SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

準決勝

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/07(土) 16:43:28.04 ID:cAdcjReQ9
◆第101回全国高校サッカー選手権 ▽準決勝 大津1-1(PK2-4)東山(7日、国立競技場)

東山が激戦を制して初の決勝進出を決めた。 先制点を奪ったのは大津だった。
前半39分に 井伊虎太郎がゴールをこじ開けた。
そのまま前半を折り返すと後半も主導権を握ったが、東山も諦めなかった。
後半18分には松橋啓太が同点ゴールを決めて1-1に追いついた。
その後は一進一退の内容で試合が推移したが互いにゴールネットを揺らすまでには至らず。
そのままPK戦に突入した。
福重良一監督「あと1試合できることが子どもたちのおかげ、感謝しています。
チャンスの後に失点してしまったが、そのまま崩れることなくハーフタイムに話をしてしっかりと東山らしくサッカーしようと言った。
PK戦では佐藤が活躍してくれてほんとうに感謝しています」
GK佐藤瑞起「前半に失点してしまって僕らのチームは追いついてくれると信じていた。
PKになったけど追いつくんだと信じていた。クラス、学校のみんなが来てくれた。

来てくれたからには絶対いい思いをさせてあげたかった。 僕たちは日本一になるためにやってきた。勝って日本一になりたい」

1/7(土) 16:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c158648492ee38bd6afa9833cfefb0fd07ad386

【第101回高校サッカー選手権・準決勝 東山がPK戦で大津を破り初の決勝進出!先制許すも松橋啓太のゴールで同点、GK佐藤瑞起が2本をセーブ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/07(土) 14:21:52.53 ID:bpXCqFCR9
第101回全国高校サッカー選手権は7日、準決勝の2試合が国立競技場で行われ、初のベスト4入りを果たした岡山学芸館(岡山)が神村学園(鹿児島)をPK戦(4-1)で制し、
岡山県勢初の優勝に王手をかけた。

決勝は9日に行われる。

◆岡山学芸館(岡山)3ー3(PK:4-1)神村学園(鹿児島)

開始早々の前半6分に岡山の田口裕真(2年)が左サイドからのクロスに合わせ先制のゴール。
だが37分には神村の福田師王(3年)に2試合連続となるゴールを決められ、
前半は1ー1の同点で折り返した。
後半は神村のフリーキックでキャプテン大迫塁(3年)が直接狙い、ディフェンダーに当たってわずかにコースが変わるも逆転ゴールを挙げた。
しかしその2分後、岡山の今井拓人(3年)がキーパー手前でパスを受け、振り向きざまにシュートを放ち2ー2の同点に。
後半24分に神村はコーナーキックから中江小次郎(3年)のヘディングで勝ち越しに成功したが、
岡山が後半28分、岡本温叶(3年)のミドルシュートで再び同点に追いついた。
終盤もお互いに譲らず決着はPK戦へ。

【PK戦 岡山学芸館4-1神村学園】

1人目 岡山・岡本〇、神村・大迫〇
2人目 岡山・木村〇、神村・西丸×
3人目 岡山・山田〇、神村・福田×
4人目 岡山・井上〇

1/7(土) 14:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b91418708a9fdd81ea920a2ffba3aba3b5e0f503

【第101回高校サッカー選手権・準決勝 岡山学芸館が神村を破り初の決勝進出!岡山県勢史上初の優勝に王手、3対3の激闘の末PK戦制する】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/14(水) 07:07:52.79 ID:X/CFertg9
◆カタールW杯 ▽準決勝 アルゼンチン3―0クロアチア(13日・ルサイル競技場)

アルゼンチンが3―0でクロアチアを下し、1986年メキシコ大会以来36年ぶりの優勝に王手をかけた。

芸能界屈指のサッカー通で、アルゼンチンのメッシファンでもある歌手の小柳ルミ子は、準決勝の試合中、ツイッターを次々と更新。
メッシの先制PKから前半で2点リードとすると「駄目だ、嬉しくて。前半のうちに2得点だよ。涙が出て。メッシのPKも、今迄とは違うボール蹴って来ましたね。涙が出て来た」と、興奮した様子でつづった。
さらに後半、メッシのアシストで3点目が決まると「 メッシー、貴方は何て人でしょー あのキープ凄すぎて感動で胸が震えてます 涙で顔がぐしゃぐしゃです」とさらにヒートアップ。
試合が終わると「おめでとう おめでとう 有難う 有難う メッシ、今日もフル出場。本当に凄い人だ。尊敬します。チーム皆、良くハードワークしてくれました。素晴らしい。後1つ 神に祈りましょう 有難うアルゼンチン」とメッシとチームへの賛辞を惜しまなかった。

報知新聞社

https://i.imgur.com/KntiyDD.jpg

12/14(水) 6:16配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3fb8e498afedf2264b51c5e9bb3615141e8100c

【メッシ推しの小柳ルミ子、アルゼンチンの決勝進出に「おめでとう 有難う メッシ、本当に凄い人だ」試合中から「涙で顔がぐしゃぐしゃ」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/15(木) 05:58:28.70 ID:DJCxRso49
DFテオ・エルナンデスのジャンピングボレー弾で先制、後半にも加点し貫禄勝ち
 前回王者が連覇への挑戦権を獲得した。現地時間12月14日のカタール・ワールドカップ(W杯)の準決勝、フランス代表とモロッコ代表の一戦は2-0でフランスが勝利を収め、2大会連続の決勝進出を果たした。

【動画】王者フランス、電光石火の先制ゴール! DFテオ・エルナンデスの“ジャンピングボレー弾”

 2018年ロシアW杯を制したフランスと、クロアチア代表とベルギー代表と同組だったところから決勝トーナメントへ1位通過し、スペイン代表とポルトガル代表を破ってアフリカ勢として史上初の4強入りを果たす今大会のサプライズを起こしているモロッコの対戦だった。

 5バックでスタートした立ち上がりにボールを持ったモロッコに対し、フランスはボールを奪って縦に速く攻撃。MFアントワーヌ・グリーズマンの抜け出しからFWキリアン・ムバッペのシュートにつなげると、こぼれ球をDFテオ・エルナンデスがジャンピングボレーで叩いた。これがゴールに吸い込まれ、わずか5分でフランスがリードを奪った。

 フランスはその後もFWオリビエ・ジルーに2回の決定機があったが、いずれもシュートは際どく枠外に飛んで決めれらず。モロッコは主将のDFモハメド・サイスが抱えていた負傷によりプレー続行不可能という判断で交代のアクシデント。4バックに変更してボールを持つ時間が長くなり、前半終了間際にDFジャワド・エル・ヤミクがコーナーキックのこぼれ球をオーバーヘッドで狙うもわずかにゴールポスト直撃。フランスが1点リードのまま前半を終えた。

 後半は20分過ぎまでモロッコがかなりの時間帯でボールを持って攻め込んだが、フランスのGKウーゴ・ロリス、センターバックのDFラファエル・ヴァラン、DFイブラヒム・コナテが最後の砦として立ちはだかって同点ゴールが生まれず。フランスのディディエ・デシャン監督は、後半20分でジルーに代えてFWマルクス・テュラムを投入して左サイドに配置し、FWキリアン・ムバッペを中央に回して左サイドの守備を強化した。

 その時間帯からフランスが逆襲に出る回数が増えた。すると後半34分、中盤のボール奪取から最後はテュラム、ムバッペとボールがつながり、ムバッペのシュートがこぼれたところに交代出場直後のFWランダル・コロ・ムアニが押し込んで2-0として試合を決定付けた。

 1934年と38年のイタリア代表、1958年と62年のブラジル代表に次ぐ史上3例目のW杯連覇を狙うフランスは、決勝戦でアルゼンチン代表と対戦する。また、モロッコは3位決定戦でクロアチア代表と戦う。

https://news.yahoo.co.jp/articles/daf629bac204d996fee74c8ceafab58f5346e160

【W杯・準決勝 王者フランス、2大会連続の決勝進出!史上3か国目の連覇へ王手!!難敵モロッコを2-0撃破】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/15(木) 04:57:41.31 ID:NKOlzMa49
12/15(木) 4:49配信

SOCCER DIGEST Web
開始早々に試合を動かす
先制点を決めたT・エルナンデズ。(C)Getty Images

 現地時間12月14日にカタール・ワールドカップ(W杯)の準決勝で、前回王者のフランス代表とアフリカ勢史上初の4強入りを果たしたモロッコ代表が対戦している。

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

 試合は開始早々にいきなり動く。フランスは5分、右サイドを抜け出したグリーズマンの折り返しにエムバペが反応。混戦からこぼれたボールをテオ・エルナンデズがボレーで押し込んで幸先よく先制点を奪う。
 
 一方のモロッコも44分、右CKのチャンスを得ると、ヤミクがバイシクルで狙ったが、右のポストを叩き、惜しくもゴールとはならなかった。

 試合はこのままフランスが1点をリードして前半を終えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/27b9a9c2d3b14c1aeb1a118c98c836b1d9c8c3f1

【W杯・準決勝 連覇狙うフランスが先制!T・エルナンデズのゴールでモロッコ相手に1点リードして折り返す】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/15(木) 02:58:39.09 ID:eGHaviBJ9
12/15(木) 2:50配信
ゲキサカ
W杯準決勝のスタメン発表!! 体調不良相次ぐフランスは2人変更、モロッコはマズラウィら負傷から復帰

 カタールW杯は14日、アルホールのアルベイト・スタジアムで行われる準決勝で、フランス代表とモロッコ代表が対戦する。フランスは優勝した前回ロシア大会以来、モロッコは史上初の決勝進出をかけた一戦。午後10時(日本時間15日午前4時)のキックオフを前に、スターティングメンバーが発表された。

 フランスは準々決勝のイングランド戦から先発2人を変更。体調不良により練習を欠席していたMFアドリアン・ラビオ(ユベントス)、DFダヨ・ウパメカノ(バイエルン)に代わり、DFユフス・フォファナ(モナコ)、DFイブラヒマ・コナテ(リバプール)が起用された。ラビオはベンチにも入っておらず、状態が懸念される。

 一方、モロッコも準々決勝のポルトガル戦から先発2人を変更。負傷欠場していたDFナイフ・アゲルド(ウエスト・ハム)、DFヌセア・マズラウィ(バイエルン)が先発復帰し、DFヤヒア・アティヤット・アッラー(ウィダードAC)とMFセリム・アマラー(スタンダール・リエージュ)がベンチに回っている。

 またフランスはFWキリアン・ムバッペ、モロッコはDFアクラフ・ハキミがそれぞれ先発。共にパリSGでプレーし、親交を深めてきた二人のマッチアップがW杯準決勝という大舞台で実現する。

 フランスはモロッコの旧宗主国。フランス語圏のモロッコにはワリド・レグラギ監督を始め多くの二重国籍者が住んでおり、政治的にも大きな注目が集まる一戦となっている。両国がW杯など公式大会で対戦するのは史上初めて。過去の対戦ではフランスが3勝2分け(PK戦でモロッコが1勝)で大きく優位に立っている。

[フランス]
▽先発
GK 1 ウーゴ・ロリス
DF 4 ラファエル・バラン
DF 5 ジュール・クンデ
DF 13 ユスフ・フォファナ
DF 22 テオ・エルナンデス
DF 24 イブラヒマ・コナテ
MF 8 オーレリアン・チュアメニ
FW 7 アントワーヌ・グリーズマン
FW 9 オリビエ・ジルー
FW 10 キリアン・ムバッペ
FW 11 ウスマン・デンベレ
▽控え
GK 16 スティーブ・マンダンダ
GK 23 アルフォンス・アレオラ
DF 2 バンジャマン・パバール
DF 3 アクセル・ディサシ
DF 17 ウィリアン・サリバ
DF 18 ダヨ・ウパメカノ
MF 6 マテオ・ゲンドゥージ
MF 15 ジョルダン・ベレトゥ
MF 25 エドゥアルド・カマビンガ
FW 12 ランダル・コロ・ムアニ
FW 20 キングスレイ・コマン
FW 26 マルクス・テュラム
▽監督
ディディエ・デシャン

[モロッコ]
▽先発
GK 1 ヤシン・ブヌ
DF 2 アクラフ・ハキミ
DF 3 ヌセア・マズラウィ
DF 5 ナイフ・アゲルド
DF 6 ロマン・サイス
DF 18 ジャワド・エル・ヤミク
MF 4 ソフィアン・アムラバト
MF 7 ハキム・ツィエク
MF 8 アゼディン・ウナヒ
MF 17 ソフィアン・ブファル
FW 19 ユセフ・エン・ネシリ
▽控え
GK 12 ムニル
GK 22 レダ・タグノーティ
DF 20 アクラフ・ダリ
DF 24 バドル・バヌン
DF 25 ヤヒア・アティヤット・アッラー
MF 10 アナス・ザルリ
MF 13 イリアス・シャイル
MF 14 ザカリア・アブクラル
MF 15 セリム・アマラー
MF 23 ビラル・エル・カンヌス
MF 26 ヤフヤー・ジャブラーヌ
FW 9 アブデルラザク・ハムダラー
FW 11 アブデルハミド・サビリ
FW 16 アブデ・エザルズリ
▽監督
ワリド・レグラギ

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ac32e07380363f37d9aa57bd74ed60fb453492e
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221215-45927309-gekisaka-000-1-view.jpg

【W杯・準決勝のスタメン発表 フランスvsモロッコ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/13(火) 09:47:09.11 ID:ANrZKpYv9
GOAL 12/13(火) 6:29

チュアメニ&ウパメカノ(C)Getty Images
フランス代表の主力選手に欠場可能性が浮上したようだ。

フランス代表MFオーレリアン・チュアメニとDFダヨ・ウパメカノの2人は、12日のトレーニングを欠席し、モロッコ代表との準決勝を欠場する可能性が出てきたことが『GOAL』の取材により判明した。

2年連続のワールドカップ(W杯)準決勝進出を果たしたフランス。2連覇へ向け、着々と準備を進めているが、このままいくと、ここまでの道のりで重要な役割を担ってきた2人の選手を欠いてしまうことにる。

チュアメニは準々決勝・イングランド戦では先制点を記録。ウパメカノはグループリーグ・チュニジア戦を除いた全ての試合で先発出場を果たしていた。

チュアメニはふくらはぎの負傷、ウパメカノは喉の痛みでの欠席であるとも報じられているが、現時点で両選手のトレーニング欠席理由は不透明な状況。準決勝を2日後(日本時間15日の4:00)に控え、ディフェンディングチャンピオンに不穏な空気が流れ始めた。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/2f7b317728103b0b965e0369449068b7f6de4030&preview=auto

【フランスに大打撃…主力2人が練習欠席。チュアメニ&ウパメカノがW杯準決勝欠場か】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/12/14(水) 06:09:14.63 ID:Tgx3oH/v9
FIFAワールドカップカタール2022・準決勝が13日に行われ、アルゼンチン代表とクロアチア代表が対戦した。 1986年のメキシコ大会以来36年ぶりのW杯制覇を目指すアルゼンチン代表。グループステージを2勝1敗・勝ち点「6」の成績で首位通過し、決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)ではオーストラリア代表を2-1で撃破。続く準々決勝ではオランダ代表をPK戦の末に下しベスト4に駒を進めた。対してW杯初制覇を目指すクロアチア代表はグループステージを1勝2分の勝ち点「5」で2位通過。決勝トーナメントでは日本代表とブラジル代表を共にPK戦の末に下し、ベスト4進出を決めた。 アルゼンチン代表は準々決勝のオランダ代表戦からスタメンを2人変更。リサンドロ・マルティネス、そして累積警告により出場停止のマルコス・アクーニャに代わり、ニコラス・タグリアフィコとレアンドロ・パレデスが先発に名を連ねた。対するクロアチア代表は準々決勝のブラジル代表戦と全く同じ11人がスタメンに並んだ。 序盤はクロアチア代表がボール保持率を高め、アルゼンチン代表を押し込む展開が続く。ルカ・モドリッチ(、マテオ・コヴァチッチ、マルセロ・ブロゾヴィッチを中心にボールを回し、サイドからのクロスを中心にチャンスの糸口を探っていく。対するアルゼンチン代表は20分頃から徐々にボール保持率を高めていき、リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン/フランス)が中盤まで下がってボール回しに関与しながらシュートチャンスをうかがっていく。 徐々にオープンな展開となる中、アルゼンチン代表にビッグチャンスが到来。中盤でボールを受けたE・フェルナンデスがDFラインの背後にスルーパスを供給すると、最前線で待ち構えていたフリアン・アルバレスがこれに反応。ボックス内に侵入すると、飛び出してきたGKリバコヴィッチに倒されアルゼンチン代表がPKを獲得した。これをメッシがゴール右上隅に沈め、34分にアルゼンチン代表が先制に成功した。 勢いに乗るアルゼンチン代表は39分に追加点を挙げる。自陣で相手CKのクリアボールを拾うとすぐさまカウンターを発動。ハーフウェーライン付近でボールを受けたアルバレスがドリブルで持ち運び、独力でボックス内まで侵入すると、最後はGKとの一対一を冷静に制してゴールネットを揺らした。その後は両チームとも際どいシーンを作ったものの、互いにスコアを動かすことはできず。前半はこのまま2-0で折り返した。 2点のビハインドを負ったクロアチア代表はハーフタイムでニコラ・ヴラシッチとミスラヴ・オルシッチを、50分にブルーノ・ペトコヴィッチ投入。ボール保持率を高め相手陣内でのプレー時間を増やしていくが、アルゼンチン代表の粘り強い守備に苦しみ、なかなかシュートまで持ち込むことができない。対するアルゼンチン代表も58分にメッシがボックス内に侵入してシュートを放つなど、相手ゴールを脅かすシーンを作る。 拮抗した展開が続く中、スコアを動かしたのはまたもアルゼンチン代表だった。69分、敵陣右サイドでボールをキープしたメッシが、マークに入ったヨシュコ・グヴァルディオールを緩急を付けたドリブルで翻弄。ボックス内右の深い位置まで侵入しゴール前へ折り返すと、待ち構えていたアルバレスが右足で流し込みゴールネットを揺らした。アルゼンチン代表がリードを3点に広げる。 大量リードを奪ったアルゼンチン代表は次々と選手を入れ替えつつ時計の針を進めていく。チャンスと見るやクロアチア代表ゴールに迫り、際どいシュートを放つも追加点を奪うまでには至らず。対するクロアチア代表もサイドからのクロスやミドルシュートでチャンスを作るも、こちらもゴールネットを揺らすことはできず。試合はこのまま3-0で終了し、アルゼンチン代表が決勝に駒を進めた。 勝利したアルゼンチン代表は18日に行われる決勝で、フランス代表vsモロッコ代表の勝者と対戦する。

【スコア】 アルゼンチン代表 3-0 クロアチア代表
【得点者】
1-0 34分 リオネル・メッシ(アルゼンチン代表) 2-0
39分 フリアン・アルバレス(アルゼンチン代表)
3-0 69分 フリアン・アルバレス(アルゼンチン代表)

12/14(水) 5:54
https://news.yahoo.co.jp/articles/324e6810ecc4a8a55635a76b62582016f8ce1903

https://i.imgur.com/mf2V8DC.jpg

【W杯・準決勝 アルゼンチンが決勝進出!メッシ&アルバレス躍動でクロアチアに3発快勝、36年ぶりの優勝へ大きく前進】の続きを読む

このページのトップヘ