SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

決勝トーナメント

1: 名無しさん@恐縮です 2024/07/05(金) 07:25:32.94 ID:gJkMJvwo9
6月20日(現地時間。以下同)に開幕したコパ・アメリカは、7月2日にグループリーグが終了し、決勝トーナメント(準々決勝)進出の全8カ国が出揃った。

アルゼンチン(A組1位)vsエクアドル(B組2位)ベネズエラ(B組1位)vsカナダ(A組2位)ウルグアイ(C組1位)vsブラジル(D組2位)コロンビア(D組1位)vsパナマ(C組2位)

準々決勝4試合のなかで最大の注目カードとなるのは、ウルグアイvsブラジルで間違いないだろう。
2年前のワールドカップ終了後、昨年5月にマルセロ・ビエルサ監督が就任したウルグアイは、現在進行中の2026年ワールドカップ南米予選でアルゼンチンに次ぐ2位(第6節終了時点。以下同)につけており、その強さどおりにこの大会でもグループリーグ3連勝。ロナルド・アラウホ、フェデリコ・バルベルデ、ダルウィン・ヌニェスと、センターラインにタレントを擁しており、試合の流れに応じた勝負強さが光っている。

歴代最多優勝回数でアルゼンチンに並ばれたウルグアイだが、再び単独トップに立つチャンスをうかがっている。
一方のブラジルは、グループリーグ1勝2分けで2位通過。とにもかくにも初戦でコスタリカに引き分け、勝ち点をとりこぼしたことが、準々決勝でウルグアイと対戦しなければならなくなった最大の要因であることは間違いない。

ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ、ラフィーニャら、前線には高い個人能力を備えた選手が揃い、それなりにチャンスは作っているものの、なかなかゴールにつながらない。
大黒柱のヴィニシウスも、常に複数の相手選手にマークされる状況にあって、パラグアイ戦こそ2ゴールを記録したが、本来の力はまだ発揮しきれずにいる。しかも、次のウルグアイ戦は累積警告で出場停止。弱り目に祟り目のブラジルは、さらなる苦境に追い込まれている。

そうは言っても、ワールドカップ南米予選でも、ブラジルは現在6位と低迷している。それを考えれば、コロンビアにグループDの首位通過を譲ったことも驚くには値しないのかもしれない。ブラジルの準々決勝敗退というシナリオも、悲しいかな、十分現実味を帯びている。
https://i.imgur.com/cZYhn0O.jpeg
https://news.yahoo.co.jp/articles/e01d134f324c4d46155d26f46392fb24b1237e89

【「8強」が出揃ったコパ・アメリカ2024 頂点に立つ可能性が最も高いチームはどこだ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/31(水) 00:03:57.02 ID:Pw5z7/ic9
https://news.yahoo.co.jp/articles/2227dcd3aa2a31c2a9280178f9239a8fe1583251

森保監督、PK戦ならキッカー指名を示唆 カタールW杯では挙手制も「反省はある」


 アジア杯3大会ぶり5度目の優勝を目指す日本代表・森保一監督とMF久保建英(Rソシエダード)は30日、決勝トーナメント1回戦・バーレーン戦に向けての前日会見に出席。

 森保監督は決勝トーナメントから実施されるPK戦に関して、自らキッカーを指名する可能性を示唆した。

 日本がベスト16で敗退した2022年カタールW杯決勝トーナメント1回戦・クロアチア戦では、PK戦に突入した際、キッカーを選手の挙手で決めた。

 この日の前日会見でPK戦に触れ「(カタールW杯で)選手に責任を背負わせてはいけない、というところで挙手制にした反省はある」と振り返った指揮官。

 「選手が手を上げて蹴ってくれた、その勇気が成長につながるとは今でも思っている。ただ結果で選手に責任を負わせてしまうので、私が決めるという選択肢を優先度高く持っておきたい」と話した。

 チームは1次リーグ3試合すべてで失点。会見では計5失点を許した守備陣への質問も飛んだが「失点に関しては反省しないといけないところ、もっとレベルアップしないといけないところはあるが、明日に関して不安はまったくありません」と強調した。

【日本代表・森保監督、PK戦ならキッカー指名を示唆 カタールW杯では挙手制も「反省はある」 アジア杯決勝トーナメント】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/27(土) 19:34:19.37 ID:LR+h9G219
AFCアジアカップカタール2023の決勝トーナメント1回戦が日本時間29日に開催される。

■イラク vs ヨルダン

グループステージで日本に見事な戦いを見せて2-1勝利、3連勝でグループDを首位突破を果たしたイラク。
ベトナム戦(3-2)は苦戦を強いられたものの、5ゴールで得点ランクトップのFWアイマン・フセインが後半アディショナルタイムに決勝点を決め、チーム・ファン共にこれ以上ない熱いムードで決勝トーナメントへ挑むことになる。2007年大会以来の優勝へ向けて1回戦で立ちはだかるのは、激戦となったグループEを3位で通過したヨルダンに。
バーレーンに足元を救われる形となったとは言え、第2戦では韓国と2-2のドロー。決して油断はできない相手だ。ボール保持は決してスムーズとは言えないため、先制して堅守速攻を狙う展開に持ち込みたいだろう。

■カタール vs パレスチナ

前回大会王者にして、今大会も優勝候補の一角であるカタール。母国ファンの大声援を受けてグループ3連勝、5得点無失点と素晴らしい内容で突破してみせた。日本や韓国、オーストラリアなどが今ひとつ調子が上がりきらない中で、完璧ではないが良い状態でラウンド16へ進むことができた。
4年以上前から取り組んできたボール保持からの積極的なスタイルで、早い時間から主導権を握れるだろうか。
一方のパレスチナは、グループCを3位で突破。非常に複雑で深刻な問題を抱える国のファンへ、勇気を示したい。

29日開催アジアカップ・ベスト16
▽1月29日(月)
イラク vs ヨルダン(20:30)
カタール vs パレスチナ(25:00)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d4f177fd5e8ad0be7be49dbb3d3c97cf5c8398a
DAZN

【<アジア杯>未だ無失点の優勝候補カタールはパレスチナと対戦…日本撃破のイラクはヨルダンと】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/26(金) 10:36:25.30 ID:HWXAwsUJ9
アジアカップ2023のグループステージ全日程が25日に終了。決勝トーナメントに進む16チームが出揃った。

カタールで開催中の今大会は24チームが6グループに分かれ、グループ上位2チーム、グループ3位の上位4チームが決勝トーナメントに進出するレギュレーションとなっている。

FIFAランキング最上位(17位)に位置する優勝候補筆頭の日本、大会屈指のタレントを擁する韓国と東アジアの雄が思わぬ苦戦を強いられたなか、ホスト国で前大会王者カタールやイラン、日本を破ったイラクといった中東勢がいずれも3連勝で首位通過を決定。

また、地力のあるサウジアラビアやオーストラリア、ウズベキスタン、東南アジア勢のタイ、インドネシアがベスト16進出。さらに、タジキスタンやパレスチナといった伏兵の健闘も印象的だった。

なお、ラウンド16ではグループD2位通過の日本はグループE首位通過のバーレーンとの対戦が決定。また、サウジアラビアvs韓国、オーストラリアvsインドネシア、ウズベキスタンvsタイといった注目カードが決定した。

ラウンド16対戦カードおよび試合日程、グループステージ最終順位は以下の通り。

■ラウンド16対戦カード&日程

▽1/28(日)
《20:30》
オーストラリア vs インドネシア
《25:00》
タジキスタン vs UAE

▽1/29(月)
《20:30》
イラク vs ヨルダン
《25:00》
カタール vs パレスチナ

▽1/30(火)
《20:30》
ウズベキスタン vs タイ
《25:00》
サウジアラビア vs 韓国

▽1/31(水)
《20:30》
バーレーン vs 日本
《25:00》
イラン vs シリア

■グループステージ最終順位

◆グループA
1.カタール 9pt
2.タジキスタン 4pt
―決勝T進出―
3.中国 2pt
4.レバノン 1pt

◆グループB
1.オーストラリア 7pt
2.ウズベキスタン 5pt
3.シリア 4pt
―決勝T進出―
4.インド 0pt

◆グループC
1.イラン 9pt
2.UAE 4pt
3.パレスチナ 4pt
―決勝T進出―
4.香港 0pt

◆グループD
1.イラク 9pt
2.日本 6pt
3.インドネシア 3pt
―決勝T進出―
4.ベトナム 0pt

◆グループE
1.バーレーン 6pt
2.韓国 5pt
3.ヨルダン 4pt
―決勝T進出―
4.マレーシア 1pt

◆グループF
1.サウジアラビア 7pt
2.タイ 5pt
―決勝T進出―
3.オマーン 2pt
4.キルギス 1pt

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3467f369e83938e18eee432bd6beffc3d211ab2

【アジア杯決勝T進出16チームが決定! 気になるラウンド16対戦カードは…】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/25(木) 01:41:38.48 ID:rmFKcSzr9
【アジア杯】3試合で計5失点… 3戦連続先発のGK鈴木彩艶「自信を持ってプレーするだけ」


<アジア杯:日本3-1インドネシア>◇1次リーグ◇第3戦◇24日◇カタール


後半ロスタイムにロングスローから被弾し、初戦のベトナム戦、イラク戦に続き全3試合で計5失点を喫した。

40年ぶりに敗れたイラク戦から4バックの先発全員を入れ替えた中、GK鈴木彩艶(21=シントトロイデン)だけが3戦連続で先発。

2戦連続2失点でSNSでは差別的な発言を受けたが「僕としても変わることなく、自信を持ってプレーするだけだった」と言い切り「ロングボールの対応も含め、3試合の中でチームとして一番いいゲームが出来た」と胸を張った。


ただ、DF冨安がベンチに下がった後に失点した。鈴木は当初、足で止めようとしたが、バウンドしたことで手に切り替え間に合わなかったという。
「止められれば一番だったけど、まず勝ち切るところは意識していた。反省しながらも次に向かっていきたい」。

一発勝負の決勝トーナメントへ修正していくしかない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/cd277638b3ee4d84cb1a55f2eb960d9a67aa2aad

【3試合で計5失点… 3戦連続先発の日本代表GK鈴木彩艶「自信を持ってプレーするだけ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/28(木) 18:36:07.27 ID:CpKYCbgl9
アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)23―24シーズンの決勝トーナメント組み合わせ抽選会が28日に行われ、初出場ながらJ2勢史上初の1次リーグ突破を果たした甲府(H組1位)は蔚山(韓国/I組2位)との対戦が決定。他の日本勢は川崎F(I組1位)が山東(中国/G組2位)、横浜(G組1位)がバンコク・U(タイ/F組1位)との対戦が決まった。なお決勝トーナメントはホーム&アウェー方式で行われ、東地区1回戦第1戦は24年2月13・14日、同第2戦は2月20・21日を予定している。

 昨季の天皇杯を制した甲府は、今季J2で8位に終わりJ1昇格こそ逃すも初出場のACLで快進撃を見せ、1次リーグH組を堂々の首位突破。J2勢として史上初。各国を通じ、2部リーグのクラブが決勝トーナメントに進出するのも初めてという快挙を達成した。

 そして決勝トーナメント初戦、注目の対戦相手は優勝経験2回の蔚山(韓国/I組2位)に決定。直前の抽選でF組1位バンコク・U(タイ)がポット2に入ったため、3チームとも1位突破だった日本勢は同国対決を回避。川崎F(I組1位)は山東(中国/G組2位)、横浜(G組1位)はバンコク・U(タイ/F組1位)との対戦が決まった。

<ACL決勝トーナメント1回戦組み合わせ>

▽東地区

全北(韓国/F組2位)―浦項(韓国/J組1位)

蔚山(韓国/I組2位)―甲府(日本/H組1位)

山東(中国/G組2位)―川崎F(日本/I組1位)

バンコク・U(タイ/F組1位)―横浜(日本/G組1位)

▽西地区

ナサフ(ウズベキスタン/B組1位)―アルアイン(UAE/A組1位)

アルフェイハ(サウジアラビア/A組2位)―アルナスル(サウジアラビア/E組1位)

セパハン(イラン/C組2位)―アルヒラル(サウジアラビア/D組1位)

ナフバホール(ウズベキスタン/D組2位)―アルイテハド(サウジアラビア/C組1位)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c6041992af3912192f9fb1399537ddbdd0086ee

【ACL決勝T組み合わせ決定!歴史的快進撃J2甲府は蔚山と激突へ 川崎F、横浜も日本勢同士の対戦を回避】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/13(水) 22:28:36.58 ID:dykPmG4i9
2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ・グループステージが終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが出揃った。

今季のACLにはJリーグ勢から横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、川崎フロンターレ、浦和レッズが参加。このうち、横浜FMとヴァンフォーレ甲府、川崎フロンターレが首位での決勝T進出を決めた一方、浦和はグループJ2位で敗退を喫した。

また、西地区ではカリム・ベンゼマやエンゴロ・カンテ、ファビーニョらを擁するアル・イテハド、ネイマールやカリドゥ・クリバリ、セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチが所属するアル・ヒラル、そしてクリスティアーノ・ロナウドやサディオ・マネ、マルセロ・ブロゾヴィッチが所属するアル・ナスルが首位でグループステージを通過している。

なお、ラウンド16は西地区、東地区ともに2024年12日~14日にファーストレグ、同19日~21日にセカンドレグが開催予定。準々決勝が3月4日~6日にファーストレグ、準決勝が4月16日と17日にファーストレグ、4月23日と24日にセカンドレグが行われる。

西地区と東地区のチームが激突する決勝は、5月11日にファーストレグ、5月18日にセカンドレグが開催予定だ。

ACL決勝T進出チームは以下の通り。

ACLラウンド16進出チーム
【西地区】
アル・アイン(UAE/A組1位)
アル・フェイハ(サウジアラビア/A組2位)
ナサフ(ウズベキスタン/B組1位)
アル・イテハド(サウジアラビア/C組1位)
セパハン(イラン/C組2位)
アル・ヒラル(サウジアラビア/D組1位)
ナフバホール(ウズベキスタン/D組2位)
アル・ナスル(サウジアラビア/E組1位)

【東地区】
バンコク・ユナイテッド(タイ/F組1位)
全北現代モータース(韓国/F組2位)
横浜F・マリノス(日本/G組1位)
山東泰山(中国/G組2位)
ヴァンフォーレ甲府(日本/H組1位)
川崎フロンターレ(日本/I組1位)
蔚山現代(韓国/I組2位)
浦項スティーラース(韓国/J組1位)

12/13(水) 21:15 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/46d48aa7c1c9f191e6cbb8a3a0323b8e65355b48

【ACLベスト16出揃う! 東地区に日本勢3チーム、西地区はC・ロナウドのアル・ナスルや、ベンゼマのアル・イテハドなど】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/19(日) 21:28:59.32 ID:6Uzwac7X9
U-17(17歳以下)FIFAワールドカップ(W杯)インドネシア大会は18日、ジャカルタなどで1次リーグ最終戦の残り4試合が行われ、決勝トーナメント進出16チームが出そろった。

D組3位で通過した日本は20日の決勝トーナメント1回戦でB組1位のスペインと対戦することが決まっている。組み合わせは以下の通り。

◆決勝トーナメント1回戦

▽20日

エクアドル-ブラジル

スペイン-日本

▽21日

ドイツ-米国

マリ-メキシコ

アルゼンチン-ベネズエラ

モロッコ-イラン

▽22日

イングランド-ウズベキスタン

フランス-セネガル

日本は勝ち上がった場合、24日の準々決勝でドイツ-米国の勝者と対戦する。

2023/11/19 10:50 日刊スポーツ
https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-sc-tp3-231119-202311190000299.html

【U17W杯・決勝トーナメント進出16チームが出そろう 日本はスペインと対戦】の続きを読む

このページのトップヘ