SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

決勝

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/26(日) 03:21:01.04 ID:XBuG/UI59
[5.25 ACL決勝第2戦 アルアイン 5-1 横浜FM ハッザビンザイード]

 横浜F・マリノスは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦でアルアイン(UAE)と対戦し、1-5で敗れた。第1戦の1点リードを前半33分までにひっくり返され、同40分にFWヤン・マテウスのゴールで追いついたが、前半終了間際にGKポープ・ウィリアムが一発退場。10人で迎えた後半に3点を勝ち越され、2戦合計スコア3-6で史上初のアジア制覇を逃した。

 アジア王座をかけた敵地での最終決戦。第1戦を2-1で制した横浜FMはベストメンバー布陣で乗り込み、3トップにFWエウベル、FWアンデルソン・ロペス、FWヤン・マテウスを並べた。また負傷者が続発していた最終ラインでは決勝第1戦で足首を痛めたDF畠中槙之輔が復帰。出場停止明けのDF上島拓巳とCBコンビを組んだ。

 試合は立ち上がりから大きく動いた。まずは前半9分、横浜FMは畠中のクリアをMFヤヒア・ナデルに拾われ、ワンタッチスルーパスからカウンターを許すと、FWソフィアン・ラヒミとナデルのトリッキーなパス交換でゴール前を崩され、ラヒミに決められ失点。早々に第1戦のリードを帳消しにされた。

 さらに前半28分、DFバンダル・アルアフバビのスルーパスからラヒミに抜け出され、畠中が背走対応を強いられると、ペナルティエリア内での接触によりラヒミが転倒。主審は一度、ラヒミにシミュレーションによるイエローカードを提示したが、VARが介入した結果、PKに判定が覆り、これをFWアレハンドロ・ロメロに決められて0-2とされた。

 2戦合計スコアでひっくり返された横浜FMも前半40分、敵陣に流れたボールにヤン・マテウスが猛烈なプレッシャーをかけ、DFクアム・クアディオから奪ってそのままゴール前へ。最後は鋭い切り返しで利き足の左に持ち出すと、強烈なシュートでゴールを破り、2戦合計スコア3-3の同点とした。

 ところが前半アディショナルタイム10分、横浜FMは痛いアクシデントに襲われた。局面でのぶつかり合いが続いた後、A・ロメロのスルーパスからラヒミに抜け出されると、GKポープ・ウィリアムがペナルティエリア外で倒して一発退場。エウベルに代わってACLデビューのGK白坂楓馬が投入され、10人で戦うことを強いられた。

 後半は4-4-1のシステムで守る横浜FMがアルアインの攻撃を冷静に耐え、危なげなく時間を進めるが、相手がエースFWコジョ・ラバを投入してきた直後の後半15分にまたしても痛いアクシデント。畠中が膝を痛めてプレーを続けることができなくなり、MF喜田拓也とともに交代し、DFエドゥアルドとMF山根陸がピッチに送り込まれた。

 そうして迎えた後半22分、横浜FMが再びビハインドに追い込まれた。第1戦は欠場していたラバのポストプレーに対応できず、深い位置まで押し込まれると、左からのクロスは上島がダイビングヘッドでクリアし。だが、こぼれ球を拾ったラヒミにDF永戸勝也がかわされ、左足シュートを突き刺された。

 さらに後半31分、横浜FMはラヒミの縦パスをA・ロメロにつながれ、最後はラバにヒールで押し込まれたが、これはオフサイドで命拾い。同34分、最後の交代カードでヤン・マテウスに代わってFW宮市亮を入れ、4-3-2のシステムで大勝負に出た。

 だが、その後はアルアインに時間を使われ、なかなか攻撃に出られずにいると、後半アディショナルタイム1分にアルアインがダメ押し。相手のスルーパスを処理しようとした白坂の足の間をボールがすり抜け、ラバに無人のゴールに流し込まれた。アルアインは同6分にもラバのゴールを重ね、そのままタイムアップ。来季からAFC新大会が組まれている中、現行ACL最後のトロフィーはアルアインが掲げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/acf0f662b985e57560de3554fb4572e67ba74a60

【ACL・決勝第2戦 ACL決勝に挑んだ横浜FM、GKポープ退場で10人奮闘も大量5失点…史上初のアジア制覇ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/11(土) 22:02:56.24 ID:Q2t+xxxt9
◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)▽決勝第1戦 横浜FM―アルアイン(11日・日産スタジアム)

 試合前には横浜FMのクラブカラー(青、赤、白)を模したコレオグラフィー(人文字)でスタンドが彩られ、サポーターが大声援。入場者数は5万3704人と発表された。これまでの最多だった今大会準決勝第2戦・蔚山戦(4月24日、日産ス)を超え、ACLクラブ新記録をマークした。

JクラブのACL日本開催試合最多記録となる07年11月14日の決勝・浦和―セパハン戦(埼玉、5万9034人)には届かなかった。

 試合は前半12分、相手スローインの流れからM・バルーシに先制ゴールを献上。アンデルソンロペス、ヤンマテウスらFW陣が決定機を決めきれない展開が続いた中、後半27分にMF植中朝日が同点ゴールを決めた。
https://hochi.news/articles/20240511-OHT1T51312.html?page=1

【横浜FM、ホームACL決勝に5万3704人! クラブ歴代最多を記録】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/11(土) 21:05:57.73 ID:PJ6r7eKh9
◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)▽決勝第1戦 横浜FM2―1アルアイン(11日・日産スタジアム)

 初のアジア制覇を目指す横浜FMがホームの決勝第1戦でアルアインに2―1で逆転勝利し、先勝した。

 前半12分、敵陣右からの相手スローインの流れからアルアインMFのM・バルーシに先制ゴールを奪われた。同30分には縦パスに抜け出したMFパラシオスに強烈シュートを決められたが、直前にオフサイドがあったとして取り消された。アンデルソンロペス、ヤンマテウスらFW陣が決定機を作ったが、決めきれないまま前半を終えた。

 0―1の後半27分、ヤンマテウスの右クロスをMF植中朝日がゴール前でヘディングで合わせて同点ゴール。パリ五輪世代の成長株が大舞台で値千金の得点をマークし、5万3704人が集まったサポーターを沸かせた。

 さらに、後半39分にヤンマテウスの右クロスを途中出場のFW宮市亮がボレーシュートを放ち、ゴール前のMF渡辺皓太が右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。一度はオフサイドと判定されたが、VAR判定でゴールが認められた。

 第2戦は25日(日本時間26日未明)に敵地で行われる。前回大会の浦和に続く日本勢の2連覇が懸かり、優勝すれば来年のクラブW杯への出場権を得る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cacdddf2692523090bfd08dc3c3757f1bae255f0

【ACL・決勝第1戦 横浜FM、アルアインに2ー1先勝! 0―1から植中朝日、渡辺皓太のゴールで逆転勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/10(金) 20:58:28.79 ID:UQ8+axLY9
『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament 決勝』が10日に行われ、三菱重工浦和レッズレディースと仁川現代製鉄レッドエンジェルズが対戦した。

 本大会は、昨年に女子クラブのアジアナンバーワンを決定する『AFC Women’s Champions League 2024』のプレ大会として開幕。浦和はグループAを首位で通過し、グループBで首位となった現代製鉄との決勝に駒を進めた。3月にはAFCが決勝を実施しないことを通達したが、AFC、JFA、WEリーグ、浦和、大韓サッカー協会(KFA)、現代製鉄による協議の結果、先月25日に正式に決勝の開催が決定した。

 WEリーグ連覇が目の前に迫る浦和と対戦する現代製鉄は、現在女子Kリーグで11連覇中の強豪チーム。日韓を代表する両クラブによる“アジア女王決定戦”は、13分に現代製鉄がスコアを動かす。相手のスルーパスの処理を狙った浦和のセンターバック長嶋玲奈が、背後からのプレスに気付かず自陣でボールを奪われると、こぼれ球を拾ったイ・ソヒが豪快なミドルシュートを突き刺し、現代製鉄が先制に成功した。

 対する浦和も、22分に敵陣右サイドでボールを持った栗島朱里がピッチ中央の伊藤美紀に繋ぎ、トラップからボックス内に浮き球のパスを供給。反応した清家貴子が角度の少ない位置から右足を振り抜くと、シュートはゴールに吸い込まれ、浦和のエースが貴重な同点弾を奪った。

 勢いに乗る浦和は、直後の26分に右サイドでコーナーキックを獲得。キッカーを務めた塩越柚歩が右足でニアサイドにボールを蹴り入れると、飛び込んできた島田芽依が頭で合わせる。ヘディングで流したシュートは、GKの手が届かない軌道を描いてゴールイン。浦和が4分間で試合をひっくり返した。

 後半もビッグチャンスを作り出し続けた浦和だったが、以降は両者に得点は生まれず、2-1のまま試合は終了。勝利した浦和がアジア王者に輝いた。なお、今大会で7得点を記録した清家は得点王に輝いている。

【スコア】

三菱重工浦和レッズレディース 2-1 仁川現代製鉄レッドエンジェルズ

【得点者】

0-1 13分 イ・ソヒ(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)
1-1 22分 清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)
2-1 26分 島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/100b54daf7884510c151369c591413dd182388c5

【三菱重工浦和レッズレディースがアジア女王に輝く! 清家貴子&島田芽依の得点で現代製鉄に逆転勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/05/04(土) 00:26:30.59 ID:wixzC2+p9
3日、AFC U23アジアカップの決勝のU-23日本代表vsU-23ウズベキスタン代表が行われる。

パリ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねていた今大会はこれが最後の試合に。すでに日本、ウズベキスタン、そして3位決定戦を制したイラクがパリ五輪出場決定。敗れたインドネシアは、アフリカ4位のギニアを最後の出場枠を争うこととなる。

アジア制覇を目指す日本にとっては最後の大事な試合。この試合の勝敗で、パリ五輪本大会の組み合わせも変わり、準優勝であればスペインとグループステージで同居することとなる。

勝てばアジア王者となる日本vsウズベキスタンは3日の24時30分キックオフ。NHKとDAZNで生中継される。


◆日本代表スターティングメンバー
GK

1.小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)

DF
4.関根大輝(柏レイソル)
5.木村誠二(サガン鳥栖)
21.大畑歩夢(浦和レッズ)
22.高井幸大(川崎フロンターレ)

MF
7.山本理仁(シント=トロイデン/ベルギー)
8.藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン/ベルギー)
17.松木玖生(FC東京)

FW
9.藤尾翔太(FC町田ゼルビア)
10.佐藤恵允(ブレーメン/ドイツ)
19.細谷真大(柏レイソル)

◆サブ
GK
12.野澤大志ブランドン(FC東京)
23.山田大樹(鹿島アントラーズ)

DF
2.半田陸(ガンバ大阪)
3.西尾隆矢(セレッソ大阪)
15.鈴木海音(ジュビロ磐田)
16.内野貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)

MF
6.川崎颯太(京都サンガF.C.)
13.荒木遼太郎(FC東京)
14.田中聡(湘南ベルマーレ)

FW
11.山田楓喜(東京ヴェルディ)
18.内野航太郎(筑波大学)
20.平河悠(FC町田ゼルビア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0069e70bdb62b0fc0a7f6acf835e84ef22852e1e

【U-23アジアカップ決勝戦「日本 vs ウズベキスタン」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/03/30(土) 12:52:51.47 ID:jq/RXy9t9
第25回全国高校選抜ラグビー大会は30日、埼玉・熊谷スポーツ文化公園で決勝があり、大阪桐蔭が石見智翠館(島根)を
55―3で降して、11年ぶり2度目の優勝を果たした。石見智翠館は初の頂点に届かなかった。

大阪桐蔭は1回戦で国学院久我山(東京)に48―5、2回戦で札幌山の手(北海道)に87―0と快勝。準々決勝では
東海大相模(神奈川)との接戦を13―3で制した。準決勝は大会連覇を目指した桐蔭学園(神奈川)を運動量で上回り、
13―7と退けて決勝に進んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/46751971075cc088797fb1329be71a9aaac009c3

【第25回全国高校選抜ラグビー・決勝 大阪桐蔭が55―3で石見智翠館を下し、11年ぶり2度目の優勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/08(月) 16:30:31.45 ID:sLkVoe0Q9
■102回全国高校サッカー選手権決勝の観衆は5万5019人 第81回大会以降では歴代2位


1月8日、第102回全国高校サッカー選手権の決勝が国立競技場で行われ、青森山田(青森)が3-1で近江(滋賀)を下し2年ぶりの優勝を果たした。

 今大会の入場者数は5万5019人。決勝が成人の日に固定された第81回大会以降で歴代2位の数字となった。

【歴代観客動員数】
第81回:5万1986人
第82回:4万6754人
第83回:4万6037人
第84回:3万1782人
第85回:3万5939人
第86回:4万8884人
第87回:4万102人
第88回:4万3635人
第89回:3万5687人
第90回:4万3884人
第91回:2万4937人
第92回:4万8295人
第93回:4万6316人
第94回:5万4090人
第95回:4万1959人
第96回:4万1337人
第97回:5万4194人
第98回:5万6025人
第99回:無観客※新型コロナウイルス感染拡大防止のため
第100回:4万2747人
第101回:5万868人
第102回:5万5019人

1/8(月) 16:24 高校サッカードットコム
https://news.yahoo.co.jp/articles/96ef69943f358fb9f115656a46813a65109a6b61

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240108-00010007-kksoccer-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=427&exp=10800

【102回全国高校サッカー選手権・決勝の観衆は5万5019人 第81回大会以降では歴代2位】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/23(土) 08:36:52.88 ID:i3mXGliT9
■【クラブW杯】マンC記録的初V 大会最速弾からグアルディオラ監督は最多4度目のクラブ世界一

<FIFAクラブワールドカップ(W杯):マンチェスター・シティー4-0フルミネンセ>◇決勝◇22日◇ジッダ(サウジアラビア)

【写真】先制ゴールを決め駆け出すマンチェスター・シティーFWアルバレス
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/202312230000051-w500_1.jpg

 欧州覇者のマンチェスター・シティー(イングランド)が南米代表のフルミネンセ(ブラジル)に4-0で大勝し、クラブW杯初優勝を飾った。欧州王者の優勝は2013年から11大会連続。グアルディオラ監督は指揮官として単独最多4度目のクラブ世界一となった。

 大会史上最速となる開始40秒で先制した。DFアケの左足ミドルシュートが左ポストに当たって跳ね返り、そのこぼれ球をFWアルバレスが胸で押し込んだ。前半27分にはFWフォーデンの左からのクロスが相手のオウンゴールを誘発。2点リードで前半を折り返した。

 後半14分まではフルミネンセの43歳GKファビオの好セーブもあって追加点を奪えなかったが、同15分からクロアチア代表MFコバチッチが途中出場。すると、同27分にこぼれ球を拾ったコバチッチがアルバレスへつなぎ、左からのグラウンダーのクロスをFWフォーデンが押し込んでリードを広げた。

 3点目の起点になったコバチッチはレアル・マドリード(スペイン)とチェルシー(イングランド)でクラブ世界一を経験しており、異なる3つのクラブでの優勝は史上初となった。

 最後は後半43分にアルバレスが巧みなシュートフェイントから相手DFを交わして右足でゴール。2得点1アシストの活躍を見せたアルバレスが試合のMVPに輝いた。

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231223-42230051-nksports-000-4-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

12/23(土) 5:35 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/74741ec569932706bde3edc8a250ba1d17296d88

【クラブW杯・決勝 マンC記録的初V 大会最速弾からグアルディオラ監督は最多4度目のクラブ世界一】の続きを読む

このページのトップヘ