SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

森保監督

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/02(金) 19:18:21.25 ID:7CIaa8nf9
 サッカー日本代表の森保一監督が2日、アジアカップ準々決勝イラン戦(3日)を前に、公式会見に臨んだ。直前に性加害報道がを受けて伊東純也(30)=スタッド・ランス=の離脱が正式に決定。
「できれば伊東純也とは、この大会を最後まで戦い、みんなで優勝を目指してという気持ちは持っていました」とした上で「戦いに貢献してくれた選手なので痛く、残念な思いもありますが、まずは本人の心身の健康を大切に考えたい。チームとして誰かがいなくなったら機能しないというチーム作りはしていない。残った素晴らしい選手がいますので、明日臨む選手が思いきって戦えるということについてはまったく心配していません」と、強調した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/68c95e0b30ffc0aa2c96d4824accf94f6e6781fa
デイリースポーツ

【日本代表・森保監督がイラン戦前会見 伊東純也離脱に「この大会を最後まで戦いたかった」「貢献してくれた選手なので、痛く、残念」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/01(木) 00:06:38.38 ID:7Ql0xpAn9
 【アジア杯決勝トーナメント1回戦 日本3―1バーレーン ( 2024年1月31日 カタール・ドーハ )】 アジア杯で3大会ぶり5度目の優勝を狙う日本代表は31日、決勝トーナメント1回戦のバーレーンと対戦。ベンチ入りしたFW伊東純也(30=Sランス)は出番なしで終わった。

最後までベンチで試合を見つめた。ハーフタイムにはピッチに入りウオーミングアップを入念にこなしたが、伊東の出番はなかった。

 試合後、伊東選手は「サッカー以外のことは駄目だと言われたので」と多くを語らず、日本代表の森保一監督は「まだ全容を聞いていない。調査した上で対応をしていきたい」と話した。

伊東を巡っては同日、女性への性加害で大阪府警に刑事告訴されていたことが判明。同府警が同日までに受理したことを認めた。31日付のデイリー新潮によると、昨年6月、大阪府吹田市で行われた親善試合のペルー戦後、伊東が2人の女性を酒に酔わせ、
大阪市内のホテルで性的同意を得ないまま行為に及んだ疑惑が持たれているという。被害女性は昨年9月以降、弁護士を通じて謝罪を要求したが、伊東サイドから反省や誠意ある対応が感じられなかったとして訴訟に踏み切ったという。

 試合は、日本がボールを支配すると前半31分に待望の先制点。DF毎熊の強烈なミドルシュートがポストに当たったこぼれ球をMF堂安が詰め、左足でゴールネットを揺らした。

1―0で迎えた後半開始早々には久保が混戦から左足を振り抜き今大会初ゴール。しかし、その15分後、自陣ゴール前に上がったGK鈴木のクロスボールの処理が甘くなり、再度ジャンプでボールをつかもうとした時に頭でクリアしようとした上田と交錯。ボールは無情にもゴールネットに吸い込まれた。

 嫌なムードが少し流れる中で迎えた後半23分。1点差に詰め寄られた森保監督が動く。久保と中村に代えて南野と三笘を投入した。三笘が今大会初出場でピッチに入ると、嫌なムードが一変。そして、その4分後となる後半27分に上田が右足を振り抜きこの試合3点目、
自身今大会4発目となる大きな大きなゴールを決めた。試合は2点リードのまま終了。9大会連続となる8強進出を決めた。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/01/31/kiji/20240131s00002014617000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/01/31/jpeg/20240131s00002014563000p_view.webp

【伊東純也、女性への性加害で刑事告訴 日本代表・森保監督は「調査した上で対応をしていきたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/31(水) 00:22:37.65 ID:KfU/AN2Q9
https://news.yahoo.co.jp/articles/ef216c0430a632306c33b2e6f3523c3f58eeb0fa

決戦を前にした日本代表、GS3試合で5失点も…森保監督は守備に自信「不安は全くない」

 AFCアジアカップカタール2023・決勝トーナメント1回戦のバーレーン代表戦を31日に控えた日本代表。森保一監督が前日会見にて、同試合に向けて意気込みを語った。

 31日にバーレーン戦を迎える森保監督は「バーレーンは非常に個々の能力が高く、チームとして戦術がしっかりオーガナイズされているチームだと思う。堅い守備から攻撃を仕掛けられ、カウンターだけでなく前線にはいいタレントが揃っている。明日の試合は非常に難しくなると思っています」と警戒心を強めつつ、気を引き締めた。

 森保監督率いる日本代表は初戦でフィリップ・トルシエ監督率いるベトナム代表に4-2で勝利。

 続く第2戦でイラク代表に1-2と敗れたが、第3戦でインドネシア代表を3-1で下してグループDを2位で通過し、決勝トーナメントに駒を進めているものの、ここまでのグループステージ(GS)の3試合で合計5失点を喫している。

 そのことについて尋ねられると、「失点に関しては、反省しなくてはいけないところ、レベルアップしなければいけないところはあると思いますが、明日の試合に対しての不安があるかと言えば、不安は全くない。チームとしていい準備はできていると思います。相手は強敵で、難しい試合になると思うが、やってきたことに自信を持って選手たちがピッチ上で力を発揮してくれると思います」と守備への自信を示し、試合に向けて意気込んだ。

【決戦を前にした日本代表、3試合で5失点も… 森保監督は守備に自信「不安は全くない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/28(日) 23:25:25.20 ID:exaSLtaQ9
https://news.yahoo.co.jp/articles/345a41a1fbf97cba06e42859f21e08b4565d34ad?page=1

《アジアカップ》「森保監督は戦術がない」「選手を入れ替えるだけ」と厳しく指摘…城彰二が語る日本代表の問題点と決勝トーナメントの展望


 サッカー日本代表は今月24日、AFCアジアカップカタール2023の1次リーグ第3戦でインドネシア代表と対戦。3-1で勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。元日本代表で、現在はサッカー解説者として活躍する城彰二氏は、この試合をどう見たのか。話を聞いた。

インドネシアに勝ったが、攻撃が物足りなかった

――グループリーグ3戦目、日本はインドネシア戦に3-1で勝利し、決勝トーナメント進出を決めました。

城彰二さん(以下、城) いい形で上田(綺世)がPKをもらい、先制点が取れてラクになったけど、その後の展開ですよね。チャンスは作ったけど、全体的に選手のコンディションが悪いのか、ミスが多いし、運動量が足りなくて動きの質も悪い。だから、ボールをいい形でもらえない。

 インドネシアは5バックで守っていたけど、そういう相手から点を取って勝つのがカタールW杯以降の日本のテーマ。ボールは保持できても前半は1点だけ。これじゃ物足りないですよ。

――ただ、上田綺世選手は、2ゴールと気を吐きました。

城 2ゴールは取ったけど、相手のDFは強度のあるイラクとは全然違う。強い相手からゴールを奪ってこそエースですが、本当の評価は決勝トーナメントに入ってチームを勝たせるゴールを奪えるかどうか、ですね。

 上田は持っているものは素晴らしいんです。シュートのパンチ力はチームで随一ですけど、プレーに粗さが残るというか、雑なんです。ここでキープしてほしい、という時にできないし、無理がきかない。そこが大迫(勇也)との大きな違いだと思うけど、大迫レベルにならないと、世界では点を取れないと思います。



アジアカップで迫力ある攻撃ができない理由

――上田選手と4枚の攻撃陣の絡みは、どう見ていましたか。

城 連携という面では全然でしょう。左の中村(敬斗)とはほとんど絡めていないし、彼自身も機能しなかった。右の堂安(律)、右インサイドハーフの久保(建英)は、東京五輪でもやっているので意思疎通ができているけど、そこの2人だけの関係性だけで、上田とはあまり絡んでいなかった。

――上田選手と久保選手が合ってない感じでしょうか。

城 例えば、久保がドリブルで仕掛けて縦にくさびのパスを入れた際、上田には相手DFを背負ってボールを受けて、ボールを久保に戻してほしいんです。

 でも、上田は自分の受けるタイミングがあるので、久保と呼吸が合わず、ノッキングしてしまう。上田の代わりに南野(拓実)がいればボールを受けられますし、違うところに起点を作れるので、1トップに固執する必要はないと思います。

【城彰二氏「森保監督は戦術がない」「選手を入れ替えるだけ」と厳しく指摘… 日本代表の問題点と決勝トーナメントの展望】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/23(火) 20:51:34.70 ID:iUv84nXx9
 アジア杯で3大会ぶり5度目の優勝を目指す日本代表は24日、1次リーグD組第3戦インドネシア戦に臨む。前日会見に出席した森保一監督(55)は、GK鈴木彩艶(ざいおん、21)が被害を受けた差別的投稿について言及した。

 鈴木は今大会初戦から2試合連続で先発するも、いずれも2失点。22日の練習後の取材では、1次リーグ第2戦のイラク戦後にSNSを通じて差別的投稿を受けていたことを明かしていた。

 森保監督はこの日の会見で語気を強めながら話した。

 「まずは、あってはいけないことだと思います。人権を侵害するということは、あってはいけないことだと思っています。世界の多種多様な文化、人種、価値観等々、お互いが相手のことを、みんなのことを尊重して、共存共栄していくことが大切だし、フットボールという1つの競技で、国と国、人と人がつながる、一つのフットボールという共通言語で、いろんな価値観を認め、みんながつながれるということを、活動を通して、試合を通して、いろんな方々に伝えていければと思います」

 強い思いを口にした指揮官。そのうえで「鈴木彩艶に人権侵害の言葉、差別的な言葉を向けられた人には、断固として抗議したいし、彩艶についてはストレスや傷ついている部分があれば、チームで全力でサポートをして、彼が少しでも穏やかに生活をして、思い切ってサッカーに集中できる環境をつくってあげたい」と語った。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2024/01/23/kiji/20240123s00002014486000c.html
スポニチアネックス

【日本代表・森保監督、GK鈴木彩艶への差別的投稿に言及 「断固として抗議したい」「チームとして全力でサポート」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/21(日) 19:43:18.70 ID:iMTH0ehv9
サッカー日本代表は19日、AFCアジアカップカタール2023・グループリーグD組第2節でイラク代表と対戦。前半だけで0-2のリードを許した日本は試合終盤に遠藤航の得点で1点差に詰め寄るも力及ばず、1-2で敗戦している。
この結果、グループ首位通過の可能性は完全に消滅することになり、2011年大会以来の優勝に向け早くも崖っぷちに追い込まれている。

 スコア以上の完敗と言っていいだろう。明確な狙いを持って攻撃を仕掛け、チャンスを確実に活かしてきたイラク代表とは違い、日本代表は終始ちぐはぐでほとんど怖さがなかった。枠内シュートは2本に留まっており、負けるべくして負けたと言わざるを得なかった。


 優勝候補である日本代表を地獄へ突き落とすべくハードな戦いを続けたイラク代表の選手に比べると、日本代表の方がパフォーマンスレベルが低い選手は多かった。ただそれ以上に差を感じたのはヘスス・カサス、そして森保一の両監督の能力だろう。

 イラク代表戦における森保監督の采配には多くの疑問が残った。

 まずは南野拓実の左サイド起用だ。これまで同選手をサイドで起用し、うまくいったケースはほとんどなかった。それもそのはず、単独での突破力にそこまで強みのない南野はゴールに近い中央の位置で使ってこそ輝く選手。今季モナコで復活した一因も、アドルフ・ヒュッター新監督によって中央でのプレーを許されたからだ。

 案の定、左サイドを任された南野は存在感がなく、後半にトップ下へ移ってから徐々に持ち味を出すようになっていた。選手本人も試合後に前半はうまくいかなかったとコメントしているなど、やはりサイド起用が機能していたとは言い難いだろう。

 そして攻撃デザインのなさ。トップ下に技術とアイデアを持つ久保建英を使ったにも関わらず、彼の良さを引き出す形はほとんど見られなかった。攻撃のほとんどがサイドからで、最後は伊東純也や伊藤洋輝からのクロスでボックス内のイレギュラーを狙うだけ。
しかし、高さに強みのない浅野拓磨がワントップのため、効果的ではなく。この攻撃なら上田綺世を使うべきだったはずだ。

交代も意図がわからない。なぜ不調だった菅原由勢を引きずったのか。なぜ機能していなかった浅野を早い段階で下げて上田を入れなかったのか。
スペースがない中で前田大然の投入は効果的だったのか。挙げ出せばキリがないが、確実に言えるのはただポジションに選手を当てはめているだけということだ。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/dafb1f6f95518ba387b1767776e8a2a9bf17f1c4

【サッカー日本代表、やはり最大の弱点は監督の能力の低さ。謎采配だらけのイラク戦、国際タイトルは夢】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/20(土) 11:30:56.63 ID:cCZ+Ap9z9
「タケのよさっていうのをうまく前半は出せなかった」

 日本代表は1月19日に開催されたアジアカップ2023のグループステージ第2戦でイラクと対戦。1-2で敗れた。

【PHOTO】日本代表のイラク戦出場16選手&監督の採点・寸評。全員が及第点未満の厳しい評価。最低点は守備者の2人

 開始5分にGK鈴木彩艶が弾いたボールを押し込まれて先制を許すと、前半終了間際にも1点目と同様にアイメン・フセインのヘディングシュートで2点目を献上。攻撃もなかなか機能せず、終了間際にCKから遠藤航のヘッド弾で1点を返すのが精一杯だった。

 不可解だったのが日本の強みであるはずの2列目の配置だ。右サイドの伊東純也、トップ下の久保建英とともに、左サイドに南野拓実を起用したのだ。南野はトップ下で先発したベトナム戦で2ゴール。結果を残したのだから、これまでも力を発揮できていなかったいわば“鬼門”の左サイドに移す必要はなかった。

 実際、後半から南野をトップ下、久保を右サイド、伊東を左サイドとポジションを変更している。

 久保建英をトップ下で起用したいのであれば、左サイドでは南野ではなく、6戦6発の中村敬斗(コンディションが万全ではなかったのかもしれないが)や前田大然、または旗手怜央でもよかったのではないか。


 実際、南野自身も久保との連係が機能しなかったと認めている。

「僕とタケのよさっていうのをうまく前半は出せなかったかなと思うし、タケがこのチームの攻撃の重要な選手なので、よりタケがボール持ったときに何か助け合いながらプレーしたいなという意図はあったんですけど、そういうシーンはあんまり出せなかった。僕ら2人だけの関係じゃなくて、たぶんチームとしてもあんまり良くなかったんで、それは次への課題です」

 サイドで張るタイプではない南野が中に入った分、左SBの伊藤洋輝が高い位置ボ―ルを受けるシーンは少なくなかった。ただ、もともと攻撃が得意なタイプではないため、クロスの精度を欠き、なかなかチャンスを作れなかった。

 その観点からもチグハグさは否めなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8cba97870f5900bbdaaec4fabb88ad770c7fdf3

【森保采配 なぜ初戦で2発の南野拓実を“鬼門”の左サイドに変更する必要があったのか。自慢の2列目が機能不全に陥った】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/18(木) 12:44:22.71 ID:qVZkLyM29
2024.01.17

1月18日(木)の『徹子の部屋』に、日本中を熱狂させたサッカー男子日本代表の森保一監督が登場する。

2018年に日本代表監督に就任し、2022年に開催されたワールドカップではチームをベスト16に導いた。

大会後には試合を見た多くの人から日本代表への反響があったそう。

知られざる日本代表の監督業や心境について明かす。

私生活では3人息子の父親で、息子たち全員がサッカー経験者だという。

自身の選手時代から家事や育児など妻に支えられてきた。

今回は特別に日本代表選手として活躍していた頃のユニフォームを披露し、当時の思い出を振り返る一幕も。

今でも長崎で暮らす両親は監督を務める試合に応援に来てくれるそうで、サッカーを始めた幼少期の父とのエピソードについても聞く。

https://post.tv-asahi.co.jp/post-240025/

※番組情報:『徹子の部屋』
2024年1月18日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

【サッカー日本代表・森保一監督、『徹子の部屋』に登場!父としての私生活と意外な素顔】の続きを読む

このページのトップヘ