SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

武豊

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/24(日) 15:49:26.32 ID:oPbP6ctG9
1位入線 5 ドウデュース 2人気
2位入線 16スターズオンアース 7人気
3位入線 4 タイトルホルダー 6人気

ダービー馬の意地を見せ人馬とも復活!
武豊騎手騎乗 ハーツクライ産駒ドウデュースがV!

https://x.com/netkeiba/status/1738813238710792283?s=20

【G1有馬記念、ドウデュース復活の優勝! 武豊が制す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/20(月) 13:02:57.52 ID:Mya2bGLX9
右太ももの筋挫傷で休養中の武豊騎手(54)=栗東・フリー=が20日、自身のオフィシャルサイト「Take a Chance!」を更新。ジャパンC(26日、東京)でコンビを組む予定だったドウデュース(牡4歳、栗東・友道)の騎乗を見合わせると発表した。

 サイト内の日記・コラムを「残念なお知らせです」とのタイトルで更新。「骨には損傷がない、筋挫傷という診断でしたが、想像以上に治るスピードが遅いため、楽しみにしていたジャパンカップの騎乗を諦める決断をしました」と苦しい胸の内をつづった。

デイリースポーツ 2023/11/20
https://www.daily.co.jp/umaya/news/2023/11/20/0017047409.shtml

【ジャパンカップ、武豊騎乗不可…休養延長】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/29(日) 14:01:06.66 ID:WbkPoF5G9
 武豊騎手(54)=栗東・フリー=は、10月29日の東京5R・2歳新馬戦(芝2000メートル=11頭立て)でブラックライズ(牡、栗東・清水久詞厩舎、父キタサンブラック)に騎乗した際、レース後に引き揚げてきた検量室前で同馬に右足を蹴られて負傷した。

 これにより天皇賞・秋で騎乗する予定だったドウデュース(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎、父ハーツクライ)は、戸崎圭太騎手(43)=美浦・田島俊明厩舎=に乗り替わりとなった。

報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3b88373ae2b40ca4877c4876febd7faa38dc7b7

【武豊騎手が東京5R終了後に馬に蹴られ負傷 天皇賞・秋のドウデュースは戸崎圭太騎手に乗り替わり】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/03/04(土) 19:29:33.50 ID:WMrkVBJU9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230304-00000267-spnannex-000-7-view.jpg
武豊騎手から花束を受け取り涙する福永祐一元騎手(左)(撮影・亀井 直樹)

武豊「祐一のおかげで僕自身も成長することができた」「名馬を連れて戻ってきて」福永師に感謝とエール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230304-00000267-spnannex-horse

 2月で騎手を引退した福永祐一師が4日、阪神競馬場で騎手としての引退式に臨んだ。

 20年に無敗3冠を達成したコントレイルの勝負服でパドックに登場。福永師が騎手を志すきっかけとなった武豊は、「本当におつかれさまでした。数々、いいレースを一緒に作れたと思っています。ほんとにいろんなことありましたけど、祐一のおかげで僕自身も成長することができました。感謝しています。また名馬を連れて、競馬場に早く調教師として戻ってきて活躍してください」とエールを送った。

 福永の後輩の川田将雅は「長い間、本当におつかれさまでした。無事に終えられて何よりです、おつかれさまでした」と話し、その声は涙で震えていた。福永と同期の和田竜二は「祐一が同期で良かったと思う。孫の代まで福永祐一の同期やったぞと自慢したい」と言葉をかけた。

【武豊「祐一のおかげで僕自身も成長することができた」「名馬を連れて戻ってきて」引退した福永師に感謝とエール】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/19(日) 20:53:43.16 ID:dlzLhHR09
 来月、調教師に転身する福永祐一が19日、東京で国内での騎乗を終えた。
JRA通算19497戦で歴代4位の2636勝を挙げ、JRA・G1も34勝した名手。最終レース終了後に芝コースでインタビューが行われた。

 53歳の武豊、56歳の柴田善臣から花束を渡された46歳。
2人からは「順番が違うだろ」と言われたと明かし、「自分も結構いいおじさんだけど、僕よりもおじさんの2人に花束をもらったというのが、やっぱり複雑な気持ちだった。お二方お若いしバリバリ騎乗されている。お二方に依頼できるような馬を作りたいと思った」と笑った。

 初重賞勝利を飾り、ダービーも3勝した東京競馬場での思い出を問われると感極まり、「最高のジョッキー人生でした」と涙。
「後悔というのは先ほどのレースでもあるし、後悔はつきなかったけど、未練は一つもありませんでした。自分はやりきったのかな、騎手という仕事を味わい尽くせたのかなと感じている」と話した。

 25日はサウジアラビアに遠征してG3・リヤドダートスプリントでリメイク(牡4=新谷)、G3・サウジダービーのエコロアレス(牡3=森秀)に騎乗。ジョッキー人生を締めくくる。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2023/02/19/kiji/20230219s00004048486000c.html

【国内ラスト騎乗の福永祐一、万感の涙「最高のジョッキー人生でした」 53歳武豊、56歳柴田善臣が花束贈呈】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/12(日) 16:32:05.91 ID:HUZMa25s9
2/12(日) 15:42配信
スポニチアネックス

【京都記念】エフフォーリアまさか…決勝線手前で競走中止 鹿戸師「急に止まって心房細動みたい」

 ◇G2・京都記念(2023年2月12日 阪神芝2200メートル)

 G1ホース3頭が激突した京都記念は、昨年のダービー馬ドウデュース(牡4=友道)が制した。ダービー馬が同レースを勝つのは、1948年春のマツミドリ(83年まで年2回実施)以来75年ぶりで、目標に据える3月のドバイターフへ弾みをつけた。

 21年の年度代表馬のエフフォーリア(牡5=鹿戸)は2番手を追走したものの、ずるずると後退し、決勝線手前で競走を中止した。鹿戸師は「積極的に行って良かったが…。(横山)武史も道中いい感じやったっと言っていた。急に止まって心房細動みたい。仕方ないですね。これから見てきます」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6054a3d616bd7af0da94b4dee96922d301ebf0dc

【京都記念・G2 エフフォーリアまさか…決勝線手前で競走中止 鹿戸師「急に止まって心房細動みたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/04(土) 15:21:43.30 ID:SMjs4udn9
 “レジェンド”武豊騎手(53)が4日小倉1Rで、前人未到のJRA通算4400勝を達成した。

 単勝1・9倍の1番人気スマートアイ(牝3、寺島)に騎乗した3歳未勝利戦(ダート1700メートル)。好スタートからハナを切ると、直線は2番手から追ってきた福永騎手騎乗の2番人気ショウナンアキドンとたたき合いになった。朝一番とは思えない熱いレース。最後はもう1度突き放し、4分の3馬身差で逃げ切った。

 武豊騎手は「直線ですごく声援と拍手が聞こえていたので、土曜日の1Rとは思えない感じでした。先週は勝てなかったので、今日は早く、できれば1Rで決めたいと思っていました。競馬は1つ勝つのも大変なんですけど、長く時間をかけてこれだけ勝たせてもらって、改めて幸せだなと思います。(小倉は)区切りの勝利が多い縁のある競馬場だなと。これからいい馬、いいレースもたくさん待っていますが、まずは目の前のレースを勝ちたいですし、1つずつ(勝利を)積み重ねていきたいです。まだまだ未熟なんで(笑い)、これからも頑張っていきたいですね」と笑顔で話した。

 1月21日中京8Rを勝って区切りまでマジック1としてから開催日にして3日間、足踏みしたが、この日の1鞍目で節目の勝利に到達。スタンドからは大きな拍手が起きた。

 昨年はドウデュースでダービー6勝目を挙げ、史上初となる50代でのダービー制覇を達成した。

 今年は2023年JRA開幕戦の1月5日中山1Rを1番人気シュバルツガイストで制して好発進。
同8日中京の日刊スポーツ賞シンザン記念では、弟・幸四郎師の管理馬ライトクオンタムを勝利に導き、JRA重賞通算350勝&デビュー年から37年連続のJRA重賞制覇を飾った。
3月で54歳を迎えるが、その存在感に陰りはまったく見られない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7257b8bcb46e173f494ef719f4d83a8fa1d510df
日刊スポーツ

【武豊騎手(53)、前人未到のJRA通算4400勝を達成 「まだまだ未熟なんで」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/08(日) 16:39:16.02 ID:96DjwTwS9
1月8日の中京11Rで行われた第57回シンザン記念(3歳オープン、別定、GⅢ、芝1600メートル、7頭立て、1着賞金=4000万円)は、武豊騎手の2番人気ライトクオンタム(牝、栗東・武幸四郎厩舎)がスタートやや出遅れ新馬戦とは打って変わって後方からレースを展開。
前2頭と大きく離れるなか、直線で外に持ち出すと強烈な末脚を繰り出して差し切った。
ラストクロップとなるディープインパクト産駒が、無傷2連勝で重賞初制覇を果たすとともに、武豊騎手は、デビューした1987年から37年連続JRA重賞制覇&前人未到のJRA重賞通算350勝達成となった。タイムは1分33秒7(良)。

1馬身差の2着にはペースセッティング(3番人気)、さらに1馬身遅れた3着にトーホウガレオン(4番人気)が入った。なお、1番人気のクファシルは2番手追走も直線で沈んで7着のしんがり負けとなった。

シンザン記念を勝ったライトクオンタムは、父ディープインパクト、母イルミナント、母の父Quality Roadという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(有)社台レースホース。通算成績は2戦2勝。重賞は初制覇。
武幸四郎調教師はシンザン記念初勝利、武豊騎手は1997年シーキングザパール、99年フサイチエアデール、2002年タニノギムレット、03年サイレントディール、04年グレイトジャーニー、05年ペールギュント、15年グァンチャーレに次いで8勝目。
https://www.sanspo.com/race/article/general/20230108-7E3KCLICRFHKXHRIIKQVY4MMJI/

着順&払戻金
https://deep.race.sanspo.com/_c/result/2023_001/0108/07/202307010311/

【第57回シンザン記念(中京・G3) ライトクオンタムが2連勝で重賞初制覇!武豊騎手37年連続重賞勝利&前人未到のJRA重賞350勝達成 [ニーニーφ★]】の続きを読む

このページのトップヘ