SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

準決勝

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/11(水) 21:02:10.09 ID:9jh9Ofnp9
福岡 1-0 名古屋
[得点者]
45+3'鶴野 怜樹(福岡)
スタジアム:ベスト電器スタジアム
入場者数:6,980人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2023/101101/live/#live

横浜FM 1-0 浦和
[得点者]
61'アンデルソン ロペス(横浜FM) PK
スタジアム:日産スタジアム
入場者数:13,337人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2023/101102/live/#live

【【試合結果】ルヴァン杯・準決勝第1戦 福岡×名古屋、横浜FM×浦和】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/08(日) 17:30:45.95 ID:AHsFUeof9
川崎 4-2 福岡
[得点者]
05'山村 和也     (川崎)
42'金森 健志     (福岡)
53'橘田 健人     (川崎)
70'マルシーニョ    (川崎)
81'レアンドロ ダミアン(川崎)
90+6'鶴野 怜樹    (福岡)
スタジアム:等々力陸上競技場
https://www.jleague.jp/match/emperor/2023/100816/live/#live

【【試合結果】天皇杯・準決勝 川崎×福岡】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/10/08(日) 15:08:29.26 ID:AHsFUeof9
熊本 0-4 柏
[得点者]
09'戸嶋 祥郎 (柏)
45+4'片山 瑛一(柏)
54'細谷 真大 (柏)
90+4'高嶺 朋樹(柏)
スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
https://www.jleague.jp/match/emperor/2023/100817/live/#live

【【試合結果】天皇杯・準決勝 熊本×柏】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/08/21(月) 17:57:53.47 ID:ObBSPQOC9
>>8/21(月) 14:35配信
THE DIGEST

 8月21日、夏の甲子園の準決勝・第1試合、仙台育英(宮城)に挑んだ神村学園(鹿児島)。3回にホームスクイズを決められたことで昨年王者に流れがいき、2対6で敗れた。

 テレビや現地で観戦しているファンにとって同プレーは「完全にアウト」だったようだ。1対1の同点とした3回1死三塁の場面だ。4番・斎藤陽(仙台育英)がセーフティスクイズを仕掛けた。

 これに三塁手が反応しボールを捕球後、すぐにキャッチャーへ返球。捕手のタッチと走者のベースタッチのタイミングは際どかったが、審判はセーフと判定した。勝ち越しの1点を入れたことで、仙台育英は勢いづいた。神村学園バッテリーのミス、さらには鈴木拓斗から2ランが飛び出し、差は4点に広がってしまった。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/b928feea7e7a5b4839d737636f03f1ce84599bd4

【「アウトやん!」ホームスクイズの“際どい判定”がセーフに。流れを取り戻せず、神村学園は準決勝で敗退】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/23(日) 06:16:59.57 ID:DurmKCyb9
7/23(日) 2:36配信 月刊バレーボール
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca41d3d0bfc46ebea6decbd64a9d9303c017b182

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2023男子ファイナルラウンドポーランド大会で男子日本代表(FIVBランキング5位)は、現地7月22日(土)にポーランド(同1位)と準決勝で対戦し、セットを先取したものの1-3で敗れた。

 ファイナルラウンド開催国のポーランドは、予選ラウンドを10勝2敗25ポイントの3位で通過し(日本は10勝2敗27ポイントで2位)、準々決勝ではブラジルをストレートで下し準決勝に進出。日本は予選ラウンド最終戦でポーランドと対戦し、0-3で敗れていた。

 西田が腰を故障したこともあり、オポジットはポーランドリーグを知る宮浦でスタート。第1セットはお互いにサイドアウトを取り合う展開から、中盤に高橋藍が前後を効果的に突いたサービスエースを2本決めるなど、6連続ポイントでリードした日本がそのままセットを奪った。

 第2セットは序盤からポーランドに連続ブレイク許しリードを奪われる。中盤に石川主将のサービスエースなどで徐々に点差を縮めると、髙橋藍がレオンのスパイクをブロックし同点に追いつく。その後、お互いに点を取り合いジュースに。宮浦のサーブから石川主将がスパイクを決めて先にセットポイントを奪ったが、そこからブロックに捕まるなど連続失点、逆転でセットを落とした。

 続く第3セット、序盤からポーランドのサーブに崩されリードを許した日本は、永露や西山を投入するなど流れを変えようとするも及ばず、セットを連取されてしまう。

 第4セット、7-6とリードした場面から5連続ポイントを奪われ逆転を許したが、その後は石川主将のサービスエースなどで1点差まで追い上げる。逆転を狙うが一歩届かず、そのままセットを奪われて敗れ、決勝進出はならなかった。

■バレーボールネーションズリーグ2023男子ファイナルラウンドポーランド大会
準決勝
日本 1–3 ポーランド
(25-19,26-28,17-25,21-25)
■日本の第1セットスターティングメンバー
山内、宮浦、髙橋藍、小野寺、関田、石川、リベロ山本

■日本のトップスコアラー(上位3人)
石川 22得点(アタック17得点、ブロック1得点、サーブ4得点)
髙橋藍 16得点(アタック12得点、ブロック1得点、サーブ3得点)
宮浦 13得点(アタック13得点)

■日本の次戦(ファイナルラウンド3位決定戦)
7月23日(日)現地時間17:00(日本時間 翌0:00)
対戦相手:準決勝アメリカ(FIVBランキング3位)とイタリア(同2位)の敗者

※FIVBランキングは試合前時点

【バレー男子日本代表 VNL準決勝でFIVBランキング1位のポーランドに逆転で敗れ3位決定戦へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/07/21(金) 21:16:45.61 ID:QBQoqFXp9
7/21(金) 18:40配信

THE DIGEST

 バレーボール男子のネーションズリーグ(VNL)・ファイナルラウンドの準々決勝が現地7月20日(日本時間21日)、ポーランドのグダニスクで行なわれ、世界ランク6位の日本代表は同8位のスロベニアを3-0のストレートで破り、VNL創設後初の4強入りを決めた。エースの石川祐希が両チーム最多となる27得点を挙げる大活躍を見せている。
 

【動画】石川祐希が27得点の大爆発! スロベニア戦の活躍ぶりをチェック

 準決勝では、ブラジルを3-0のストレートで破った開催国のポーランドとの対戦が決まった。現在世界ランク1位の強豪だが、現地メディアも準決勝へ向けて指揮官の声を伝えている。

 ポーランドメディアの『Przegląd Sportowy』は、母国代表を率いるセルビア人のニコラ・グルビッチ監督を直撃。日本とはフィリピンでの予選リーグで対戦し、3-0で勝利したものの、「彼らとの対戦は簡単ではない。あらゆる要素で彼らに備える必要があるが、最も重要なことは忍耐力と繰り返しの行動、そして最初から最後まで彼らにプレッシャーをかけることだ」と語り、今回の日本戦が厳しい戦いになると見通しているようだ。

 そして、日本代表に関して同監督は「彼らには素晴らしいコーチ(フィリップ・ブラン監督)がいる。日本代表の選手たちは皆、最高のレベルあるいはそれに近いレベルでプレーしているという印象がある」と絶賛。とりわけ選手ではポーランド1部リーグのクプルム・ルビンでプレー経験のあるセッター関田誠大を「汎用性が高く、予測不可能なプレーヤー。彼のプレーには基本的に全く隙がない」と讃えている。

 また“地上最強アタッカー”とも称されるアウトサイドヒッターのウィルフレド・レオンも「彼らは強力なサーブを持っていて激しく打ち込んでくる。自分がやるべき行動をすべて正しく行なわなければいけない」と気を引き締めている。

 準決勝のポーランド戦は、現地7月22日の17時(日本時間同24時)に試合開始となる。日本が初の決勝進出を掴めるのか、注目の一戦だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3519c4b3b84a56ee722b071caf81528fc1b9daf3

https://follow-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230721-37210026-nksports-000-7-view.jpg?up=0

【VNL4強のバレー日本代表、準決勝の相手ポーランドの指揮官&エースが厳重警戒!「全員が最高のレベルでプレーしている」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/29(木) 22:18:35.81 ID:2O7LvxEQ9
 タイで開催中のAFC U-17アジアカップが準決勝を迎え、U-17日本代表とU-17イラン代表が対戦した。

 ウズベキスタン、インド、ベトナムと同居したグループステージを2勝1分・勝ち点「7」で首位通過した日本は、現地時間26日に行われた準決勝でオーストラリアと対戦。3-1の快勝でベスト4進出を決めるとともに、FIFA U-17ワールドカップ インドネシア2023の出場権も獲得した。次なる目標は2018年大会以来となる通算4度目のアジア制覇。日本は準々決勝からスタメンを5名変更してイランとの準決勝に臨んだ。

 試合開始直後こそイランに押し込まれた日本だったが、その後はボールを握りながら試合をコントロール。10分、左サイドに入った川村楽人がドリブルでタッチライン側まで持ち込みボックス内へ折り返す。DFに当たったボールがマイナス方向にこぼれると、走り込んだ矢田龍之介がゴール左上隅に突き刺し、日本が先手を取った。

 日本は20分に後方からのビルドアップを狙われ、ゴール至近距離で絶体絶命のピンチを迎えたが、GK後藤亘の果敢なセービングでイランに得点を許さない。すると25分、ボックス手前で縦パスを引き出した佐藤龍之介が反転から左足を一閃。一度は相手GKにセーブされるも、鋭い出足でセカンドボールを拾い、最後はボックス内でボールを収めた望月耕平が、ゴール右上隅に蹴り込みリードを2点に広げた。その後は強い雨が降りしきる中、一進一退の攻防が続くも、互いにゴールネットを揺らせず。前半は2-0で終了した。

 後半に入ると、53分過ぎに雷雨の影響で試合は約10分間に渡って中断。再開後の日本はゆったりとボールを保持しつつ、鋭い切り替えと落ち着いた守備対応でイランに決定的なチャンスを作らせない。60分にはボックス左角付近でボールを受けた川村がカットインから右足を振り抜くも、枠を捉えたシュートはGKにセーブされた。

 72分、縦パスを引き出した道脇豊が、ボックス手前で相手DFに倒され、日本が絶好の位置でFKを獲得。キッカーの佐藤龍之介がカベの下を抜くグラウンダーのシュートをゴール左下隅に沈め、日本が貴重な3点目を手にした。その後もチャンスを作った日本だったが、フィニッシュの精度を欠き4点目は奪えず。それでもイランの反撃をシャットアウトし、3-0で試合を締め括った。勝利した日本は、7月2日に行われる決勝で韓国vsウズベキスタンの勝者と対戦する。

【スコア】
U-17日本代表 3-0 U-17イラン代表

【得点者】
1-0 10分 矢田龍之介(U-17日本代表)
2-0 25分 望月耕平(U-17日本代表)
3-0 74分 佐藤龍之介(U-17日本代表)

【スターティングメンバー】
U-17日本代表(4-4-2)
GK:後藤亘
DF:松本遥翔、小杉啓太、土屋櫂大、永野修都
MF:矢田龍之介、山本丈偉(71分 中島洋太朗)、佐藤龍之介(80分 本多康太郎)、川村楽人(71分 名和田我空)
FW:望月耕平(90+1分 杉浦駿吾)、道脇豊(80分 高岡伶颯)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff9feb04873df76ab52fddb8fd7cb56be8530e5e

【U-17日本代表、イランに3発快勝でアジアカップ決勝進出! 大会連覇に王手】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/06/16(金) 07:08:37.34 ID:MAtm266Y9
ネーションズリーグ、スペインがジェレミ・ピノ&ホセル弾でイタリアに劇的勝利!クロアチアが待ち受ける決勝に進出
6/16(金) 5:38配信

15日に行われたUEFAネーションズリーグ準決勝、スペイン対イタリアは2-1でスペインの勝利に終わった。

オランダを4-2で下したクロアチアが待ち受ける決勝を目指すスペインとイタリア。奇しくも前大会の準決勝と同一カードであり、その試合は2-1でスペインが勝利を果たしていた(決勝ではフランスに敗戦)。

キックオフ直後の3分、デ・ラ・フエンテ監督率いるスペインが早々にスコアが動した。前線からモラタ、ガビと次々にプレスを仕掛け、ジェレミ・ピノがボヌッチが保持するボールを奪取。そのままペナルティーエリア内に入り込み、右足のシュートでGKドンナルンマを破った。

しかしイタリアもすぐさま反撃。10分、ザニオーロのシュートをこの日がスペイン代表デビューとなるル・ノルマンがハンドで止めてしまい、PKの笛が吹かれる。このPKをインモービレが冷静に決め切った。イタリアはさらに21分、ロングボールからフラッテシが最終ラインを突破してネットを揺らしたものの、VAR介入の結果オフサイドの判定となり、ゴールは取り消されている。

前半はその後もスペインが最終ラインを高く設定して攻め込み、イタリアがその高いラインを突くダイレクトな攻撃で突く展開が続き、結局1-1のまま試合を折り返す。

後半、スペインは48分に途中出場のアセンシオの浮き球からミケル・メリーノが決定機を迎えるも、これはドンナルンマも好守に遭う。また52分に迎えたセットプレーでは、チャンピオンズ決勝から好調を維持するロドリがオーバーヘッドキックでゴールをうかがったが、惜しくも枠を外れている。対するイタリアは65分にキエーザのお膳立てからフラッテシがシュートを放ったものの、こちらはGKウナイ・シモンに弾かれた。

そして88分、再びスコアが動いた。動かしたのは、スペイン。ペナルティーエリア手前からロドリがミドルシュートを放つと、ボールはペナルティーエリア内でイタリアDF2枚に当たって地面に転がり、これを拾った途中出場ホセルが枠内に押し込んだ。

以下ソース参照

GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/ff690d2523215de1acf5782d5c5f89a0df3e0046

【UEFAネーションズリーグ・準決勝 スペインがジェレミ・ピノ&ホセル弾でイタリアに劇的勝利!】の続きを読む

このページのトップヘ