SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

渋野日向子

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/03(日) 06:53:48.43 ID:CAP_USER9
4/3(日) 5:15配信
東スポWeb

今季初のメジャー大会で、2日目まで上々のスコアで回っている渋野(ロイター=USA TODAY Sports)

 女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)が、ラウンド中の〝もぐもぐタイム〟に新たなお供を導入している。

 渋野と言えば、海外初参戦となった2019年「AIG全英女子オープン」でいきなりメジャー優勝の快挙を達成した中、笑顔や思い切りのよいプレーが注目されただけでなく、駄菓子をほおばるシーンもクローズアップされた。その姿がネット上で話題となり、プレー中に食べていた「タラタラしてんじゃね~よ」が大ブレーク。製造元の「よっちゃん食品工業」に問い合わせの電話などが殺到し、手に入りにくい状況になったこともあった。

 そしてツアーメンバーとして本格参戦をスタートさせた今季もそのルーティンは続く中、最近はまっているのが「ささみチップス」だという。米女子ツアーを中継しているWOWOWのゴルフインスタグラムでも取り上げられている。本人の説明によると、たんぱく質を気軽に多く取れるようにと昨オフに母親につくってもらったのがキッカケだったとのこと。現地では同行するマネジャーにつくってもらい、ラウンド中の空腹を満たしている。

 今週の米女子ツアーメジャー初戦「シェブロン選手権」(カリフォルニア州・ミッションヒルズCC=パー72)の2日目(1日=日本時間2日)に66をマークし、通算9アンダーで単独首位へ浮上。そこに〝ささみパワー〟の効果もあったのだろうか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220403-04103876-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c62c08b7cd33600f27d242bf1bfe56d421bf9bf

【シェブロン選手権 渋野日向子 “もぐもぐタイム”も単独首位を後押し? 今季からは「しぶこママ」開発の新戦力も】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/24(木) 12:41:42.06 ID:CAP_USER9
3/24(木) 11:49配信
中日スポーツ

渋野日向子、いざ米本土初戦 ラウンド中の”もぐもぐ”対策も万全「こっちのチョコはカロリー高そう」日本のマーケットで大量購入済み【米女子ゴルフ】

 【カールスバッド(米カリフォルニア州)テッド・ムース】米女子ゴルフのJTBCクラシック開幕前日の23日、当地のアビアラGC(6609ヤード、パー72)で渋野日向子(23)=サントリー=が練習後に取材に応じた。今季はシンガポールとタイで2戦し、47位、8位と上り調子。いよいよ米本土に上陸し、米ツアーメンバーとしての闘いを本格開始する。日本勢は畑岡奈紗(23)=アビームコンサルティング=と古江彩佳(21)=富士通=も出場する。

   ◇   ◇

 渋野はタイでのホンダLPGAを13日に終えた後、一度、日本に戻ってトレーニングし、仕切り直して渡米した。

 「4日間であのスコア(通算20アンダー)を出せたのは初めて。すごくうれしかった」というが実はその後に落胆も。同大会は推薦出場だったため、上位に入っても来季のシード権につながるポイントがもらえなかったのだ。「試合が終わってから知った。結構ショックで。違うんかいって」

 だが、ポジティブ思考だけにすぐに気持ちを切り替えた。「じゃあ、本土で頑張らにゃ、いけんなと…」。21日に今週のコースに入り、特徴は研究ずみ。「グリーン周りのラフはすごく長いので、入ったときにどう対応するか。ショットの精度が必要。調子は悪くないので、あとは緊張したときにどうなるか」と思い描いた。

 それよりも気にしているのは食生活だ。「ごはんは全部(スタッフに)作ってもらっているし、ハンバーガーも食べられる。あとはお菓子問題」。ストレス解消にもなるお菓子の持参。ラウンド中も空腹を満たすために食べている。「こっちのチョコレートは結構カロリーが高そう。日本のマーケットに寄って、大量買いしてきました」。難題も解消され、しぶこは安堵感を漂わせた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220324-00000014-chuspo-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfea14d058decb1de4e69dccff7da15968aadbb6

【渋野日向子、いざ米本土初戦! ラウンド中の”もぐもぐ”対策も万全「こっちのチョコはカロリー高そう」日本のマーケットで大量購入済み】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/22(火) 06:48:04.35 ID:CAP_USER9
3/22(火) 5:15配信
東スポWeb

渋野日向子(東スポWeb)

 女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)は、今季から本格参戦している米ツアーで〝リシャッフルの壁〟をクリアできるか――。

 リシャッフルとは、ツアー出場の優先順位を入れ替えることで、例年5月開催の試合後に第1回が行われる。今季は11戦目「ファウンダーズ・カップ」(5月12〜15日)終了時点の成績で決まる見込み。特に前年の最終予選会経由で出場権を獲得した選手にとっては、ツアー出場への上位カテゴリーにジャンプアップできるチャンスとなっている。

 渋野は最終予選会20位の資格で参戦しており、優先出場順位は153番目。この位置から脱却するためには、区切りの試合まで来季出場権などを決めるCMEポイントランキング80位以内に入らなければならない。米女子プロゴルフ協会(LPGA)の規定で予選落ちなしの大会に推薦出場したツアーメンバーはポイントを獲得できないため、今季出場2試合はポイントなし。現在はランク圏外だ。

 すでに開幕から5試合を消化した中、まずは今週の「JTBCクラシック」(24日開幕、カリフォルニア州)で予選を突破し、できる限りの上位フィニッシュで初ポイントゲットを目指す。出場資格の異なるメジャーは、2019年「AIG全英女子オープン」優勝で全試合出場できるため、来週のメジャー初戦「シェブロン選手権」も決勝ラウンドに進めば、加算することができる。

 本人は「出られる試合で上位で争うことが今の目標」と語っており、より多くの出場機会を得て活躍の可能性を広げていきたいところだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220322-04076750-tospoweb-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/da3ce43f0bd7b31da085bd2b072dcbcc4fce3102

【ランク圏外の渋野日向子は〝リシャッフルの壁〟をクリアできるか!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/14(月) 06:21:00.84 ID:CAP_USER9
3/14(月) 5:15配信
東スポWeb

強気のパットは渋野の「代名詞」だが…(東スポWeb)

 かつての〝壁ドン〟か、新スタイルか――。女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)が、米ツアー「ホンダLPGA」最終日(13日、タイ・サイアムCC=パー72)に67で回って通算20アンダーの8位で大会を終えた。米ツアートップ10入りは2020年12月に行われた「全米女子オープン」の4位以来。さらなる好成績に向けてはグリーン上の課題が浮き彫りとなる中、ゴルフ界では改善策を巡って様々な意見が飛び交っている。

 11位から上位進出を狙った最終日は264ヤードと短い15番パー4でチップインイーグルを決めるなどスコアを伸ばし、ツアーメンバーデビュー2戦目でトップ10フィニッシュ。渋野は「ショットが最後まで攻め切れてチャンスにつくことも多かった。パッティングは3パットもなく、何とか最後までやり切れた」と納得の表情を浮かべた。

 思うようなゴルフができなかった先週のデビュー戦から立て直したとはいえ、優勝スコアの通算26アンダーに届かなかったのは事実。4日間を通じてショットは好調だったが、特に初日、2日目とショットでつくったバーディーチャンスを決め切れない場面が目立った。単純計算でそれが6打差となった。本人も「打ち切れずカップの手前で切れてしまうところもあったし、ライン読みも合ってなかった。慣れていくしかない」とパッティングの課題を挙げた。

 渋野がグリーン上でパターを打ち切れずショートする場面のイメージはあまりない。というのも、2019年「AIG全英女子オープン」のウイニングパットに象徴されるようにカップの反対側に当てるような攻撃的な印象が強いからだ。本人も当時「最後も強気で〝壁ドン〟で入った」とコメントしていたほど。それだけに、あるツアー関係者は「渋野さんがパットでショートするのは、らしくない。全英の時のようなスタイルを思い出すのも一つの方法なのでは」と指摘した。

 その一方で、あるベテラン男子プロは「ゴルフの怖さを知ったら、昔のように強気一辺倒のパッティングは難しい」との見方を示す。すでに全英時と異なるスイングに改造しており、パッティングも進化や変化が求められることから、同プロは「自分自身で試行錯誤するのも大事だが、コーチをつけるやり方もある」。男女の差はあれど、松山英樹(30=LEXUS)はショットに比べてパターに課題があったが、昨年から目沢秀憲コーチに師事して「マスターズ」制覇などにつなげた。

 衛星放送「WOWOW」で解説を務めたプロゴルファーの東尾理子(46)も「課題はパッティング」と語っており、米ツアー優勝に向けても早急に解決したい問題。今後は戦いの場を米本土へと移し、まずは「JTBCクラシック」(24日開幕)に出場し、今季メジャー初戦「シェブロン選手権」(31日開幕、ともにカリフォルニア州)へ臨む。渋野は自分にピッタリの〝処方箋〟を見つけることができるか。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220314-04060025-tospoweb-000-8-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0798aed2a7228e02610d17849f112df71b2241c6

【米ツアー2年ぶりのトップ10入り渋野日向子、上位との差はグリーン上…強気の “壁ドン” パット続行めぐって賛否両論】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/07(月) 06:23:26.85 ID:CAP_USER9
3/7(月) 5:15
東スポWeb

初陣47位の渋野日向子 同じく「ポイントゼロ大会」の次戦でも積み重ねておきたい経験値
渋野日向子(東スポWeb)
〝ゼロ〟からのスタートだ。女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)は、6日に最終日を迎えた米ツアーメンバーデビュー戦「HSBC女子世界選手権」(シンガポール・セントーサGC=パー72)を通算1アンダーの47位で終えた。

 今大会は初日に76をたたいてスタートダッシュに失敗すると、3日目を終えた時には「失ったものしかない」と苦笑いを浮かべた。それでも最終日後半に4バーディーと伸ばしてデビュー2戦目となる「ホンダLPGA」(10日開幕、タイ)へと弾みをつけた。渋野は「最終日の後半は、やってきたことが身になったと思えるゴルフができた」とうなずいた。

 今大会は本来なら出場資格がなく、スポンサー推薦を得て出場にこぎつけた。今後に向けて貴重な経験となったが、渋野の結果は来季の出場権や年間勝者を決めるCMEポイントランキングへ反映されていない。米女子ゴルフ協会(LPGA)の規定で予選落ちなしの大会に推薦出場したツアーメンバーはポイントを獲得できないことになっているからだ。

 次戦「ホンダLPGA」も予選落ちなしで、スポンサー推薦枠で出場するため、今大会と同じ扱いになる。米本土へ舞台を移す「JTBCクラシック」(24日開幕、カリフォルニア州)から、ようやくポイントレースに参戦。〝ゼロポイント大会〟の経験を生かして、そこから一気に稼ぎたいところだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220307-04044539-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/cad1a1002268057cd3c16843467b5f42396fcc34

【米ツアーメンバーデビュー戦47位の渋野日向子 同じく「ポイントゼロ大会」の次戦でも積み重ねておきたい経験値】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/06(日) 06:39:59.59 ID:CAP_USER9
3/6(日) 5:15配信
東スポWeb

 女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)が、ツアーメンバーデビュー戦となった米女子ツアー「HSBC女子世界選手権」(シンガポール・セントーサGC=パー72)で悩ましいゴルフを続けている。3日目(5日)を終えて通算3オーバーの50位。6日の最終日には意地を見せたいところだ。

 今後は来週の「ホンダLPGA」(10日開幕、タイ)、米本土開催の「JTBCクラシック」24日開幕)を経て、31日には今季メジャー初戦「シェブロン選手権」(ともにカリフォルニア州)が開幕する。今季初戦からエンジン全開というのは難しかったようだが、大会を重ねるごとに結果に対する欲求は増してくるだろう。

 そんな中、あるベテラン男子プロは「できるだけ早く上位でフィニッシュしたいだろうし、もちろん勝ちたいだろうけど、焦るとかえって結果につながらない」と指摘する。スコアばかりにフォーカスし過ぎて、持ち味でもある思い切りのよいゴルフを失ってしまっては、元も子もなくなってしまうわけだ。

 大会を中継する衛星放送「WOWOW」で解説を務めたプロゴルファーの羽川豊も、4オーバーと出遅れた初日(3日)に今後に向けて「細かくまとめてほしくない。ボギーを打ちたくないという気持ちを振り払って、どれだけ攻めていけるか。ボギーを打ってもいいからバーディーを取れるゴルフをシンガポールでやれば、次につながる。小さくまとまってほしくない」と解説していた。

 やはり渋野には、こじんまりしたゴルフは似合わない。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220306-04042445-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/db0639d650d7654507ba7805d0228f479cf898db

【渋野日向子 米ツアー初陣は苦戦…ゴルフ界からは「焦るとかえって結果につながらない」の声】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/04(金) 06:55:22.07 ID:CAP_USER9
3/4(金) 5:15配信
東スポWeb

渋野日向子(東スポWeb)

 本領発揮の条件とは――。女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)が、3日に初日を迎えた米ツアー「HSBC女子世界選手権」(シンガポール・セントーサGC=パー72)でツアーメンバーデビューを果たした。初日は4オーバーの60位と出遅れたものの、世界最高峰の舞台へ本格参戦した渋野にかかる期待は大きい。そんな中、ゴルフの実力とは別に、人気者だからこそクリアすべき〝ハードル〟があるという。

 デビュー戦初日は出だしの1番パー4で1・5㍍を外してボギー発進とすると、4、5番で連続バーディー直後の6番で痛恨のダブルボギー。後半も立て直せず、5ボギーと崩れた。渋野は「グリーン周り、パターでかなり苦戦したので悔しい。ロングパットの距離感も合ってないし、短いパットも(カップに)かすりもしないことが多かった」と厳しい表情を浮かべた。

 今後はいかに米ツアーの環境にアジャストできるかが活躍のカギを握る一方で、多くのファンから支持を集めている選手ならではの〝ハードル〟があるという。あるベテランツアー関係者は「向こう(米ツアー)で勝つ確率を上げるためには専念するつもりでやった方がいい。スポンサーやファンを意識して日本にスポット参戦するやり方は賛成できない。過去には(日米ツアー)両立を目指して失敗した選手もいるしね」と指摘した。

 時差を伴う日米の移動を繰り返せば、心身ともに負担は大きく、コンディションづくりが難しくなるのは避けられない。ただ、スポンサーの立場からすれば、渋野にはぜひとも主催試合に出てほしいところ。ファンも国内の試合で生観戦したいのが本音だ。

 渋野もそんな状況を想定しているのか、やんわりと〝予防線〟を張り続けている。1月1日に更新した自身のユーチューブチャンネルで「(新型コロナウイルスの)隔離の状態とかいろいろあるので、日本の試合に出れるかわからないけど、出れたらいいと思う」と語るにとどめている。

 もちろん渋野にとっては国内ツアーをおろそかにしてしまうのは悩ましいところだが、米ツアーメンバーの道を選んだ目的は世界最高峰の舞台で活躍する夢を実現させることにある。日本開催の米ツアー「TOTOジャパンクラシック」(11月3日開幕)は別として、コンディション次第では国内スポット参戦を〝封印〟する勇気も必要となりそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220304-04038536-tospoweb-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/7af8ae1fc4008d4780aa122777b28dafb3d45a2e

【HSBC女子世界選手権 渋野日向子が米ツアー〝出遅れデビュー〟本領発揮の条件は「国内ツアー封印」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/02(水) 06:28:07.84 ID:CAP_USER9
3/2(水) 5:15配信
東スポWeb

「HSBC女子世界選手権」でツアーメンバーデビューを果たす渋野日向子(東スポWeb)

 シブコの「覚悟」に太鼓判だ。女子ゴルフの渋野日向子(23=サントリー)が、3日に開幕する米ツアー「HSBC女子世界選手権」(シンガポール・セントーサGC)でいよいよツアーメンバーデビューを果たす。2019年「AIG全英女子オープン」優勝で世界に衝撃を与えた渋野は、再び世界最高峰の舞台でインパクトを残せるのか。女子プロ事情にも詳しい芹沢信雄(62=TSI)がルーキーシーズンを占った。

 渋野は海外メジャーに勝った自分を捨てて昨年からスイング改造に着手。しかし、昨年前半は結果が伴わない時期が続いた。そのためゴルフ界でも否定的な意見も少なくなかった中、あきらめることなく新たな理想を追求し続けた。すると昨年10月に復活を印象付ける国内ツアー2勝を挙げ、計8ラウンドの長丁場となった同12月の米ツアー最終予選会も、より多くの試合出場が望める20位以内を確保した。

 つらい時期を乗り越えて米ツアーメンバーをつかんだ道のりを芹沢は高く評価する。「心配した時期はありましたけど、自分の意志を貫き通したのはよかったですね。あのクラスの選手になると、周りの声とかもいろいろ聞こえてくるし、やり通すのは難しいだけに、意志はかなり強いと感じます。それに今の完成度を見ると、相当練習してきたと思いますよ」。渋野の代名詞である笑顔の裏に隠された〝貫徹力〟に舌を巻いた。

 とはいえ、まだスタートラインに立ったにすぎない。真価が問われるのはこれからとなる。「やっぱり環境に慣れることが大事。スポットで行っているからわかっているだろうけど、米国は移動が大変ですから。彼女なら大丈夫だろうけど、周りに惑わされずに自分のゴルフをやり切れるかも大事になるでしょう」とポイントを挙げた。その上で「(米ツアーで)十分に戦えると思います。何度か優勝争いに加わってくる試合の中で、そのチャンスをモノにしてほしいですね」と大きな期待を寄せた。

 活躍を予感したのは技術面だけでなく、米ツアーへの挑戦意欲が半端ないからだという。「米国は軽い気持ちで行ってもダメ。日本でやっているときと何から何まで違う環境だし、根性を決めないと成功できません。その点、渋野さんは新型コロナウイルスの影響で予選会の受験が1年延期となっても、やり通したところに覚悟があると思いましたね。スイング改造のこともそうだけど、とことんやり抜く性格なのでしょう」

 ただ、米ツアーの実情を踏まえて、ちょっとした懸念はある。予選会経由の選手は大会での優先順位は決して高くない。「最初はギャラリーが少ない早い時間などの組に回されることもあるだろうし、テンションが上がらない中でプレーしなければならないかもしれません。プロは見られて力を発揮することもありますから」。特に渋野はギャラリーの声援を力に変えるタイプだけに、なおさらだ。

 もちろん活躍すれば、〝主役待遇〟となるだけに、今後に向けてはデビュー戦からのスタートダッシュも重要となりそうだ。

 芹沢は渋野と米ツアー同期となった古江彩佳(21=富士通)にも可能性を感じている。昨年12月の最終予選会では渋野の20位を上回る7位で突破。ひと足早くツアーデビューを果たした中、「崩れないゴルフをするタイプだと思います。ほかの選手に比べて飛距離はないけど、ショートゲームやショットの正確性は抜群。(宮里)藍ちゃんみたいな活躍をしてもおかしくないですよね」と高評価だ。

 それだけに「皆さんは渋野さんに注目されているでしょうけど、古江さんのほうがいい成績を残すかもしれません」と期待した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-04032809-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae12b172a236df2bda321358e83b5def2cbeae30

【「渋野日向子は米ツアーで十分に戦える」芹沢信雄はスマイルの裏の〝貫徹力〟を評価】の続きを読む

このページのトップヘ