SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

王会長

1: 名無しさん@恐縮です 2024/02/11(日) 10:04:06.62 ID:+SmImiNK9
 ソフトバンクは11日、宮崎の生目の杜運動公園で行っている春季キャンプで第3クール2日目を迎えた。王貞治球団会長が取材に応じ、山川穂高内野手について言及。「彼の場合はホームラン王を3回も取っている選手。本来の力は十分ある。ここまでの動きを見てもすごく前向きに取り組んでいますよね」と、仕上がりを評価した。

 このキャンプでは午後2時以降は自主練習の時間を設けられている。山川はランチ特打の後にもバットを振り、10日は午後6時のバスで球場を後にするまで打撃練習に励むなど、精力的な姿勢を見せている。

 王会長も「バットを振っている数もすごいし、放りこんでいる本数もすごい。ファンの方から拍手がある、期待感が持たれているというのは、ホームランを自分で作れる選手。かなりやってくれるんじゃないかと思います」と期待を寄せた。

 王会長は、若手への好影響もあると話す。「よく打てる人っていうのは、若い人が目指すものを持っている。感覚的なところもよく話を聞いた方がいい。どういう感覚を持って打っているのか、本人の考えに触れるのは大事なこと。若い人もどんどん質問したらいい」と促していた。

フルカウント

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ca0b1b0b1b75ea830d562f19f70eb836d8b663b

【鷹・王会長が山川穂高を評価「すごく前向き」 若手への好影響も「質問したらいい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/19(金) 08:10:13.30 ID:1SxnpvNE9
2024/1/19

 福岡ソフトバンクホークスにFA移籍した山川穂高選手(以下、敬称略)の人的補償をめぐる騒動は、2019年入団のドラフト1位投手・甲斐野央(かいの・ひろし)の指名で幕を閉じた。さらなる飛躍が期待される即戦力の27歳は、2024年シーズンを埼玉西武ライオンズでプレーすることになりそうだ。

 発端は1月11日の『日刊スポーツ』が報じた、ベテラン・和田毅をライオンズが指名方針とするスクープ。プロ野球ではホークス一筋で、日米通算163勝を積み上げたレジェンド左腕のプロテクト漏れに、当然ながらホークスファンは猛反発。

 批判の矛先は三笠杉彦GMをはじめとする球団フロントだけでなく、山川獲得に「チャンスを与えてやるべき」と正当化した王貞治会長にも向くことに。その王会長が『週刊文春』(1月18日発売号)の取材に応じ、“和田騒動”について初めて口を開いたのだった。

 日刊スポーツの情報源について「西武が流した」との遺恨を残しかねない私見を述べた王会長だったが、話の中で違和感を覚えたのが、“FAと人的補償をめぐって、自身が動いたのか”と問われた時ーー。

「僕は決定した段階で、甲斐野っていうのが指名されたと聞いただけです」

 あくまでも“ライオンズの指名が正式決定した段階で選手名を聞いた”と主張する王会長だが、スポーツ紙・野球担当記者が首を傾げるのが「“甲斐野っていう選手が”との、まるで他人事のような話し方」。

一軍選手の名前を把握していなかったのか

 1994年にダイエーホークス監督に就任、ソフトバンクに正式譲渡が決定した2005年以降も監督やGMを務めては常勝軍団を築いた王会長。現在も「取締役会長兼特別チームアドバイザー」の役職に就き、まだまだチームになくてはならない存在、と思われていた。

「いくら四軍まである巨大戦力を抱えるホークスとはいえ、昨季には中継ぎとして46試合に登板した、首脳陣も期待を寄せていた一軍選手に対し“甲斐野っていうのが”と初めて名前を聞いた選手のような扱い。“チームアドバイザー”としてはあり得ない発言でしょう。

 もちろん、取材した記者の受け取り方や言葉足らずによる文面の可能性もありますが、その後の“あとはもう頑張ってくれとしか言いようがありません”との発言も含めて、球団トップとして甲斐野投手に礼を欠いた発言に思えます」(同・担当記者)

 たしかに一軍選手の名前を把握していないような王会長の物言いは不自然に映るが、一方で山川獲得をはじめとする一連の騒動、さらには昨今のチーム編成にも深く関わってはいない、「肩書きは“表向き”のもの」との見向きもある。

「王さんが言うのなら」は通用しない時代

  かつて記者として長らく現場取材を重ねたベテランスポーツジャーナリストの弁。

「昨年末に台湾で開催された『アジア野球選手権大会』の始球式を務めたように、まだまだ元気な姿を見せる王さんですが、83歳の高齢に加えて大病も患った身。“相談役”としてお伺いを立てられることはあるでしょうが、ここ数年は現場に立つことよりもグラウンド外で普及活動に務めていた印象です。

 それでも会長として意見を求められ、そして矢面に立たされるのは心苦しく思います。我々世代にとって王さん、長嶋(茂雄)さんは今なお大スターですが、ネット世代にはもう“王さんが言うのなら”は通用しないということ(苦笑)」

 今回の文春取材で漏らした「甲斐野っていうのが」発言も、話を聞かれたから自分が知っていること、素直な私見を述べたにすぎないのかもしれない。

「“コメントはない”と説明責任を果たさずに騒動収束を図りたい三笠GMですが、その分、昔から取材を断らない王さんにマイクが向くのは当然のこと。私情も挟みますが、フロントの“不手際”でこれ以上、ファンのため、子どもたちのために球界に尽力してきた王さんの手を煩わせる事態を招かないでほしいね」(同・スポーツジャーナリスト)

 ファンのためのプロ野球、その原点に帰ったチームになれるのだろうか。

https://www.jprime.jp/articles/-/30591?display=b

関連スレ
【文春】《ソフトバンク和田騒動》王貞治会長が初めて口を開いた「放出される甲斐野央(27)に‟伝えたいこと”」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1705475200/

【ソフトバンク・和田毅の人的補償騒動に王貞治会長が初言及も「甲斐野っていうのが指名された」一軍選手名も把握してない“お飾り”役職に違和感】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/17(水) 16:06:40.11 ID:dD7zlhcr9
「週刊文春」編集部

 事の始まりは1月11日の「日刊スポーツ」だった。

「日刊スポーツ紙は、西武がFAでソフトバンクに移籍する山川穂高選手の人的補償として和田毅投手を指名すると報じたのです。昨年、8勝を挙げた和田投手は小久保裕紀監督から今季の開幕ローテ起用を明言されているほど。それなのに、プロテクトから外れていたのは驚きです」(スポーツライター)

 女性への強制性交の疑いで書類送検(その後、不起訴)された山川の代わりに“ミスターホークス”と称される和田を放出するという一報は、鷹党たちの大反発を招いた。ところが、11日の夕方になると一転して、西武は人的補償として甲斐野央投手を獲得すると発表。

 渦中の人となった和田は、自身を巡る騒動について、

「この件には触れたくない思いと、考えたくないというのが自分の思いです」

 と言葉少なに語ったのみ。

王会長から甲斐野選手に伝えたいこと

 V奪還を狙うも、新年早々出鼻をくじかれた格好のソフトバンクホークス。

 チームの顔である王貞治球団会長は何を思うのか、話を聞いた。

――今回のFAと人的補償を巡って、王会長自身が動かれたことはある?

「僕は決定した段階で、甲斐野っていうのが指名されたと聞いただけです」

――甲斐野選手に伝えたいことは?

「球団がそういう方針で決まって、向こう(西武)から求められて甲斐野選手が入るわけだからね。あとはもう頑張ってくれとしか言いようがありません」

 1月17日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」及び1月18日(木)発売の「週刊文春」では、王会長が週刊文春に語った、日刊スポーツ記事の“真犯人”や山川選手と交わした会話について詳報する。

https://bunshun.jp/articles/-/68408

関連記事
《和田毅騒動》ソフトバンク・王貞治会長が週刊文春に激白「あれは西武が流した!」
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b7791

【《ソフトバンク和田騒動》王貞治会長が初めて口を開いた「放出される甲斐野央(27)に‟伝えたいこと”」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/17(水) 17:43:45.90 ID:UTQ44Na09
 今オフにFAで西武からソフトバンクへ移籍した山川穂高選手の“人的補償”をめぐり、いったんは和田毅投手が指名されながら、両球団の協議により甲斐野央投手が最終的に指名されたとみられている騒動。

 同騒動について、ソフトバンクの王貞治球団会長が自身の見解を示した。
 
 17日の「週刊文春 電子版」(文藝春秋)によると、同誌の直撃取材に対し王会長は「和田のことは、西武のほうの記者がニュースを流したんじゃないですか」と、事前に和田投手指名の情報を西武サイドがリークしたのではないかと語ったという。

 また、「西武から和田を指名するとの話は、その時は聞いてなかった」と、和田投手指名のニュースが世間を駆け巡っている時点では、西武側から指名に関して話を聞いていなかったとしたという。
 
 そのうえで、「43歳になろうとする選手をね、そういうふうにしてくるなんて誰も思いませんよね。西武もリスクがあるじゃないですか。何年できるかわからないし」とも語ったという。

 これは、王会長が西武よりもはるかに低く和田投手の価値を見積もっていたと自白したも同然。
 
 王会長の発言により、騒動は再び過熱することになりそうだ。
 

https://the-audience-news.com/archives/14516

【ソフトバンク・王貞治会長、和田毅情報リークは「西武がそういうニュースを流した」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/07(日) 12:05:59.38 ID:gdYOg4jL9
 野球評論家の田尾安志氏が6日、自身のYouTubeチャンネル「TAO CHANNEL」を更新。山川穂高内野手のFA移籍に関して、ソフトバンク・王貞治球団会長が批判の矢面に立っていることを受け異例の訴えを行った。

 本来なら動画をアップする予定はなかったという田尾氏。それでも「個人の意見として一言お話ししたいなと思いまして」と前置きした上で「王さんが考えていることは1球団の利益で物事を考える人ではない。それを楽天の監督をしているときからずっと感じていたこと」と訴えた。

 2005年に新規参入した楽天を率いた田尾氏。だがリーグ1位となったソフトバンクとの戦力差は明らかだった。そのため水面下で「この戦力ではつらい」と王監督に余剰戦力の譲渡を申し入れると「すごく快く返答してくれました。『分かった、協力する』と言ってくださいまして、王さんという人は自分の球団だけでなく、プロ野球全体のことを考えてくれている人なんだ」という秘話を明かす。

 また琉球ブルーオーシャンズというチームの設立へ田尾氏が動いた際も、王会長に協力を要請して快諾された。その直後、プロ野球16球団構想として披露されることとなり「本当に1球団の会長でありながらプロ野球全体を考えてくれている人。それを身を持って感じた」という。

 「その王会長が山川を獲得することで批判を浴びて、何も言わないということができなくて」と田尾氏。「王さんはそんなに器の小さな人間ではない。もっと大きな視野で色んなことを考えてくださってる人なんだとというのをみなさんにも感じていただきたい」と異例の訴えを行った。

 「これが決して正しいとは思っていません。それでも一個人としてこういう考えをしている人もいますよと。批判を受けることも覚悟でしゃべっています」とき然と言い切った田尾氏。「ソフトバンクを強くするために欲しかったとか、そんな小さいことだけでは動かない人。色んな事を考えて、批判も受けることを考えて、山川を取ったんだろうと思います」と語った。

 他にも動画内では長嶋氏や巨人とのエピソード、山川に取って欲しい行動など、自らの考えを赤裸々に披露していた。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailysports/sports/20240106087

【田尾安志氏が異例の訴え「王さんはそんな器の小さな人ではない」ソフトバンクの山川獲得「1球団の利益で動く人ではない」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2024/01/05(金) 19:08:00.27 ID:yYTsv41h9
■批判覚悟でも「チャンスを与えていくべき」 王会長が語った山川穂高獲得の理由

PayPayドームで仕事始め…王会長「挽回するチャンスを与えていくべき」

写真
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240105-01497034-fullcount-000-27-view.gif?pri=l&w=640&h=426&fmt=jpeg&q=85&exp=10800

ソフトバンクの王貞治球団会長と後藤芳光球団社長が5日、西武から国内FA権を行使して移籍した山川穂高内野手について言及した。この日、PayPayドームで仕事始めを迎え、鏡開きを終えた後に取材に応じた。

 2023年は近藤健介外野手やロベルト・オスナ投手ら、大補強を行いながらも3位に終わった。昨年12月には山川を獲得。昨年5月に強制性交等の疑いで書類送検され、8月には不起訴処分となった山川の獲得には王会長も「色々と批判をいただきましたけど」と背筋を伸ばしながら、球団としての思いを語った。

「我々としては野球界で生きていく力を持っている人が、その世界で生きられないような世界を作ってはいけないと思う。かなり、社会的な制裁も受けて、本人も反省している。挽回するチャンスを与えていくべきだと思います。チームとしても左バッターばかりですから、右のホームラン王を取っている山川くんが入ってくれる。チャンスがあるならそれを手にするのは当然のことだと思う」

 王会長は昨年の鏡開きの場で「今年は10ゲームぐらい離してゴールするんだというぐらいの強い気持ちを持って戦いたいと、そんなふうに思っています」と、チームに対して大号令をかけていた。山川というスラッガーを獲得して、頂点に向かう2024年。「彼に色々とハッパをかけながら、頑張ってもらおうと思います」と力強い表情で話していた

1/5(金) 10:42配信 フルカウント
https://news.yahoo.co.jp/articles/81b4c169f71d35b8eb1ca0a729b7efc11b289f06

【批判覚悟でも「チャンスを与えていくべき」ソフトバンク・王会長が語った山川穂高獲得の理由】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/12/19(火) 15:08:43.71 ID:biECau2z9
 ソフトバンク王貞治球団会長(83)も、山川穂高のホークス入団に大きな期待を寄せ、球団広報を通じてコメントを発表した。

 「本人が反省し野球に対して真摯に向き合おうとしている中で、今回のようなチャンスがあることはよいことだと思っています。これから世間の皆様やプロ野球ファンのみなさんに認めてもらえるかどうかは、彼の頑張り次第ですし、彼の野球に対するひたむきな姿勢やプレーが他の選手の刺激となることを期待しています」

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b27e4114d81cdf94158b66ddcacd60c9201f737

【ソフトバンク・王会長「ファンに認めてもらえるかどうかは彼の頑張り次第」山川入団にコメント】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2023/11/30(木) 22:50:38.59 ID:hVCLGl4l9
【ソフトバンク】孫オーナー&王会長が勝利への思いを吐露「悔し涙を流した」 | 東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/284473

2023年11月30日 21:42

東スポWEB

 ソフトバンクのスポンサーパーティーが30日に福岡市内のホテルで行われ、孫正義オーナーがV奪回に向けた並々ならぬ思いを口にした。

 恒例のビデオメッセージではなく、後藤球団社長がメッセージを代読する形となった。3年連続のV逸となった今季の戦いを振り返り「率直に申し上げて私自身、大変悔しい思いをしております。また、大連敗中は胸がつぶれるような思いで戦況を見守っていました」と心境を吐露。

「やはり勝負事は勝ちたい。われわれホークスは勝たなければならないんです」と続け、小久保新監督への期待を込めた。

 また、王貞治球団会長も「昨年はあと一歩というところで優勝を逃し、今年も日本シリーズに出る資格を手にすることができず、テレビを見て悔し涙を流しておりました」とスピーチした。

 再び常勝軍団への返り咲きを果たすことができるか。鷹の総帥がメッセージの中で「2010年の福岡ソフトバンクホークスとしての初優勝から、3年連続で優勝を逃したことはありませんでした」とも口にしたように、(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【ソフトバンク・孫オーナー&王会長が勝利への思いを吐露「悔し涙を流した」】の続きを読む

このページのトップヘ