SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

松井秀喜

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/20(火) 11:53:13.93 ID:CAP_USER9
今月6日、体調不良を訴えて都内の病院に緊急搬送された長嶋茂雄終身名誉監督の「生前遺言」とも言うべき内容が流れてきた。それは「〝ゴジラ〟松井秀喜氏の巨人監督を要望する」というもので、ポスト原辰徳監督について急転回。大どんでん返しでゴジラ政権誕生へ!

「顧問弁護士に託したとされる長嶋氏の生前遺言は、2007年に亜希子夫人を亡くしてからミスターの身の回りの世話を含め、長嶋氏の個人事務所の代表取締役を務める次女・三奈さんと絶縁状態にある長男・一茂氏の相続トラブルを防ぐことを主目的とするものだといわれています」(長嶋家を良く知るメディア関係者)

さらに同氏によれば生前遺書は、実はもう1通あるという。「要望」という形で書かれた巨人軍宛ての文書で、そこには「松井秀喜の巨人監督誕生を心から願う」と記されているそうだ。

「プロ野球界と巨人軍の最大の功労者の思いですから、読売首脳も松井も無碍にできません。ファン、球団内からもゴジラ監督を期待する声が上がっており、大どんでん返しの可能性は十分にあります」(同)

三奈さんによると、緊急搬送された長嶋氏は脳内に出血があったものの、早期に処置を受けたことが幸いし、すでに一般病室でリハビリを始めているという。しかし、2004年に脳梗塞を患って以後、右半身に麻痺が残り、’18年には胆石の治療で入院。高齢で体力が落ちていることから、生前遺言を準備していたようだ。

「可愛さ余って憎さ百倍」に変わった

松井氏はニューヨーク在住のため、巨人時代に同僚だった前巨人監督の高橋由伸氏と上原浩治氏らと連絡を取り合い、恩師の体調を気遣いつつ、球団内外の情報を入手。その結果「単身赴任」を前提に、組閣準備を始めたとの情報もある。

「スポーツ紙などで『次の監督』として毎年名前が挙がる松井氏だが、すべて臆測記事。本人が『巨人から正式に監督に招請されたことは一度もない』と公言しているように、巨人からのオファーはコーチとしての入閣要請だった。巨人退団時のナベツネさん(渡邉恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆)との確執は解消されておらず、大きな障壁になっている」(巨人OBの野球解説者)

発端は02年オフ、FAによるメジャー挑戦だ。巨人の長い歴史の中で4番に君臨したレジェンドたち(川上哲治、長嶋茂雄、王貞治氏)は、生涯巨人一筋。自らの意思でチームを去った例は一度もなかった。

巨人は老舗球団の伝統を守ろうと、「5年50億円」、「将来の巨人監督」という破格の条件で松井氏を慰留。年俸10億円は20年たった今でもプロ野球最高年額。しかし松井氏はこれを蹴ってヤンキース入りしたため、以降、読売最高首脳部との関係は「可愛さ余って憎さ百倍」に姿を変えていた。

「監督をやりたいなら雑巾掛け(コーチ)から出直せ」

これが、読売首脳部の一貫した考え。スーパースターの王氏(現ソフトバンクホークス会長)でさえ助監督、原現監督もコーチを経て監督に就いている。松井氏に対しても同じ手順を踏むことを求め、特別扱いは許さなかった。

「そのわだかまりを解こうとしたのが、今回の生前遺言です。ナベツネ氏が96歳、ミスターは86歳。松井氏はコーチでの入閣は念頭になく、このまま放置すれば巨人監督の芽は永久にない。一方で、松井氏招聘なら原監督は道を開け易い。名誉ある勇退のちょうどいい口実になる。そこまで考えを巡らせ、解決に努めているのだろう」(同)

原・巨人から松井にスイッチ

来季も契約を残す原監督は「続投」が既定路線だが、リーグ優勝の可能性が完全に消滅。47年ぶり最下位の可能性もあり、予断を許さない。すでに後継監督として阿部慎之助、桑田真澄、元木大介コーチらのほか、高橋前監督、そして落合博満氏や工藤公康氏の名前まで囁かれ、チームは混乱の只中。一枚岩の巨人を取り戻すのに「ゴジラ擁立」は最良の落としどころなのだ。

本誌が入手した情報によれば、松井巨人のヘッドコーチは元横浜DeNA監督の中畑清氏。投手コーチに上原氏、打撃コーチと守備コーチにOBの清水隆行氏、二岡智宏氏という布陣。現スタッフは阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチを除いて原則、退陣。松井氏と盟友関係にある高橋前監督はあえて入閣せず、再登板に備える方針――。

「長嶋巨人の打撃コーチが中畑氏で、その教え子が松井氏。3人は強固なトライアングルで結ばれ、中畑氏は露払い役を買って出るでしょう。藤田元司監督の流れを汲む原巨人から長嶋ファミリーの松井巨人にスイッチすれば、新たな風が吹き、巨人軍は往年の輝きを取り戻すと期待されています」(日本テレビ関係者)

続きはソースで
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/78270

【巨人「松井秀喜監督」誕生へ!? 長嶋茂雄終身名誉監督からの“生前遺言”で急展開】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/15(木) 11:55:31.91 ID:CAP_USER9
東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手が驚異的な快進撃を続けている。その一方、同じ左打ちの背番号55にして、これまで「21世紀最強の左スラッガー」と名高かった〝ゴジラ〟こと松井秀喜氏の実績が、まさに〝遠い日の花火〟となりつつあるようだ。

今シーズンの村上選手は打ちに打ちまくり、9月5日現在で打率.341、51本、125打点と大暴れ。日本人選手としては松井氏以来、実に20年ぶりの50本塁打を達成し、松井氏が惜しくも果たせなかった三冠王もほぼ確実に獲得する勢いだ。

「若くから活躍した高卒スラッガーといえば松井氏、清原和博氏、王貞治氏らが代表ですが、左打ち、背番号55といった共通点から、村上選手は松井氏とよく比較されます。しかし、松井氏が28歳で達成した50本塁打を6歳も若く上回り、王氏すら越えて史上最年少のシーズン50号・通算150号記録を塗り替えたのですから、もはや村上選手の方が圧倒的に上。松井氏が最後までつかめなかった三冠王を獲得すれば、松井氏のファンだって反論はできないでしょう」(スポーツ紙記者)

実際、松井氏の成績を見てみると、村上選手とは比較にならないことが浮き彫りになってくる。

「松井氏のルーキーイヤーはわずか57試合の出場ながら、高卒新人では異例の二桁11本塁打と、同じく1年目で6試合1本の村上選手に完勝。しかし、2、3年目はともに20本ほどで、30本は4年目、100打点は5年目にようやく達成。一方、村上選手は2年目に早くも36本を放ち、100打点も4年目にクリアしている。松井氏は40本以上打ったのも7年目がやっとで、今年5年目で到達した村上選手の足下にも及ばない。結局のところ、日本最終年に記録した50本塁打のインパクトが強いだけでしたが、そのアイデンティティーも村上選手に塗り替えられてしまいました」(同・記者)

このことについて、野球ファンは辛らつ。ネット上には、

《松井さんが持ち上げられていた時代って何だったんだろうなあ》

《メジャーの30本も大谷が2年連続で打っちゃったしね…しかも二刀流だよw》

《松井は引っ張りがメインだったけど村上はもうどこでも打てる》

《松井が国民栄誉賞とかもはやギャグだよね》

《村上見てると松井なんかを凄いホームランバッターだと思っていた幼少期が恥ずかしい》

《昔の飛ぶボール時代で50本が最高の松井とかショボ過ぎ》

などといった意見が確認できる。村上選手、あるいは米MLBで大活躍中の大谷翔平選手という〝本物〟を目の当たりにし、今思えば松井氏は〝大したことなかった〟などと目を覚ましているのだ。

「松井氏が過大評価だったかどうかはさまざまな意見があるようですが、国民的人気があったころの巨人に属していたからこそ、各メディアで実力以上に持ち上げられていたところはあったでしょう。当事は今より野球のレベルも低いですし、スラッガーとしては村上選手はおろか埼玉西武ライオンズの中村剛也選手、山川穂高選手にも及ばないともっぱら。同年代で見ても、広い球場やレベルの高いパ・リーグで同じくらい打っていた松中信彦氏の方が秀でていましたね」(野球ライター)

何はともあれ、松井氏の二つ名がゴジラなら、それを越える村上選手は真のゴジラ『シン・ゴジラ』と言っていいかも!?

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/77124

【松井秀喜氏に野球ファン辛辣…ヤクルト・村上宗隆が“シン・ゴジラ”過ぎる!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/03(土) 12:22:05.08 ID:CAP_USER9
[ 2022年9月3日 05:30 ]

Photo By スポニチ
 ヤクルト・村上の50本塁打到達。20年前の02年に巨人で50本塁打を達成した松井秀喜氏(48)は、「ずぬけた存在」と評価した。
 松井氏は村上の成績の突出度に注目。米国在住のためプレーを直接見る機会はないが「周りとは違うものを持っているということ。22歳で、いろいろなものを兼ね備えているのだと思う」と評価する。量産の鍵は甘い球を打ち損じないこと。「四球ありきで攻められると本塁打は難しい。でも投手も人間。甘い球は必ず来る。それを一振りで仕留められるか。打ち損じると次はない」と語った。

 02年は140試合制の139試合目のヤクルト戦(東京ドーム)で49、50号を放った。メジャー移籍が取り沙汰され、本拠地最後の一戦でもあったが「50本塁打という意識は、あまりなかった」とする。頭にあったのは、むしろ3冠王。今季の村上と同じく本塁打と打点のタイトルをほぼ手中にし、打率で中日・福留孝と争っていた。「記録への注目が高く、やりにくさはあった。でも何とかいつも通りに打てた」と振り返った。

 村上については「高いレベルを維持するのは大変だが、すでに3、4年成績を残している。素晴らしい選手なので心配はない」と太鼓判を押した。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/09/03/kiji/20220903s00001173078000c.html

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/22/jpeg/20190421s00001007552000p_view.jpg

【松井秀喜氏が太鼓判 50本塁打到達のヤクルト・村上は「ずぬけた存在」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/21(木) 23:24:34.51 ID:CAP_USER9
落合博満氏 松井秀喜は「もっとホームランを打てる選手だったんだけどね」
あの“流行り言葉”の存在指摘


現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏(68)が20日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新。

1993年オフにFA宣言して巨人に移籍した落合氏が、高卒2年目だった松井秀喜について「彼はもっとホームランを打てる選手だったんだけどね」と感じていたことを明かした。


落合氏は当時「教えてくれっていうふうに言われて教えたことはあった」と松井との関係を振り返った。そして「まあ、体力不足だったな。最初のころは」と意外な言葉を口にした。

“ゴジラ”の異名を持つ日本を代表するスラッガーで高校時代から体格からして異次元と評判だった松井。
その松井について落合氏は「同じ時間10分くらいしか打てないっていう。あぁ、これは体力がないんだっていうことでね」と感じたという。


さらに「彼はもっとホームランを打てる選手だったんだけどね。打ち方を変えれば。オレの中のバッティングフォームだったらね」と打ち明け、「風呂場で」バッティングフォームについて教えたこともあったという。

具体的に「風呂の中で体ってこういう使い方をするんだよっていうことは言ったことがある」とした。


松井が「もっとホームランを打てる選手だった」と落合氏が話すのには「軸足回転」という「流行り言葉」にも原因があるという。
「日米野球で(サミー)ソーサが軸足回転だとか言って。それから野球界ではバッティングは軸足で回転しなきゃいけないんだとか、前足で回転しなきゃいけないんだとかっていうような物議を醸したことはあるけどね」と当時の野球界で起きた議論を回顧。

「だから体重移動ってどうやってするんだよっていうふうに考えちゃうと理想論ではないんだよな。だから流行り言葉みたいな形で一時マスコミがどんどん使い始めて、そういう打ち方が正しんだっていうような方向性に持っていくっていうのは、成績を残した人がそういうことを言うと、多々ある部分だよね」とメディアやソーサらの影響力の大きさに言及した。

そして松井に関しても、そういった議論や報道が少なからず影響を及ぼし「だからそれを回転軸を体の中心に持ってきてくれば、もっとホームランを打てたんだろうと思うけど」と落合氏が感じていた考えを技術的な点を挙げて語っていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/3f78f24923e37e71f64ac625a55b3d3691de30dd

【落合博満氏 松井秀喜は「もっとホームランを打てる選手だったんだけどね」 風呂場でバッティングフォームについて教えたことも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/14(土) 21:49:41.68 ID:CAP_USER9
2022年05月14日 11時45分

 伝説の素振り動画が海を渡る? 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(47)がアフリカ野球を支援している。昨年12月に始動した「アフリカ55甲子園プロジェクト」の趣旨に賛同し「J―ABSエグゼクティブ・ドリームパートナー」に就任。
「アフリカの少年少女とキャッチボールをしたいです」と、同活動に一役買っているが、現在はどうなっているのか。演出家のテリー伊藤氏(72)は“松井流”の指導に大きな期待を寄せている。 

 熱烈な巨人ファンで、松井氏をこよなく愛するテリー氏も「野球は用具が多くて普及しづらいスポーツなのに…。代表理事の友成晋也さんはすごくえらいなぁ、尊敬するなぁ、意識高いなぁ。松井は人格者だからな。さすがだな」と同プロジェクトには感銘を受けている。

 テリー氏はテレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内の企画で「ダンス甲子園」を企画演出し、日本の高校生に夢を与えたことがあるが「アフリカの人たちは足が速いから、
ピンチランナー専門の選手としてアフリカから選手を世界に羽ばたかせられるのではないかな。大谷とかイチローみたいな飛び切りいいスター選手がいれば、アフリカのニュースで取り上げられて、夢を与えられるよね」と、夢を語った。

 その一方、松井氏に対しては「地獄の伊東キャンプをアフリカでやったらどうかな」と、かつて長嶋巨人が敢行した、とてつもなくハードな練習をしてみたらどうかという。具体的には「チーターと競走したり、シマウマを追いかけて走る練習をしたり、
動体視力を養うために星空や大草原を一緒に見るとかね。松井は今はえらい立場にいるけど、得意な下ネタを交えながら交流することも大切だと思う」とアドバイスした。

 直接指導が難しく、動画での指導になるならば…。「松井が全裸で素振りを50回やって『真のバッティングはこれだ』と指導をする動画を送るのも手ではないか」と、松井氏が現役時代、長嶋監督とともに行った「全裸素振り」を動画で再現して送るのがいいという。

 テリー氏は「松井よ、アフリカで伝説を残してくれ!」とビッグな期待を寄せていた。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/4191368/

【松井秀喜氏〝全裸素振り動画〟がアフリカで伝説になる・・・かも】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/30(土) 23:56:24.71 ID:CAP_USER9
清原和博氏 “審判対策”を朗希に助言「松井とか僕は言わない」


元プロ野球選手の清原和博氏が28日、YouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」に新規投稿。
白井一行球審との間で騒動が起きたロッテ・佐々木朗希投手に自身の経験談を交え、“審判対策”を助言した。


23年間の現役時代、「審判に文句を言って退場になったことはない」という清原氏。
ボールだと思って見逃した時にストライクと言われても、「『ボールでしょ?』とかは言わない。『いっぱいですか?』と」と、不満は出さないようにしていたという。


清原氏は球審とのやり取りも明かし、「無視している方もいれば、『いっぱいやな』と言う方もいる。
同じところ来たらボールと言ってくれたりね。貸し借りみたいなね」と笑った。


巨人時代、同僚だった高橋由伸氏の話題を持ち出し、「高橋由伸とめちゃめちゃ相性の悪い審判がいた。結構、高橋由伸というバッターはストライクの判定に『え?』というタイプ。松井とか僕は言わない。(高橋由伸に対して)球審がイラッときて、全部ストライク。ほぼほぼクソボールでも。けんか腰にきますから」と振り返った。

清原氏は試合前に誰が球審か気にしていたことも明かし、「選手たちは、佐々木君もそうですが、『この審判どんな特徴ですか?』とか先輩に聞くとか」と、事前の心構えも必要であると助言した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/74165e8f503a34e9bb12220e665eb0a1e0d99cd9

【清原和博氏 “審判対策”を佐々木朗希に助言 「高橋由伸は判定に『え?』というタイプ」「松井とか僕は言わない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/22(土) 07:20:34.18 ID:CAP_USER9
1/21(金) 11:40配信
日刊ゲンダイDIGITAL

ヤンキースGM付特別アドバイザーの松井秀喜氏(C)日刊ゲンダイ

 日本ハム・新庄監督が呼ぶ「8人の臨時コーチ」は誰か──。

 2月の春季キャンプの話題は、新庄ビッグボスと新型コロナウイルス感染拡大の話題で持ち切りになりそうだ。

 一方、21日のスタッフ会議に先駆けて、20日にコーチ会議を行った巨人も「臨時コーチ」を呼ぶ年がある。最近では2014、16、18年に宮崎キャンプを訪れ、選手にアドバイスを送った松井秀喜氏(47=ヤンキースGM付特別アドバイザー)が思い浮かぶ。松井氏は15年にも中畑監督が指揮を執るDeNAの沖縄キャンプで臨時コーチを務めており、キャンプ地を盛り上げるのに一役買っていた。

 巨人のさるチーム関係者がこう言う。

「14年は原監督の2次政権時だったけど、2度目の16年は高橋由伸監督の就任1年目だった。この時は宮崎キャンプにフル帯同してくれて、主将の坂本に『軸足に体重を残した方がいい。右側の軸で回転できるようになった方が安定する』とアドバイス。坂本はこれまでの打撃をいったんチャラにして、フォームを大改造。こだわっていた大きく上げながらタイミングを取る左足の上げ幅を小さくし、シンプルな打法に回帰。時には反り返るような体勢でスイングし、『軸足』を強く意識した結果、打率.344で自身初の首位打者となった。坂本はヒントをくれた松井に感謝していました」

19年以降はプッツリ…

 その松井氏が由伸監督3年目の18年に重点的に指導したのは、後に4番に定着する岡本和だった。坂本同様、「軸足打法」を伝授すると、20、21年に2年連続で本塁打、打点の2冠を獲得する選手に成長を遂げている。

「話題性だけじゃなく、短期間でも松井のワンポイントアドバイスが具体的で分かりやすいとチーム内では評判でした。それなのに、原監督が3度目の監督となった19年以降はプッツリ。もちろん、スケジュールの都合やコロナの問題もあるとはいえ、ゴジラが来てくれればキャンプが盛り上がるのに……と、ため息をつく関係者は多い。盟友の由伸とは違い、原監督には遠慮もあるのでしょう。原監督の契約が3年延長になったことで、松井が巨人のキャンプを来訪する可能性は低くなっていて、今年も見送る方向だそうです」(前出の関係者)

 先日、日本テレビ系の「Going!」を卒業した江川卓氏も「ない」(同前)という。別の球界関係者は「新庄監督に対抗しているわけじゃないけど、原監督も話題を提供したい意向があるが、OBで話題になるのは、この2人と清原和博氏くらいではないか。ビッグボスの構想のように、あっと驚く野球界以外の臨時コーチが実現すれば、対抗できますが……」と指摘する。

 今のところ巨人は、ビッグボス率いる日本ハムに後れを取っている。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220121-00000030-nkgendai-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7430fc6702fb76cc20014b83532b4736560685f5

【ゴジラ松井が巨人キャンプ臨時コーチに3年ソッポ…原監督在任中は実現性“限りなくゼロ”】の続きを読む

このページのトップヘ