SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

池江璃花子

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/20(金) 01:01:28.25 ID:CAP_USER9
池江璃花子、レアな“セパレート水着”姿に反響「背中!カッコイイ~」「鍛え上げられた美しさ」


競泳の池江璃花子選手が19日、自身のインスタグラムを更新。
美くびれ際立つ“セパレート水着”姿を公開した。

「休暇っぽいけど、合宿です。頑張り続けるって難しい。自分の決めた道は、辛くても楽しんで行きたいよね」と思いをつづった池江選手は「#練習の合間にもプール」と、水着姿のオフショットをアップ。

トップスとボトムスが分かれた「#セパレート水着」を着こなしており、引き締まった美くびれや美背中があらわとなっている。


ファンからは「セパレート新鮮です」「背中!カッコイイ~」「鍛え上げられた美しさ」「めっちゃ綺麗 頑張って」「体型も戻ってきましたね~!」「広背筋えげつない 努力の結晶ですね」「無理せず気楽に」などの声が寄せられた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/944987fc7aa7def87072673a1f8d48f3c41ada46
https://i.imgur.com/IsQfmMg.jpg
https://i.imgur.com/Oxzff8y.jpg

【「鍛え上げられた美しさ」池江璃花子、レアな“セパレート水着”姿に反響】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/28(木) 16:44:19.07 ID:CAP_USER9
<競泳:日本選手権>◇第1日◇28日◇横浜国際プール◇女子50メートルバタフライ

東京オリンピック(五輪)代表の池江璃花子(21=ルネサンス)は25秒49だった。派遣標準記録25秒66を突破し、アジア大会(9月、中国・杭州)の代表入りを決めた。
午前に行われた予選では全体1位となる25秒74で決勝に進出していた。
池江は3月に行われた国際大会日本代表選手選考会では、派遣標準記録に0秒12届かず代表入りを逃した。
アジア大会(9月、中国・杭州)の追加選考会として行われる今大会には自由形とバタフライの計5種目にエントリーしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4fb9288359402ad483ee5699a143ea78231a20ca
日刊スポーツ

【競泳日本選手権 池江璃花子、アジア大会(9月、中国・杭州)の代表入り決定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/07(月) 13:29:00.33 ID:CAP_USER9
3/7(月) 13:22配信
デイリースポーツ

 日本水泳連盟は7日、6月の世界選手権(ハンガリー、ブダペスト)、9月のアジア大会(中国、杭州)、6〜7月のユニバーシアード(中国、成都)の代表を発表した。3月上旬の日本代表選考会で個人種目での内定を逃した池江璃花子(21)=ルネサンス=は世界選手権の代表からは外れ、ユニバーシアード代表に選出された。

 世界選手権は瀬戸大也(TEAM DAIYA)、大橋悠依(イトマン東進)ら男子8人、女子10人(リレー代表も含む)の計18人を派遣する。アジア大会については、4月下旬から行われる日本選手権での追加選考がある。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220307-00000063-dal-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5834b65239153ca343389bf2026be9b6ca41bff1

【池江璃花子 ユニバーシアード代表入り 世界選手権代表は外れる】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/06(日) 22:59:53.58 ID:CAP_USER9
池江 璃花子
@rikakoikee
努力は必ずしも報われるわけではない。
だけどその努力が報われるまで努力し続ける。
午前10:17 · 2022年3月6日·Twitter for iPhone
https://i.imgur.com/PG5b7jR.jpg
https://twitter.com/rikakoikee/status/1500279368266153986?s=20&t=yeskvBKekuknCgJ9Ypq1FQ
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【池江璃花子「努力は必ずしも報われるわけではない。だけど…」8.6万いいね】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/05(土) 17:20:22.80 ID:CAP_USER9
3/5(土) 17:07
デイリースポーツ

池江璃花子 個人での世界選手権代表内定ならず 100mバタ意地の優勝も0秒1届かず
 女子100mバタフライ決勝で派遣標準記録を突破できなかったものの、すがすがしい表情でインタビューを受ける池江璃花子(撮影・伊藤笙子)
 「競泳・国際大会日本代表選手選考会」(5日、東京辰巳国際水泳場)

 女子100メートルバタフライ決勝が行われ、東京五輪代表の池江璃花子(21)=ルネサンス=は優勝。だが、57秒89で派遣標準記録突破には0秒1届かず、5年ぶりとなる個人種目での世界選手権代表内定を逃した。

 それでも意地の優勝に池江は笑顔を浮かべ、「自分の得意な種目で優勝できてホッとしている。この種目も棄権しようかと思ったが、戦わずして負けるか、戦って終わるか、この種目を泳いで未来につなげようと思った」などと前向きに語った。24年のパリ五輪を目標に掲げており、「自分に何が足りなかったのかを考えて強化したい」とうなずいた。

 予選では59秒59の全体8位。全体1位からは1秒以上遅れたゴールで、決勝進出ラインぎりぎりだった。

 池江は2日の大本命種目、50メートルバタフライでは、派遣標準記録に0・12足りず2位。さらに、4日の同100メートル自由形では優勝したものの、派遣選考記録に0秒06届かず号泣。試合後は「この1年間頑張ってきたのになんでだろう。ここまでくるとよく分からない」と語っていた。

 100メートルバタフライの派遣標準記録は57秒79。池江は21年4月の日本選手権で、白血病から復帰後最速の57秒77をマークしていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220305-00000096-dal-000-7-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e737bdb85ed8fc91c8a0381ba1d193c53549cad4

【競泳・池江璃花子 個人での世界選手権代表内定ならず 100mバタ意地の優勝も0秒1届かず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/04(金) 18:02:35.77 ID:CAP_USER9
3/4(金) 18:01
日刊スポーツ

池江璃花子が涙で会見続けられず「頑張ってきたのになんで…」派遣記録届かず代表内定持ち越し

<競泳:国際大会日本代表選手選考会>◇第3日◇4日◇東京辰巳国際水泳場◇女子100メートル自由形
東京オリンピック(五輪)代表の池江璃花子(21=ルネサンス)が、女子100メートル自由形決勝で52秒02の1位となったが、派遣標準記録にはわずかに0秒06届かず、今年の世界選手権(6月18日〜7月3日、ブダペスト)の日本代表内定は5日に持ち越しとなった。
レース後は悔しさでプールからすぐに上がれなかった。ゴーグル越しにも表情が崩れていたことがはっきりと分かった。レース直後のインタビューでは「(大会初日の)50メートルバタフライのときから自分が情けなくて…。去年から何も成長していない。この1年頑張ってきたのになんでだろう…」と声を震わせた。
6日は50メートル自由形と100メートルバタフライの2種目にエントリーしている。その最終日について聞かれると「ここまで来るとちょっと明日もよくわからないが、それでも泳がないといけない」と声を振り絞った。その後のミックスゾーンでの会見では涙で質問に答えることができず、途中で打ち切られるような形となった。
池江はこの日の午前の予選では全体1位となる54秒86で決勝に進んでいた。
世界選手権などの代表を決める今大会、池江は2日の50メートルバタフライで派遣標準記録を突破できず、3日の200メートル自由形は棄権し、残り2日間に備えた。4日はこの種目のみにエントリーしていた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220304-33040661-nksports-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7899e30a00169e180fa4a9538326667393ce297c

【「頑張ってきたのになんで…」池江璃花子が涙で会見続けられず 派遣記録に0秒06届かず代表内定持ち越し】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/04(金) 17:17:41.66 ID:CAP_USER9
3/4(金) 17:14
デイリースポーツ

競泳 池江璃花子 100メートル自由形も世界選手権代表ならず
 
 「競泳・国際大会日本代表選手選考会」(4日、東京辰巳国際水泳場)

 女子100メートル自由形決勝が行われ、池江璃花子(21)=ルネサンス=は54秒02で優勝したものの、世界選手権(6月、ブダペスト)の派遣標準記録53秒96は突破できず、代表内定はならなかった。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220304-00000111-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e56402d3fcd84462c33416bd70e8a53f7de12f7

【国際大会日本代表選手選考会 池江璃花子 100m自由形も世界選手権代表ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/02(水) 16:42:11.15 ID:CAP_USER9
3/2(水) 16:33配信
デイリースポーツ

 女子50mバタフライ決勝で2位に入るも派遣標準記録を突破できなかった池江璃花子(撮影・伊藤笙子)

 「競泳・国際大会日本代表選手選考会」(2日、東京辰巳国際水泳場)

 女子50メートルバタフライ決勝が行われ、池江璃花子(21)=ルネサンス=は25秒78で2位だった。派遣標準記録(25秒66)には0秒12届かず、6月に開幕する世界選手権(ブダペスト)の代表入りは決められなかった。

 50メートルバタフライは非五輪種目。白血病から復帰後は、「いい位置に行ける可能性がある種目」と、まずこの50メートルバタフライで世界と戦うことを見据えてきた。復帰後の世界大会では初となる個人種目での内定を目指したが、わずかに届かなかった。

 この日午前に行われた予選は、25秒75の全体1位通過。3日には200メートル自由形、4日に100メートル自由形、5日は50メートル自由形と100メートルバタフライに出場を予定している。

 優勝した相馬あい(ミキハウス)も25秒76で派遣記録には届かず「悔しい。力不足だった」と涙した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-00000082-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e460836445d7f462a3f9261b9c3703c6383df30

【国際大会日本代表選手選考会 池江璃花子、0秒12届かず代表内定持ち越し 50mバタフライで2位】の続きを読む

このページのトップヘ