SPORTS FIELD

さまざまなジャンルのスポーツニュースを取り上げた 5ちゃんねるまとめブログです。

甲子園

1: 名無しさん@恐縮です 2023/01/21(土) 18:55:21.08 ID:3nX6vguX9
https://pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20230121-00000068-dal-000-3-view.jpg
 10年を過ごした甲子園でタイガースでの思い出を話す藤浪(撮影・立川洋一郎)

「阪神の藤浪晋太郎で良かった」ア軍移籍の藤浪が会見 甲子園は「一番大好きな球場」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20230121-00000068-dal-base

 阪神からポスティングシステムで米大リーグ、アスレチックスに入団した藤浪晋太郎投手(28)が21日、兵庫県西宮市の甲子園球場で記者会見に臨み、「『阪神タイガースの藤浪晋太郎』で良かったなと本当に思う」と去りゆく球団への思いを語った。

 阪神に在籍した10年間を振り返り「いい思い出、悪い思い出もたくさんありますけど、いいも悪いも含めてものすごくいい経験をさせてもらった」と感謝。「自分の野球の引き際がどうなるのか分かりませんけど、投げさせてもらえる機会をいただけるなら投げたいなと思います」と、将来的な甲子園への“復帰”も誓った。

 藤浪の一問一答は以下の通り。

 -今の率直な気持ちは。

 「まだ(所属先が)決まっただけなので、どちらかと言えば引き締まる思いというか、しっかりやらなきゃなという思いが一番強いです」

 -ワクワクする気持ちが大きいか。

 「そうですね。もちろんありますし、もちろん不安もありますし、でもワクワクが大きいですかね」

 -米国での会見の英語はどの程度練習したのか。

 「3日4日くらい前から。発音に関しては昔ちょっとやってたんで苦労はしなかったですけど、覚えるのにちょっと時間が掛かったと言いますか、3日4日ぐらい覚えるのに必死だった」

 -反響はあったか。

 「ありましたね。たくさんの方から連絡をいただきました」

 -会見では両親や阪神への感謝も口にしていた。改めて思いを。

 「両親を含め、たくさんの方の支え、応援があってアメリカに行かせてもらえることになっていると思いますし、今の自分があると思うので、本当に感謝したいなと思います」

 -阪神には10年間在籍。振り返ってどんな思いが胸にあるか。

 「いろいろいい思い出、悪い思い出たくさんありますけど、いいも悪いも含めて、ものすごくいい経験をさせてもらったと思いますし、『阪神タイガースの藤浪晋太郎』でしか経験できなかったようなこともたくさんあると思いますし、『阪神タイガースの藤浪晋太郎』で良かったなと本当に思っています」…
続きはソース参照

【「阪神の藤浪晋太郎で良かった」ア軍移籍の藤浪が会見 甲子園は「一番大好きな球場」】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/18(日) 22:23:42.46 ID:CAP_USER9
9/18(日) 19:53配信

スポニチアネックス
<神・ヤ>6回1死二塁、申告敬遠で一塁に歩く村上。投手藤浪(撮影・北條 貴史)

 ◇セ・リーグ 阪神―ヤクルト(2022年9月18日 甲子園)

 甲子園球場で行われた阪神―ヤクルト戦で“まさか”のため息が充満した。ヤクルト・村上に対して6回、阪神が申告敬遠で歩かせたことで、一部ファンからため息まじりの「え~」という声が巻き起こった。

【写真】6回1死二塁、村上を申告敬遠で歩かせた矢野監督(奥)はこの表情

 場面は0-1の6回だった。阪神はミスが絡み、先制を許した直後。1死二塁で、一塁が空いていたため、阪神ベンチは村上に対して申告敬遠を選択した。勝負所ゆえに、阪神・矢野監督からすれば“当然”の選択でもあったが、球場の至るところから、ため息まじりの「え~」が漏れた。結果的に、その後は藤浪が無失点に抑えて、敬遠は成功したことになった。

 村上は13日の巨人戦で4回に54号ソロ、9回に55号3ランを放ち、歴代日本選手最多1964年王貞治(巨人)のシーズン55本塁打という偉大な記録に並んでおり、56本目に注目が集まっていた。

 17日の中日―ヤクルト戦では、8回1死二塁の場面で中日が村上を申告敬遠。これには本拠地バンテリンドームながらブーイングまじりのため息が起こるほど、もはや敵味方関係なく、一打席ごとの注目度がアップ。中日はこの日申告敬遠を含む3四球と勝負を避けていた。

 村上は聖地・甲子園ではここまで打率・323、6本塁打、11打点。7月31日には、5打席連発につながる3打席連発を放つなど、苦にしない打棒を見せていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d919209f6a3d1a02f9b5c0d6438314082c0c3a9

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/09/18/jpeg/20220918s00001173648000p_view.jpg

【「え~」ヤクルト・村上敬遠に甲子園の虎党もため息まじり!? 勝負所で阪神・矢野監督が選択】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/02(金) 21:53:02.80 ID:CAP_USER9
『舞いあがれ!』福原遥、甲子園で緊張のファーストピッチ ノーバンならず「85点です」 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2248047/full/

2022-09-02 21:37

https://contents.oricon.co.jp/cdn-cgi/image/width=1200,quality=85,format=auto/upimg/news/2249000/2248047/20220902_211648_p_o_87437477.jpg

次期NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』(10月3日スタート)のヒロインを演じる俳優・福原遥が2日、兵庫県・阪神甲子園球場で行われた「阪神VS巨人」戦でファーストピッチを務めた。

 マウンドからボールを投げ込んだ福原は「あこがれの甲子園で緊張をしていたのですが、皆さんすごく温かい拍手で迎え入れてくださいました。ビジョンでは『舞いあがれ!』の映像が初めて流れたので感動しました」と喜びいっぱい。

 「ボールの方向はずれずに真ん中に投げられたのでうれしかったです。本当はワンバウンドしないようにと思ったんですが、してしまったので点数をつけるなら85点です」と自己採点。(略)



※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【『舞いあがれ!』福原遥、甲子園で緊張のファーストピッチ ノーバンならず「85点です」 [少考さん★]】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/09/01(木) 21:04:15.32 ID:CAP_USER9
読売新聞2022/09/01 05:00
https://www.yomiuri.co.jp/sports/yakyu/20220901-OYT1T50009/

 大学準硬式野球の新たな大会が、11月に甲子園球場で開かれることが全日本大学準硬式野球連盟(東京)への取材で分かった。準硬式の試合が甲子園で行われるのは初めて。2年前の夏、新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校選手権に出場できなかった元高校球児らに「聖地」でのプレー機会を提供する狙いもある。

 大会は「日本一決定戦」と題し、全国の大学準硬式リーグを東西の2チームに分け、各25人を選抜して1試合を行う。9月下旬から始まる選手選考では、全国高校選手権が中止となった2年前、各都道府県の独自大会で優勝した選手などが対象となる。連盟関係者は「甲子園は特別な場所。高校卒業後に、再び目指す機会があってもいい」と話している。

 準硬式は、表面が天然ゴムで覆われ、内部は硬式とほぼ同じ球を使用する。同連盟によると、今年6月末時点で全国約270大学に8600人以上の部員が所属している。

【大学準硬式野球、初の甲子園で〝日本一決定戦〟コロナ禍の元高校球児が11月に「聖地」へ】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/24(水) 13:08:51.92 ID:CAP_USER9
打倒・大阪桐蔭を掲げチームをつくってきた仙台育英(宮城)と、大阪桐蔭を破り一躍大会の主役となった下関国際(山口)との間で行なわれた夏の甲子園決勝。多くの高校野球ファンや関係者が「ここにいるはず」と見ていた大阪桐蔭の影を感じながら、テレビで夏の甲子園最後の一戦を見た。

 王者が戦いの舞台から姿を消したのは、決勝戦4日前の8月18日だった。こまめに休養日が設定されるようになり、随分と時間が経ったように感じる。

センバツ圧勝で世間の評価が一変

 下関国際との準々決勝、大阪桐蔭はベスト4進出まであと3人からの逆転劇を許してしまった。「強すぎる問題」といった言葉まで生んだ王者の敗退に、各地で優勝候補が次々と敗れる波乱が話題になった地方大会を思い出した。下関国際のたしかな力を感じつつも、「104回目はこういう夏だったのか」と。

「少し前に選手に言ったんです。『甲子園に行っていないチームでもめちゃくちゃいいチームがあったし、このチームはオレのなかでは歴代13番目くらいや』って」

 これは夏前に行なったインタビューで大阪桐蔭の西谷浩一監督が口にしたチーム評だ。圧倒的な強さで今春のセンバツを制し、ネット上には「強すぎる」「選手を集めすぎ」とのワードが並んだ。そんなチームに対し「13番目くらい」という評価に、思わず「おいおい!」とツッコミが入りそうだが、西谷監督にしてみれば紛れもない本音だった。

 そこから話は、2018年に春夏連覇を達成した根尾昂(現・中日)、藤原恭大(現・ロッテ)らの代の話題へとつながった。

「その時も『もしオレが順番をつけるなら、このチームは歴代で8か9か10番目くらいや』って言ったんです」

 神宮大会準決勝で創成館(長崎)に敗れたあと、このままでは「センバツは勝てない」と、選手を鼓舞する意味もあったのだろう。ちなみに、この評価は根尾たちが2年秋の段階のもので、ここからセンバツ、そして夏に向かっていく間でチーム力を上げたことは言うまでもない。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/60925354fb420868f5413f5b00944bd56f140e91

【甲子園春夏連覇に挑んだ大阪桐蔭は本当に「絶対王者」だったのか。指揮官が語った「歴代13番目くらい」のチームの葛藤と成長】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/16(火) 13:32:06.86 ID:CAP_USER9
デイリー新潮 8/16(火) 10:57

 大阪大会を6季連続で制覇し、甲子園で快進撃を続ける大阪桐蔭。果たして強さの秘密はどこにあるのか――


 ***

 圧勝という言葉がふさわしかった。7月30日に行われた大阪大会決勝で、大阪桐蔭が7―0という大差で履正社を下した試合である。

「試合後、大阪桐蔭の西谷浩一監督は、2年生の前田悠伍投手を起用して履正社の“足”を封じたことが勝因と語っていました。しかし、これは150キロのストレートがある別所孝亮投手(3年)を使わずとも勝てたということ。加えて今大会の合計で54得点という打撃力は圧倒的でした」(スポーツ紙の記者)

「どんな強豪でも大阪桐蔭のスタメンと比べられる選手は3人」
 これで大阪桐蔭は大阪大会を6季連続で制覇し、甲子園でも圧倒的な強さを見せつけている。その強さを、対戦したことのある強豪校の監督に振り返ってもらうと、

「大阪桐蔭に打撃で打ち勝つことは無理。最少得点で相手を抑え逃げ切るしか勝機はありません。しかし、大阪桐蔭はリトルリーグの頃から有名な選手がそろっており、どんな強豪でも大阪桐蔭のスタメンと比べられる選手はせいぜい3人です」

 同校は、ベンチ入りメンバー20人のうち16人が大阪府以外の出身者。また、10人前後がU―15日本代表か国際大会の日本代表として出場経験がある。これは、他の甲子園常連校と比べても突出している。日本代表チームが甲子園に乗り込んできたようなものか。

小学生から
 大阪桐蔭では西谷監督の下にいる石田寿也コーチが常に全国行脚して優秀な中学生を探しているという。

「その中から、野球推薦枠で入学させるのは二十数名といわれ、現在の野球部員の大半が該当する。入学金・授業料免除の特待生は高野連の規定で最大5名までと決められていますが、もちろんこれも使っているでしょう」(同)

 だが、それはライバル校もやっていること。『甲子園と令和の怪物』(小学館新書)の著者・柳川悠二氏が言うのだ。

「西谷監督は中学1年生でも将来性があるならデータを取り始める。小学生の頃から目を付けることもあります。つまり、今のチームは監督が、少なくとも5年前から練り上げてきた選手構成なのです。たしかに、大阪桐蔭は全国の有名選手を上から順番に集めていると言われる。しかしその批判は見当違いです。将来有望視される中学生は、さまざまな視点から高校を見ている。ピッチャーを酷使していないかとか卒業後の進学ルートなど、入口だけでなく出口も見据えた上で同校が選ばれているのです」

 そんな大阪桐蔭でも昨年は近江高校(滋賀)相手に2回戦で苦杯をなめている。「番狂わせ」は、無さそうな時に起きるものなのだ。

「週刊新潮」2022年8月11・18日号 掲載
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1080a29fde69e7bcce253d5c049265ea5280597

【なぜ有名選手に選ばれる?甲子園〝大阪桐蔭強すぎ問題〟】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/08/10(水) 16:05:22.99 ID:CAP_USER9
 この夏、甲子園のバックネット裏に近畿圏の少年野球チームが無料招待される「ドリームシート」が復活した。その一方で、再び“ある男性”の姿が中継映像から消えた。1999年頃から2015年まで蛍光イエローのキャップにラガーシャツを着て、当時は自由席だったバックネット裏最前列の「A段73列」を定位置にして全試合を観戦、テレビ中継にも映り込んでいた通称“ラガーさん”こと善養寺隆一氏(56)だ。

 コロナ禍による観客の入場制限が緩和された今春のセンバツにおいて、ラガーさんは2019年夏以来となる聖地での観戦を謳歌していた。ドリームシートが中止されていたために、かつての定位置のチケットを「正規ルートでたまたま取れた」と話し、テレビ中継に映り込んでいた。とはいえ、インターネットで購入するチケットが、そうそう希望する座席であるとは考えにくい。

 その後、ラガーさんの姿はセンバツの中継から消えた。バックネット裏にあたる中央指定席でも、端の席で観戦することが多くなり、観戦客が少なくなった夕刻の試合などに、空いていた最前列にこっそり移動しては、高校野球を愛するファンの“通報”によって警備員から退場を命じられていた。

 甲子園でラガーさんを探すのは容易だ。ラガーシャツに蛍光カラーの帽子をかぶった男性など、そうはいない。記者席からであれば、満員の甲子園でも、ものの1~2分で見つけられるのだが、今夏はどうも見当たらない。そこで連絡を入れた。

「甲子園には行っていませんよ。最前列ではない席で観戦しても、前の人の頭で見づらかったり、柱とか、ワイヤーなどによって見にくい席がある。一塁側や三塁側に近い端っこの席だと、ピッチャーの球筋が見えない。高校野球観戦はテレビに限るね、本音言うとさ」

 前の席の人の頭を気にする一方で、ラガーさんはマウンド上の投手の視界に入る位置にド派手な出で立ちで座っていた。

「オレは人のことまで考えてないから」

 あっけらかんと話すラガーさんだが、流石に「テレビ観戦に限るね」が本音とは思えない。質問を重ねると「(生観戦とテレビ観戦のどちらを好むかは)個人差があるからいいんだけどさ。オレはやっぱ、ド真ん中で見たいんですよ」とも話した。

 日本高等学校野球連盟は、「暑さ対策、感染症対策の費用がかさむ」ことから、今夏より甲子園の観戦チケットを大きく値上げした。「大人1枚」のチケット代はバックネット裏の中央指定席2800円から4200円に、1塁・3塁内野指定席が2000円から3700円に。アルプス席は800円から1400円、指定席となった外野席は500円から1000円となる。席種によっては2倍の値上げだ。

「正直言うとさ、チケット代が高すぎる! インターネットの注文でさらに手数料もかかってしまう。雨天順延となったら、払い戻しをして、チケットを取り直さないといけないでしょ。本音言うとさ、面倒臭くなっちゃった。以前のような通し券に戻してほしいね」(以下ソースで)

8/10(水) 7:15配信 NEWSポストセブン
https://news.yahoo.co.jp/articles/5cc40975713c111b15b1d2d6d804bcf4d079f4d7
今春のセンバツでは、久しぶりにバックネット裏にもその姿があったが……
https://www.news-postseven.com/uploads/2022/08/10/raga-san1-750x500.jpg

【“ラガーさん”再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び】の続きを読む

1: 名無しさん@恐縮です 2022/07/15(金) 18:02:15.83 ID:CAP_USER9
 MeToo運動が広まり、映画界をはじめとする「性暴力問題」の告発が相次ぐなか、それを報じる新聞社が見ないふりをしている性被害があった。その現場は、高校球児の聖地・甲子園。当事者たちが実名で告発する。【前後編の後編。前編から読む】

 甲子園での性被害の問題は、2008年の『週刊文春』(5月15日号)の報道で表沙汰になった。

 強豪校の監督が、センバツを主催する毎日新聞の女性記者を居酒屋やカラオケに連れて行き、「もう一度俺に恋をさせてくれ」と迫り、手を握るなどのセクハラ行為を行なったことが報じられた。さらに記事では、夏の甲子園でも同じ強豪校の主力選手が、主催社である朝日新聞の女性記者が宿泊するホテルの部屋を訪れ、露出した局部を手でしごく動作をしたり、女性記者に電話をかけて卑猥な言葉を投げかけた事件も詳報。被害に遭った毎日新聞と朝日新聞の女性記者がともに休職に追い込まれたことも伝えた。

 この時、性被害に遭った女性記者が2020年に「甲子園がつらいという話」と題してブログで発信したのが、元朝日新聞記者の柴田優呼氏がツイッターで甲子園での性被害を問題提起するきっかけとなった記事だ。ブログで性被害を告発した元朝日新聞記者の牧内麻衣氏が、本誌・週刊ポストの取材に答えた。

「2007年8月に、私は県の代表校の帯同記者として甲子園に行きました。地方大会と同じく、監督へのインタビューや選手取材、報道各社への事務連絡などを淡々とこなしていました。担当したチームは大阪府内の比較的大きなシティホテルを使っていたので、私には鍵付きの個室が用意されていました。熱心な担当記者のなかには、宿舎に帰ってからも監督や選手たちと共に過ごすということも聞きましたが、私はそういうことは一切していませんでした」

 担当するチームが試合に勝ち、ホテルに戻ったある夜、牧内氏の部屋のベルが鳴った。ドアを細く開けると、選手の一人が立っていた。

「少し不安そうな声で何度も『話したいことがあるんです』と言うので私がもう少しドアを開くと、その選手がドアの隙間に手を差し込んで、すーっと部屋に入ってきました。反射的に後ずさると、選手はその隙に後ろ手に閉めたドアの前に立ちはだかりました。体格も私より大きく、触られる不安もあり、部屋から出たくても怖くてドアには近づけませんでした。すると選手が卑猥な言葉を口にしながらズボンの中に手を入れ、マスターベーションを始めました。ニヤニヤと気持ちの悪い表情を浮かべていました」(同前)

 逃げたくても逃げられない状況だったため、牧内氏は「やめてほしい。やめないと大変なことになるよ」「試合に出られなくなる。監督に電話するから、すぐに部屋を出なさい」と、説得して行為をやめるよう促した。

「選手はハアハアと息を荒らげ、とてもまともに話せる状況ではありませんでした。『試合に出られなくなる。帰りなさい』と繰り返すと、しばらく経ってようやく出ていきましたが、その後、部屋の電話が何度も鳴らされて、その選手から『言わないでくださいね』と言ってガチャンと切られたり、吐息の音だけをさせたり、気持ちの悪い電話が続きました」(同前)
★記事抜粋
https://www.news-postseven.com/archives/20220715_1773843.html?DETAIL

【高校野球の聖地甲子園で性被害が発覚…高校球児が女性記者の部屋を訪ね局部を露出しハアハアと!!】の続きを読む

このページのトップヘ