SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

準々決勝

1: 名無しさん@恐縮です 2022/10/12(水) 06:43:06.91 ID:CAP_USER9
10/12(水) 5:21配信TBS NEWS DIG Powered by JNN
https://news.yahoo.co.jp/articles/3598dea520c0d1f138082fe9d08c3ba9c584f141

■世界バレー 準々決勝 日本ーブラジル(日本時間12日・オランダ)

4年に1度、バレーボールの世界ナンバー1を決める世界バレー。負ければ終わりの準々決勝で、世界ランキング6位の女子日本代表は、同2位で東京五輪銀メダルのブラジルにセットカウント2-3 (25-18、25-18、22-25、25-27、13-15)とフルセットの末敗れ、ベスト8敗退。12年ぶりのメダル獲得はならなかった。

【写真を見る】眞鍋ジャパン、フルセットの激闘!2セット連取もブラジルに涙の逆転負け 12年ぶりベスト4進出ならず 【世界バレー】

スタメンは島村春世(30)、林琴奈(22)、井上愛里沙(27)、山田二千華(22)、関菜々巳(23)、石川真佑(22)、リベロ・福留慧美(24)。

1次ラウンドでは、世界バレーで40年ぶりにブラジルから白星を挙げた眞鍋ジャパン。準々決勝でも第1セットから井上、林のスパイク、山田のクイックなどでリードした。日本リードの8-5の場面で強烈なサーブが持ち味の石川がサービスエースで完全に流れを引き寄せるとすかさずブラジルがタイムアウト。さらに世界屈指のスパイカー・ガビを山田がブロックするなど日本の勢いが止まらない。終盤には石川のサーブでブラジルを崩し25-18で先取した。

第2セットは5-5からブラジルのミスで日本が3連続得点とリードする。ブラジルもガビにボールを集め流れ引き戻しにかかるも再び、石川のサービスエースで勢いを渡さなかった。中盤の勝負所では長いラリーを制すと、山田がまたしてもガビをシャットアウト。日本は最大8点のリードを奪うなど25-18で2セットを連取し王手をかけた。

第3セットはメンバーを変えたブラジルにリードを許す展開。流れを変えたい日本は7-11と4点差にされたところで主将・古賀紗理那(26)を投入した。日本は全員で拾ってつなぐバレーを見せるも22-25でこのセットを奪われた。

セットカウント2-1と日本がリードした第4セット。出だしからリベロの福留の好レシーブ、林のサービスエースなどで優位とした。しかし意地を見せたブラジルが中盤にガビのバックアタックなどで逆転。この日、好調の山田の移動攻撃などで日本が再びリードするなど一進一退の攻防となった。2度のブラジルのセットポイントを山田の移動攻撃、ブロックでしのぐも25-27で最終セットに持ち込まれた。

最終セットは1点を争う大接戦。6-6とするとブラジルのサーブに崩された日本は3連続失点。直後の日本も粘りを見せ長いラリーを制し、再び同点。しかし、井上がブロックされるなど徐々にリードされた日本は13-15で逆転負け。フルセットの激闘もベスト4進出を逃し、12年ぶりのメダル獲得はならなかった。試合後、リベロの福留の目には涙があふれた。

眞鍋政義監督は「最後はブラジルの勝負強さに負けましたね。これもいい勉強ですね。選手は本当に頑張りました。選手、スタッフ一丸となったんですけど、ここですよね。ベスト8からベスト4の壁。おそらく初めて経験する選手が多いので、この悔しさを来年に持っていきたいと思います」と語り、選手を労った。

【日本の得点】
林琴奈 21点
山田二千華 19点
石川真佑 18点
井上愛里沙 16点
島村春世 6点
古賀紗理那 2点
関菜々巳 1点

【世界バレー・準々決勝 女子日本代表、フルセットの激闘!2セット連取もブラジルに涙の逆転負け…12年ぶりベスト4進出ならず】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/07(水) 21:36:39.60 ID:CAP_USER9
福岡 1-2 甲府
[得点者]
16'三平 和司(甲府)
27'森山 公弥(福岡)
97'鳥海 芳樹(甲府)
スタジアム:ベスト電器スタジアム
https://www.jleague.jp/match/emperor/2022/090701/live/#live/

神戸 0-1 鹿島
[得点者]
62'鈴木 優磨(鹿島)
スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
https://www.jleague.jp/match/emperor/2022/090702/live/#live/

京都 2-1 東京V
[得点者]
21'パウリーニョ(京都)
53'パウリーニョ(京都)
90'谷口 栄斗 (東京V)
スタジアム:味の素スタジアム
https://www.jleague.jp/match/emperor/2022/090703/live/#live/

【【試合結果】天皇杯・準々決勝 福岡×甲府、神戸×鹿島、京都×東京V】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/07(水) 20:30:42.68 ID:CAP_USER9
C大阪 1-2 広島
[得点者]
40'アダム タガート(C大阪)
86'柏 好文    (広島)
90+1'川村 拓夢  (広島)
スタジアム:ヨドコウ桜スタジアム
https://www.jleague.jp/match/emperor/2022/090704/live/#live/

【【試合結果】天皇杯・準々決勝 C大阪×広島】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 21:51:45.19 ID:CAP_USER9
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は22日、準々決勝の浦和レッズvsパトゥム・ユナイテッド(タイ)が行われた。

ラウンド16でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に5-0の快勝を収めた浦和が、集中開催となっているACL東地区ノックアウトステージにて“本拠地”埼玉スタジアム2002にパトゥムを迎えた。

ラウンド16で傑志(香港)に4-0で完勝したパトゥムは浦和のリカルド・ロドリゲス監督の古巣であり、現指揮官は手倉森誠監督が務める。ジョホール戦から中2日で行われる一戦に浦和はダヴィド・モーベルグや関根貴大、伊藤敦樹らを先発起用した。

試合開始から1分足らず、ディフェンスラインの岩波拓也からのロングフィードに反応した松尾佑介がDFアンドレス・トゥニェスと上手く入れ替わってボックス右に抜け出す。そのまま右足でネットを揺らしたが、シュート前にハンドがあったとしてVARオンフィールドレビューにより得点は取り消しとなる。

11分にもボックス右に入り込んだ松尾が後方からチェックするトゥニェスと交錯して倒れたもののPKの判定とはならず。それでも浦和が相手陣内でボールを動かしながら押し込む形で試合を進行していく。

25分にはボックス手前左で岩尾憲からのパスを受けた関根が巧みなドリブルで中央にスライドして右足でシュートを放つとGKキッティポン・プータウチュエクは動けずネットを揺らす。しかし、ボールに触れていなかったもののオフサイドポジションの松尾がGKプータウチュエクのプレーに影響を与えたとして得点は認められなかった。

2度ネットを揺らしながらも得点が認められなかった浦和だったが32分に背番号10が暗雲を振り払う。関根が相手を背負いながらもスルーパスを供給すると松尾がスルー、ボックス左のモーベルグが左足の強烈なシュートで先制点を奪い切る。

さらに42分、浦和ボールの左CKでキッカーは岩尾。速いボールに対してニアに飛び込んだ岩波が頭で合わせて追加点をマークした。試合は浦和が2点をリードして折り返す。

後半に入ってパトゥムがややペースを上げてボールを握っていくものの浦和は落ち着いて対処しながら松尾のスピードを生かしたロングボールを蹴り込んでいく。すると65分、ピッチ中央付近でインターセプトした伊藤がボックス手前右まで侵攻して中央にパス。伊藤がワントラップして左足を振り抜いてゴール右下隅を射抜いた。

パトゥムを突き放した浦和は66分に3枚替え。松尾、モーベルグ、小泉に代えてキャスパー・ユンカー、江坂任、明本考浩と層の厚さを見せた。72分、江坂のスルーパスを受けた明本がボックス左から左足の強烈な一撃を突き刺して4点差をつける。

その後も優位に進める浦和はパトゥムを寄せ付けることなく試合を終了。勝利した浦和は25日に行われる準決勝に進み、ヴィッセル神戸を破った全北現代モータースと決勝進出を争う。

■試合結果
浦和レッズ 4-0 パトゥム・ユナイテッド

■得点者
浦和:ダヴィド・モーベルグ(32分)、岩波拓也(42分)、小泉佳穂(65分)、明本考浩(72分)
パトゥム:なし

https://news.yahoo.co.jp/articles/86e456e54b8e469426b1f935b0012911ff85515c

【ACL・準々決勝 浦和が手倉森監督率いるパトゥムに4発快勝でACL4強! 決勝かけて全北現代と激突】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/22(月) 18:34:52.97 ID:CAP_USER9
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準々決勝が22日に行われ、ヴィッセル神戸と全北現代モータース(韓国)が対戦した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、決勝トーナメントは準決勝までの全ラウンドがシングルエリミネーション(1発勝負)方式となっているACL。今回は埼玉県での集中開催となっており、神戸と全北現代の一戦は『埼玉スタジアム2002』で行われた。

 神戸は、ラウンド16で実現した“日本勢対決”で横浜F・マリノスを3-2で下して準々決勝に進出した。一方の全北現代も、ラウンド16では大邱との“韓国勢対決”を経験。延長戦に突入した耐久戦を2-1で制した。

 2大会ぶりのベスト4進出を狙う神戸と、過去に2度ACL制覇の経験がある全北現代の一戦は、一進一退の攻防が続く。両チームともほとんど決定機を生み出すことができず、前半はスコアレスで終了した。

 後半中盤になって、試合が動き出す。先にスコアを動かしたのは神戸だった。64分、左CKの流れから小林祐希がペナルティエリア左脇から速いクロスを送ると、尾崎優成がペナルティエリア左からシュート。これは相手GKに弾かれたが、汰木康也がこぼれ球を押し込んだ。だが、全北現代もすぐさま反撃。直後の66分、モドゥ・バーロウがスピードに乗ってペナルティエリア内に侵入すると、相手GK前川黛也との一対一を制して同点ゴールを決めた。その後、両チームともに追加点はなく、1-1で後半終了。試合は延長戦に突入した。

 次の1点が生まれたのは105分、全北現代が逆転する。左サイドからバーロウが柔らかいクロスを送り、ファーで酒井高徳に競り勝ったグスタヴォが頭で合わせて押し込んだ。

 さらに終了間際、全北現代がコーナーキックのカウンターで3点目を獲得。3-1で逆転勝利した全北現代がベスト4に進出した。準決勝は25日19時30分に行われ、22日20時キックオフの浦和レッズvsBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)の勝者と対戦する。なお、西地区は2月に決勝トーナメントを実施。決勝は来年2月19日に西地区で第1戦、2月26日に東地区で第2戦が開催される予定となっている。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1-3 全北現代モータース

【得点者】
1-0 64分 汰木康也(ヴィッセル神戸)
1-1 66分 モドゥ・バーロウ(全北現代)
1-2 105分 グスタヴォ(全北現代)
1-3 120+2分 ムン・ソンミン(全北現代)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3adedf46131ab7fdbac7c19bcdfd38a3a32d1f94

【ACL・準々決勝 神戸、逆転負けでACL敗退…延長戦を制した全北現代が4強へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/18(木) 19:35:50.78 ID:CAP_USER9
◇第104回全国高校野球選手権大会 準々決勝 聖光学院10―5九州学院(2022年8月18日 甲子園)

3年ぶり17回目出場の聖光学院(福島)が7年ぶり9回目出場の九州学院(熊本)と対戦し、10―5で勝利。
春夏通じて初の4強入りを果たした。

打線は0-1と先制を許した初回、先頭安打から1死二、三塁に4番・三好(2年)の左翼線2点適時二塁打で逆転。
なおも1死満塁から7番・伊藤(3年)の中犠飛、8番・生田目(3年)の中前適時打、捕逸で3点を加えた。4回には
3番・安田(3年)の右前適時打、三好の左中間越え2点適時二塁打、5番・山浅(3年)の右前適時打で4点を奪い、
リードを広げた。9-4で迎えた6回には暴投で加点した。

投げては先発・佐山が初回に1点、5回に3点、7回に1点を失ったが、完投で逃げ切った。

聖光学院は08年、10年、14年、16年夏と13年春の8強を超える成績となり、福島県勢としても1971年に準優勝した
磐城以来51年ぶりの4強入りとなった。

九州学院は初回1死二塁から3番・園村(3年)の左中間への適時打で先制。5回には1番・大城戸(2年)の
遊撃への適時内野安打、2番・馬場(3年)の中前適時打、園村のニゴロでの3点を返した。7回には9番・瀬井(2年)の
右翼越え本塁打で再び5点差としたががそこまで。春夏通じて初、熊本県勢としては6年ぶりの4強はならなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/79dc660d092b736b28d54fdb4b1aafb8c75a99f8

【第104回全国高校野球選手権・準々決勝 聖光学院10-5九州学院 聖光学院が春夏通じて初の4強 福島県勢としては51年ぶり】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/18(木) 16:56:02.40 ID:CAP_USER9
8/18(木):準々決勝

大阪桐蔭 (大阪) 4-5 下関国際 (山口)

下関国際 001011002-5
大阪桐蔭 20001100X-4

【投手】
下関国際:古賀、仲井
大阪桐蔭:別所、前田

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011315/score

【第104回全国高校野球選手権・準々決勝 下関国際5-4大阪桐蔭 下関国際が九回逆転で初の準決勝進出!大阪桐蔭、秋春夏連覇潰える!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/18(木) 14:01:07.35 ID:CAP_USER9
<全国高校野球選手権:近江7-6高松商>◇18日◇準々決勝

近江(滋賀)が高松商(香川)に競り勝ち、3季連続の4強入りを決めた。
1回、山田陽翔投手(3年)の適時打で先制。2回にも1点を追加。3回表に山田が高松商・浅野翔吾外野手(3年)に
同点2ランを浴びたが、その裏すぐに3-2と勝ち越し。5回表に再び追いつかれたが5回裏、8番大橋大翔捕手(3年)の
適時打で4-3と勝ち越し。6回には山田のこの試合2本目の適時打で5-3とした。

しかし7回表、1死一、二塁のピンチで近江ベンチは1番浅野を申告故意四球で歩かせ満塁に。これが裏目に出て連続
適時打、さらに押し出し死球で5-6と逆転を許した。

それでも7回裏、1死二塁から安打と敵失で同点。3番中瀬樹内野手(3年)の適時打で7-6と勝ち越した。
8回表、山田の様子がおかしい。右足がつったのか明らかに球威が落ちた。1死一、二塁のピンチを迎えたところで降板。

2番手の星野世那(3年)が登板。浅野を左飛に打ち取り続く井桜に内野安打っを許したが3番渡辺を二ゴロに仕留め
1点リードを守った。

9回も星野が抑え1点差で逃げ切った。

高松商は1970年以来、52年ぶりの4強入りを逃した。

注目の対決となった山田と浅野の対戦結果は以下の通り。

第1打席 フルカウントからスライダー打って左二塁打

第2打席 カウント1-1から146キロ直球打ってバックスクリーンに飛び込む同点2ラン

第3打席 フルカウントから真ん中低めのスプリット打って左前安打

第4打席 7回1死一、二塁で申告故意四球。高松商は続く2、3番の連続適時打で5-5同点。2死後、押し出し死球で
6-5と逆転

https://news.yahoo.co.jp/articles/3716329c89dfbddd12f40668268a2c22776147a0

8/18(木):準々決勝

近江 (滋賀) 7-6 高松商 (香川)

高松商 002010300-6
近江     11101120X-7

【投手】
高松商:大室、橋崎、渡辺和
近江:山田、星野

【本塁打】
高松商:浅野

https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_summer/game/2021011314/score

【第104回全国高校野球選手権・準々決勝 近江7-6高松商 近江が接戦制し3季連続4強 高松商・浅野翔吾、近江・山田陽翔から2ランも涙】の続きを読む

このページのトップヘ