SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

準決勝

1: 名無しさん@恐縮です 2022/02/04(金) 02:04:46.21 ID:CAP_USER9
[2.3 女子アジア杯準決勝 中国 2-2 (PK5ー3)日本]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は3日、女子アジア杯準決勝で中国女子代表と対戦した。試合は、1-1で90分間を終えると、延長戦は互いに1点ずつを奪いPK戦へ。日本はPK戦で3-5で敗れてアジア杯準決勝で敗退が決まった。

 1月30日に行われた準々決勝タイ戦で7発完封勝利を挙げた日本は、9大会連続の女子W杯出場権を獲得。次なる目標のアジア杯3連覇に向けて準決勝中国戦に臨んだ。

 池田太監督は、準々決勝から先発を3枚変更。4-4-2のシステムを採用し、GKは山下杏也加(I神戸)が務め、最終ラインは左からDF乗松瑠華(大宮V)、DF南萌華(浦和)、DF熊谷紗希(バイエルン)、DF清水梨紗(東京NB)。ボランチはMF長野風花(マイ仙台)とMF林穂之香(AIKフットボール)が組み、サイドは左にMF宮澤ひなた(マイ仙台)、右にMF長谷川唯(ウエスト・ハム)。2トップはFW岩渕真奈(アーセナル)とFW植木理子(東京NB)が入った。

 開始20秒、宮澤の強烈なミドルでファーストシュート。そこから序盤は拮抗した展開が続くも、日本は細かいパスワークでボールを繋ぐと、徐々に試合の主導権を握り始める。

 前半13分、左サイドに流れた植木がゴール前にパスを送ると、岩渕がワンタッチで相手DFを剥がして左足を振り抜く。このシュートはゴール右に外れて得点とはならない。同21分にはペナルティーエリア手前付近で浮き球のパスを受けた植木が胸コントロールでDFラインの裏に抜け出し、GKジュ・ユウと一対一。ここはブロックに遭った。

 すると前半26分、左サイドでボールを受けた宮澤がダイレクトでクロスを蹴り込む。このボールに植木がニアサイドに走り込み頭で逸らすと、ボールはゴール右のサイドネットの吸い込まれていった。植木の今大会4ゴール目で日本が先制に成功する。

 前半32分、清水のクロスにファーサイドで待ち構えていた植木ボレーシュート。しかし、枠を捉えることができない。同34分には、山下のクリアミスから攻め込まれるが、DFワン・シェアシュエのロングシュートはゴール左に外れて難を逃れた。

 前半を1点リード折り返した日本は後半開始時に選手交代なし。対する中国は2枚を代えて攻撃の活性化を図る。すると後半1分、中国は左サイドで細かくパスを繋ぐと途中出場のMFシャオ・ユイのクロスに最後はFWウー・チェンシュが合わせて日本のゴールネットを揺らした。

 同点を許した日本は、後半19分に岩渕を下げてMF遠藤純を投入。宮澤を前線に置き、遠藤は左サイドに入った。

 日本は後半28分、右サイドの長谷川のクロスボールに宮澤が頭で合わせたが枠を捉えることができない。1分後の同29分には、遠藤のグラウンダーのクロスがゴール前を通過してファーサイドに流れると、長谷川の折り返しに植木がシュート。しかし、こちらもゴールネットを揺らすには至らなかった。

 後半44分には中国にチャンスを作られる。シャオが日本陣地中央でボールを保持すると、ゴール前にスルーパス。MFタン・ジャリィがDFラインの間を抜けて山下と一対一かと思われたが、清水が素早く戻り、体を投げ出してボールをクリアした。

 試合は90分で決着がつかず、延長戦に突入した。延長前半7分、長野がゴール前に入れたボールを植木が落として長谷川がミドル。強烈なシュートはクロスバーを叩き、惜しくもゴールとはならない。日本は同8分に宮澤を下げてMF成宮唯をピッチへ送り込んだ。

 延長前半13分、日本はゴール前でフリーキックを得ると、キッカーを務めた長谷川の柔らかボールに植木が完璧な動き出しからフリーとなり、頭で流し込だ。植木はこの試合2点目、今大会5点目をマークした。

 延長後半7分、この日2ゴールの植木に代えてDF高橋はなを投入。池田監督は守備を5枚にし、ゴール前を固める。しかし、延長後半攻め込まれる展開が増えると、同14分にFWジャン・シンの左サイドからのクロスボールをFWワン・シャンシャンにニアで合わされてゴールネットを揺らされた。

 120分の激闘となった試合は2-2でPK戦へ。日本は1人目を務めた熊谷が相手GKに読まれて止められるも、中国の1人目ジャンがゴール右に外す。互いに2人目3人目4人目を成功。日本5人目の南のシュートは相手GKのストップに遭うと、中国5人目を務めたワンが冷静に決めて試合終了。日本は中国に2-2(PK3-5)で敗れてアジア杯準決勝で敗退となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d48a83f90cd4bb07e7e0e2ca83e31f4a467478f

【女子アジア杯 なでしこジャパンはアジア杯3連覇ならず…2度のリードも中国に追いつかれ、PK戦の末に準決勝敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/30(日) 12:01:24.06 ID:CAP_USER9
1/30(日) 10:16配信
スポーツ報知

木原美悠

◆卓球 ▽全日本選手権 最終日(30日、東京体育館)

 大会事務局はこの日、女子シングルス準決勝に出場予定だった木原美悠(エリートアカデミー)が発熱により、同準決勝を棄権したことを発表した。

 発表によると、木原はこの日の早朝から38度を超える発熱があり、棄権の申し出を大会側に伝えた。この日中に改めて検査を受ける予定という。

 これにより、木原は女子シングルス準決勝を棄権。対戦予定だった伊藤美誠(スターツ)が決勝に進出した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220130-01301037-sph-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8afb7b406b6fa66a1500618f1aac94d050de6e7

【全日本選手卓球権・女子シングルス準決勝 木原美悠も38度を超える発熱で棄権、伊藤美誠が決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/02(日) 16:46:35.84 ID:CAP_USER9
1/2(日) 16:32配信 サンケイスポーツ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/784b7c17e8be1af26dadd26ef53e3b3fad0949ba

ラグビー・全国大学選手権(2日、東京・国立競技場)準決勝が行われ、4大会ぶりの優勝を目指す帝京大(関東対抗戦1位)が京産大(関西リーグ1位)に37-30で逆転勝ちし、決勝に進出した。

帝京大は前半、2トライやPGなどで得点を奪われ、10-23で折り返した。後半、粘り強いプレーで3トライを挙げるなどで逆転した。9日の決勝は明大(関東対抗戦3位)と激突する。

【第58回全国大学ラグビー選手権・準決勝 帝京大が京産大に37-30で逆転勝ち 9日の決勝は明大と激突】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/02(日) 14:09:37.33 ID:CAP_USER9

【第58回全国大学ラグビー選手権・準決勝 明治39-24東海、二大会ぶり明治決勝進出】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/08(土) 16:49:05.69 ID:CAP_USER9
1月8日、第100回全国高校サッカー選手権の準決勝が国立競技場で行われ、3年連続27回目出場の高川学園(山口)と25年連続27回目出場の青森山田(青森)が対戦。6-0で青森山田が勝利し、決勝へと駒を進めた。

3大会ぶりの大会制覇を目指す青森山田のキックオフでスタートした試合は、開始3分に動いた。U-18日本代表候補のMF藤森颯太(3年)が放ったフリーキックにFW名須川真光(3年)がバックヘッドで合わせてネットを揺らす。青森山田が幸先良く先制点を奪った。

また26分には左サイドのコーナーキックから、DF丸山大和(3年)が頭で押し込み追加点。青森山田が2点のリードを得た。

 2-0のまま試合を折り返すと、後半12分には右サイドを突破してペナルティエリアに進入したU-22日本代表の松木玖生(3年)が左足を振り抜き3点目。同25分には、藤森からのグラウンダーのクロスをダイレクトで蹴り込んだ小湊絆(2年)のゴールで、リードを4点に広げた。

さらに40分には、左サイドのコーナーキックから丸山が再びヘディングで決めると、44分には途中出場の田中栄勢(3年)が6点目を決めた。

 今大会7得点中6点を後半に奪ってきた高川学園は後半に5バックから4-2-3-1にシステムを変えて反撃を狙ったが、一矢報いることはできず。ここまで話題を集めた”円陣FK”「トルメンタ」の機会も最後まで訪れなかった。

結局、試合は6-0で終了。青森山田が決勝進出を決めた。

 勝利した青森山田は1月10日、決勝戦で熊本代表の大津と対戦する。決勝は14:05にキックオフ予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/afcf9635a09fbe04380d030405b79ef1204ac52c

【第100回全国高校サッカー選手権準決勝 青森山田が6-0で高川学園を下す!大津との決勝へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/05(水) 15:40:04.05 ID:CAP_USER9
1月5日 準決勝

東海大大阪仰星(大阪第2) 42-22 東福岡(福岡)

国学院栃木(栃木) 21-10 桐蔭学園(神奈川)

https://sports.yahoo.co.jp/contents/10044

【第101回全国高校ラグビー大会・準決勝 国学院栃木が栃木県勢初の決勝進出 桐蔭学園3連覇ならず 東海大大阪仰星が4大会ぶり決勝進出】の続きを読む

このページのトップヘ