SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

法大

1: 名無しさん@恐縮です 2024/04/13(土) 08:27:39.79 ID:a5/LGsG69
サンスポ2024/04/13 05:00
https://www.sanspo.com/article/20240413-H3SJRYEWZJOHFK2QFZIX52EHWM/?outputType=theme_universitybb&dicbo=v2-XtIWrxt

東京六大学野球の春季リーグ戦が13日に開幕する。ドラフト候補の最速157キロ右腕、篠木健太郎投手(4年)を擁する法大は8季ぶりの優勝を目指す。慶大は2季連続優勝を狙う。6月1、2日の早慶戦まで8週にわたり神宮球場で行われる。

2020年春を最後にリーグ優勝から遠ざかる法大。千葉・木更津総合高時代にも注目されていたエースの篠木は大学ラストイヤーの決意を述べた。

「自分の投球をして、チームとして目指しているリーグ優勝を導けるように頑張っていきたい」

昨春はリーグ1位の防御率0・68を記録したが、昨秋は右肩の張りで途中離脱。12月上旬に参加した侍ジャパン大学代表強化合宿終了後の約1カ月間は野球人生初のノースロー調整を行うなどし、順調に回復した。万全の状態でマウンドに登る。2年春から法大のエース番号「18」を背負う。最速157キロの伸びのある直球に加えてスライダー、カーブ、カットボール、フォークと変化球も多彩。今秋のドラフト会議で「1位競合でのプロ入り」を目指す。

今年1月に就任した元プロ野球選手の大島公一監督(56)も「法政大学は篠木と(主将の)吉安(遼哉捕手)が頑張らないと成り立ちません」と期待を寄せる。身長177センチの剛腕が、天皇杯奪還に導く。(尾﨑陽介)

【ドラフト候補の法大・篠木健太郎、8季ぶりVへ導く 東京六大学春季リーグ戦13日開幕】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/17(日) 16:30:44.78 ID:Wb5bbDkG9
サンスポ
https://www.sanspo.com/article/20231217-H64QKCI35FFKVOPT6PWALYR6BQ/
2023/12/17 16:25

ラグビー全国大学選手権3回戦(17日、早大54-12法大、秩父宮)4大会ぶり17度目の優勝を目指す早大(関東対抗戦3位)が法大(関東リーグ戦3位)から8トライを奪い、6大会連続の準々決勝進出を決めた。23日の準々決勝で関西リーグを制した京産大と大阪・ヨドコウ桜スタジアムで対戦する。

前半は圧倒的な早大ペース。8分にラインアウトモールを押し込みHO佐藤健次が先制トライを奪うと、WTB矢崎由高が70メートルを走り切るなど2トライをマーク。前半だけで5トライを奪い、37-0とリードして折り返した。後半も11分に早大がWTB福島秀法のトライで先手を取る。法大に2トライを許したが、終了間際にラインアウトモールを押して、交代出場したHO清水健伸がチーム8本目のトライを奪い、ノーサイドとなった。早大は後半33分、夏以降負傷で離脱していたSH宮尾昌典が今季初登場。経験豊富な宮尾の復帰は、チームにとって心強い限りだ。

大田尾竜彦監督は、宮尾の復帰について「10分ほどだったが、パススピード、テンポ、相手にかかるプレッシャーは違うと思う」と評価。FB伊藤大祐主将は次戦の京産大戦について「中5日ではあるが、僕らに伸び幅はある。勝たないと次はないので、全力で表現したい」と話した。

【ラグビー全国大学選手権・3回戦 早大は8トライで法大に完勝 23日に関西Vの京産大と激突 FB伊藤大祐主将「僕らに伸び幅はある」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/23(日) 14:44:26.31 ID:ySItdvW79
東京六大学野球公式サイト 10.23
https://www.big6.gr.jp/index.php

法大 5 - 0 東大

【東京六大学野球 法政、尾﨑ら継投で東大を零封 勝ち点1 浦の先制ソロなど前半の得点守る 法大5位、東大6位確定】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/22(土) 17:18:57.39 ID:qD13gDpH9
日刊スポーツ2022年10月22日13時0分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202210220000436.html

<東京6大学野球:法大2-1東大>◇第7週第1日◇22日◇神宮

法大が内海貴斗一塁手(3年=横浜)の1発でサヨナラ勝ちし、先勝した。

1-1の同点で迎えた9回1死無走者。内海がストレートを捉えると、打球は直後に右翼スタンドで弾んだ。「打った瞬間、入ったと思った。自分で決めたら最高だな、と思ったら飛んでくれた。狙おうなんて気持ちはなく気楽に入れた」と振り返った。サヨナラアーチは高校時代も含めて初めてだった。

法大が勝ち点のないまま最終カードに臨むのは16年秋以来のこと。眠れない日々が続いたという加藤重雄監督(66)は「今日も点の取れない試合になった。引き分けもよぎりました。明日が最後になるよう頑張ります」と話していた。

【東京六大学野球 法大、東大にサヨナラ勝ち 内海貴斗が初の歓喜弾「打った瞬間、入ったと思った」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/06/02(木) 19:50:31.49 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ2022年6月2日16時43分
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202206020000639.html

<東京6大学野球フレッシュトーナメント:法大8-5明大>◇順位決定トーナメント◇2日◇神宮

法大が逃げ切って優勝し、春のフレッシュトーナメント2連覇を達成した。

9回2死二塁で、最後の打者を吉鶴翔瑛投手(2年=木更津総合)が一ゴロに仕留めると、ベンチからチームメートが一気にかけよりマウンドに輪ができた。先発した山城航太郎投手(2年=福岡大大濠)は「自分たちの代にとっては、いいスタートが切れたと思うので、よかったです」と話した。

山城は、毎回のように走者を背負いながらも粘り強く投げて6回まで無失点に抑えた。

しかし7-0でコールド勝ちが見えた7回、味方の失策もからみ連打を許し1死二、三塁で降板。6回1/3を被安打7の4失点(自責0)だった。「四球を出しながらも粘ることができたと思う。コールドがかかった場面で、気が抜けたように後味が悪くなってしまった」と反省していた。

中津大和内野手(2年)が、1番打者として存在感を発揮した。3回1死二塁、左中間を破る適時二塁打で1点を先制。

6回には2死から内角のスライダーをとらえて右翼席へ神宮では初となるソロ本塁打で追加点を挙げた。「1球でとらえられるようにと思っていた。ちょっと詰まったけど、風があったので助けられました」と笑顔を見せた。

内野手登録ながら、今春リーグ戦にも外野手で4試合出場。外野の練習も積んでおり、秋季リーグ戦に向けて「春は悔しい思いをしたので、150キロを超える投手の球をどう打つかという課題に取り組みたい」と話した。

【東京六大学野球新人戦 法大フレッシュトーナメント2連覇 先発の山城航太郎は自責0も反省「後味が悪くなって」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/10(火) 21:02:47.55 ID:CAP_USER9
東京六大学春季リーグ第5週第4日(明大6―5法大、10日、神宮)明大が法大に競り勝って2勝1敗1分けとし、勝ち点を3に伸ばして単独首位に立った。法大は勝ち点2のまま。

明大ナインの雄たけびが、神宮球場に響き渡った。黒星スタートの苦しい4連戦を粘り強く戦い抜き、単独首位に浮上した。五回に勝ち越し打を放った堀内祐我内野手(3年)は「監督の『打て』の合図が自分のときだけ強いような感じがした。食らいついていきました」と声を弾ませた。

12安打6得点。連投で投手陣が5失点と苦しむ中、打線が奮闘してつかんだ1勝は「夢」も味方していた。今季初スタメンで、五回に貴重な追加点となる適時三塁打をマークした長南佳洋(ちょうなん・よしひろ)外野手(4年)の起用理由について、田中武宏監督(61)は「夢に出てきたので、出してみようかなと思った」と説明。期待に応える活躍だった。

次カードは3季連続優勝を狙う慶大とぶつかる。「慶応の方が上だと思っている。慶応を引きずり下ろすつもりでいく」と指揮官。2019年春以来6季ぶりの優勝へ、猪突猛進する。(武田千怜)

サンスポ2022/05/10 20:33
https://www.sanspo.com/article/20220510-IDUWVRE4NBMAHCHAYCFGSRI53A/

【東京六大学野球 明大が単独首位 田中監督の夢に出てきた選手起用がズバリ 長南佳洋が貴重な適時三塁打/明治大6―5法政大】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/09(月) 16:41:00.84 ID:CAP_USER9
サンスポ2022/05/09 16:29
https://www.sanspo.com/article/20220509-UYJMTGJUFRLMTNSLTDEGTMCVHU/

東京六大学野球春季リーグ第5週第3日(法大0―2明大、9日、神宮)明大が1勝1敗1分けのタイに持ち込んだ。1回戦に先発した右腕・蒔田稔投手(3年、九州学院)が、3安打で初完封(2四球9奪三振)し、今季3勝目を挙げた。打線は三回、1死二、三塁で3番・宗山塁内野手(2年、広陵)が申告敬遠で1死満塁となったところで、4番・上田希由翔内野手(3年、愛産大三河)が中前に先制で決勝の2点打を放った。

蒔田は「1回戦で負けて準備してきた。気を抜かないように、ギアを入れ、コントロールミスをしないように投げた。バリー・ボンズのバットを2万4000円で買って、そのバットできょうは打てた」という。三回先頭では右前打で出塁し、先制のホームイン。早大1回戦(4月23日)の初完投から、初完封に好打の秘密を打ち明けるほど笑顔が弾けた。

田中武宏監督は「蒔田は不器用だけど、覚えたら忘れない。日々の積み重ね」と快投を称えた。

【東京六大学野球 明大が1勝1敗1分けのタイに 蒔田稔が3安打で初完封「1回戦で負けて準備してきた」法政大学0-2明治大学】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/05/08(日) 18:42:43.43 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ[2022年5月8日18時16分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202205080001064.html

<東京6大学野球:法大2-2明大>◇第5週第2日◇8日◇神宮

明大は9回2死から2点差を追いつき、延長戦の末、引き分けに持ち込んだ。

2点を追う9回2死二塁。上田希由翔(きゅうと)内野手(3年=愛知産大三河)の適時二塁打で1点を返した。なお2死二塁で、山田陸人内野手(4年=桐光学園)がカウント0-2と追い込まれてからの低めのチェンジアップにうまく合わせて左前打。土壇場で同点に追いついた。

山田陸は4番を任されていたが、この日は6番でスタメン。「結果が出ていないので、当然のこと。チームの勝利に近づけるように集中していきたい。明日勝って、明後日も勝ちきって、明治らしい野球をしたい」と引き締めた。

延長12回を戦って2-2の引き分け。田中武宏監督(61)は「ウチはこういう展開が多い。選手には、先輩がこういう試合をやってきたと伝えているので、少し近づいたかなと思う」と粘り強さを評価した。打者陣は、バットを短く持ってコンパクトに振る意識を徹底しており「全員が同じ方向を向くためにも、昨日長く(バットを)持っていた上田も短く持って練習をして打てたので、本人も納得していると思う」と意図を明かした。

【東京6大学野球 明大が法大と引き分け「明治らしい野球を」山田陸人が同点打/法政2-2明治】の続きを読む

このページのトップヘ