SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

現役引退

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/05(火) 12:14:25.57 ID:CAP_USER9
4/5(火) 12:00配信
デイリースポーツ

引退会見を行う高木菜那(撮影・高石航平)

 スピードスケート女子の高木菜那(29)=日本電産サンキョー=が5日、都内で会見し、現役引退を報告した。「私、高木菜那は現役を終えることを決意しました」と話した。

 集大成と位置づけて臨んだ、北京五輪シーズンの今季。3月のW杯最終戦(オランダ)を終えて以降「ケガをしているわけではないので。未練がないわけではありません。現役を続行しようか、どうしようか、すごく悩み、考えました」という。その中、引退の決断について菜那は「高木美帆の姉ではなく、やっと自分の意志で高木菜那として氷の上に立ち、戦えたことが引退を決意した1つの理由」と振り返った。

 「1番、妹とのことで、自分の中で葛藤があったのは高校時代」と菜那。10年バンクーバー五輪代表になり、天才中学生と呼ばれた妹・美帆を見つめ、心はボロボロだった。社会人になり、日本電産サンキョーに入社後は「もっと速い人はたくさんいる」と気付き、視線が妹から世界へと向いた。

 金メダル2つを獲得した平昌五輪後は「色んな人が『高木菜那』としてみてくださることが多かったけど、高木美帆の姉ではなく高木菜那という一人の選手と、自分自身が受け入れることが今までできていなかった」と菜那。「どんな時でも、妹が速いから、自分自身で妥協してしまうじゃないですけど、そこに逃げ道を作っていた」という。

 今季へ臨むにあたり「そこを1番気にしているのは自分なんだ」と気付いた。「妹と比較してこれは遅いんだって、ずっと自分を否定し続けてきたなって。そろそろ自分を褒めてあげたいと思った」「今年、何のためにスケートをしているのか、どうして速くなりたいのか考えた時、高木菜那として氷の上に立ちたいという気持ちが芽生えた」と話した。

 「それができたことが、今年は本当に良かった」。涙を見せる瞬間もあったが、晴れやかな笑顔で話した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220405-00000044-dal-000-5-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ba382bfa84aef8a385f8d4050f6bfe4bb181b95

【スピードスケート・高木菜那が現役引退、悩み抜いた決断 理由は「美帆の姉ではなく菜那として戦えた」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/03(日) 17:45:43.03 ID:CAP_USER9
https://keirin.netkeiba.com/news/news_detail.html?id=7005

 2021年のガールズグランプリを制した新女王の高木真備(106期=東京・27歳)が3日、突然の引退を表明した。
 高木は昨年12月28日に静岡競輪場で行われた「ガールズグランプリ2021」で悲願の初優勝を達成し、
2021年ガールズ最優秀選手賞を受賞したばかり。

 この日は、地元である京王閣競輪場で「ガールズグランプリ2021優勝報告会」を開催。その席上で引退を明かした。
引退レースは行われないという。

 高木はガールズケイリン3期生として、2014年5月9日奈良競輪場でデビュー。
7年目にしてグランプリ女王となったが、1月末から欠場が続き、3月7日に平塚競輪で復帰。
直近では3月27?29日の川崎競輪「オッズパーク杯 報知新聞社杯(FII)」で決勝3着と復活を予感させたが、
6年11か月の現役生活に終止符を打つ決断をした。通算616戦、1着は379回。

■高木真備コメント

 これまで何度もやめたいと思ったことはあったのですが、その都度まだグランプリを獲っていないと頑張ってきました。

 その目標だったグランプリを昨年獲得してからの3か月、実はずっと考えていました。

 何を目指してモチベーションを上げたらいいのか。
 その答えが見つけられずに、普通の開催に出場した時の不甲斐なさ。
 車券を買って応援してくれた声に応えられない状況が続いていましたが、引退を決めたのは先日の川崎を走ったレースです。

 もういけないな、と最終決断しました。
 引退レースはしません。

 いまはやりたいこともあり、そこに向かって走りたいと思います。
 やりたいことですか? 保護犬に関することです。

 とても幸せな競輪人生でした!
 今まで高木真備を応援くださり、本当にありがとうございました。

【ガールズケイリンの女王 高木真備(27)が電撃引退!!!】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/04/01(金) 13:52:03.35 ID:CAP_USER9
4/1(金) 13:41配信
デイリースポーツ

 フィギュアスケート女子で、2018年平昌五輪4位の宮原知子(24)=木下グループ=が1日、オンラインで会見し、自身の口から現役引退を表明した。

 宮原は「先日発表いたしました通り、現役引退を決意いたしました」と報告。「楽しく滑る時期もあったし、だんだんと修行のように自分を追い詰めてしまう時期もあったかもしれないけど、自分のスケートを試合でしっかり見せること、いい結果を出すことが最大の目標で、自分にとって絶大な達成感をもたらせてくれるものだった。それを目指して毎日頑張ることができた」と振り返った。

 宮原は3月26日、自身のブログとインスタグラムで「今シーズン、スケート人生で一番、自分と向き合い、毎日を大切に過ごしてきた。私の中で悔いはなく、やりきったという気持ちでいっぱいです」と引退の意志をつづっていた。プロスケーターとして、2日から始まるアイスショー「スターズ・オン・アイス」に出演を予定している。

  ◇

 宮原知子(みやはら・さとこ)1998年3月26日、京都市出身。両親に勧められ、4歳からスケートを始めた。7歳まで米国で生活し、帰国後、京都に戻り、浜田美栄コーチに師事。11年ジュニアGPファイナルで銀メダルを獲得した。13年にシニアデビュー。全日本選手権は14年から4連覇を果たした。世界選手権は15年に銀メダル、18年に銅メダルを獲得。18年平昌五輪で4位になった後はカナダに拠点を移していた。152センチ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220401-00000068-dal-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/1f63210b7b46dbc879ecc4a47f4d58270a50d641

【〝ミス・パーフェクト〟宮原知子が引退会見「修行のように自分を追い詰めてしまう時期もあった」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/26(土) 15:48:20.45 ID:CAP_USER9
3/26(土) 15:21配信
中日スポーツ

 フィギュアスケート選手として2014年から全日本選手権4連覇、15年世界選手権銀メダリストの宮原知子が24歳の誕生日の26日、自身のSNSやブログで現役引退を発表した。

 ブログでは「3月26日」のタイトルで「皆さま、こんにちは。早くも3月が終わりに近づいてまいりました。暖かくなり、新しい季節の始まりを感じます。そして…本日は、私の24歳の誕生日です! このような日に、私から皆様へご報告したいことがあります」とあいさつ。

 「この度、現役を引退することを決断いたしました。唐突なご報告で申し訳ございません。いつが良いか思案した結果、自分の誕生日にしよう!と思い、本日となりました。今シーズン、スケート人生で1番、自分と向き合い、毎日を大切に過ごしてまいりました。これまで以上に、もうこれ以上はできないと納得いくまで練習し、試合に臨んだシーズンでした。私の中で悔いはなく、やりきったという気持ちでいっぱいです」と思いをつづった。

 さらに「今後の夢は沢山ありますが、まずはプロスケーターとして自分のスケートを極め、新境地を開いていけるよう、これまでの経験を活かして頑張っていきたいと思っております。詳細につきましては4月1日にメディア公表をいたします際にお話しさせていただきます。最後になりますが、スケート人生を通してサポートしてくださったコーチの方々、家族、友達、スケート連盟の方々、スポンサーの方々、ファンの皆さま、関係するすべての方々に感謝申し上げます。本当に本当に本当にありがとうございました」と感謝を伝え、「一言では伝えきれない気持ちでいっぱいです。この気持ちを少しでも自分のスケートで恩返しという形でお伝えできますよう、精進いたします。新しい幕を切り開いた、新しい宮原知子を今後ともどうぞよろしくお願い致します」と締めくくった。

 宮原は続く更新で「この度、スターズオンアイス・カナダツアーカナダへ日本人で初めて全公演キャストメンバーとして出演させて頂くことが決まりました。このようなチャンスをいただくことができ、本当に感謝しています。私にとって最高の誕生日プレゼントです! 早速、忙しい日々が始まりますが、新入生として、また新たに沢山学び、吸収していきます!」と新たなチャレンジを報告した。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220326-00000054-chuspo-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf8380b13a6e5015486c145bc9f4979a8c87dfcf

【「やりきったという気持ちでいっぱい」フィギュアスケート宮原知子が現役引退 24歳の誕生日にブログで発表】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/15(火) 05:31:48.54 ID:CAP_USER9
3/14(月) 23:03
デイリースポーツ

東京五輪空手男子75キロ超級銅メダルの荒賀龍太郎が現役引退「本当に幸せでした」
 
 東京五輪の空手男子組手75キロ超級で銅メダルを獲得した荒賀龍太郎(31)=荒賀道場=が14日、自身のインスタグラムを更新し、現役引退を発表した。東京五輪では目標としてきた金メダルには届かなかったが、「皆様におめでとうと声をかけて頂き、自分がやってきた事は間違いではなかったのだと肩の荷がおりた瞬間でした。私の現役生活は本当に幸せでした」と思いをつづった。

 3歳から空手を始め、両親が経営する道場で稽古を重ねた。京産大1年の時に史上最年少で全日本選手権を制覇。12、14年の世界選手権で銀メダルを獲得し、16年世界選手権では金メダルに輝いた。

 「空手を通じて様々なことを経験し、強く成長させてもらえたこと、そしてメダルを取るまでの過程で切磋琢磨してきた仲間、ライバル、指導してくださった先生方、応援してくださった方々、すべて私の宝物です」と支えてくれた周囲への感謝を述べ、「現役選手としての荒賀龍太郎は幕を下ろしますが、一空手家として、そして次は指導者としてこれからも空手界の普及発展に貢献していきたいと思います」と、今後は後進の指導にあたる考えを明かした。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220314-00000128-dal-000-4-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/d5108484f8fd2a13ff82aa22dc3e80a81bbffe5f

【東京五輪空手男子75キロ超級銅メダルの荒賀龍太郎が現役引退「本当に幸せでした」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/13(日) 06:46:46.44 ID:CAP_USER9
3/13(日) 0:40配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4b60eca4ca8388708e1b1bd167794b05c56f7de

◆スピードスケート W杯最終戦 第1日(12日、オランダ・ヘーレンフェイン)

 女子1500メートルで高木菜那(日本電産サンキョー)は1分54秒97で5位だった。今季最後のレースを終え、現役引退の意向をあらためて示唆した。以前から今季を集大成と公言しており「今季が最後っていう気持ちでずっとやってきてたので、そのつもりではいる。(日本に)帰ってから自分の中でしっかり考えて整理をして、自分の気持ちを伝えられる場を設けて話したい」と語った。

 高木菜は14年ソチ五輪から3大会連続で五輪に出場し、18年平昌では団体追い抜きとマススタートの2冠に輝いた。北京では転倒もあり、2種目とも連覇は逃したが、団体追い抜きで銀メダルを獲得した。

 W杯最終戦が行われたオランダにはソチ五輪後、所属の日本電産サンキョーの支援を受けて2年間スケート留学していた。「その2年間があったから今の私がいるし、スケートがどのぐらい面白いものかを学べて成長できた。永守会長をはじめ会社の人たちには本当に感謝していて、そういうのも含めて最後のレース思いきっていきたいなっていう気持ちがあった。知ってる人とかも応援に来てくれた中で、心に残るレースができた」。思い出の地で、有終の滑りを見せた。
報知新聞社

【スピードスケート・高木菜那、現役引退の意向 今季最終戦を終え「自分の気持ちを伝えられる場を設けたい」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/03/07(月) 19:58:23.17 ID:CAP_USER9
3/7(月) 19:51配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ecce9b149d841130d810245b914e9ab17ee40ab

ノルディックスキー・ジャンプの雪印メグミルクは7日、北京オリンピック(五輪)代表で14年ソチ五輪団体銅メダルの伊東大貴(36)の今季限りでの現役引退を発表した。

19日に札幌市内で記者会見に臨み、同日に行われる国内最終戦の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイターが最後の試合となる予定だ。伊東は06年トリノ五輪から5大会連続で五輪代表に選ばれ、ソチ五輪では団体で銅メダルを獲得。集大成と位置付けて臨んだ北京五輪では代表入りも出場機会はなかった。

【スキージャンプ・伊東大貴 今季限りで現役引退 14年ソチ五輪団体銅メダル W杯通算4勝】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/01/29(土) 11:04:25.20 ID:CAP_USER9
1/29(土) 11:01
デイリースポーツ

福島千里が現役引退 今後はセイコーアンバサダーに
 
 08年北京大会から3大会連続で五輪出場した福島千里(33)=セイコー=が29日、オンラインで現役引退会見となる「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)就任会見」を行った。今後はセイコーとアンバサダー契約を結び、次世代育成に貢献していく。

 福島は100メートルで11秒21、200メートルで22秒88の日本記録を持ち、日本選手権は100、200メートルでともに8度優勝を果たしたレジェンド。近年は両足のアキレス腱痛に苦しんでおり、東京五輪の出場は逃していた。昨年9月の全日本実業団対抗選手権で昨季を終え、進退については「終わったばかりなのでゆっくり考えたい」と話していた。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-00000041-dal-000-2-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0f7e41554adf6dfe426d57f2ccad9929443c1bc

【陸上女子の福島千里が現役引退 今後はセイコーアンバサダーに [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

このページのトップヘ