SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

森友哉捕手

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/16(水) 15:22:34.07 ID:tf6m4xqM9
オリックスは16日、前西武でFA権を行使した森友哉捕手(27)の獲得を発表した。

森は大阪桐蔭高から2014年D1位で西武入団。19年に首位打者(打率・329)で初タイトルを獲得し、同年MVP。今季は102試合の出場で打率・251、8本塁打、38打点。ベストナイン3度。通算926試合に出場し、打率・289、102本塁打、449打点。4年総額16億円の大型契約とみられる(金額は推定)。

大阪府出身の森はオリックスジュニア出身という縁があり、FA権を行使した早くからオリックスが調査を行っていた。背番号は未定。26日に大阪市内で入団発表が行われる。

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac17efc1f7390246a55e7dd8d88ec5b5917bad57

【オリックス、西武でFA権行使の森友哉獲得を正式発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/15(火) 04:33:19.70 ID:lOvyLaqF9
 西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使した森友哉捕手(27)のオリックス移籍が決定的となっていることが14日、複数の球団関係者の話で分かった。球界屈指の打てる捕手に対し、オリックスは11日の交渉解禁後、4年総額16億円の大型契約を提示していた。地元・大阪でのプレーと野球選手としての成長を求めており、両者の思いが合致した。

 悩みに悩んでいた森のオリックスへの移籍が決定的となったことが、複数の球団関係者の話で分かった。両者は11日の交渉解禁後に接触。オリックスは獲得への熱意を伝え、4年総額16億円の大型契約を提示していた。

 森は1日にFA権行使を表明した際に「球団の方と話をさせていただく中で、自分のことを必要としてくれているという思いを強く感じました。その一方で、自分に興味を持ってくれる球団があれば、その話も聞いてみたいと思っています」と揺れる胸中を明かしていた。

 13年ドラフト1位で西武に入団し、18、19年に正捕手としてリーグ連覇に貢献。19年は打率・329で史上4人目の「捕手での首位打者」に輝いた。球界を代表する捕手に育ててくれた西武に強い恩義を感じる一方で、数年前から故郷でプレーすることへの思いも吐露していた。大阪府堺市出身で、小6時にオリックスJr.の投手兼捕手として12球団ジュニアトーナメントで優勝。大阪桐蔭2年時には1学年上の阪神・藤浪とのバッテリーで甲子園春夏連覇を達成した。

 今季日本一に輝いたオリックスは、主砲の吉田正のポスティングシステムによるメジャー移籍の可能性が高まっている。チーム最多の66試合でスタメンマスクをかぶった伏見も日本ハムへの移籍が決定的で、森は左の強打者&扇の要と、攻守にわたって是が非でも欲しい選手だった。西武も宣言残留も認める方針で複数年の大型契約を用意し慰留に全力を尽くしていたが、森は地元への思いと、野球選手としてのさらなる成長を願い、新天地へ活躍の場を求める。

 ◇森 友哉(もり・ともや)1995年(平7)8月8日生まれ、大阪府出身の27歳。大阪桐蔭では2年春から4季連続甲子園出場し、2年時は正捕手として春夏連覇。13年ドラフト1位で西武入団。19年に打率・329で首位打者を獲得し、リーグ優勝に貢献。MVPに輝いた。今季は102試合で打率・251、8本塁打、38打点。1メートル70、85キロ。右投げ左打ち。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/18787b521c24ae5607ca780c98e47704e9168116

【西武FA・森 オリックス決定的!! 4年総額16億円の大型契約提示、地元大阪への思いも強く】の続きを読む

このページのトップヘ