SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

永井秀樹

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/22(火) 17:30:50.13 ID:CAP_USER9
J1神戸の三木谷浩史会長(57)が22日、強化、育成部門トップのスポーツダイレクター(SD)に就任したJ2東京V前監督の永井秀樹氏(51)の会見を行う意向を示した。

 三木谷会長は楽天グループの無料通話アプリ「Viber(バイバー)」に「どこかで永井さんに会見してもらいましょう。本人もしっかりと言い分をいったほうが良いと思います。彼自身もしっかりとみなさんに向けて話した方が良いでしょうから」(一部抜粋)と投稿した。

 永井氏は日本サッカー協会から東京Vの監督時代にパワーハラスメント行為があったと認定され、10日に1年間の公認S級コーチライセンス停止処分(昨年12月23日から12月22日まで)が発表されたばかりだった。

 時期尚早とも言えるSD就任で、サポーターからは大きな反発が起こった。三木谷会長は「スポーツの世界に限らず、情熱が強すぎたとはいえ、行き過ぎた言動等はあってはいけない」と認めた上で、「彼はすでにS級ライセンスの一定期間の停止という非常に重いペナルティーを科せられました。現場とフロントとは、仕事の質も内容も全く異なります。本人も十分と反省しており、本業務の遂行上のコンプライアンスには細心の注意を払って行うことを誓っております。クラブとしてもモニタリングサポートを行った上でセカンドチャンスをあげるという判断をいたしました」とサポーターに理解を求めた。

 その後もサポーターの声が収まることはなく、三木谷会長は永井氏の会見を行う考えを明かし、「私が長年、彼のユース時代からの情熱と特に若手選手との熱のこもったやり取りを直に見て、またそのサッカー界におけるネットワークや知見をベース、また人格も長年の付き合いと彼の貢献を見た上で判断して、数ヶ月前に推薦をしました」と永井SD就任に至った過程と理由を説明した。

ディリースポーツ 3/22(火) 13:09
https://news.yahoo.co.jp/articles/bde637f947e0043798a33621059d1b2b7d78c560

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220322-00000070-dal-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=567&exp=10800

【ヴィッセル神戸・三木谷会長 永井秀樹SDの会見を行う意向明かす「本人もしっかりと言い分をいったほうが良いと」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/21(月) 17:22:10.93 ID:CAP_USER9
J1神戸は21日、ヤングプレイヤーデベロップメントコーチのリュイス・プラナグマ・ラモス氏(41)が監督に就任し、暫定的に指揮を執ることを発表した。また、元東京V監督の永井秀樹氏(51)がスポーツダイレクター(SD)に就任する。リーグ戦4分け3敗と開幕から7戦未勝利のチームは20日に三浦淳寛前監督(47)との契約解除を発表していた。

 スペイン・カタルーニャ出身のリュイス氏は1999年にスペイン1部エスパニョールのユースチームで指導者としてのキャリアをスタート。エスパニョールやグラナダなどのBチーム、同国3部チームなどの監督を経て、20年にJ3今治監督に就任。21年5月に契約解除となるまで指揮を執った。

 今季は神戸で新設の若手育成担当コーチに就任。主将のMFアンドレス・イニエスタ(37)を筆頭にスペイン選手とコミュニケーションを直接図れる点はプラス材料でもある。

 今季タイトル獲得を掲げてスタートしたチームは4分け3敗と開幕7戦未勝利で16位に沈む。ルイス監督、永井SDによる新体制で巻き返しを図る。

ディリースポーツ 3/21(月) 17:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7dcc038d6722ce0a0f2033d513ef3009816505f

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220321-00000115-dal-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=638&exp=10800

【ヴィッセル神戸・リュイス監督が就任!暫定的に指揮 永井秀樹SDとの新体制で再出発】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/21(月) 13:28:52.13 ID:CAP_USER9
神戸は20日、三浦淳寛監督(47)との契約を同日付で解除したと発表した。

 今季は15日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ・メルボルンV戦で勝利を挙げたが、リーグ戦は開幕から7試合を消化して4分け3敗の勝ち点4と苦戦。開幕から7戦未勝利は、クラブワースト記録で16位に低迷する。
来月からACLの本大会が始まるだけに「アジアNo・1」を目標に掲げるクラブは、立て直しのために指揮官の解任に踏み切った。

三浦監督はクラブを通じ「志半ばですがチームを離れる形になり残念。現場、フロント、サポーターと一緒に本気で戦えたことに心から感謝している」などとコメントした。

 後任監督は未定だが、複数の関係者によると、フロント改革も行われることが判明した。昨季途中までJ2の東京Vで指揮を執り、
その後のパワハラ認定で1年間のS級指導者ライセンス停止処分を受けた永井秀樹氏(51)がテクニカルディレクターで入閣する見通しだという。
後任監督には栗原圭介強化部長(48)や林健太郎ヘッドコーチ(49)らが内部昇格する可能性も出てきた。リーグ戦の巻き返しとACL制覇へ向け、現場だけではなくフロントにも大きなテコ入れをする方針だ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/03/21/kiji/20220321s00002179053000c.html
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/03/21/jpeg/20220321s00002179044000p_view.webp

【J1神戸 三浦監督の契約解除とともにフロント改革も断行、永井秀樹氏がTDとして入閣の見通し】の続きを読む

このページのトップヘ