SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

東大

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/14(日) 18:46:45.44 ID:I9wTqvjE9
トーチュウ
2024年4月14日 16時34分
https://www.chunichi.co.jp/article/884263?rct=baseball

◇14日 東京六大学野球春季リーグ戦第1週第2日 慶大8―3東大(神宮)
 秋春連覇を目指す慶大は清原正吾内野手(4年・慶応)が2試合連続で「4番・一塁」で出場。1回、1点先制してなおも無死一、三塁の好機で東大の鈴木太陽(4年・国立)からライト前へ適時打を放った。清原は2試合連続タイムリー。

 この回4点をあげた慶大が優位に試合を進め、8―3で東大に連勝。勝ち点1とした。清原はその後は安打はなく4打数1安打1打点、1四球だった。スタンドにはこの日も西武などで活躍した清原の父・和博さんの姿があった。

【東京六大学野球春季リーグ戦 慶大・清原正吾が2試合連続の快音、東大に連勝し勝ち点1 父・和博さんがこの日もスタンドから見守る 慶大8-3東大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/13(土) 20:43:43.24 ID:a5/LGsG69
日刊スポーツ[2024年4月13日14時28分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202404130000484.html

<東京6大学野球:慶大5-2東大>◇第1週第1日◇13日◇神宮

プロ通算525本塁打を誇る清原和博氏(56)の長男、慶大・清原正吾内野手(4年=慶応)が、リーグ戦初打点を挙げた。

3回1死一、三塁での第2打席。カウント0-2と追い込まれながら3球目の低めカットボールを捉え、中越えの適時二塁打に。清原は二塁上でガッツポーズした。

先制打にスタンドで見守った父も笑顔を見せた。「開幕戦でいいタイムリーヒットが出て、正吾もホッとしているのではないでしょうか。元気にプレーしている姿を見ることができて、うれしく思います。今後もチームのために頑張ってほしいです」と期待を込めた。

試合後には長男の背中をたたきながらねぎらうシーンもあった。

【東京六大学野球 清原和博氏、長男・慶大4番清原正吾の初打点に笑顔 試合後は背中をたたいてねぎらう 慶大5-2東大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/04(土) 06:32:02.51 ID:gld8/rU19
スポーツ報知
2023年11月3日 11時14分
https://hochi.news/articles/20231103-OHT1T51052.html

◆東京六大学野球秋季フレッシュトーナメント 5、6位決定戦 最終日 ▽東大3-2早大=規定により8回打ち切り=(3日・神宮)

 東大が早大に競り勝ち、5位となった。

 2回に連打と死球で無死満塁の好機を迎えると、暴投と明石健内野手(1年=渋谷教育幕張)の左前2点適時打で計3点を先制した。

 早大の反撃を受け、1点差に迫られたが、7回からは元ロッテ投手で現在は社会人野球の日本製鉄かずさマジックで監督を務める渡辺俊介さん(47)の長男・渡辺向輝投手(2年=海城)がリリーフ。サブマリンから繰り出す緩急をつけた投球で2イニングを2安打無失点に抑え、勝利投手になった。

 早大は東大の6投手による継投の前に14残塁の拙攻。最下位が決まった。

【東京六大学野球・新人戦 東大が早大に競り勝ち5位 元ロッテ・渡辺俊介さん長男・向輝が2回ゼロ封の好救援 早大は14残塁で最下位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/30(月) 20:25:17.29 ID:QvaUmrMQ9
日刊スポーツ
[2023年10月30日18時57分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202310300001045.html

東京6大学野球秋季リーグの全日程が終わり、各タイトルとベストナインが発表された。

東大・酒井捷外野手(2年=仙台二)が、初のベストナインに輝いた。

1番打者として打線をけん引し、打率3割1分6厘はチーム最高。東大からの選出は17年秋の楠田創外野手以来6年ぶりとなった。「取れると思っていなかったので、驚いています。春は運もあったけど、秋は自分の技術で打てたと思う。東大野球部に入ろうとしてくれる高校生の道しるべになれたらと思います」と話した。

参考
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023103000925&g=spo

▽投手 外丸(1)
▽捕手 ※宮崎(1)
▽一塁手 浦和博(法大)(1)
▽二塁手 堀内祐我(明大)(2)、松下歩叶(法大)(1)
▽三塁手 上田希由翔(明大)(3)
▽遊撃手 熊田任洋(早大)(2)
▽外野手 ※栗林泰(2)、※吉納翼(早大)(1)、酒井捷(東大)(1)(カッコ数字は選出回数、※は満票=12票、上田は他に一塁手で1度受賞)。

【東京六大学野球 東大・酒井捷外が初のベストナイン「秋は自分の技術で打てた」打率3割1分6厘はチーム最高】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/08(火) 19:23:06.55 ID:LD7kTOPR9
日刊スポーツ2022年11月8日16時10分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211080000651.html

<東京6大学野球フレッシュトーナメント:東大16-6慶大>◇Bブロック第2日◇8日◇神宮

東大が、慶大に7回コールドで勝った。

新人戦にあたるフレッシュトーナメントで東大が慶大に勝利するのは、18年春(7-5)以来(18年春はフレッシュリーグとして開催)。

東大は打線がつながり、先発全員安打をマーク。23安打で16点を奪った。

1-2で迎えた3回、下位打線が連打でチャンスをつくると、5者連続出塁などで打者一巡の猛攻をしかけ、一挙6点を奪った。

4回にも2点、5回にも2点を奪うと、7回も打者一巡で5点を追加した。

先発の右腕、平田康二郎投手(2年=西)は、緩急をつかって6回を107球、被安打8の3失点に抑えた。

フレッシュトーナメントで各チームの監督はベンチに入っておらず、スタンドから観戦した井手峻監督(78)は「すごいですね。びっくりしました。1、2年生は(入学の)最初から打撃がよかった。(来季)メンバーに入ってくれるといい。平田も、乗ればこれくらい投げられる投手」と話した。

◆東京6大学野球フレッシュトーナメントとは 1、2年生のみが出場でき、経験を積む試合。春と秋の2大会が行われる。新人戦として51年から始まった。17年から春はフレッシュリーグ、秋はフレッシュトーナメントの名称になった。コロナ禍のため、春も昨年からトーナメント制になっている。

【東京6大学野球フレッシュトーナメント 東大、慶大に7回コールド勝ち 23安打で16点奪う 監督「すごいですね。びっくりしました」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/23(日) 14:44:26.31 ID:ySItdvW79
東京六大学野球公式サイト 10.23
https://www.big6.gr.jp/index.php

法大 5 - 0 東大

【東京六大学野球 法政、尾﨑ら継投で東大を零封 勝ち点1 浦の先制ソロなど前半の得点守る 法大5位、東大6位確定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/24(月) 15:45:37.45 ID:5w3qM9Ml9
「相手のエースは意識していました」
東大の144キロ右腕・井澤は東京六大学通算40試合で2勝を挙げ、大学生活を終えた

 東大は1998年春から続く最下位脱出をかけて、勝ち点0同士となる法大との最終カードに挑んだが2連敗。1勝10敗1分、勝ち点0で50季連続最下位が決まった。

 144キロ右腕・井澤駿介(4年・札幌南高)は法大1回戦(10月22日)で7回1失点の力投も、チームは1対1の9回裏にサヨナラ負け(1対2)。2回戦(同23日)は0対5の9回表から救援し、1イニング無失点に抑えたが、最後の反撃はならなかった。

 北海道屈指の進学校・札幌南高出身。3歳上の兄が同校野球部OBで、文武両道も志望理由だった。2年夏から主戦投手で同秋から背番号1を着けたが、私学の壁は厚かった。3年夏の南北海道大会は地区代表決定戦で北海高に敗退(5対11)。大学進学に際しては2000年夏、61年ぶりに甲子園に出場した際の主将・田畑広樹氏(現札幌南高監督)に相談した。「東京六大学、東大を目指しては、という話になりました」。夏には東大の練習会に参加し、神宮への思いが強くなった。1年間の浪人生活を経て2019年、赤門をたたいた。体力づくりの1年間を経て、井手峻監督が就任した2年春から投手陣の中心で回った。

 3年秋の立大2回戦で、救援でリーグ戦初勝利。今秋の慶大1回戦では、6回2失点で先発としての初白星で、通算2勝目を挙げた。しかし、チームは2、3回戦と連敗して勝ち点奪取はならなかった。

「チームとしての目標は『最下位脱出』。そのためには、各校のエースと投げ合う1戦目に勝たないと、その目標は見えてこない。相手のエースは意識していました」

 4年間で東京六大学リーグ戦通算40試合、2勝21敗、防御率5.75。

 井澤は「春のリーグ戦が終わって、あらためて考えてみると、プロへの気持ちが大きくなっていったんです。あきらめられない。少しでも可能性があるならば」と、プロ志望届を提出。外野手の阿久津怜生(4年・宇都宮高)とともに指名を待ったが、10月20日のドラフト会議で、井澤の名前は呼ばれなかった。

 卒業後の進路は、大学院へ進むことが一つの選択肢としてあるが「まだ、決めていない。野球を続けるかどうかも……」と明かす。井澤は大学4年間を振り返った。

「能力差がある相手に対して、(神宮デビューの2年春から)先発で勝つところまできた。試行錯誤、吸収して、目標に対しての取り組み方は、今後に生きると思います」

 成功よりも、失敗のほうが多かったかもしれない。だが、地道に努力すれば、成果が得られるという喜びを、野球から学んだ。今後、どの世界へ進んでも、挑戦し続ける姿勢こそが、人生の活力となるはずだ。

文=岡本朋祐 写真=井田新輔

週刊ベースボール2022年10月24日(月) 10:31
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20221024-12

【東京六大学野球 4年間で2勝21敗、防御率5.75――東大・井澤駿介、どの世界に進んでも活力となる挑戦し続ける姿勢】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/22(土) 17:18:57.39 ID:qD13gDpH9
日刊スポーツ2022年10月22日13時0分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210220000436.html

<東京6大学野球:法大2-1東大>◇第7週第1日◇22日◇神宮

法大が内海貴斗一塁手(3年=横浜)の1発でサヨナラ勝ちし、先勝した。

1-1の同点で迎えた9回1死無走者。内海がストレートを捉えると、打球は直後に右翼スタンドで弾んだ。「打った瞬間、入ったと思った。自分で決めたら最高だな、と思ったら飛んでくれた。狙おうなんて気持ちはなく気楽に入れた」と振り返った。サヨナラアーチは高校時代も含めて初めてだった。

法大が勝ち点のないまま最終カードに臨むのは16年秋以来のこと。眠れない日々が続いたという加藤重雄監督(66)は「今日も点の取れない試合になった。引き分けもよぎりました。明日が最後になるよう頑張ります」と話していた。

【東京六大学野球 法大、東大にサヨナラ勝ち 内海貴斗が初の歓喜弾「打った瞬間、入ったと思った」】の続きを読む

このページのトップヘ