SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

浅野拓磨

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 06:05:06.67 ID:CAP_USER9
フランクフルトMF鎌田大地が、今季ブンデスリーガ3ゴール目を奪った。

13日に行われたブンデスリーガ第26節で、ボーフムと対戦したフランクフルト。鎌田は公式戦3試合連続の先発出場を果たしたが、長谷部誠はベンチスタートに。ボーフムでは、浅野拓磨がスタメン入りを果たしている。

試合は19分、ポルターのゴールでアウェイのボーフムが先制する展開に。劣勢を強いられたフランクフルトだが、46分にオウンゴールで同点に追いついた。

そして52分、一気に逆転に成功。決めたのは鎌田だった。左サイドに抜け出したコスティッチがクロスを送ったが、これは合わずに逆サイドへ。すると受けたクナウフが再び折り返し、リンドストロムがフリックしたボールを最後は鎌田がワンタッチで押し込んでいる。日本代表MFは公式戦2試合連続、今季通算7ゴール目となった。

鎌田の得点で勝ち越しに成功したフランクフルトは、その後相手の反撃を許さず。2-1で勝利し、公式戦3連勝を達成した。鎌田はその間2ゴール1アシストをマーク。批判を払拭し、見事な結果を残し続けている。

GOAL '3/14(月) 5:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b590dd443ec0d2700adc684188d4e27c60c292f

写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220314-00010003-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=363&exp=10800

【フランクフルトMF鎌田大地、絶好調!公式戦2試合連続弾!浅野拓磨先発のボーフムに逆転勝利】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/28(金) 23:56:36.46 ID:CAP_USER9
【日本代表】体調不良で中国戦欠場の浅野拓磨は検査で陰性。練習に参加し、サウジ戦へ準備

日本代表の浅野拓磨が28日、チーム練習に参加した。
前日の朝に体調不良を訴え、中国戦を欠場。

発熱はないものの、ノドの違和感や鼻水などの症状が出ていたが、この日の朝に新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果で陰性となり、チームメイトとともに練習メニューをこなした。


27日の中国戦では、朝から体調不良を訴え、大事をとって欠場した浅野だったが、翌28日に改めて検査した結果、新型コロナウイルスで陰性となり、チームの練習に参加した。
JFAの広報担当者の説明によれば、浅野は昨年12月に新型コロナウイルスに罹患しており、「Ct値」が高く出る傾向もあるとのことで、再度の検査を実施。問題がないことが確認された。

ボール回しでもシュート練習でもタッチ制限を設けたミニゲームでも、終始はつらつとした動きを披露した浅野。
全体練習後には一人、黙々と走り込みを行ない、2月1日のサウジアラビア戦に向けて調整を進めていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/83cfd637d1202744764fce6d52349bb37c0a2c78

【体調不良で中国戦欠場の日本代表FW浅野拓磨は検査で陰性 練習に参加し、サウジ戦へ準備】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/27(木) 18:55:16.37 ID:CAP_USER9
◆カタールW杯アジア最終予選▽B組第7戦 日本―中国(27日・埼玉スタジアム)

 カタールW杯アジア最終予選で中国とホームで対戦する日本代表のFW浅野拓磨(ボーフム)が、体調不良のためメンバー外となった。

 試合前に発表された中国戦の先発メンバーに浅野の名前はなし。日本サッカー協会の広報担当者がオンラインで会見を行い、状況を説明した。

 この日朝、浅野本人が鼻水と喉の痛みなどを訴えた。チーム全員がPCR検査を行ったが、浅野については「Ct値が高い陽性のパターンが報告された」(同担当者)という。だが、浅野は12月前半に新型コロナウイルスに感染したといい、回復後1~2か月はCt値が高い例があるため、この日の結果をもって浅野が陽性と確定することはできない状況と説明された。

 浅野については「体調不良のため、大事をとってメンバー外となっている」とした。本人は宿舎で待機し、28日にPCR検査して判断する。また、この日朝の検査では浅野以外の全選手・スタッフは陰性が確認された。

 また、同担当者は「明日以降、浅野選手が陽性となった場合も濃厚接触者にあたる選手・スタッフはいないという形で進められると思っている」と説明し、この日の試合は予定通り実施されるとした。

スポーツ報知 1/27(木) 18:51
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad6399b1427b5390a94a9c630e01867ab8df525

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220127-01271170-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=640&exp=10800

【日本代表FW浅野拓磨 体調不良でベンチ外!PCR検査で陰性を確認できず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/25(火) 13:36:49.66 ID:CAP_USER9
1/25(火) 13:11配信
デイリースポーツ

オンライン取材に応じた浅野拓磨

 W杯カタール大会アジア最終予選(27日・中国戦、2月1日・サウジアラビア戦、ともに埼玉スタジアム)に臨むサッカー日本代表のFW浅野拓磨(27)=ボーフム=が25日、練習前にオンライン取材に対応した。「自分が選ばれている一番(の理由)はゴール」と得点への強い意欲を示し、信頼を寄せてくれる森保一監督(53)に「結果で返していくだけ」と語った。

 昨夏にドイツ1部ボーフムに加入したが、無得点が続いていた。22日のケルン戦で待望の今季初得点を決め、弾みをつけて代表に合流。「代表に選ばれるまで絶対に1点欲しいと思っていた。メンタル的にも上向きのまま代表に合流できた」と約4年2カ月ぶりとなったドイツ1部での得点に手応えを感じた。

 所属先でゴールがないまま、昨年10、11月の最終予選に招集されたことを疑問視する声も一部ではあった。「自分が選ばれていることは一番はゴールだと思う。スタートで出るか、途中で出るかは監督の中にプランはあるだろうし、どう使われても全力でプレーして、自分の武器を生かす自信はある」と自身の役割を理解する。「チームで結果を残せない状況で呼んでくれることに(森保監督の)信頼を感じる。後はそれを結果で返していくべき。自信はあるし、その自信をピッチでぶつけるだけ。まわりの声はいろいろあると思うが、特に気にせずやれれば」と闘志を燃やした。

 日本は6試合を終えてB組2位につけるが、総得点は試合数を下回る5得点。最下位ベトナム(総得点4)に次ぐ少なさで得点力不足が課題となっている。ホームで迎える2連戦。「ゴールを決めるか決めないかの世界」と単純明快に説く快足ストライカーが静かに爪を研ぐ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220125-00000055-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f99fd1e80e5690e8f6c9f4a68ba2c4631946acd7

【日本代表FW浅野拓磨 得点で森保監督の信頼に応える“まわりの声”は「特に気にせず」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/23(日) 10:41:11.64 ID:CAP_USER9
途中出場から5分で結果を残す 

写真 
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220123-00104288-sdigestw-000-9-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

現地1月22日に開催されたブンデスリーガ第20節で、日本代表FW浅野拓磨が所属するボーフムがケルンとホームで対戦。2-2のドローに終った。

【動画】コンパクトに右足を振り抜き、正確なフィニッシュ!浅野の貴重な同点弾をチェック
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=104288

 この試合で貴重な同点弾を叩き込んだのが浅野だ。65分に投入されたストライカーは、その5分後、味方のスローインから流れてきたボールを右足で捉え、見事にネットを揺らしてみせた。


 同日に発表された森保ジャパンにも選出された27歳は、公式戦17試合目にして嬉しい今シーズン初ゴール。ブンデスリーガでの得点は、シュツットガルト時代の2017年11月24日のハノーファー戦以来、約4年2か月ぶりとなった。

 ようやくボーフムでの初得点を挙げた“ジャガー”は、この試合の後に合流する日本代表活動にも弾みをつけた。

サッカーダイジェスト 1/23(日) 4:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/82dcdae4d82a7ce4bd428ba44414da80407e2596

【ボーフムFW浅野拓磨 待望の今季初ゴールは貴重な同点弾!ブンデスリーガでの得点は約4年2か月ぶり】の続きを読む

このページのトップヘ