希由翔(きゅうと)内野手(3年=愛知産大三河)の適時二塁打で1点を返した。なお2死二塁で、山田陸人内野手(4年=桐光学園)がカウント0-2と追い込まれてからの低めのチェンジアップにうまく合わせて左前打。土壇場で同点に追いついた。

山田陸は4番を任されていたが、この日は6番でスタメン。「結果が出ていないので、当然のこと。チームの勝利に近づけるように集中していきたい。明日勝って、明後日も勝ちきって、明治らしい野球をしたい」と引き締めた。

延長12回を戦って2-2の引き分け。田中武宏監督(61)は「ウチはこういう展開が多い。選手には、先輩がこういう試合をやってきたと伝えているので、少し近づいたかなと思う」と粘り強さを評価した。打者陣は、バットを短く持ってコンパクトに振る意識を徹底しており「全員が同じ方向を向くためにも、昨日長く(バットを)持っていた上田も短く持って練習をして打てたので、本人も納得していると思う」と意図を明かした。

【東京6大学野球 明大が法大と引き分け「明治らしい野球を」山田陸人が同点打/法政2-2明治】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 07:54:42.41 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月7日15時36分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205070000521.html

<東京6大学野球:立大7-4東大>◇第5週第1日◇7日◇神宮

今季初勝利を狙った東大は、逆転負けで1回戦を落とした。

先手は取った。立大の先発、ドラフト候補右腕の荘司康誠投手(こうせい)投手(4年=新潟明訓)の立ち上がりを攻めた。

1回、先頭の宮崎湧外野手(4年=開成)が左前打を放ち、すかさず盗塁。2番の阿久津怜生外野手(4年=宇都宮)は四球を選んだ。無死一、二塁とし、浦田晃佑内野手(4年=金沢泉丘)の左翼線への二塁打で1点を先制。さらに暴投の間に1点を追加した。4番・梅林浩大内野手(3年=静岡)も中前適時打で続き、この回一挙3点を奪った。

東大の先発は、井沢駿介投手(4年=札幌南)。毎回、走者を背負う苦しい投球ながら粘り、5回を4失点。立大に勝ち越しを許したが、8回に暴投で4-4に追いついた。しかし直後の8回裏に3点を奪われ、今季初白星はならなかった。

▽東大・井手峻監督(初回に4安打集中で3点を先制しながら逆転負け) 1回はよく打った。打者にもぐりこむ感じがあったので、ボールを上から見ろと指示した。あの攻撃があと1、2回出てくれば。明日、頑張ります。

【東京6大学野球 東大は今季初白星ならず…立大のドラフト候補右腕から初回一挙3点も逆転負け】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/07(土) 18:43:54.87 ID:CAP_USER9
日刊
2022年5月7日15時37分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205070000523.html

<東京6大学野球:法大3-1明大>◇第5週第1日◇7日◇神宮

首位の明大が今季3カード目にして初めて初戦を落とした。

1回に犠飛で1点を先制しながら追加点が奪えない。6回まで毎回走者を出しながら、あと一押しができなかった。好投していた蒔田稔投手(3年=九州学院)が6回に同点本塁打を浴び、リリーフ陣も踏ん張れず逆転負けした。

田中武宏監督(61)は「クリーンアップがあれじゃ」と、3人で10打数1安打に終わった主軸の不振を嘆いた。また四球をきっかけに決勝点、追加点を許したリリーフ陣について「何をおびえているのか、追い上げの気持ちがなくなる」と厳しかった。

現時点(7日)で勝ち点を落としていないのは明大だけ。同監督は「どことやっても1点差。首位の意識はないです。明日、どうやるかです」と2回戦での巻き返しを誓った。

【東京6大学野球 明大、今季3カード目で初の初戦黒星 田中武宏監督「クリーンアップがあれじゃ」法政3-1明治】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/01(日) 14:10:03.04 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年5月1日13時29分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205010000464.html

<東京6大学野球:東大6-6早大>◇第4週第2日◇1日◇神宮

東大はあと1球、あと1人で勝利を逃した。早大戦で、2試合連続の引き分けとなった。松岡泰希主将(4年=東京都市大付)は「しんどいですね。難しいなと思いました」と振り返った。

6-5で迎えた9回裏2死から同点とされ、プロ併用日のため引き分けで終了した。

投手陣は、継投で早大打線を抑えた。6回からは、前日に先発し155球で9回完投した井沢駿介投手(4年=札幌南)がマウンドへ。連投となったが、粘りを見せた井沢は「今日は勝てた試合だなと思っています。(連投の)準備はできていてた。打たれたのは、シンプルに自分の実力不足です。緊張感はなかった。詰めの甘さが出た」と話した。

第3戦以降の戦いに向けて、松岡は「みんなでなんとか粘って、終盤勝負に持ち込みたい」と見据えていた。

【東京6大学野球 東大あと1球、あと1人で勝利逃す「しんどい、難しい」早大と2戦連続引き分け/東京大6-6早稲田大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 18:07:25.21 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月30日13時14分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204300000428.html

<東京6大学野球:法大5-4慶大>◇第4週第1日◇30日◇神宮

引き分けまで残り1死から、法大が劇的なサヨナラ勝ちで先勝した。慶大に今季初黒星をつけた。

4-4で迎えた9回2死満塁、9回表の守備から途中出場していた内海貴斗内野手(3年=横浜)が、慶大・橋本達弥投手(4年=長田)の初球、139キロ変化球を捉えた。高く上がった打球は左翼手の前にポトリと落ちるサヨナラ打となった。リーグ戦初安打が人生初のサヨナラ打となり「(打席が)回ってこいと思っていた。ボールは選ばずに、バットに当たるボールを振っていこうと思って、初球から振りました」と振り返った。

ベンチから駆け寄ったチームメートとがっちりと抱き合い、祝福を受けた。「みんなの見たことないような笑顔を見られて、ああいいチームだなって思いました」と満面の笑みを浮かべた。

4点差をひっくり返した。先発の篠木健太郎投手(2年=木更津総合)は3回まで被安打1の無失点に抑えたが、4回に3四死球が絡み4点を先制された。篠木は5回4失点で降板した。

1-4で迎えた6回無死一、二塁で今泉颯太内野手(3年=中京大中京)が追い込まれてから、左翼スタンドへ今季2号の同点3ラン。「感触はよかったけど、向かい風だったので入ってくれと思って走りました」と諦めない気持ちを打球に乗せた。

8回から3番手で登板し、2回を無失点に抑えた武富陸投手(3年=日大藤沢)が初勝利を挙げた。加藤重雄監督(66)は「厳しかったが、4点ならまだいけると、1点ずつ積み重ねていこうという気持ちだった。今泉のホームランは、試合中でしたがホッとしました」と話した。

【東京6大学野球 法大が劇的サヨナラ勝ちで先勝 内海貴斗がリーグ戦初安打の人生初サヨナラ打/法政大5-4慶應大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/25(月) 19:38:25.57 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月25日14時29分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204250000464.html

<東京6大学野球:慶大7-4立大>◇第3週最終日◇25日◇神宮

慶大が、1勝1分けで迎えた第3戦に勝利し、勝ち点を2に伸ばした。

打線がつながり、2本塁打を含む10安打で7点を挙げた。これで、立大戦は2分けをはさんで13連勝とした。

1-3で迎えた3回に、本塁打で流れが変わった。2死、朝日晴人内野手(4年=彦根東)が右翼スタンドへリーグ初本塁打となるソロ。さらに、広瀬隆太内野手(3年=慶応)は左中間の中段まで飛ばす完璧なソロを放ち、2者連続本塁打で追いついた。リーグ通算9本目とした広瀬は「変化球が(ストライクに)入っていなかったので、直球がくるかなと思った。1、2、3で打ちました。朝日さんが打ったので、自分も続こうと思って、甘い球をしっかり打てました」と振り返った。

打線は、今春リーグ開幕から5試合連続で本塁打を放っている。堀井哲也監督(60)は「(3回に)すぐに追いつけたことが非常に大きかった。もう1度、4回からいくぞという効果のあったホームランでした」と話した。

3-3の5回は、粘り強くつないだ。1死二塁、萩尾匡也外野手(4年=文徳)の適時中前打で1点を勝ち越し。さらに暴投と敵失で2点を追加し、突き放した。

第1戦から中1日で先発した増居翔太投手(4年=彦根東)は、6回を106球、4失点の力投。7回からは、中継ぎに復帰した2番手の橋本達弥投手(4年=長田)が3回を無失点に抑えた。堀井監督は「接戦のつもりでいたが、増居がよく粘ってくれた」と感謝。

現役最多の9勝目を挙げた増居は「疲れはほとんどなかった。すごくボールがよくて、直球の質、強さは最近の中では一番良かった」と手応えがあった。打線の援護もあり「しっかり今日も助けてもらって、自分も粘ることができたのでよかったです」と笑顔だった。

【東京6大学野球 慶大が勝ち点2 朝日、広瀬の2者連続弾で開幕から5戦連続弾 立大に13連勝/慶應大7-4立教大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/24(日) 14:07:54.67 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年4月24日13時37分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204240000469.html

<東京6大学野球:早大2-1明大>◇第3週第2日◇24日◇神宮

明大が今季4戦目にして初黒星を喫した。

1点を追う9回裏2死一、二塁。ここで明新大地外野手(4年=明大中野)に三遊間を破る安打が飛び出したが、二塁走者の代走日置航外野手(4年=日大三)が本塁寸前でアウトになった。

同点になるはずが一瞬にして試合終了。田中武宏監督(61)は「ストライク送球ですからねえ。三塁コーチも責められない。ウチにあれ以上速い走者はいない。うーん、リードが小さかったかなあ」と悔しそうに振り返っていた。

【東京6大学野球 明大が初黒星、1点追う9回に明新大地安打、代走日置航が本塁寸前アウトで幕/早稲田2-1明治】の続きを読む

このページのトップヘ