SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

清水エスパルス

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/02(土) 23:30:01.89 ID:oPYOKP9e9
J1への昇格が叶わなかった清水エスパルスは2日、「エスパルスを応援してくださるすべての皆様へ」として声明を発表した。

2日、国立競技場で2023J1昇格プレーオフ決勝が開催。J2で4位だった清水は、3位の東京ヴェルディと対戦した。

1年でのJ1復帰を目指した中、開幕から低迷。秋葉忠宏監督を迎えるとチームは復調し、最終節まで自動昇格圏の2位につけていた。

しかし、水戸ホーリーホックを相手にドロー。すると、3位のジュビロ磐田に追い抜かれて自動昇格を逃し、東京Vにも抜かれて4位に転落していた。

準決勝ではモンテディオ山形と引き分けて勝ち上がった中、東京V戦ではチアゴ・サンタナがPKで先制。しかし、試合終了間際にPKを与えると、染野唯月にPKを決められ1-1のドロー。レギュレーションにより、東京Vが16年ぶりにJ1へと復帰した。

株式会社エスパルスの山室晋也代表取締役社長は、クラブを通じてコメント。ファン・サポーターに謝罪するとともに、熱い後押しに感謝した。

「2023年12月2日、国立競技場におけるプレーオフ決勝、東京ヴェルディ戦をもちまして、清水エスパルスの2023シーズンの戦いは終了いたしました」

「最後の最後まで、ファン・サポーター・パートナーはじめ、数多くの関係者の皆様から、熱いご声援とご支援を賜り、誠にありがとうございました」

「この1年間、J1昇格をかけてクラブ一丸となり闘ってまいりましたが、最後に皆様に良いお知らせをお届けすることができず、大変心苦しく申し訳なく思います。クラブを代表して深くお詫び申し上げます」

「クラブが期待通りの結果を出せなかった事に対して、厳しいご指摘、ご批判、叱咤をいただくことはごもっともであります」

「全てを真摯に受け止め、どんなに苦しくても顔を上げ、強い清水エスパルスの再建に向けて前に歩み、このどん底から必ず這い上がります」

「これから再び、長く厳しい苦難の時が始まりますが、引き続き応援いただける皆様に対しましては、こういう事態だからこそ全てのエスパルスファミリーが結束し、今まで以上に全員の「心を一つ」に、クラブと共に歩んでいただきたく伏してお願い申し上げます」

「来シーズン、皆様に「夢と感動と誇り」をお届けし共にわかちあえるよう、必ずやJ1昇格を果たすべく、前だけを見据えて進んでいきたいと思います」

「最後に繰り返しになりますが、今シーズン皆様の熱いご声援とご支援を賜りまして、重ね重ね誠にありがとうございました」

12/2(土) 21:27 超ワールドサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb7699c73cab9af1738fea0355625b6ae33861d5

エスパルスを応援してくださるすべての皆様へ
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/52522

【あと一歩でJ1昇格を逃した清水が声明「このどん底から必ず這い上がります」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/02(土) 19:16:33.99 ID:3T/re18/9
[12.2 J1昇格PO決勝 東京V 1-1 清水 国立]

 昨季途中から清水エスパルスに加入した元日本代表MF乾貴士は、J1昇格プレーオフ決勝敗退の瞬間をベンチで迎えた。試合後には「J2のチームだなということ。それ以外は何もない。ヴェルディさんのほうがJ1に上がるにふさわしかったということ」と厳しい表情で語った。

 今年4月の秋葉忠宏監督就任を機にトップ下の主力に定着し、一時はJ1自動昇格も視野に入ってくる快進撃を牽引してきた乾。J1プレーオフ決勝でもドリブルやサイドチェンジで攻撃を彩り、前半28分には決定的なボレーシュートも放った。しかし、得点に絡む活躍には至らず、後半38分に途中交代。最後後半45+6分に追いつかれ、ドローで敗退が決まった場面をベンチで見つめるしかなかった。

 最終盤のチームは試合運びの拙さが露呈していた。後半45+4分、左サイドで時間を稼げる場面でMF神谷優太がボールロストすると、そこからの速攻でカウンターを許し、最後はDF高橋祐治のスライディングで際どいPK判定。そこから運命を決める同点ゴールを喫し、乾はスパイクを投げて激しく怒りを露わにしていた。

「悔しかった。ピッチに立てていないことも悔しかったし、信頼している仲間に後は託した中、PKを与えてしまった。キツいことを言うけど、まず滑る必要もなかった。もちろん前も点を取るチャンスがあったし、取っていればああいうのがあったとしても(問題なかった)。自分たちも悪いけど、ああいうところで滑ってしまう、無駄なファウルをしてしまうところは反省しないといけない。祐治自身もわかってると思うけど、水戸戦で失点に絡んだところもそうだし、もうちょっと賢くならないと、レベルアップしないと、J1に上がるチームにはなれない。自分自身も、もっとレベルアップしないといけない」(乾)

 厳しい口調で失点シーンをそう振り返った乾は「ここで勝てばという試合がシーズン通して何回もあったし、それを勝ちきれなかった。今回も1-0で終われれば上がれていた。ああいうところでああいうミスをしてしまうというのはJ2のチームだということ」と指摘。「一人一人のクオリティーはJ1のチームでもおかしくないけど、結局はJ2で4位。プレーオフでも勝てずなので、J2のチームだということだと思う」と現実を見つめた。

 また勝負弱さが目立つチームの現状には「去年からずっとそうなので。結局勝ちきれない、ロスタイムに追いつかれるとかが続いているので何かを変えなければいけない。でもいまは何も考えられない」と厳しい表情。来季の立て直しについて問われると「契約がないので。今年までなので何の話もないし、まだ何も考えていない」と去就未定だと明かした。

12/2(土) 18:25配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/fad3a4fff8bf7f19a4f8e3d932c44d0c9a91c50f

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231202-45939370-gekisaka-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800

【土壇場PK被弾にベンチで怒りぶつけた清水MF乾貴士「まず滑る必要もなかった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/02(土) 17:15:30.51 ID:oPYOKP9e9
清水エスパルスの秋葉忠宏監督が東京ヴェルディ戦について語った。

明治安田生命Jリーグは2日にJ1昇格プレーオフ決勝が行われ、東京Vと清水が対戦。準決勝でジェフユナイテッド千葉に2-1で勝利したリーグ3位の東京Vと、モンテディオ山形と引き分けて年間順位のアドバンテージによって勝ち上がった4位清水が激突。前者は2008年以来の昇格、後者は1年でのJ1返り咲きを目指す。

【動画】昇格を決めた染野のPK弾!

試合は清水リードで迎えた後半アディショナルタイム、東京VにPKの判定が与えられる。このPKを染野唯月が決めてスコアが振り出しに。

試合はそのまま1-1で終了。シーズン3位の東京ヴェルディが年間順位のアドバンテージによって、2008年以来16年ぶりのJ1復帰を決めている。

記者会見に出席した秋葉監督は、試合後選手たちに何を伝えたかという質問に対し「負けて泣くんじゃねえってことです。我々はプロだからこそ、勝ち取らなければ何も意味はないっていうこと。それだけです」とキッパリ。

そして試合を振り返りつつ、記者からこうしておけば良かったと思う点があるかとの問いにも「全くないです」と明言。「そんなものがあったら、とっくにやっています。ただただ、自分の力のなさ。こういうゲームをしてしまった。それしかないなと思っています」と続けた。

初の2年連続J2での戦いが決まった清水。秋葉監督はサポーターに対して「ただただ申し訳ない」と謝罪。来シーズンに向けての思いを口にしている。

「何度も何度も悔しい思いをさせる。しかも何回目だという話。本当に言う言葉がないぐらいです。それでも多くの方が清水エスパルスを応援してくれる…本当に感謝しかないです。それにプロとして応えられない。まだまだぬるくて甘いんだろうなと思っています。何かもっと根本的に僕も含めて変えなければ、ずっとこれを繰り返すだけだと思います」

「抜本的にいろんなものをしっかり見つめ直して、 え。オフシーズンのの間に特に見つめ直して、色々なものをを変えていきたいなと思っています」

12/2(土) 16:50 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/51d1dfcbeac667a25346d805f265e86a03d2fe3f

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231202-00010014-goal-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=359&exp=10800

【初の2年連続J2に…昇格逃の清水、秋葉忠宏監督がサポーターに謝罪「ただただ申し訳ない」「まだまだぬるくて甘い」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/25(土) 09:37:49.20 ID:ppcecxZX9
J2清水エスパルスは25日、J1昇格プレーオフ(PO)準決勝で山形と対戦(午後1時、アイスタ)する。24日は完全非公開で調整。クラブ史上初のPOを前にオンライン会見した秋葉忠宏監督(48)は「我々らしく超アグレッシブに躍動する姿をお見せしたい」と宣言した。清水はリーグでの順位が上回るため、引き分け以上で決勝(12月2日)に進出する。

 未来へ続く道は、自分たちの手で切り開く。引き分け以上ならファイナルへの切符、負ければクラブ史上初の2年連続J2が確定する大一番。キックオフまで24時間を切った午後1時半から会見に臨んだ清水・秋葉監督は「緊張感が高まり、フツフツと魂が震えている。サポーターの力も借りて次に進みたい」と誓った。

 2位で迎えた最終節で引き分けに終わり、磐田に自動昇格をさらわれた“水戸の悲劇”から全員で立ち上がった。「正直メンタルのダメージがあった」と指揮官。16日には全員で寺に出向いて座禅を組み己と向き合った。18日には約2時間のロングミーティングを行い、自分たちの課題と戦い方を整理した。エースFWチアゴ・サンタナは「この2週間で回復している。自分たちのサッカーを信じて自信を持って戦いたい」と強調した。

乾先制点「しっかり狙う」 今カードは今季1勝1敗。山形は5連勝でリーグ戦を5位でフィニッシュしたが、直近3試合連続でセットプレーから失点しており付け入る隙は十分ある。秋葉監督は今週「緊迫した試合はファウルも多くなる。大事な要素」と、通常試合前日にしているセットプレー練習を毎日敢行して対策を練ってきた。

 先取点を挙げれば、2点以上が必須となる相手を追い込むことができる。MF乾は「取れればかなり大きい。しっかり狙っていく」。今季山形戦で1得点しているMF岸本も「アグレッシブの鬼となって行かせてもらう」と気合を入れた。

 関係者によるとすでにチケットは1万6000枚発券しているという。本拠のファンの前で、前半シュート0に終わった水戸戦のような腰の引けた姿をさらすわけにはいかない。「勇気は自分から絞り出すもの」という指揮官の言葉を胸に、死に物狂いでラスト1試合への希望をつなぐ。(武藤 瑞基)

 ◆清水の今季山形戦VTR 6月のアウェー戦はシュート数で25―9と圧倒したものの、惜敗した。前半43分、クロス性のシュートがそのまま吸い込まれる形で先制を許すと、後半3分にも失点。同33分にMF白崎が1点返したがそのまま押し切られた。9月のホーム戦は完勝した。前半15分、ペナルティーエリア手前からFWチアゴ・サンタナが左足で先制弾を放り込むと、その後も15分毎に加点し前半だけで3得点。後半も山形の反撃を許さず完封で締めた。

11/25(土) 8:57 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/b26efd0e1aecebc7c88608ad94b4f7d948a23395

【J2清水 25日・山形とJ1昇格プレーオフ準決勝…引き分け以上で決勝進出も秋葉忠宏監督「超アグレッシブに」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/02/17(金) 21:23:13.92 ID:7GEPVM/h9
サッカーJ2の清水エスパルスのホーム「IAIスタジアム日本平」アイスタについて、静岡市が今シーズンの使用料を減免する方針であることが 分かりました。

 市によりますと、去年12月清水エスパルスから市に対しアイスタの使用料の減免を求める要望書が出されたということです。
 
 エスパルスはJ2に降格したことでリーグからの分配金やチケット収入が減ることから要望したとしています。

 これを受け静岡市はクラブから試合ごとに減免申請があれば対応する方針を固めました。

 減免措置は前回J2に降格した2016年にも行われ、この際は1試合あたりの使用料およそ260万円を半額にしたということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe5baca2ae369de4fa521f614c1d3a9a7c968ad3

【「IAIスタジアム日本平」の今シーズンの使用料を減免 清水エスパルスからの要望書に応じる方針 静岡市】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/07(月) 23:36:35.49 ID:Wy+PRpIy9
 11月5日に開催されたサッカーJ1リーグの最終節。J1在留争いをしていた清水エスパルスが3-4で敗れ、J2降格が決まった。ジュビロ磐田の降格が先に決まっており、「サッカー王国」静岡2チームの、史上初の同時降格となった。

 日本代表のGKでもある清水の権田修一は、「エスパルスに関わるすべての方に申し訳ないという気持ちです」と謝罪。「エスパルスとジュビロが2チームとも落ちてしまったことで、サッカー王国と言われている静岡がもう一度サッカー王国と呼ばれるように、これからしっかりやらなければいけない」と悔やんだ。

 静岡出身の “キング・カズ” 三浦知良も「ニュースで『サッカー王国崩壊』みたいに書かれると気分がよくないですね。僕自身も静岡で育って、静岡でサッカーを始めて、サッカー王国で育ったという自負はずっとあったので」と無念さを口にした。

 SNSでは、

《サッカー王国は静岡から神奈川に正式移行》
《もう神奈川がサッカー王国名乗るべき》

 という意見が多数ある。

 2022年のJ1は横浜マリノスが優勝し、6シーズン連続で神奈川県のクラブが優勝(横浜M=2019、2022年/川崎F=2017、2018、2020、2021年)。また、2021年に続き、この2チームが1位と2位という結果を見れば、そうした声が出るのも当然かもしれない。

 しかし、静岡のファンからはこんな声も。

《“サッカー王国”って静岡のチームが強いから言われた訳では無いのですよね。静岡出身の世界で活躍する人気選手が多かったとか、元を辿れば日本で初めての少年サッカーチームが静岡で生まれて、児童・学生サッカーが盛んだったからなのです》

《生活にどれだけ根付いているかという意味では静岡はまだダントツだと思う》

《そうなんだよ、サッカーが強いから王国なんじゃない、サッカーにかかわる歴史や文化、そして愛なんだ》

“愛” で王国復権は叶うのか――。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4bb519dda3728ba366004c05e519300cbcc1709f

関連
【J1】神奈川県勢6年連続Vにネット反響「今は神奈川の時代」J1から静岡県勢消滅で「サッカー王国の崩壊」 [征夷大将軍★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1667661143/

【三浦知良もがっかり…ジュビロ磐田、清水エスパルスがJ2同時降格で「サッカー王国は神奈川」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/06(日) 18:04:42.40 ID:MqPTVLt89
東スポ2022年11月6日 17:42
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/244159

 J1清水は最終節(5日)の札幌戦に3―4で敗れ、来季のJ2降格が決まった。すでに降格が確定していた磐田とともに来季のJ1にサッカー王国・静岡のチームが消えた。

 そんな厳しい現実のとばっちりを受けてしまったのが、20日開幕するカタールW杯メンバーに入った清水のGK権田修一(33)だ。森保ジャパンの正守護神を務めており、本番でもそのポジションを務める可能性もあるが、「J2(正確には来季から)のGKが日本代表でW杯を戦うのはいかがなものか」がネット上には疑問視する声が出ている。

 もちろんチーム成績は選手全員のパフォーマンスの結果だが、5日の札幌戦後、権田は「前からの守備がハマらなくなって後ろに負担がかかってきたけど、僕ら(守備陣)が食い止めないといけない。そこができなかったのは悔しい。そのために(清水に)いるつもり。シュートを何本も打たれても止めるのが仕事だし、4失点はGKとしてあり得ない」と責任を抱え込んだ。

 さらに6日に発表された今季のJリーグ優秀選手賞30人(この中からベストイレブン、最優秀選手賞が選出される)に、権田が入ってないことへのツッコミもを入った。GK部門は高丘陽平(横浜M)、東口順昭(G大阪)、金鎮鉉(キム・ジンヒョン=C大阪)の3人。それだけに「東口なら代表経験もあるし、今から変えてもいいんじゃないか」との指摘まであった。

 W杯メンバーは森保一監督が総合的に判断して決めたこと。権田には〝雑音〟を封印する好セーブを期待したいところだ。

【日本代表GK権田修一 清水のJ2降格でとばっちり…W杯メンバーを疑問視する声も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/11/05(土) 16:05:37.18 ID:0JeZj8yh9
 Jリーグは11月5日、J1最終節の計9試合を各地で開催。全試合が同時刻でキックオフされ、この結果、清水の17位が確定。J2降格が決まった。

 17位の清水は敵地で10位の札幌と対戦。41分にガブリエル・シャビエルのゴールを許し、1点ビハインドで前半を折り返す。迎えた後半、49分にチアゴ・サンタナ、51分に白崎凌兵の得点で試合をひっくり返す。
 
 だが60分、青木亮太に決められて2-2に。78分にホナウドのゴールで突き放したが、86分にキム・ゴンヒの得点を許し、アディショナルタイムにも被弾。試合は3-4でタイムアップ。清水は勝点33で17位、自動降格圏を脱することはできなかった。

 すでに磐田の最下位&J2降格が決まっており、来季はJリーグ史上初めて、静岡の2クラブがJ1から姿を消すことになった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d1cbe437d1f869cbd4c110a76231caaae44273ee

【清水エスパルスのJ2降格が決定。札幌との最終節で3-4敗戦、17位確定。来季はJ史上初めてJ1で静岡勢不在に】の続きを読む

このページのトップヘ